辣子鶏の激辛ぶりがたまらん!!

最近お気に入りの十日市交差点にある中華屋「福臨門(ふうりんもん)」には、俺の大好きな辣子鶏(ラーズーチー)がある。

一皿 850円也。福臨門では「鶏天のピリ辛炒め」という名前でメニューに載っている。

20151021_pirikara.JPG
湖南料理を代表する一品だが、メニューに載せている中華屋は意外に少ない。
まあ、俺が行く中華屋が、「安い店」ばかりだから・・・かもしれんが。まともな湖南料理の店ならちゃんとメニューにあるんかな?
ちなみに俺が初めて辣子鶏を食ったのは「団欒亭ー(だんらんていー)」という薬研堀にある怪しい中華屋だけどね(笑)

これ、どういう料理かというと、鶏天と大量の唐辛子を炒めただけのもの。
いや、花椒の粒や生ピーナッツ、ネギを一緒に炒めてるし、ちゃんと中華の調味料で味付けはされてるんだけどね。

・・・辛いです。

ま、この内容で辛くなきゃ嘘だけどね。
俺は鶏天と一緒に唐辛子を・・・というか、唐辛子だけでもバリバリ食うんだけど、そのうち唇がいかりや長介になったような感覚と、口腔内の痛みを感じるようになるわ(笑)
どんな感じか想像できない人は、例えばご飯の上に、瓶に入った一味唐辛子をドバっと全部だして、それをパクっと食ってみたところを想像してみればいい。
そういう感じです。

20151021_pirikara2.JPG
ちなみに、この唐辛子、食べるのは変なんかね?
俺はいつも半分くらい唐辛子も食っちゃうんだけど、以前怪しい中国人に聞いたところによると「鶏天だけ食うもの」だそうで。唐辛子は食べないよって。
まあ、そうだろうなとは思うんだけど、炒った唐辛子や花椒の粒をバリバリ、ポリポリ食うの、タマラン刺激なんよ。

ああ、また食いたくなった。

ただ、食い終わった後は、脳味噌の大事な細胞がいくらか壊死しているような気がする(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 辣子鶏の激辛ぶりがたまらん!!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/3679

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2015年11月 9日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「銀杏食べ過ぎ注意」です。

次のブログ記事は「「福臨門」の台湾ラーメン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら