CPU 温度が高いのは、ファンが浮いていたからだった(^^;

20170309_cpu.jpg
この間、CPU の温度が 70℃あるという話を書いたけど、よく見たら CPU ファンが浮いてましたわ(^^;;;

ビデオカードの取替などのためにケースを開けたんでファンを見てみると廻ってない(^^;

「え?」と思ってよく見たら電源コードのひとつがファンの羽根に引っかかって、そのせいで廻ってないみたい。
しかも、そのコードがぴんぴんに張ってて羽根からはずせない。どういうことや?と思ってよくよく見たら、なんとファンが浮いているせいでコードが食い込んでしまう形になってた(^^;

なんか、マザーボードの穴に差し込まれた足が浮いちゃってる。
足をハメたあとに、足の上の頭をドライバーで90度回せばロックされるんだけど、どうもそれを忘れていたような・・・
ロックされてないので、差し込んだあとでしばらくするとポンっと抜けちゃう。とほほ。

というわけで、DVDドライブやら電源やらを一旦全部バラして CPU を露わにして、もう一度ファンをちゃんと取り付け。今度はロックもきちんとした。

おかげで、CPU 温度は通常使用時に 40~50℃。アイドリング時は 30℃台まで落ちた。
前は、全然触ってない状態でも 70℃だったからな(笑)

というわけで、やっぱ 70℃って異常な数字だったのね。

<追記>
ちなみに、Open Hardware Monitor って安全なソフトなんかね?
Open Hardware Monitor をインストールすると悪質なアドウェアインストールを許すようになるみたいな記事(ただし、機械翻訳したような日本語)もあって気になるんだけど、「窓の杜」でも紹介されているし、
このサイトを見ると、主要なアンチウィルスソフトで安全だと確認、承認されていると書かれているなあ。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: CPU 温度が高いのは、ファンが浮いていたからだった(^^;

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4333

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年3月10日 08:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「Aki若」で「かすみ酒」を楽しむ」です。

次のブログ記事は「「寅卯」で岩国の未来に思いを馳せながら飲む熱燗と濁り酒」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら