あと100mで駐輪場というところで土砂降り

20:46 のことだった。

横川駅のガード下に入る前にポツポツと降り始めた雨は、自転車でガード下を抜けるわずか十数秒の間に、一気に土砂降りとなった。

20170629_ame.JPG
まさに、バケツをひっくり返したような雨である。
外を歩いていた人は、「あれ?雨か?」と手のひらを天に向け雨の量を確認しようとしたその瞬間に、まるで悪戯小僧に、いや、広島なら、ヒーローインタビューを受けている選手に忍び寄る鈴木誠也に(笑)、バケツの水を頭からぶっかけられたような状況に陥っただろう。

俺はガード下にいたので、その第一撃だけは食らわずに済んだ。
頭上の高架橋が軒代わりとなって俺を雨から守ってくれている。

・・・が、すぐに俺が乗るべき電車はやってくる。
この土砂降りの中をなんとか駐輪場まで移動しないと・・・
俺はいつも持ち歩いている折り畳み傘(小型)を差して、意を決してその雨の滝の中に身を投じたのであった。

瞬殺。まさに一瞬で息の根を止められた気分だ。

歩いているうちにズボンが濡れて・・・という話ではない。
ガード下から出たとたん、小さいながらも傘を差しているというのに、俺の太ももから下はあっという間にびしゃびしゃになった。まるで、太ももの辺りまで水深のある川にどぼんと飛び込んだような、そんな濡れ方だ。

そんな雨の中自転車を押して進む。
直線距離では数十メートルしかない駐輪場までの道のりの長く感じること・・・

あと 1分早く事務所を出ていれば・・・
ま、そんなことを考えるのも詮無いことである。
全国的に水不足のこの梅雨。恵みの雨と感謝しようか。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: あと100mで駐輪場というところで土砂降り

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4460

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年6月30日 01:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10数年ぶりに中学時代の恩師に会う」です。

次のブログ記事は「国道437号線を走るときは、冷たい苺・・・ジェラード?を食べよう!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら