祖生民泊協力会 宿泊班会議

今週の水曜日は公民館で、民泊協力会の宿泊班だけの会議があった。

来年の山口国体の期間中、カヌー競技の選手を周東町内の家で受け入れるのだ。まあ、ホームステイみたいなもんで。(笑)
コスト的な問題よりも、単純にそれだけの宿泊施設(ホテルとか)が確保できないってことなんだろうな。

祖生では MAX 52名を受け入れ、そのうち32名を上祖生、中祖生で担当する。残り 20名は下祖生の担当だ。

で、上中合わせて11か12の自治会があるので、ひとつの自治会で担当するのは2~4名ってことになる。一軒当たり、2人くらいしか泊められないので、ひとつの自治会で 2軒程度民泊OKの家を確保すれば良いということだ。

うちの自治会は俺が宿泊担当なので、当初は俺の家と親父の家でそれぞれ 2名ずつ受け入れればOKだな・・・なんて考えてたんだが、親父の家には近所の寺を修復している宮大工の一団が住み着いてしまった。なんか、来年の国体の時期までいるらしいんで親父のところは無理だ。

つーことで、どうにももう一軒捜さないと駄目みたい。

俺も、18の時から 20年以上広島で暮らし、5年前に祖生に戻ってきたばかりなので、あんまり地域の人のこともわかんないんだよね。(^^;
もう一軒と言ってもなかなか厳しいな。さて、どうしよう。

2名くらいを 4~6日間泊まらせるくらい大したことじゃないじゃんって考えてたんだけど、会議の時に他の人から話が出て「ああ、なるほど」と思ったのだが、結構「風呂の問題」はネックじゃね。

つーのが、うちみたいにガス温水器を付けている家は、リアルタイムにお湯が沸くので何人風呂に入ろうが「湯が無くなる」ってことはないんだけど、田舎って、けっこう電気温水器をつけている家が多いのよ。
電気温水器って、電気代の安い深夜とかにお湯をわかして大きなタンクの中にため込んでおき、それを使うって感じじゃん。リアルに水をお湯にするわけじゃなく。なので、家族が風呂に入った後、一旦お湯を抜いて選手たちのために新たにお湯をはったり、あるいは家族以外に 2,3人の人間がシャワーを使ったら、タンクのお湯は無くなっちゃって、しばらく水しか出なくなっちゃうんだよね。
だから、民泊対象の家から電気温水器の家は外さないと駄目かも。

あと、若い奥さんがいる家なんかは、やっぱ「ごっついスポーツ選手の男」が家の中をうろうろするのは怖いし、スッピンの姿を見られたく無いしでヤダって意見もある。少年・少女選手なら受け入れるけど、大人の男はヤダって。なんか、そういう家もけっこうありそう。

う~む・・・厳しいな、思ってたより。(^^;

今度の会議は 8月初にあって、その時に状況を報告することになった。
さてさて、どうなることやら・・・

<追記>
会議に市から参加してた担当者が中学、高校の同級生だった。何か、会議が途中グダグダになったので申し訳なかったよ。(^^;
ま、呆れず最後までフォローしてくれい。

Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 祖生民泊協力会 宿泊班会議

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/1195

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2010年7月 3日 00:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぱどっくで缶ビールを」です。

次のブログ記事は「子供会のソフトバレーボール大会が終わった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら