2012年4月アーカイブ

久しぶりにオートバイで転けた話に書いたように、木曜日は岩国の自宅で仕事をしていたので、昼飯は久しぶりに宇兵衛寿司山手店で「うどんセット」609円を。

20120426_uhee.JPG
ここのうどんセットに付いてくる寿司は毎回ネタが違う。
いつぞやは、カンパチのお頭の煮魚が入っていて俺を驚かせた。そういうワクワク感のあるセットだ。

この日も注文を済ませ待っていると、奥の厨房から「店長ぉ~。セット、『こいなん』になりま~す」と声が。どうやら俺のセットから中身が変わるようだな。しかし、『こいなん』ってなんや?

言われた店長も横の職人に「こいなんって何?」って聞いてるし(^^;、職人も「さぁ・・・」とか苦笑いを浮かべ戸惑った顔してるし(笑)
店長が確認すると「小鰯の南蛮漬けです」と奥から応えが。店長も知らない短縮言葉勝手に作ってるんじゃないよ(笑)

ほどなく出て来た寿司桶には、しっかり「小鰯の南蛮漬け」が入ってた。

この日のネタは、

・いなり
・生たこ
・いか
・ねぎトロとろろ軍艦巻き
・茹で海老
・玉子
・小鰯南蛮漬け

の7品。

おお!初めて茹でた海老が入ってるのを見た。
ああ、やっぱ寿司桶の中が華やかになるなあ(笑)
だいたいいつも、男向けの寿司桶は茶色いからなあ。(どうも、男と女の中身は違うらしい。)
まあ、一日の中でもかなり内容は変わるみたいだけどね。俺が食ってる間にも、「セット、巻物に変わります」とか声がかかってたし。

んで、この日のネタもどれも美味かった。
小鰯の南蛮漬けなんかつついてると、どうにも日本酒が飲みたくなって困るのだが(^^;

うどんはいつものようにちょっとダシがきいて無くて今ひとつでした(^^;
ああ・・・GPZ1000RX が泥だらけ・・・

木曜日は自宅で仕事をしていたので、昼飯は岩国市内の宇兵衛寿司山手店に食いに行ったのだ。

前の晩の雨が嘘のように天気がよかったので GPZ1000RX で。

いや、まあ、あまりにも GPZ のエンジンかかんないようなら車で行こうと思っていたのだが、やっぱバッテリーを変えたおかげというか、充電機の力を借りることなく 5回ほどセルを廻したら始動したのでね。

ああ、天気の良い日にオートバイを走らせるのは実に気持ち良い。

で、美味いメシを食って家に帰ってきた時、その事件は起きた。

俺は GPZ をいつも玄関前アプローチのタイルの上に置くのだが、そのためには庭に入ってすぐに右に曲がる。そこでズルっと。

20120426_tenyou1.JPG 20120426_tenyou2.JPG

「ん?」と思う間もなく凄い勢いで後輪が滑り、我が愛車は右に大きく傾く。
もう、こうなったら 250kgくらいある車体を支えられません。俺の股の下で横倒しになり沈黙する GPZ。

なんと、まあ、草の下の赤土がまだまだドロドロの状態だったのね・・・(;_;
薄く草で覆われていたため、水が蒸発しきってなかったようで・・・

さすがに家の前で転けたなんて、近所の人に見られたら大恥なので、火事場の馬鹿力で 250kg ある車体をすぐに起こし、再びエンジンをかけ、玄関前に行こうと思うのだが、後輪が滑って前に進みませんよ・・・(もちろん、半クラしまくりでなるべくタイヤが廻らないように気をつけても・・・です)
こんなにズルズルだったのね(^^; 出かけた時は微妙に違うラインを走ってたので気づかなかった(^^;

あ~あ、GPZ の右半分が土だらけですよ・・・
集合管のサイレンサーの位置もちょっと内側に曲がってスイングアームにぶつかりそうなのでぐいぐいと外側に戻し・・・
タイヤも土だらけ。オフロードバイクじゃないんだから(^^;
まあ、カウルが土だらけになっただけで割れなかったのが不幸中の幸い・・・土が軟らかかったので、ブレーキレバーも曲がらなかったし・・・

しかし、恥ずかしい話だ・・・

くそお・・・
ここ、厳密には岩国市の土地なので何もしてなかったけど、タイルでも敷くかな・・・
SQL Server 2008 R2 がちゃんとインストールされたのかどうか調べるために、sqlcmd で SQL Server に接続し、新規データベースと、その中に新規テーブルを作成してみた。

コマンド(Transact-SQL)は、色々ググってみて適当に(^^;
(だって、SQL Server さわるの初めてなんだもの。おかしなところがあったらコメントで指摘よろしく!:-))

つーことで、コマンドプロンプトから、

C:\Users\shinoda>sqlcmd -E -S user-pc\nandf
1> USE master
2> GO
データベース コンテキストが 'master' に変更されました。
1> CREATE DATABASE test_db
2> ON PRIMARY ( NAME = test_db_dat,
3> FILENAME='C:\usr\local\data\test_db.mdf',
4> SIZE = 10MB)
5> LOG ON ( NAME = test_db_log,
6> FILENAME='C:\usr\local\data\test_db.ldf',
7> SIZE = 10MB)
8> GO
1> CREATE LOGIN testlogin
2> WITH PASSWORD = 'testpassword',
3> DEFAULT_DATABASE=test_db,
4> DEFAULT_LANGUAGE=JAPANESE
5> GO
1> USE test_db
2> GO
データベース コンテキストが 'test_db' に変更されました。
1> CREATE USER testuser
2> FOR LOGIN testlogin
3> WITH DEFAULT_SCHEMA=dbo
4> GO
1> sp_addrolemember 'db_owner','testuser'
2> GO
1> USE test_db
2> GO
データベース コンテキストが 'test_db' に変更されました。
1> CREATE TABLE test (
2> NO    int NOT NULL PRIMARY KEY,
3> NAME  varchar(60),
4> ADDR  varchar(60),
5> TEL   varchar(30),
6> CDATE datetime NOT NULL DEFAULT (getdate())
7> )
8> GO
1> SELECT * FROM test
2> GO
NO          NAME                                                         ADDR
                                                     TEL
    CDATE
----------- ------------------------------------------------------------ -------
----------------------------------------------------- --------------------------
---- -----------------------

(0 行処理されました)
1> INSERT INTO test (NO, NAME, ADDR, TEL) VALUES(1, '男川 美多男', '広島市中区
橋本町2-17', '082-221-7555')
2> GO

(1 行処理されました)
1> SELECT * FROM test
2> GO
NO          NAME                                                         ADDR
                                                     TEL
    CDATE
----------- ------------------------------------------------------------ -------
----------------------------------------------------- --------------------------
---- -----------------------
         1 男川 美多男
広島市中区橋本町2-17                                                 082-221-755
5                   2012-04-29 20:09:07.880

(1 行処理されました)
1> exit

C:\Users\shinoda>

まあ、こんな感じでちゃんと SQL Server が使えることは検証できた。

しかし、Transact-SQL よくわからんなあ。
つーか、LOGIN の作成ってなんだよ(^^;
ああ、SQL Server ログイン、Windows ログイン等々、色々なログインの形があるので、それらのログイン情報を設定する必要があるの?

なんかよくわからんので、一冊書籍を買っておくかな。

<追記>
Oracle のロールのようなもんなんすね。LOGIN で権限情報を作っておいてユーザに付加するような。
うわぁ、もう午前 2時やんけ(^^;
まだ広島の事務所にいます。

プログラミングとかじゃなく、経費の精算や請求書の作成をしてたらこんな時間になったんだけど、併せてもう一つ作業をしてた。

ノートPCのセットアップである。

つーても、lenovo ThinkPad R61 の中古品。夕方、「じゃんぱら広島店」で 24,800円で買ってきた。

20120427_thinkpad.JPG
Core2 Duo T7100(1.80GHz)、メモリ 2GB、HDD 160GB に、Windows7 Professional(32bit版) が載ってこの価格だから良い感じじゃない?
しかも、IBM Refreshed PC だから「ちょっとだけ」安心だしね。

IBM Refreshed PC というのをよく知らなかったんだけど、IBM は引き上げてきた PC を「使える部品で再構成」して「正規の中古品」として販売してるんだね。
この ThinkPad も本体に「無線LANのアンテナの形のランプ」が付いてるんで、無線LANアダプタを内蔵してたのは確実なのだが、今回買った ThinkPad は「無線LAN無し」となっていた。
つまり、使えない部品ということで取っ払ったんだろうね。
ま、どっちみちサーバ用途で使うので無きゃあ無いでいいし、1,000円くらいの安い無線 LAN アダプタも売ってるからね。

あとは、「再生専用ドライブなので、CD/DVD の書き込みは出来ない」「バッテリーはもう死にそう」という二点について店員から「大丈夫ですかね?」と確認があったが、上記のように開発時のテストサーバとして使いたいだけなので問題無し!!

つーことで、不要なソフトのアンインストール(KINGSOFTの KDrive と Office)、Windows Update、XP mode インストール、XP mode の Windows Update、秀丸エディタのインストール(カードによるライセンス購入の処理も含む)まで済んだ。
後は家に帰ってやろう。

取り敢えず、IIS の上で ASP.NET で書いたスクリプトが動いて、外部のPCからその Web サイトが閲覧出来るようになればOK。
あ、SQL Server も必要だったな。

ま、もう眠いから岩国に帰るなり。
おっと、大切なことをブログに書き忘れていた。

・・・おでんうどんのことである。(笑)

そう、あの、俺達の青春のおでんうどんだ。

20120411_odennudon2.JPG
備後落合駅ではもう食べることができなくなった「おでんうどん」だが、実は近くのドライブインで注文できるのである。
そして俺はついに、その聖地「ドライブインおちあい」を訪れたのであった!

・・・って、もう随分前。4/11のことだけどね(^^;

昼飯時を大きくずれた、午後2時すぎ頃訪ねたのだが、当然のことながらメシを食う客は俺一人だった。(何か、奥の方の席でチンピラみたいな兄ちゃんが大声で電話してたけど(^^;)

入り口で厨房の方へ声をかけると、おばちゃんが小走りにやってきた。
季節限定メニューってことなので、念の為に「おでんうどん、やってますか?」って聞くと、「はい。やってますよ」という回答。すかさず注文(笑)
そしたら「おでんネタはどうしますか?」と聞かれたので、「どんなネタがあるんですか?」と聞き返すと、「玉子と、串(牛すじ)と、こんにゃくと厚揚げです」とのこと。四種類?おでんの種類、少なっ!(^^;
まあ、仕方ないので、こんにゃく以外の三種を注文した。

20120411_odennudon1.JPG
そして、待つこと数分。思ってたより時間がかかって、ついにあの「おでんうどん」が目の前に姿を現しましたよ(笑)

・・・相変わらず、うどんの上におでんが載ってるだけだ(笑)これが俺たちの青春!「おでんうどん」なんだよ!

でも、なんか、岩のりみたいなのが載ってたり、うどんの麺が讃岐うどんみたいにしっかり腰があったり、なんかちょっと高級感が出てきてない?(^^;
しかも、「からしです」って置かれたコレ。「青唐辛子」じゃん。九州で言うところの「こしょう」ですよ。
何か、洒落てるやん。25年前に食いにきた時は、黄色い普通の和辛子だったはずだぞ。
「あ、和辛子とうどんって意外に合うじゃん!」って驚いた記憶があるからな。

明らかに「落合名物」として小洒落た感じにしようとしてるなあ・・・(^^;

でも、ま、やっぱり「おでんうどん」そのものは「単なるおでんを載っけただけのうどん」であることに変わりはなく、どうやってもジャンキーな風合いは消せないのであった。
いや、心落ち着く~(笑)

途中で「こしょう」を入れすぎて無茶苦茶汁が辛くなってしまい、思い出の品をじっくり味わって・・・とはならなかったのだが(ハァハァ言いながら食べました(^^;)、長年記憶の中にしか存在しなかった「おでんうどん」に再会できて非常に満足でありました。

ちなみに、おでん三種載せで 660円也。けっこう良い値段がしますな。
一種だけ載せた基本の形で 460円のようなので、素うどんが 360円で、おでんのネタが1つ 100円ってことか。
まあ、そう考えたら高くはないか・・・

ぜひ、お近くを通られた際は、話のネタにどうぞ(笑)
この間の「岩国の安い居酒屋チェーンを渡り歩くぜ!」な飲み会の最後は大阪屋へ。
いや、チェーン店じゃないけど、この日は1軒目、2軒目と、ひたすらハイボールばっか飲んでたので(^^;、N◎君が「最後は地元・岩国の美味い日本酒が飲みてぇ~。ただし、花の坊は無しで」とかワガママを言うので、「じゃ、大阪屋に・・・」となった次第。
(N◎は最近、「花の坊」の大将の朴訥に見えながら商売上手なところが鼻についているらしい(^^;俺は好きだけどね(笑))

20120414_oosakaya1.JPG
まあ、ホントは一応「最後もチェーンの居酒屋で!」と意気込んでたんだけど、岩国の酒置いてる安い居酒屋何軒か行ってみたけど一杯で(^^;

大阪屋も席はひとつしか空いてなかったんだけど、カウンターの端で飲んでたおっちゃんが「わし帰るわあ」と席を空けてくれたので座れた。

おばちゃんが、「雁木、美味しいよ」と薦めてくれるので・・・というか、最初からその気だったのですぐに雁木を注文。

この間来た時、糞辛いししとう噛りつつ飲む雁木が「甘露、甘露」な味わいだったので当然ししとうを頼んだが、残念、この日のししとうはあんまり辛くなかった。

腹がけっこういっぱいだったのだが、酒が美味いのでついつい串も注文してしまう。

皮を頼んだ時、おばちゃんが「タレ?塩?」と聞くので塩をチョイス。ついでにN◎君が「肝も塩で焼いてもらえます?」と注文すると、おばちゃんが激しい抵抗を・・・(笑)
20120414_oosakaya2.JPG
「ええ?肝はタレにしときんさいやあ」と言うのを、「いや、塩で」と強引に押し切り、俺も初めて塩で肝食ってみたけど、美味いやん(笑)
でも、おばちゃんは最後まで「肝はタレよお。肝はタレよお」って言うてたけど。

一人雁木二杯と、串は5~6種類を一人前ずつ頼んで一人あたり2千円弱。
まあ、普通。高くもなく安くもなくって感じ。
でも、大阪屋の佇まいに幻惑されて、いつもN◎と「けっこう高いなあ」とか驚くんだよな。何せ、むっちゃ安そうな小汚い店構えだからな(笑)
この日も「やっぱ、ちゃんとした焼き鳥屋は高いな」「でも、やっぱ美味いな」などと言いつつ二人は帰路についたのでありました(笑)
やっぱ宇兵衛寿司黒磯店は美味いね。

家族で食べに行くときはついついデザートの多い山手店にいっちゃうんだけど(つーか、今や黒磯店と山手店って資本関係無いのね(^^;知らなかった)、時々嫁と娘と三人だけとか、一人でとか、そんな感じで黒磯店にも行くのよ。
ネタはね、黒磯店の方が美味いなあって思ってた。

で、先週の月曜日、久しぶりに高校の同級生と三人で飲んだんだけど、そのうちの一人、Tぺいが休みの日の晩酌にいつも宇兵衛寿司黒磯店に行くっていうから、おお、あそこは美味いぞ、あそこで飲もうとトントン拍子に決まって。

で、行ってきたわけだ。

いやあ、美味かったねえ。
もう、酒は料理の邪魔にならないようにね、ずっと安い焼酎のお湯割りですよ(笑)
美味い日本酒とか飲んじゃうと、そっちが気になるからね。いや、もちろん、美味い酒と美味い肴の融合は楽しいけど、高校の同級生と馬鹿話しながら飲むときにはそんな繊細な飲み方出来まへん(笑)

20120416_uhee1.JPG 20120416_uhee3.JPG 20120416_uhee2.JPG
20120416_uhee4.JPG 20120416_uhee5.JPG

肴は、小鰯の刺身、箱うに、なまこ、しめ鯖、つぶ貝の唐揚げ。他にもあったかもしれんけど、忘れちゃった(^^;

ほとんどが地の物。うにも周防大島産。とれたて。まったくミョウバンの味なんかしないただただ甘いだけのうに。くわっ!!!!美味い!!!

しめ鯖は軽めのシメ具合。だけどまったく青魚の臭み無し。
「大人になったら、やっぱ青魚が美味いよねぇ~」と食っては飲み、食っては飲み。うめえ~。
寿司屋なので、たっぷりガリを小皿に盛ってもらって、これと一緒にしめ鯖を口に放り込むと・・・ああ・・・口腔内に幸せの小宇宙が広がりますよ(笑)
かつて高校生の頃、タバコとウィスキーコークやりながらポテトチップスをバリバリ食って麻雀やってたメンツとは思えないグルメぶりだな、俺たち(笑)

そして最後に食ったつぶ貝の唐揚げが、もう、最高でしたな(笑)
パクっといくと、衣につつまれた貝のウマウマお汁(何かいやらしいな。貝だけに(笑))がじゅわーっと口の中に広がって、なんですのん?これ。
つぶ貝の唐揚げなんか初めて食ったけど、これは美味いわ、マジで。

結局、この日はお一人様 4千円ちょっとくらい。
高いのか安いのかはわからないけど、大変満足できました。ごっつぁん。
こりゃ、また来んとイカンね。(ネックは、周東町からは公共交通機関を使うと行くのがすごく大変なことだな(^^; この日はうちの嫁さんが送り迎えしてくれました(^^;)

<追記>
Tペイが俺の身体を見て「太ったねぇ~」と眼を丸くしてたが、Tペイもええかげんムッチムッチで、弾丸みたいな身体になってたぜ(笑)
その点、Tシャンは偉いなあ。全然太ってないからなあ。寄生虫とか腹に入れてるんかなあ?
悪名高かった(^^;、Gmail の迷惑メール判定が改善してきているようだね。

完全に「やりすぎ」で、他所のフリーメールサービスのメールを全部迷惑メールに振り分けたり、ちゃんと逆引き名が登録出来ない安いホスティングサーバからのメールは全部迷惑扱いしたりと、「お前、Google 以外のサービスを全部潰す気やろ?」とか、「お前の仕様自体が迷惑行為なんじゃ!」とユーザを激怒させていた Gmail の迷惑メール判定なんだけど、やっと真面目に改善を始めたようで・・・

Yahoo! や amazon からのお知らせメールなんかもほとんど迷惑メールに落ちることはなくなったし、うちのホスティングサーバからのメールも大丈夫になったようだ。

んが、迷惑メールのままでもよかったエラーメール(failure notice なヤツ)も全部受信トレイに残るようになったんで、これは鬱陶しいな(^^;
まあ、大事なメールが迷惑メールに落ちて「いや、届いてないですけど?」みたいなやりとりが無くなったのは良いんだけど。

あとは、迷惑メールの解除情報がすぐに反映するようになれば良い。
そうなれば、こまめに迷惑メール報告をして、それで大事なメールまでまた迷惑メールになるようならすぐに解除して(その情報がすぐに Google にも反映して)・・・って使い方が出来るようになって良いんだけど。

その辺の細かいフォローは Google の苦手とするところだからな(^^;
実はここ数ヶ月(気づいたのがひと月ほど前なので正確にはわからず)、iPhone が外部ストレージとして(正確には、デジタルカメラとして・・・ですが)認識されなくなっていた。

が、さっき、いきなりまた外部ストレージ(デジタルカメラ)として認識され始めましたよ。

なんでぇ???(^^;

なんか、ドライバの Update でもあったかなあと Windows Update の最終実行日を見てみたけど 2012/4/13 と、一週間以上前だし。

いつの頃からか、iPhone をつなぐと、MTP(Media Transfer Protocol) USB デバイスドライバーのインストールに失敗するようになっていた。

20120406_iPhone_driver.jpg
MTP USB デバイスとして認識されなくても iTunes ではちゃんと使えるんだけど、iTuhes では写真データをローカルディスクにコピーしたり出来んじゃん。
これは相当不便。俺、フィールドサービス作業の記録なんかも iPhone でパチパチ撮るし、とてもメールを使って PC に転送なんかやってらんねえわ。

が、突然の復旧である。

原因はわかんない。

ただ、今日、俺の iPhone 上のアプリのうち、Dragon Dictation(音声認識ソフト)と Instagram(写真撮影&共有ソフト)の2つに Update がかかっている。
もしかしたら、Instagram の Update が何か関係があるのかもしれない。
というのが、Windows が iPhone がデジタルカメラとして認識しなくなる原因に、「他のデジカメで撮った写真を(メール等で受信し)保存した場合」という訳分かんないものもある。それを考えると、写真撮影ソフトである Instagram の存在が原因だったという可能性もあるかもしんない。

ま、何はともあれ、これで写真の整理が楽になった。
iPhone のディスク残量が 3GB を切って、そろそろマジで写真の整理とかせんとどうしようもなくなってたんだよね。
昨日は毎年恒例の「祖生公民館寄席」であった。

20120421_yose.JPG
河郷診療所の先生が、大学の落研時代の伝で噺家さんを祖生に呼んでくれて毎年開催されている。
俺もここ三年ほど毎年聞きに行っているのである。

今年は入船亭扇遊師匠と、その弟子で二つ目の入船亭遊一さんのお二人が来てくれた。
扇遊師匠はもう(河郷診療所でやっていた落語会から数えると)20年くらい毎年祖生に来てくれているそうだ。
初めて公民館寄席をやった時に、周りの田んぼで蛙が鳴いてうるさかった話と、演じてる最中に午後9時のサイレンが頭の上で鳴り始めた話を枕でされるのが定番になっている。
でも、毎回祖生のおばあさんたちは爆笑である。

入船亭遊一さんも、「祖生寄席に来るのが夢でした。あとは住民票を移すだけで・・・」みたいな話でちゃっかりおばあさんたちの心を掴んでたな(笑)

今回は、遊一さんが

「元犬」
「真田小僧」

の二席を、扇遊師匠が

「道灌」
「妾馬」

の二席。合計四席を披露してくれた。

どうも、落語家の地方の仕事というと、ちゃんと落語をせずに漫談的なものでお茶を濁して、ちゃっかり金だけもらって帰って行く悪徳噺家もいるそうだが、祖生公民館寄席では毎度ちゃんと落語が聞けて楽しい。
まあ、河郷先生の目も光ってるしな(笑)

ところで、遊一さんの話も大変面白かったが、やはりまだ師匠が一枚上手というか、まだ遊一さんの台詞は「演じてる」ってことを感じさせるが、師匠の台詞は自然に身体の中に入ってくるというか・・・やはり経験というのは凄いもんだなあと。
あれは、こう、台詞を発する時の微妙なタイミング的な違いなのかねえ。

さて、今年も大変良い物を聞かせてもらいました。
また来年が楽しみだ。
いやあ、ついつい忘れてしまうんで、今回はブログに書いておこう。
(PostgreSQL 使いとしては今更なネタだけど(^^;)

さっき、うちのテスト用のマシン(FreeBSD 8.1-RELEASE on ASUS EeePC 4G-X(笑))で、プログラムの試験用に新しい DB 作ろうとしたんだけど(DBMS は PostgreSQL 9.0.1)、

%createdb hoge_db -E EUC_JP
createdb: database creation failed: ERROR:  new encoding (EUC_JP) is incompatible with the encoding of the template database (UTF8)
HINT:  Use the same encoding as in the template database, or use template0 as template.

って怒られた。
このマシンの DB のディフォルトの文字コードは UTF-8 なんだから、EUC-JP で新しい DB 作ろうとしても駄目やでぇってこと。

PostgreSQL の createdb は、実際には template1 という空の DB をコピーして新しい DB を作成する。
で、この template1 という DB には initdb した時に指定した文字コード情報が登録されているのだ。
だから、「UTF-8 の文字コードを使う DB をコピーして、EUC-JP の文字コードを使う DB は作れんでぇ」と怒られてる。

じゃあ、どうすればいいか?・・・だが、エラーメッセージに HINT として示されているように、template0 を使えば良いわけね。
template0 は、文字コードの情報を持っていない、本当にピュアな DB なので、他の文字コードの DB の元ネタになるってわけだね。

これは PostgreSQL 8.4 からの仕様のようなので、昔 PostgreSQL 使ってて、最近復活したって人は絶対やらかしそうな失敗(笑)
(まあ、うちみたいに、色々なお客さんの色々な文字コードの DB を作ってテストする立場の人間でないと、違う文字コードの DB を作ることもあまりないのかもしれんが)

つーことで、

%createdb hoge_db --encoding=EUC-JP --template=template0
CREATE DATABASE
%psql --list
        List of databases
   Name    |  Owner   | Encoding
-----------+----------+----------
 hoge_db   | postgres | EUC_JP
 postgres  | postgres | UTF8
 template0 | postgres | UTF8
 template1 | postgres | UTF8
(4 rows)

で、バッチリOK!
昨日は福山で通信設備の設置案件を済ませ、帰りは東広島まで下道を通って帰ったのだ。貧乏なので、高速代を浮かせるために。
今は、福山~尾道間、尾道~三原間でバイパスが出来てるんで、国道 2号線の渋滞ポイントを回避出来るもんね。

20120420_ichiryuu1.JPG
で、東広島市まで戻ったところで、街の中心部に「博多ラーメン 一龍」を発見。
既に午後1時を廻って腹もグーグーなっていたので早速突撃した。

矢野東にあった一龍の「絶望的接客マナー」の噂を聞いていたのでちょっと緊張したのだが、まあ、そんなに接客は悪くなかった。良くもなかったけど(笑)
給仕役は女子一名を含め 3人くらいいたけど、全員、元気と笑顔が足り無い感じだったな。厨房にいたお兄さん(おっちゃん?)の笑顔に救われました(笑)

ま、そんなこんなで「焼き飯セット」(午後5時まで880円)を注文。

焼き飯は「半炒飯にしても、これは少し量が少なすぎないか?」と思ったんだが、味は俺の弩ストライク!最近食った炒飯の中では一番美味い。
少しお焦げの香ばしさのようなのも感じられ、これは良いね。
ランチ時は大量に作ったのを炒め直して出しているという話も聞いたことあるけど、全然問題ないぜ!この味なら。

ラーメンも、もう、普通に美味いね!
いや、この「普通に美味い」というのが凄いのよ。特に何がどうこうという(でかいチャーシューが入ってるとか、なんか香り油が入ってるとか)特徴がないのに、こんだけ美味しく仕上げているのは高評価だろう。

20120420_ichiryuu2.JPG
ちなみに、博多ラーメンってこんなにスープが茶色かったっけ?
最初、広島醤油とんこつのラーメンが出て来たのかと思ったよ。
飲んでみると濃厚なとんこつスープの奥から、醤油ダレの香りが仄かに沸き立つ感じは、ああ、醤油とんこつって言うより「とんこつ」スープだって感じだったけど。
(ほんと、ラーメン食ってるわりに全然詳しくなくてスマン、スマン(^^;)

つーことで、このラーメンと焼き飯のセットで 880円というのはバッチリOKでしょう。
近くにあったら頻繁に通うかもしれんわ。東広島なのでそうそういけんけど。

昨日は「美味い、美味い」と一気に食いきってしまったけど、今度行った時は、辛子高菜とかの薬味も試してみよっと。
つってもまだ三週間あるけどね。

5/12(土)が開幕式(遠投大会&ホームラン競争)で、5/19(土)からリーグ戦が始まる。

昨日の夜、監督会議が開かれて、試合日程も抽選で決まった。
我が「れいぜん」チームは 5/19 の開幕 2試合目で、去年の覇者・下祖生と対戦である。
去年、人数が集まらなくて1試合不戦敗となった我がチームは、今年、活動休止中の「あざみ」チームから1名助っ人に来て貰った。それがどの程度の戦力アップになっているか、さっそく試せるってもんだ(笑)

そう言えば「中村」も今年は人数集めるのがカツカツだったようだ。
Uターンしてくる若い者もいるにはいるが、やっぱ基本的に過疎は進行中なんだなあ(^^;

ところで、去年は、俺が監督就任一年目で、何と、1勝も出来ずにシーズンを終えてしまった。惜しい試合が1,2試合はあったんだけどな。
まあ、あまりに無策であった。
今年は、少し真面目に試合の結果や個人成績も都度メモっておいて、ちゃんとオーダーを組んでみよう。去年は毎回適当に決めてたからな。

5/19から、子供のソフトボールも開始だ。
また土曜日が忙しい季節が始まるなあ(^^;
昨日の昼飯は、三次市の「めん徳 三次店」で「めん徳ラーメンセット」(680円)を食った。

20120419_mentoku2.JPG
まあ、あれですよ、街の労働者が集う食堂って感じの店ですよ。
あんまり、ラーメンの味は期待できんよね(^^;;;
二軒屋食堂長州路の悪夢が甦ってきたが、メニューにラーメンがあったら頼んでしまうわなあ・・・中年デブ紳士としては(笑)

で、このラーメンだが、実は意外にいけるのである。

ラーメンセット自体は微妙であった。
白飯の他に、わずかばかりの白菜の漬け物と、小鉢に菜の花のおひたし。これで単品ラーメンに 180円プラスか・・・微妙だ(^^;

でも、ラーメンはなかなかちゃんと作ってある印象。

澄んだ醤油スープ(鶏だよね?牛とかも入ってんのかな?豚の背脂が浮いている)はしっかりした味で、少し胡椒で味を調えてやると、醤油スープがそんなに好きではない俺でも最後まで飲み干せる味になった。

実は、スープが思ったより美味かったんで、飯を三分の一ほどそのラーメンの残り汁にぶっ込んで猫まんまにしたのだ。これも正解だったなあ。もちろんウマウマ。
レンゲで飯をすくって食う俺を、横の本棚に漫画を返しにきた兄ちゃんがチラチラ見てたのが恥ずかしかったけど。
汁ご飯は美味いからねえ。「俺もああやって食えばよかった」とか思ってたんじゃないの?(笑)
ま、食堂でこんなことしたの、俺自身初めてだけどね。

20120419_mentoku1.JPG
また、チャーシューがすげえ美味かったね。
ちょっとトロっとしてて、中までよく味のしみ込んだチャーシューであった。美味い、美味い。半分ほど飯の上に載っけて、チャーシュー丼みたいにして食ってみたよ。もちろん美味かった。

で、駄目なのが麺。
いや、まあ、俺がちぢれ麺がまったく駄目という特殊な理由によるんだけど。

俺、こういう「かん水」多めの黄色っぽい固い麺(中太ちぢれ麺)がホント駄目なのよ(^^;
何か、経年劣化で固く変質したゴム食ってる感じがするんだよね(^^;食感悪いわ~
いや、ホント、スープの絡まり具合とか、そういうのはどうでもいいので、ラーメンの麺は全部博多ラーメンみたいな細いストレート麺になれば良いと思うよ。

ま、ラーメンファンからはえらいこと怒られそうな意見ですが(^^;;;
先週金曜日に山陽自動車道高坂パーキングエリア(上り)の食堂で食った「ガンスチーズカレー」(600円)はなかなかよかったね。

20120413_gansu.JPG
カレーがチーズとバッチリ合ってて美味かった。
やっぱ、チーズカレーにするには、カレーがちょっと苦味と香ばしさが強く出たヤツでないと合わないからね。その点、このカレーはバッチリです。(何度もバッチリって言って申しわけないけど)

でも、このカツはいかんね。何か、脂身みたいにブヨブヨしてるし、変な甘みだけあるし・・・と思ったら、これ、ガンスじゃん(笑)
あ、ガンスチーズカレーって名前じゃん(^^;
俺、単に広島のPAだから、広島弁の「がんす」をカツカレーの名前に付けたのかと思ってたんだけど、これ、カツじゃなくてガンスじゃん(笑)

ガンスっていうのはねえ、魚のすり身で作った要は「練り物」なんだけど、ジャコ天や薩摩揚げなんかと違って、周りをパン粉でくるんで揚げてある広島の名物なんよ。
レンジでチンしたヤツに、生姜醤油とかつけて食べたら美味いよ!

いや、これ、ちゃんとガンスって認識して食べたら美味いよ。
最初は、カツだと思って食べたから「何、これ?」って感じだったけど、ちゃんとガンスだと思って食べたら、これは「あり」だね。

まあ、正直、カツカレーと比べてどうなの?ってのはあるんだけど、せっかく広島まで来たんなら、食ってみて損はないよ。PA食堂系のメニューとしては点数高い品だと思うよ!

ただ、二点だけ言っておきたい!

まず、カレーの量が少ないよ!気をつけて食べたのに、最後、ご飯だけ残ってもうたやないか!(^^;もう一割程度、カレーを増量することを求めます!(笑)

あと、チーズを載せて皿ごとチンしてるんだと思うけど、皿が異常に熱いです!(笑)どうにかして!

いや、でも、ホントに美味しいカレーだったよ!
今週月曜日の昼飯時。呉からの帰りに、矢野東の「熊野別れ交差点」のところにあるラーメン屋に俺は飛び込んだ。
ここは、熊野から広島市内に向かう車がスピード出して左折用の側道を突っ走ってくるので、国道31号線から入るのがけっこう難しい。

20120416_yamato1.JPG
元々、「ラーメン 一龍」があったところ・・・といえば分かる人も多いかも。

あそこ、今は「小倉ラーメン ヤマト」という名前に変わっている。
ここの一龍は「味は最高だが、店員の接客マナーは最低」と言われていたようなので潰れたのかな?居抜きで別のラーメン屋が入ったって感じなのかな?

問題は、その店名「ヤマト」である。いや、まあ、店名が「ヤマト」なのは良いが、その看板はまずいじゃろう。そのシルエット、完全に「宇宙戦艦ヤマト」じゃねえか(笑)
波動砲も第三艦橋もあるし。
東北新社に怒られるでえ(笑)

しかし、そんな画を看板に掲げられては、ヤマトファンの俺が訪ねないわけにはいくまい。
ということで、半ば脊髄反射のように、この店の駐車場に車を滑り込ませたのである。

で、ヤマトラーメン 550円也を注文。

はははは・・・いやぁ、笑っちゃった。

いや、なにがって?それが、このラーメン・・・美味いのである。
このふざけた名前のラーメンがなかなか美味い(笑)

20120416_yamato2.JPG
俺はラーメンをよく食ってる割にラーメンのことはよく知らなくて(^^;、小倉ラーメンというのがどんなものなのかもわからないのだが、この店のラーメンは「こってり醤油とんこつラーメン」であった。
広島の醤油とんこつより「とんこつメインでやや白濁」したスープで、何か味覇みたいな風味もするけど、これ、化調の味かね?いや、俺は全然化調に抵抗感がないので、これが実に美味い。このスープ好き。

麺は細麺ストレート。まあ、とんこつラーメンの基本だが、俺の好きな麺。
ゆで加減も、特にカタ麺指定はしてなかったのだが、やや固くらいのベストな塩梅であった。

チャーシューはいまいち好みではないのだが、全体的に非常に気に入った。
550円でこのラーメンが食えるのであれば大満足であろう。
また呉に行った帰りに通ることがあれば寄ろう・・・と思わせる内容であった。
(店員の接客も「一龍」と違って問題なかったしね(笑))

ま、心配なのは、訴訟を起こされて閉店しちゃう・・・ってことだね(^^;

まあ、東北新社には「大人の対応」をとってほしいもんじゃがの。
うちの裏に 3本立ってる桜の木も、先週末の強い風であらかた花びらを散らしてしまった。

桜の季節も終わったな・・・と思っていたのだが、今日、三次方面に出かけると、緑の山の中に薄桃色の固まりがチラホラと。
ほんの120km離れただけで、随分気候が違うもんですなあ。

20120418_sakura.JPG
で、トイレ休憩で江の川PAに寄ったんだけど(最近、ホント、しっこが近くなったわ。キレも悪いし。まあ、その話はおいおいと)、いやぁ、満開の素晴らしい桜に出会いましたよ。

江の川PAは花いっぱいのパーキングエリアですな。

すっかり中年男子として汚れた大人の心を持つ俺ですが、花には癒されます。
庄原まで作業に向かう長距離移動の途中、疲れをリセットできましたよ。

そして、心と膀胱を軽々と、俺は仕事に向かうのでありました。

排尿サイコー!いや、桜サイコー!
20120412_chanpon1.JPG
別に、前日に「ちゃんぽんらしくないちゃんぽん」を食ったからではないが、昼飯を食おうと思って寄ったゆめタウン呉のフードコートにちゃんぽんの店「麺や一番」があったので、その日の昼飯は「特製ちゃんぽん+セットチャーハン」930円也にした。

麺や一番は、フードコートで展開するためにイズミ(実際は子会社)が運営している店のようである。

そうか・・・有名な美味い店を外から引っ張ってきたわけじゃないんだな・・・と思ったのだが、これがなかなか良い方向に裏切られた。

うん。なかなか美味いのである。

スープは豚骨の旨味がしっかり抽出された、ちゃんぽんらしい甘みのあるこってり味。これぞ、ちゃんぽんのスープだぜ!前日に食った「春キャベツのチャンポン」とは違うぜ!(笑)
俺の知ってるちゃんぽんの味だ!

具も、キャベツ、人参、もやし、コーンといった定番の野菜の他に、これまたちゃんぽんとしては定番の豚肉、ゲソ、エビ、練り物などがふんだんに入ってて、そうそう、これだよ、これ。この具沢山なところがちゃんぽんなんだよね。前日に食った「春キャベツのチャンポン」とは違うぜ!(笑)
俺の知ってるちゃんぽんの味だ!
エビのサイズも(写真に写ってないけど)けっこう大きめのプリプリで最高でしたぜ。

20120412_chanpon2.JPG
いや、マジで、リンガーハットなんかよりこってりしてますが、これはもうけっこう「美味い方」のちゃんぽんだと思います。
いや、本場長崎のちゃんぽんの味を全然知らんのですが(笑)

セット用の小チャーハンも及第点以上の味だったし、麺や一番、俺の中では高評価だよ!ぜひとも、長崎の人に食ってみてもらって、評価を聞きたいところですな。

つーか、俺が満足してんだからそれでいいのだ!

もしかして、大竹や広島のゆめタウンにも入ってるのかな?麺や一番。
入ってるんなら、また食べに行きたいねえ。
先週、帰りが夜中になったので、途中で丸忠に寄って晩飯を食った。
注文したのは、「キムチラーメン」650円也である。

20120413_maruchuu.JPG
もう、夜中の0時をまわってたんだよ!!なのに、キムチラーメンをチョイスする俺の「漢」ぶりを評価してくれよ!マジで、マジで。

元々、丸忠のとんこつラーメンは嫌いじゃないんだよね。
昔、うちの近くに来てた屋台のラーメンを思い出せてくれる味で。

そのとんこつラーメンの上に、キムチが載ってるだけの代物です。

が、まあ、これはこれでありだな。
キムチがけっこう辛くて、酸味が抑え気味のその味は俺の好きなキムチの味。
いや、ホントに、思ってたよりキムチが辛くて、ラーメンスープの味はすぐわかんなくなっちゃったけど(笑)
でも、まあ、麺の太さなんかも俺好みだし、キムチの味しかしなくなったラーメンだが、美味しくいただきましたよ。

つっても、もうわざわざこれを注文することもないだろうな。
ホントに、ただ、いつものラーメンにキムチが載ってるだけだし(笑)
もし、また、丸忠でラーメン食べるなら、普通のラーメンでいいや(^^;

どうしてもまた食べたくなる!・・・という一品ではありませんでした>キムチラーメン
もう先々週の話だが、中国電力柳井発電所グラウンドにて「高円宮賜杯第32回全日本学童軟式野球大会・マクドナルド・トーナメント兼第33回山口県学童選手権大会兼宮本和知旗争奪学童軟式野球大会予選大会」が開かれた。ああ、長い(^^;

20120407_yakyuu1.JPG
伊陸ひむろは田布施に抽選で勝った平生と緒戦で当たったが、残念ながら 0-1x で負けてしまった。伊陸ひむろも何度もチャンスを作ったのだが、なかなか最後の止めの一発が出ない。ピッチャーのUダイは頑張ったのに打線がそれに応えてやれないという、何か、広島カープのような負け方であった(^^;

まあ、5月の G/W にある大会で勝てば、まだ上の大会に出れるチャンスはあるので、気持ちを切り替えていかないとね!それまでに、少しはチャンスに打てるチームになってればいいが(^^;

ところで、うちの次男坊は5年生で唯一まったく出番無し。ずっとバットを引く係をしていた。まあ、俺や嫁さんの眼を気にしてキビキビやってたので(こいつは俺や嫁さんがいないとダレまくりなのだ(^^;)、それは良いのだが、まったく、今後も野球を続けさせるべきなのか甚だ疑問のわく一日であった(^^;

いや、もう、この日は朝から練習に付き合っていたのだが、どうにもこうにも下手すぎるのである。つーか、ほんとに、全てのノックの球を落球し、追いつけず、バッティング練習では一度もバットにボールが当たらず、まるで「初めて野球をやった」子供並の下手さなのである(^^;
以前より確実に下手になっている。どうも、練習をすればするほど「ボールが怖い」病が悪化する様子(^^;

絶対、野球なんか向いてないよなあ、こいつ(^^;
親としては、ホントは野球以外の、自分に自信が持てるようなことを次男坊にはやらせたい。野球を続けてても、こいつは卑屈になっていくばかりだと思うし。
次男坊本人もまったく野球に興味無いし(野球の試合中継とか見るの大嫌いだしな、こいつ(^^;)、本人が辞めたいって言ったらすぐ辞めさせるのに、理由は不明だが言わないんだよなあ(^^;
何か、それは本人の中では「恥ずかしい」ことらしい。
それは違うんだけどなあ・・・
豚二郎を出たのが 18:30。
まだ空は明るい。すっかり昼が長くなったねえ。

この時点ですっかりわしらはほろ酔いだったのだが、フラフラと次の安い居酒屋を求めて岩国の街を彷徨う。
そして、飲み物がオール 280円の「お喋り居酒屋 居心伝 岩国駅前店」へ流れ着いたのであった。

201204143_tsukemono2.JPG
岩国駅から国道2号線に抜ける道沿いにある店ね。八剣伝とかと同じマルシェグループの店。
時々店の前を通ると、けっこう若者で賑わっているようだったが、昨日はまだ時間も早かったので余裕で座れた。座敷に上がっちゃうと長くなっちゃうのでテーブル席へ。同じ並びにミニスカの若い娘さんの二人連れが座っているので少しだけ幸せであった(笑)

こういう、画に描いたようなチェーンの居酒屋に来るのも久しぶりだ。
取りあえず俺はジンジャーハイボールを(ウィスキーはメルシャンの OCEAN LUCKY WHISKYってのを使ってるそうな)、N◎はジョニ赤を使った「ジョンボール」というハイボールを注文。
ジンジャーハイボールは甘くて失敗だった(^^;

飲み物を頼んでホッとしていると、注文取りに来たお姉ちゃんがずっと側に立ってる。ああ、食い物も頼まなきゃ駄目か(^^;
もう、豚二郎で腹一杯になったんで何も食いたくない。でも、何か頼まないと駄目だよな。

焦って頼んだのが「とろとろ半熟煮玉子」と「出し巻き」。
「いや、それはきついよ・・・」とN◎に言われてハッと気づいたが、時既に遅し。オーダー通っちゃったよ(^^;この満腹状態で玉子はきついなあ(^^;

その後、「えだまめ」「やみつききゅうり(きゅうりを胡麻油であえたもの)」「なすの浅漬け」を注文。
ああ、落ち着くぅ~
やっぱ、おっさんが注文するのはこういうもんじゃないとなあ(笑)

201204143_tsukemono1.JPG
そして、甘いジンジャーハイボールはさっさと飲み干して、次はフォアローゼズハイボールじゃあ!
この店、ハイボールの種類も多いし、焼酎や梅酒なんかも色々置いているようだ。ノンアルコールビールも置いてるな。
まあ、もうそんなに量は飲めないお年頃だけど(笑)

しかし、この店はスタッフが多いなあ。フロアだけで 5人はいるよ。
その内の男子1名は新人のようで、リーダー格の女子から「こうやって手が空いた時には、積極的にお客さんのテーブルに行って、おかわりどうですか?とか、お奨めの料理を紹介したりしないと駄目だよ」とか教育受けてる。
ああ、この積極性が豚二郎にも欲しいよのお(^^;
つーか、やっぱり豚二郎は決定的にフロアの人数が少なすぎるよなあ。居心伝の給仕の子達を見てるとそれが確信に変わった。

騒々しいけど、やっぱ居酒屋の給仕はこのくらいの数居てくれないと気軽に注文できないよ。

この店ではハイボールを一人2杯ずつ飲んだだけだったので、二人で 25百円くらいだった。安っ!

実際のところ、食べ物はそう美味いわけでもないんだけど、この値段なら十分満足のいける味でした。
20120415_bike1.JPG 20120415_bike2.JPG 20120415_bike3.JPG
昨日はGPZ1000RXのバッテリーを交換。

かかりづらいエンジンの扱い方もやっとわかってきた。

1.フェールコックを PRI(負圧関係無しのダダ漏れ位置)にセット。

2.バイクを揺する。更に揺する。もっと揺する。ハァハァ息が切れるまでバイクを揺する。
 (更にガソリンを早くキャブに送るためだ!(笑))

3.チョークを引いて、セルを廻す。この時、アクセルも少し開け気味に。
 (PRI の時はチョークを引かない方が良いようだが、うちの場合は引いた方が確実にかかりやすい)

4.セルは 15秒くらいは廻す。駄目なら少し休んでもう一度。
 (廻しすぎるとセルモーターが焼けきれるので注意)

これで、昨日はバッテリー充電機の出場なくエンジンがかかった。
コツは、少しでもエンジンにボボボって火が入ったら、すかさずアクセル開けて吹き上がらせること。ここで「あ、かかった」とアクセル戻すとそのまま死んじゃうことあるし、プラグがかぶって、また次の起動が難しくなる。

あ、エンジンかかったら、フェールコックは ON に戻す。(PRI のままでも問題はないけどねえ)

つーことで、そのまま旅に出たかったが、昨日はやることが沢山あったので近場をぶらりと。

国道2号線を周東支所のところから川上方面に走り、川上小学校の手前で右折。二鹿に抜ける県道130号線(本郷周東線)だ。

まあ、この道は失敗だった(^^;
二鹿野外活動センターのあたりまでは、道幅が超狭く、落ち葉も沢山積もっているので、オンロードタイプのリッターバイクじゃまったく楽しめない(^^;
途中、ローとセカンドだけで走るような道だ(^^;
もう、GPZ で走ることはないだろう。

でも、二鹿野外活動センターの桜と、北河内駅(錦川清流線)の近くの天尾橋から眺める錦川の景色は格別であった。今度は素直に国道187号線側からアクセスすることにしよう(笑)

・・・という、走行距離、たった 45kmのミニツーリングであった(ツーリングか?これ(^^;)
昨日は久しぶりに友人のN◎君と岩国で飲酒。
16:57玖珂駅発の岩徳線で岩国に乗り込み、夕方から飲んだ。

20120414_butajiro3.JPG
最初の店はどこにするか聞いたところ、「豚二郎に行きたい」という意外な答え。
「あーた、この間俺が行こうと言うた時は、全然興味しめさんかったやん。」と聞くと、どうもネットで見てて「305円のサイコロステーキ」があることを知り「果たしてどんな一品が出てくるか」興味が沸いてきた・・・とのことであった。

つーことで、17:30。「イタリア29酒場 豚二郎 岩国店」入店。

俺らが口開けの客だったが、この夜も予約が沢山入っているってことで、おっさん二人でカウンターに廻された。まあ、長居するつもりはないので全然かまわんけどねえ。

17時から店は開けてるようだが、この時点では給仕の姉ちゃん達はまだ来てなくて、しばらく厨房に入る兄ちゃんが相手をしてくれる。

まずはサントリーのザ・プレミアム・モルツをジョッキで。ジョッキつっても、大きめのビアグラスくらいの量だが、でも、これで 305円は安いなあ・・・とまずは二人で満足しつつ料理を注文。

20120414_butajiro2.JPG
ピザ、ローストビーフ、イタリア風生春巻き等とともに、N◎君が是非食ってみたいと望んでいたサイコロステーキを。和風ソースで。

結論から言えば、料理はどれも満足出来る内容だった。どれも、305円でこの味、この量なら・・・と納得出来る。
サイコロステーキも、もちろん良い肉とは思わないが(ちょっと筋もあったしね)、変な臭味もなく、ほどよい固さで全然大丈夫。これで 305円なら大満足だろうという品だった。

反対に飲み物の方は、「この店じゃ、ひたすらザ・プレミアム・モルツを飲んどくのが正解かもね」とN◎君が言うように、それほどのお得感がなかった。
いや、まあ、305円だからこんなもんじゃろう・・・と納得は出来るのだが、ハイボールは薄すぎるし、山崎10年が10年の味がしねえ・・・とか(^^;、まあ、「これで、この内容なら安っ!」という感じではなかったね。唯一、ザ・プレミアム・モルツを除いて。
ちなみに、ワインは飲んでないんでわかんないっす。

そうそう。「トリスと山崎10年が同じ値段ってのは有り得んじゃろう」と、ちょっと意地悪して俺とN◎君でそれぞれトリスと山崎のシングルをストレートで注文してみたんだけど、量はきっちり一緒だったよ(笑)
ますますN◎君は「怪しい・・・」と飲み物への疑義を深めてたけど(笑)

20120414_butajiro1.JPG
ところで、相変わらず給仕は破綻してるなあ(^^;この店。

人気店で客も多いっつうのに、給仕の女の子がホールに二人だけってのがもう駄目なんだよなあ。これ、会社の方針なのかね?
俺達は元々長居する気がなかったので、最初に食いたいものは全部注文して、その後の飲み物の注文もカウンター席だったから割合スムーズに通ったんだけど、奥の方で予約して飲んだおばちゃん10人連れは、あまりに追加注文を聞きに給仕のねえちゃんが来ないので発狂してたよ(^^;
店全体に響き渡るような声で、グループの中の一人が「すいませーーーん!すいませーーーん!!」て絶叫してたからね。

給仕のねえちゃんも聞こえてるはずなのにガン無視してるし(^^;
いや、このお姉ちゃん、忙しい最中にお冷や注文しても嫌な顔せずに出してくれて(ま、当たり前の接客なんだけど)、俺の「このお冷やも 305円なの?」という下らない冗談にも、「いえ、水はタダですよ」って笑ってくれる良い子で、決して性格が悪いとか、怠け者だとか、そういうわけではないと思うのだが・・・
つまり、フロアを二人で廻しているシステムの問題なんだよな、単純に。

経営者、岩国店がこんなことになってんの知ってんのかな?
知ってて手をうつ気がないのなら、相当の糞だな。
録画していた「宇宙戦艦ヤマト2199」の第一話「イスカンダルの使者」をやっと見ることが出来た。

つーか、これ、2013年からテレビシリーズ全26話を放送予定なんじゃね。それを、7章に分けて先行上映って形で映画館で上映するようだ。
今、第1~2話に相当する第一章「遥かなる旅立ち」を全国10館で先行上映中だって。
ヤマト好きの息子たちに「続きは!?」って聞かれて、「来月くらいにやるんじゃないんか?」って応えたけど、「来年」の間違いだった(^^;;;

で、話題になっていた「アホ毛」問題ですが、確かに、佐渡酒造の後ろに立つ原田真琴(新キャラ)の頭にピーンとアホ毛が・・・
あと、古代の頭の上にも何かアホ毛認定してもいいんじゃないかという感じの毛が・・・
時代の流れとはいえ、やっぱ、ヤマトの中に出てくると一瞬、「んん?」と思うなあ(^^;

でも、それより気になるのは、「じいさんたちの目が可愛くなってる」こと(^^;
佐渡さんも、徳川機関長も、皆、可愛いつぶらな瞳に・・・(^^;
結城信輝(キャラデザイン)、年寄り描くの苦手なんやなあ。まあ、かっこいい/かわいいキャラが得意な人間は、総じて年寄り描くのが苦手だけどね。

一方、メカ系はいいね。
オリジナルの雰囲気を残したまま、今風のリアリティさを加味したデザインで、どれも格好ええよ:-)

こりゃ、続きが楽しみだ!!・・・って、来年かよ(^^; 先は長いなあ(^^;
晩飯食う間もなく深夜まで作業した帰り道。
そんなときは、高速に乗る前に「丸忠うどん」へ!これ、西へ帰る俺たちの常識だよね?(笑)

20120322_sansaiudon.JPG
先日もそのパターンであった。
「山菜うどん」400円と、もう深夜 0時をまわっているというのに、おにぎり 2個 210円も付ける俺。

俺はアウトロー。深夜の炭水化物過剰摂取に罪悪感のかけらも感じることはないさ!(感じろ!>俺(^^;)

いやあ、やっぱ深夜の丸忠うどんはやめられんわい。

具の入っていない海苔むすびは、ほくほくと口の中でちょうどいい具合に米がほぐれていく。優しい食感。深夜は、こういうおにぎりがいいのよねぇ~(笑)

山菜は、わらび、細竹、あとこの白いのなんだ?よくわかんねえけど、まあ、アレです。業務用の山菜でしょうけど、しゃきしゃきした食感がいいですわ。
そして、たっぷり入っているとろろ昆布が最高。

いやあ、ほんま、広島三大うどんといえば、広島駅一番ホームの広島駅弁当経営の店のうどん、備後落合のおでんうどん、そして、この丸忠のうどんですな(笑)

いや、ま、自分でも選択基準がよくわかりませんが(^^;
昨日、おろちループに向かっている途中、思い出の駅が視界に!

20120411_bingoochiai1.JPG
芸備線と木次線が乗り入れる「備後落合駅」である。
いや、芸備線も木次線も日に数本しか乗り入れないので、無茶苦茶寂れてますけど(^^;

実は、25年くらい前、中学・高校の同級生と岩国郵便局の職員で TEAM TORTOISE HEAD というツーリングチームを作っていた。お揃いのトレーナーなんかも作って、よく一緒に走ってたんだけど、ある日のツーリングの行き先が「備後落合駅」だった。

「おでんうどん」を食べに行ったのだ。
それは、備後落合駅の名物で、ただ「うどんの上におでんが載っているだけ」の代物だった。

わざわざ、岩国から西城まで(何だかんだで片道 200km近かったと思うが)オートバイに乗ってこのうどんを食いに行ったのだ。当時は山陽自動車道も全線開通してなかったし、どっちみち高速に乗る金もなかったから、ホントに一日仕事だった(笑)
まるで、一杯の美味いコーヒーを飲むためだけに、横浜から神戸までオートバイを走らせる横浜ケンタウロスみたいだぜ!(違うか(^^;)

でも、駅のホームにあった、そのうどんコーナーも今は無いらしい。
何年か前にそんなことを Wikipedia で読んだことがあったのだ。

20120411_bingoochiai2.JPG
それを確かめるために、25年振りに備後落合駅のホームに立つ俺。

ああ・・・ホントだ。ホームの上にうどんコーナー無くなってるよ・・・
寂しいなあ。

今度は、TEAM TORTOISE HEAD のトレーナーを着て、オートバイで来てみるか。
多分、あのトレーナー、何年もダンボールに突っ込んだままほったらかしだから、虫食いで穴だらけだと思うけど・・・(^^;

<追記>
Excite 翻訳で「TEAM TORTOISE HEAD」を訳すと「チーム・カメ頭」って無茶苦茶格好悪い名前に・・・(^^;
正式名称は「亀頭団」です!!
昨日の昼飯は、中国自動車道の安佐SA(上り)のフードコートにて「春キャベツのチャンポンセット」を。チャンポンとチャーハン(小)のセットで 890円也。

20120411_haru.JPG
安佐SA で飯を食うのは初めてだ。
まあ、安佐SA 自体、多分、2~3度しか来たこと無いしな(^^;

で、春キャベツのチャンポンだけど・・・これ、ラーメンスープじゃねえの?(^^;
何か、以前、長州路で食った豚骨ラーメンみたいな味だな。しかも何かニンニク臭が強いし。業者スープに自分なりの手を加えてみたら失敗した・・・って感じか(^^;
いや、「わ、不味っ!」とかいうほど悪い味じゃないんだけど、これは明らかに「チャンポンの味ではない」な(^^;
ま、「チャンポンではなく、新しいジャンルのラーメン」と思って食ったら、途中から気にならなくなったけど(^^;

で、メインの春キャベツは柔らかくてシャキシャキしてるし、麺の茹で具合も良い感じ(意外!!(^^;)で、まあ、SA のフードコートで出す物としては及第点かなあ・・・とも思ったんだけど・・・

具が貧乏臭すぎる!!(^^;

何か、他の料理で使った肉がこびりついたままのお玉を使った結果入り込んだ・・・と言われたら、「でしょ?」と答えてしまいそうな、そんな、クズみたいな豚肉が数切れ(ホントに小さい!!)入っている他は、ひたすら野菜(^^;
エビ、イカ、タコ、アサリ等の海産物は一切入ってない(^^;;;

こんな貧乏くさいチャンポン、初めてじゃぁ!!

いや、まあ、自宅で作るチャンポンはこんなもんじゃけど(^^;、でも外で食うチャンポンはもう少し豪華であって欲しいんじゃあ!!!

ただひたすら、春キャベツのシャキシャキした歯ざわりと甘みだけを楽しむチャンポン・・・

こんなもんで、デブが満足出来るかぁ!!!!!!!

ま、しばらく安佐SA で飯食うこともないと思うからいいけど。
ちなみに、チャーハンは美味しかったです(笑)
昨日、東城でフィールドサービス案件があったので、その帰りに「奥出雲おろちループ」に行ってみることにした。

島根県の奥出雲町を走るループ線である。国道314号の一部だ。
バイク雑誌によく写真が載ってて、以前から興味があったのだ。
山の中を巨大な高架橋を含む道がぐるぐるとループしながら走っている姿は雄大で、一度見てみたいと(出来ることならバイクで走ってみたかったが(^^;)ずっと思っていたのである。

Google Maps で見ると、作業をしていた現場から 20数キロの距離のようだったので、岩国に帰る前に寄ってみることにしたのである。

・・・が、結論から言うと、ちょっと拍子抜けな・・・まあ、はっきり言えばがっかりなルートであった(^^;

20120412_orochi.JPG
つーか、これ、広島県側から行くと、だんだん下っていく形になるので、全然おろちループの雄大さが味わえんね(^^;

島根県側からおろちループに入ると、まず目の前に、まるで天空にかかる橋のように、真っ赤な三井野大橋が見えて「おおお!!」って感じなんだけど、広島県側から行くと、いきなり三井野大橋を渡るので、「あれ?おろちループってどれ?」って思ってるうちに木次線の出雲坂根駅に着いちゃって、「あら?もう終わり」って感じ(^^;

すぐに U ターンして、今度は島根県側から駆け上がってみましたが、うん、やっぱこっちの方が楽しいや(笑)
20120411_flash.jpg
Flash Builder を使ってActionScript 3 でアプリを開発する予定がある。
その中で、表示した内容を印刷する処理があるのだ。

実は今まで AS3 のアプリで印刷処理をしたことは無かった。
んが、PrintJob クラスを使えば「印刷するだけ」なら簡単に実装できそうである。

例えば、表示している画像を印刷する・・・という処理なら、下記のようなコードになる。

<!--?xml version="1.0" encoding="utf-8"?-->
<s:application xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009"
xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark"
xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx"
width="618" height="417" minwidth="955" minheight="600" backgroundcolor="#DBCAA7">

    <fx:script>
        <!--[CDATA[

            import flash.printing.PrintJob;

            private function BasicPrintExample():void {

                var myPrintJob:PrintJob    = new PrintJob();

                if (myPrintJob.start()) {

                    try {
                        myPrintJob.addPage(img1); 
                    }
                    catch(e:Error) {
                    }

                    myPrintJob.send();

                }

            } 

        ]]-->
    </fx:script>

    <s:image id="img1" x="121" y="52" width="384" height="293" source="img/20120408_touring.JPG">
    <s:button id="btn1" x="274" y="23" label="印刷" click="BasicPrintExample()">

</s:application>

簡単やねえ(^^;

ただ、ここで困った問題が発生。
実は、お客さんから「印刷部数を記録したい」という要望があったのである。つまり、「何枚印刷したか知りたい」ということである。

これも、デスクトップアプリケーション(AIR)で作れば簡単だ。

PrintJob クラスには、copies プロパティが存在するので、例えば上の例であれば、myPrintJob.send(); の前で、myPrintJob.copies の値を調べれば、印刷ダイヤログの「部数」のところで指定した値を知ることが出来る。

・・・が、今回は AIR ではなく Web アプリケーション(Flash)で・・・ということになっている。これが厳しい。

Flash の場合、AIR と違い(同じ AS3 で書かれていても)ローカル PC の情報は一切取れない。セキュリティ面からの実装だと思うが、そのため、copies プロパティ等も Flash として作成する Flex プロジェクトでは参照できない。定義されていないプロパティだと怒られてしまうのである。

つーことで、どうしても「印刷部数」をアプリケーション内で取りたければ AIR アプリで・・・ということになるな。
この間、十日市の「わたしの食卓」で晩飯を食ったのだが、店の前でしばし「唐揚げ定食にするか、日替り定食にするか」悩んだのである。

20120403_watashinosyokutaku.JPG
何せ、日替り定食は 780円、唐揚げ定食は 480円。そして、この店の唐揚げは俺好みの肉で相当美味い。やっぱ唐揚げかなぁ~と思いつつ、最終的に日替りを選択した。いつも唐揚げなので、たまにはなぁ~程度の理由だったのだが・・・

これが正解であった。

この日のメインのおかずは、薄い片栗粉の衣で揚げた豚肉にバジルソースをかけたものだった。
これがもう絶品だった。
バジルソースで揚げ豚を食べるのは初めてだったが、こんなに合うものだったのか!!

揚げ豚は実はあまり好きではない。
昔、プログラム設計の仕事で某自動車メーカーに常駐していたのだが、その時(まだ若くて貧乏だったので・・・あ、今も貧乏か(^^;)安い給食業者の弁当を取っていた。これに、揚げ豚がよく入ってたのだ。
もう、何日かおきにメインのおかずが揚げ豚だった(^^;これが、また、安い弁当のせいか、不味かったんだよなあ。弁当の蓋を開けて、おかずが揚げ豚だったら心底がっかりしたもんだよ(^^;

でも、この定食を食べて、揚げ豚への認識が変わったわ。

サクサクした衣と、さわやかなバジルの香り。
そして、そのバジルソースの「絶妙な揚げ豚向けカスタマイズ」に惚れ惚れしたのである。

というのが、このバジルソース、かなり塩気を強くしてあった。
多分、パスタにかけると「うげっ!糞しょっぱい!!」と感じてしまうほどだ。
でも、これが揚げ豚には無茶苦茶合うのよ!!

ああ、またあの揚げ豚&バジルソースを食べたい。
でも、「気まぐれ日替り定食」だから、再会は奇蹟的なんだろうな。何せ、注文してみるまでその日の「日替り」の内容はわからないのである。

くそ、店を出る時、「これ、無茶苦茶美味かったよ!」くらい言っておけばよかった。
そうすれば、再びこのメニューが出てくる頻度も高くなったかもしれないのに。

いやあ、俺、店の人に話しかけたりするの苦手なんだよね(^^;
初めて、そんな自分をもどかしく思った夜であった(笑)
今日は長男坊の入学式だったので、実に、32年ぶりに母校・周東中学校の校舎内に潜入・・・いや、堂々と入ったのである。

32年ぶりの我が母校は・・・まったく懐かしくねえな・・・(^^;

いや、もう、さすがに 32年前のことってあんまり覚えてなくて(^^;
校舎内見ても、ふ~んって感じ。

でも、渡り廊下と、給食が上がってくるエレベータのことは覚えてたな。あ、あと、床材。あの寄木造?みたいなヤツ。あれは、年に何度かワックス塗るのが面倒臭かったんで覚えてるわ(^^;
あと、体育館のスピーカーの形。しょうもないことばかり断片的に覚えてるな(^^;

俺らが入学したのは、周東中学校が新設されて 3~4年後だったので、校舎もピカピカだったけど、何か、やっぱ 30年以上経つと劣化がすごいねえ。ベランダとかも錆びてるし・・・
それに、ベランダに出ちゃ駄目になってんのね。なんか事故でもあったのかね?
あそこで女の子とひなたぼっこしながら馬鹿な話しして笑ってるのが楽しかったのになあ・・・
そういえば、息子の教室は、確か俺らの時には 3年 2組の教室だったはず。今は、1年生が 3階を使うんだね。

まあ、そんなこんなで、せっかく思い出の場所で、中学時代の同級生にも会ったのだが、思い出話よりも、来週予定している宇兵衛寿司黒磯店での飲みの話しばかりしてサヨナラしたのであった(笑)

・・・・・

でもなんとなく、今、永井龍雲の「道標ない旅」を聞いている(笑)
つーても、スパ羅漢で折り返して、総走行距離 144km のショートツーリングだけどねえ(^^;

20120408_touring.JPG
いやあ、先週 4ヶ月振りに GPZ1000RX のエンジンをかけたのだが、今週の土日も子供の野球の大会だし、しばらくバイクで走りに行くことも出来んなあ・・・と諦めていた。しかし、子供達は大会初日に負け、昨日は半日練習だったので午後から時間が出来たのである。
こりゃ、ちょっとその辺走りにいくしかないでしょう!そろそろ走っておかないと、マジでバイク腐っちゃうし(^^;

ということで、14時過ぎから急遽ツーリングに出ることにしたのだ。
つーても、もう時間が遅いので、ホントに近くをササッと。

海沿いの道も良いのだが、この間ちょっとこのブログでも「24年前の「冬の恐羅漢山ツーリング」のことを思い出してみる」というエントリーで書いた山コースを走ってみることにしたのである。

美和を抜けて、弥栄ダムの横を通って国道186号線を北上。
小瀬川ダムを横目に見ながらひたすら走り、道の駅「スパ羅漢」で U ターンして帰った。
冒頭に書いたように、総走行距離 144km のショートツーリングだ。

いやあ、楽しかった。
やっぱ、山道はコーナーの連続で楽しいな。
186号線はまともな直線って数カ所しかないから、ネズミ取りも無いしねえ。ほどよいスピードで楽しく走れる。

・・・が、それもスパ羅漢まで(^^;
その先は、未だに激しく峠を攻めるライダーたちがひしめいてるのね(^^;
スパ羅漢の駐車場で U ターンしては、何度も激しくアクセル開けて飛び出していくバイクを見て、「これより先は危険だ・・・」と俺は帰路についた(笑)

いやあ、だって、俺のバイク。もう26年前の骨董品だけど、一応当時のレーサーレプリカの流れのデザインで(レーサーレプリカではないけど)、しかも集合管付けてアンダーカウルとか外してるし、一見「走り屋」っぽいんだもん。
モノホンの速いヤツに絡まれたら怖いじゃん(笑)

・・・・・

結局、美和のセルフのガソリンスタンドで給油した時と、スパ羅漢で缶コーヒー飲んでる間以外は一切止まることなく(信号待ちは除く)走り続けた旅であった(笑)

なぜなら、一回エンジン切ると、次にすんなりエンジンが起動する保障が無いのに(^^;、この日は「アイドリング回転数の調整」に書いた理由でアイドリング状態がキープ出来なかったので、止まるに止まれなかったのだ(^^;

まあ、久しぶりの GPZ だったので、ひたすら走るツーリングは楽しかったよ。
昨日はバイク(GPZ1000RX)のエンジンがかかりはしたが、アイドリングが安定しない。
いつもなら、1,300~1,400回転くらいで安定しているのだが、昨日は 500回転くらいで回り、すぐにエンジン停止する。

何か、レーサーみたいで格好良いなあ・・・と言うてる場合ではない(^^;
信号待ち等で停止する度に、ブレーキかけながらアクセルを少し開けつつクラッチを切り、停止中もアクセルから手を放すことなく回転数をキープ・・・という大変面倒くさいことを繰り返さないといけない。

20120408_idle.JPG
GPZはガソリンタンクの左下にアイドリング回転数を調整するための Idle Speed Adjustment がある。びよ~んと延びた細い棒の先にダイヤルがついていて、それを左右に回すことで回転数を調整するのだ。
で、それを回してみるのだが、一向に状況は好転しない。キャブに何か詰まったんかいな?とも思ったのだが、アクセル開ければいつものようにすんなり吹き上がるんでキャブの不調でもないようだ。

結局、家に帰ってからゆっくり調べてみたら、「Idle Speed Adjustment を無茶苦茶左に回して回転数下げてた」だけだった(^^;;;

そうだわ。そういえばこの間、Idle Speed Adjustment がどこまで廻るのか試したような気がするわ(^^;
そういう状態だったので、停車中にちょっとダイヤル回転させてみただけでは状況が変わらなかったのね・・・(^^;
家に帰って目一杯右に廻してたら、そのうちグワーーーン!と回転があがり、ああ、やっぱ Idle Speed Adjustment の問題だったのね・・・と(^^;

もっと早く気づけば快適なツーリングが楽しめたものを(^^;
一昨日は呉で作業があったので、どこぞのファミレスで飯でも食いながらメールのチェックをしようとか思ってたんだけど、途中、店の前に妙に車の停まってる弁当屋を発見。

20120406_wasyou2.JPG
「わしょうの台所」というオレンジ色の看板テントが目印の店だ。

沢山車が停まってるってことは人気店なのだろう。少し先でUターンして行ってみた。

入ってみれば、長机がひとつ。そこに弁当が積まれ、優しそうな中年女性が一人佇んでいる。
どことなく侘びしい。
「げっ、失敗した・・・」と一瞬思った(^^;

「今日の日替わりは、エビフライか、豚のあぶり焼きです」と言われ、う~むと弁当を見てみると、何か、メインのエビフライの他にもちょこちょこ色々なものが入ってて何か美味そうだ。そして、驚いたことに、値段が 300円なのである。もちろん、税込みで(笑)
これは安いでしょう~速攻日替弁当購入(笑)
豚のあぶり焼きはもしかすると俺の苦手系の肉かもしれないのでエビフライの方を。

GOGOやまぐち弁当が更にお安い 262円とは言え、あれはもうメインのおかず一点豪華主義で、あとはキャベツの千切りとおかずが一品だけという感じだが、わしょうの台所の弁当は違う。
20120406_wasyou1.JPG
エビフライこそありふれたサイズのものだが、その他に、炒り卵、ホウレン草のおひたし、何かのキノコの胡麻マヨネーズ和え、パスタサラダ等々色々入って 300円である。
それにエビフライがタルタルソースなのがいいね。GOGOやまぐち弁当はソースだからなあ。

広島に「GOGOやまぐち」、呉に「わしょうの台所」有りだな(笑)

どうも、わしょうの台所は、野呂という弁当製造会社の工場直送弁当販売所のようである。呉市内に何カ所かある直売所のひとつのようだ。

うん、いや、マジで、この弁当美味かった。今度呉に仕事で行った時もまたここの弁当を買ってみることにしよう。

ちなみに、弁当食いながら車の中でメールチェックしようとしたら、MacBook Pro の充電状態 0%で電源入らずだった・・・(^^;
皆、ノートパソコンの充電具合はちゃんと把握しておこうね!(どういう締めだ(^^;)
先週は、実は水、木、金と三日連続、スーパー「GOGOやまぐち」弁当だったのである。

水曜日に「やまぐちの唐揚げ弁当、うめっ!」と感動して、翌木曜日に再び唐揚げ弁当を買いに行くも無し。いやん、食いたい、食いたい、唐揚げ弁当食いたい・・・と、再度、金曜日に GOGOやまぐちを訪れた次第。

・・・が、金曜日も唐揚げ弁当は無かった・・・とほほ・・・(^^;

20120330_yanaguchi1.JPG
仕方無いので、牡蠣フライ弁当を購入。
いや、ま、「仕方無い」なんて言ったら牡蠣好きの人に怒られちゃうな(^^;
そんなに大きなヤツじゃないけど、十分なサイズのプリプリの牡蠣が 5個入っていて、もちろんこれも 262円。
変な生臭さのようなものはまったくなく、牡蠣を食い馴れている準広島人の俺も普通に「美味い、美味い」と食べちゃう品質。
ああ、牡蠣の産地、広島が職場でよかった・・・
牡蠣の水揚げ基地のひとつである江波が近くにあるからこその、このファンタスティック牡蠣弁当であろう(笑)

俺は牡蠣フライはタルタル派なのだが、ウスターソースをかけるのも好き。まあ、つまり何でも好きなのだが、GOGOやまぐちの牡蠣フライ弁当には、酸味を抑えた、中濃ソースのような甘みのあるソースが付いている。これもまた美味い。

つーことで、安い弁当が続くと本来であれば気も滅入るところだが、GOGOやまぐち弁当ならそんなことはないな。

「唐揚げ弁当無いのかぁ~?仕方ねえ、この弁当にしとくか」で買った弁当がこのレベルだからな。262円なのに。

・・・とか、何か、俺、完全に GOGOやまぐち弁当の宣伝要員になってんじゃん(笑)
先週の月曜日。呉でフィールドサービス案件があったのだが、ちょうど昼前に作業が終了したので、呉で昼飯を食って帰ることにした。

と言っても、呉にどんなメシ屋があるのかようわからん(^^;
取りあえず商店街あたりに行けば何かあるだろうと、駐車場から徒歩 5分ほどの中通り商店街へ。
そして、そこで良い感じのラーメン屋に遭遇した。

来々軒である。

20120326_rairai1.JPG
いやあ、もう、このボロボロの佇まい。長く地元で愛されてきたラーメン屋なのだろう。
いや、俺は「ボロい店には隠れた名店が多い」なんて話は肯定しない。お好み焼店でもそうだが、ボロい理由は「単純に人気がなくて売上が少ないから」というところも多い。
知ったげに、「田舎の片隅でおばちゃんが一人でやってるようなボロい店って、実は美味いんだよねえ」みたいなことを言ってるヤツを、実は俺は内心馬鹿にしている。ごめんね。
なのに、何故来々軒なのか・・・

英雄になりたいのです(笑)
二軒屋食堂に行った時みたいに、「あんた、チャレンジャーだね。勇気があるね。」と皆に褒めてもらいたいのです。褒めてほしいのです。

ということで、勇気を持って来々軒の中へ。
まだ、11:30頃ということで客は俺一人。でも、テーブルにコップの水で濡れたような跡が残っていたので、俺が口開けの客ではないかもしれない。
そして、ここは、やっぱおばちゃんが一人でやってる店だった。酒枯れした声のちょっと場末のスナックのママさんぽいおばちゃんだ。

俺は「中華そば」500円也を注文した。
まずは、シンプルなラーメンで実力を測ってやるぜ!・・・なんて気持ちは一切なく、単に、財布の中身が寂しいだけだ(^^;

もうボロボロで、油断すると何ページ分か中身がゴソっと抜け落ちてしまう「課長島耕作」の第一巻を読んでいると、そんなに待つことなく俺の前にラーメンが。

20120326_rairai2.JPG
広島醤油豚骨系のラーメンだ。

箸で麺をほぐしてみると、妙に「箸触り」が重い。これは、「茹でずに煮た麺」の特徴だ。田舎のおばちゃんってのは、絶対麺をグダグダになるまで「煮る」んだよな。何でか知らんけど。

「やっぱりハズレか・・・。ま、これも話のタネになるからいいんだけどね・・・」と半分諦め気分で麺を口にすると、「あれ?」・・・と(^^;
まあ、若干柔らかめではあるが、決して「煮られた麺」ではない。ちゃんとコシの残ったまあまあの「茹で具合」の麺である。
どうも、湯切りが甘いだけのようだ。しっかり湯が切れてないので、麺の表面のヌルヌルネトネトが残ったままになり、他の麺ともねっとり絡み合ってしまうのだ。
それが、箸触りが重い(麺が玉になり易い)原因だったのね。

まあ、俺のお袋ほどの歳のおばちゃんに、「もっとしっかり湯切りせえよ!」なんて俺は言えんけどね(^^;;;

で、ラーメンの話に戻るが、スープもあまり醤油臭くない醤油豚骨スープで、俺は好きな味。ほんと、この味で 500円なら、近所にあればちょこちょこ通うかもね・・・とこの時点では思ってた・・・

でも、チャーシューがダメだったわ(^^;
この、ロースハムのような色合いのチャーシュー。何か、独特の味がするね(^^;
ちょっと味噌にでも漬けていたかのような、「発酵」を連想させるような味というか、う~ん、うまく説明できないんだけど、ほんと、俺の苦手な味。
なんで、こんな独特な味がすんだろ・・・確かに、ロースハムのような薄いピンク色の見た目からして異色だ。不思議な味。

ま、でも、全体的には「俺の許容範囲内」の味。つまり、たまには食べに来てみても良いかなって感じの味。値段もワンコイン(500円)だしねぇ(^^;
スーパー「GOGOやまぐち」の唐揚げ弁当にいたく感激した俺は、翌日もまたGOGOやまぐちに向かったのであった。
「今日も唐揚げ弁当にするぞ!」という思いで。ただ、その思いで。

・・・が、運命は非情である。

20120329_yanaguchi1.JPG
12時少し前。もっとも多種な弁当が山積みになっている時間だというのに、そこにはただひとつの唐揚げ弁当も無かったのである。
多分、262円という値段は、「大量に安く仕入れることが出来た材料がある」または「そろそろ消費期限を迎える材料が山ほど余っている」という条件を満たして、初めて実現出来るものなのではないだろうか。
この日はそういった材料として「鶏肉」が存在してなかったのだろう。

しかたないので、代わりに目一杯油っぽい弁当を買ったのである。

海老フライ、ハンバーグ、串揚げというデブ歓喜の油物三点セットが入った弁当である。
もちろん、これも 262円。
いやあ、これで 262円は当たりじゃろう。
ただ、串揚げの肉は、結局最後まで何の肉か分からなかったけど(^^;
色からしたら牛かなあとも思うが、味からだけでは何の肉か判断出来なかった。まあ、肉の味がしました。美味かったです(笑)・・・それでいいじゃん(^^;

細かいことを言うと、右下の漬物。カブラ漬けかと思ったんだけど、これ、単なる酸っぱいカブですな。漬け込みがまったく足りず、「漬物」になりきってない。

でも、まあ、メインディッシュの海老フライは、衣ばかりが厚いわけではなく、海老の身もそこそこ詰まっている一品で、この海老フライだけでも 262円が成り立つよ。

つーことで、お得な値段なのに、「安い弁当を食べている」という悲壮感の無い色々なメニューに挑戦する GOGOやまぐちに、今日も感謝な俺であった。
20120402_GPZ.JPG
GPZ1000RX のエンジンをかけるのは、実に丸4ヶ月ぶりだった。
去年の 12/4 に軽く周防大島をぐるっと廻って以来だ。

昨日の午後から「バッテリー充電→バッテリー無くなるまでセルを回すが始動せず→再びバッテリー充電」を繰り返し、二日がかりで、やっとさっきエンジンかかった(^^;
(一応、セルスターターモードもある充電器なんだけど、セル回すと、毎回ヒューズが飛ぶのよ(^^;安物だから)

今日はこれから広島に車で行くので(ルータ等を運ばないといけないので)、しばらくアイドリングしといて、今、エンジン切ったところ。
エンジン切って、すぐにセル回してみたけど、「ギュ、ギュル、ル、ル、ギュ、ギュ」ブワ~ん・・・という感じで、なかなか気持ち良くは始動しない。

以前はこれほどエンジンがかかりにくいってことなかったのに(^^;
たまにしか走んないのでガソリンも劣化してるし、水も溜まってるんだろうなとは思うが、なにより、バッテリーが相当弱ってて、火花、弱いんだろうなあ(^^;;;・・・って。
昨日、間違ったバッテリーを買わなければ・・・(^^;

ま、昨日 Amazon で YUASA / YB14L-A2 を注文しといたので、これから迎えるバイクの季節の前に、しっかりバッテリー交換しとくぜ!(笑)
今日から長女が保育園に通うようになった。

俺が子供の頃は上祖生保育園があったので、そこまで自分で歩いて行ってたけど、今は保育園の場所が旧祖生中学校のところだから幼児の足で通うのはきついし、何より変質者が「人権」とやらで守られて平気で街をうろうろする時代だから(^^;、嫁さんが毎朝連れていくことになる。

娘には、「意地悪なことをしてくる子がいるかもしれないけど気にしないこと。そして、自分は絶対他の子に意地悪なことをしないこと」の2つだけが大事だよと言っておいたのだが、まあ、伝わっちゃいないだろうな(^^;

前から娘は保育園へ行くのを「おともだちが沢山いるから」と楽しみにしていた。
今朝は次男坊が何か脅すようなことを言ったようで、ちょっとだけ「保育園行くの、怖い」とか言ってたのだが、最終的にはニコニコ嬉しそうに登園していった。

「(自分が保育園に行くので)お父ちゃんが一人ぼっちになるねえ」とか可愛いことを言うので、「帰ってきたらブチュブチュするけえ、ええよ」と答えると、「避ける」とつれないことを言って去って行った。

さっき嫁さんに初登園の様子を聞くと、最初は嫁さんの後ろに隠れていたのだが、先生に無理矢理だっこされて連れていかれたようだ。特に泣いたりすることはなく、無表情なままで(^^;
ただ、昨日の子供会の行事で一緒だった子たちが、うちの娘の名前を呼んでくれていたようなので、すぐに溶け込めそうな感じ。

午後1時頃、嫁さんが様子を見に行ってくるそうなので、その話を聞くのが楽しみである(笑)
20120328_yanaguchi1.png
先週、久しぶりに「GOGOやまぐち」へ。

ここのところ、自宅でのプログラミング作業や車で移動してのフィールドサービスなどが続いて、事務所でゆっくり昼飯を食べることがなかったので、すっかりスーパー「GOGOやまぐち」から足が遠のいていた。

実に、4週間ぶりのGOGOやまぐち弁当である。

訪れた時間が 12:30頃だったので、やはり種類は少なくなっていた。でも、デブも満足できそうな油っぽい弁当もまだ並んでいる。その中から、俺は唐揚げ弁当をチョイスしたのであった。

実は俺は、唐揚げにはけっこううるさい。いや、別に唐揚げグルメというわけではなく、鶏肉のぶよぶよの脂身がダメなのだ。こう、ぐにゅぐにゅ弾力のある唐揚げとか苦手なのだ。数年前、セブンイレブンの唐揚げ弁当を食べてマジで吐いたこともあるほどだ。
ほら、セブンの弁当の唐揚げってぶよぶよじゃん。ああ言うのが絶対ダメ。
なので、(揚げてから時間がたってるため)ぶよぶよ率の高そうな、スーパーやコンビニの唐揚げ弁当にはあまり手を出さないのだ。

・・・が、GOGOやまぐちの唐揚げ弁当に関してはまったくの杞憂だった。

うめえよ。この唐揚げ、うめえ。

俺好みの、ちょっとパサついてて固め(肉が締まってるってぇ感じ)の肉質が最高であります。鶏肉にジューシーさなんて必要ねえ!「ササミみたいな胸肉」が最高なのだ(笑)

しかも、皮がパリパリに揚がってるよ。スーパーの弁当の唐揚げでこれは秀逸。
だいたい、ぶよぶよの皮が多いからな。皮をパリっと揚げるには粉を工夫するか、二度揚げなど、揚げ方を工夫するか、どちらにしても手間がかかるからな。やるな、GOGOやまぐち弁当!

・・・ということで、スーパーの唐揚げ弁当に対する考え方の変わる一品であった。
これで値段も 262円なのだから文句無しである。
20120401_YTS12BS.JPG
ええと、新品のバイク用バッテリー YUASA / YTX12-BS あります。
まったくの新品です。

誰か、5,000円で買ってぇ~(笑)

Amazon で、6,980~9,970円くらいで売ってるヤツよ。
どういうバイクに着くのか知らんけど(^^;

ちなみに、岩国・柳井・広島地区ね。
俺が持って行ける範囲で(笑)

さあ、新品バッテリーで、君もレッツ・セルスタート!(意味不明)
20120401_gzp_bat.JPG
只今、愛車 GPZ1000RX のバッテリー充電中。
随分バッテリー液が減っていたので補充しておいた。これで、少しは甦ってくれればいいが・・・

いや、まあ、そろそろバッテリーも交換時なんだよな。3年以上経ったし。

というわけで、さっき、ナフコ玖珂店までバッテリーを買いに行って来たのだ。
バイク用と銘打った 12V バッテリーは一種類しか置いてなく、それも 13,700円とべらぼうに高いのでビビったんだけど、まあ、何ヶ月も乗らずにほったらかしにしていてゴメンよ、ゴメンよ・・・という GPZ への謝罪も込めて思い切って買ったのさ。

・・・GPZ には着きませんでした・・・

何か、今までのバッテリーより一回り大きくて、バッテリーケースに入んねえよ!(^^;
試しにバッテリーケース外して無理矢理置くだけ置いてみたんだけど、+-の位置も今までとは逆で、まあ、それはバッテリーの前後を逆にすればいいんだけど、でも、そうすると端子の位置が今までより奥になってケーブルが届かねえ(^^;

どうにもこうにも取付は難しい模様。
そもそも 12V 14A のバッテリーじゃなきゃダメなんだけど、このバッテリー、12V 10A じゃん。まあ、アンペア低い分には大丈夫なんかな?どっちみち着かないんだけど(^^;

ああ、最初から Amazon で買っておけばよかった(笑)
ちゃんと GPZ に着く、サイズも W135×D90×H165 の FB14L-A2 が 7,759円だよ・・・

今、あの 13,700円でどんな楽しいことが出来ただろうかと、そんなことを考えながらこのエントリーを書いている・・・
20120319_nakau.JPG
この間、久しぶりになか卯のうどんセットを食った。
今回は、「和風牛丼(並)+辛味噌うどん(小)」のセット 540円也を。
辛味噌うどんは出た時から気になっていたのだ。

八丁味噌のような濃い辛味の味噌味で、そこに人参やゴボウ、里芋の煮たのが載っている。
里芋はどうなの?と最初思ったのだが、濃い味噌味に、淡い里芋の甘みはよくあってる。あまりうどん食ってる時には体験することのない、ねっとりした食感も何か新鮮だ(笑)

はっきり言おう。
名古屋の「味噌煮込みうどん」という失敗うどんより、同じ辛味の味噌を使ううどんとして、この辛味噌うどんの方がよっぽどマシ。というか美味い。
悪いことは言わんから、味噌煮込みうどんも、こんな感じの普通のうどん麺にすればいいんだよ。あんな、半煮えの糞麺使わず。

しかし、相変わらずなか卯はうどん系が強い。
牛丼は今ひとつだけどな(^^;今回も、ひとつ、ガリっと固い筋の残った肉が入ってたぞ、ごらぁ!
昨日の伊陸ひむろは、柳井カープとのリーグ戦であった。

20120331_carpsen.JPG
結果の方は、Aチーム、新5年生以下のBチームの試合ともに負けであった。

うちの次男坊は、まったく打撃に関しては良いところ無し。ここまで泳げるのか?とびっくりするほどのフニャーっとしたスイングに、厳しい目で次男坊の打撃を見守っていたコーチも思わず吹き出してしまうほどの出来であった(^^;

守備の方は、Aチームの試合ではライトを守ったが打球は飛んでこず、特にこれといって無し。
Bチームの試合ではレフトを守ったが、一度三塁線を抜く強烈なゴロの当たりをグラブには収められなかったが身体で止め、頭上を越えた大きな当たり二本は、ともに途中で追いついて(今までなら確実にホームランにしていただろうが)三塁打で止めることが出来たので、まあ、次男坊としてはよくやった方か。
「昨日は足が速かった」と自画自賛していたが、いやいや、そこまでは(^^;

ただ、守備の時に明後日の方向を見てぼーっとしてたり、集中力散漫なのは相変わらずだ。さてさて、どうやったら集中力ってのはつくのかねえ。

ところで、昨日は Aチームの試合で一塁塁審をやったのだが、一回表、最初の打者が内野ゴロで一塁アウト。俺は大きな声で「ヒズアウト!!」とコールしたよ。

よし、俺が柳井地区の公式戦で初めて「ヒズアウト」のコールをしたぞ!(リーグ戦も準公式戦だろ?)
どうだ!このやろっ!・・・と、コールの後クワっとベンチの方を指さしアピールしたが、誰も気づいていなかった・・・とほほ・・・

まあ、いいや。柳井の「ヒズアウト」の歴史は俺から始まった。(笑)

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら