「才家」で牛筋煮込みからお好み焼に

昨夜の晩飯は久しぶりにお好み焼屋の「才家(さいけ)」に。

20170621_saike1.JPG
いつものように店のカウンターは常連客で埋まっていたので、その後ろを通って4人がけのテーブルに。
まあ、俺は基本、一人酒でも店主や客との会話は一切無しで、黙って一人呑んでいるのが好きなのでありがたい。正直、「カウンターにどうぞ」とか言われたらどうしようと思ってドキドキだった(笑)

いつも一人で行くと、フルサイズのタイ焼きそばからお好み焼という炭水化物連続摂取でがんばって太るのだが、今回は遠慮がちにまずは「カレー牛筋煮込み」430円と生ビール(中)400円也を。同時にお好み焼の「そば肉玉シングル」600円也も注文しておく。
俺も、そろそろ痩せようかと思っているのだ(笑)

いつも「才家」では大量注文をして個々の金額とかわけわかんなくなっちゃうんだけど、生中は 400円なのか。
「みつ」は生中 500円だから、それと比べると安いな。ジョッキの形が違うので量も違うのかもしれないが、「才家」の生中も十分な量だ。
ビールが一杯で終わることはないので、一杯 100円の差は嬉しいな。昨夜は「みつ」で飲むより 200円安くあがったってことだ(笑)

「カレー牛筋煮込み」を注文するのは昨日が初めてだった。
「牛筋煮込み」は以前いた会社のメンバーで「才家」に行くと必ず注文する定番だった。昨夜もそれを注文しようと思ったのだが、ビールのアテにはカレー味の方が合ってるかも・・・と思い、初めての注文となった。
それと、もう 20年以上前だが、サラリーマン時代にちょくちょく行っていた「中の棚」の居酒屋(ああ、店名忘れてもうた)のもつ煮込みがカレー風味で、これがなかなか美味かった記憶があって、それも「カレー牛筋煮込み」を選んだ理由だった。

20170621_saike2.JPG
これは、あれですね、もろに飯抜きのカレーですね、普通に(笑)
牛筋煮込みっぽさはあまりないですわ。
でも、肉が最高に美味い。けっこうなサイズの肉がゴロゴロ入っていて、その肉がどれも柔らかく煮込まれていて、これは最高ですな。まあ、牛筋煮込みというより「美味いビーフカレー」のルーだけ・・・ですけどね(笑)

それからお好み焼もペロっと行って、生中おかわりして終了。

お好み焼も美味かったが、それより「H2」最終巻を半分しか読めなかったので、また近々に行かないと(笑)
昔、けっこう好きで読んでたのに、「H2」のラスト、すっかり忘れてる(^^; こうして、これから色々なことを忘れていくんだろうな。
若い頃の笑えるエピソードとか、友人や家族の顔とか・・・

あれ?なぜお好み焼屋の話がこんな悲しい結末に(^^;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「才家」で牛筋煮込みからお好み焼に

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4450

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年6月22日 07:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「先週末の俺たちの枝豆」です。

次のブログ記事は「打率 5割に・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら