データセット内の項目の DBNull 判定

はまったぁ~(^^;

テーブルセットのある項目(列)に DBNull がセットされてて、それを参照しちゃうと「予期しないエラーが発生しました。テーブル hoge_list にある列 'hoge' の値は DBNull です」と怒られちゃう。

ありゃりゃと思い、最初に If IsDBNull(rec.hoge) Then ~ みたいに DBNull かどうかのチェックを入れてみたんだけど、なんと、このチェック処理すら「予期しないエラー」になってしまうのである・・・

むむむ・・・

Visual Studio のデータセットの編集画面で、その列の NullValue プロパティを Empty
とかにして回避しようと試みたのだが「プロパティの値が無効です」とか言われて Throw exception 以外選べない・・・(^^;
どうも、AllowDBNull プロパティが True(DBNull を許容)になってるとそうみたいだ。
まあ、許容しとかないと DB 読んだ結果をデータセットに格納するときにエラーになっちゃうから仕方ない。

むむむ・・・

結局、「Isカラム名Null」というプロパティを参照すればよかった。
If rec.IshogeNull Then ~
とするだけ。

いやあ、VisualBasic で DB とか扱ったプログラムって書いたことがなかったので、毎日勉強ですわ(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: データセット内の項目の DBNull 判定

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/3037

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2014年7月18日 01:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「堂林の三振とともに、ヤワヤワ麺なラーメンを食らう」です。

次のブログ記事は「【閲覧注意】昨夜はカエルもすごかった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら