ラーストの「野菜チャーシュー麺」は美味かった

タイトルで「ラースト」なんて、まるで「ラーショ」(ラーメンショップ)みたいに略してみましたが、下関市豊田町にあるラーメン屋「ラーメンストアー」のことです。

先週末の角島へのツーリングの途中、昼飯を食いに寄りました。

20170805_store1.JPG
ラーメンショップをパクったような名前と、まるで喫茶店のような店舗の外観。それに、地元のおばさん(つーても、俺よりは若いんだろうなあ(笑))が作るラーメンってことで、実はあまり期待はしていなかったんだけど・・・いや、まあ、いい方向に裏切られました。

注文したのは「野菜チャーシュー麺」750円也。

「ああ、野菜も麺もぐだぐだに煮た『家庭料理的』なラーメンが出てくるんだろうなあ・・・」と思ってたんだけど、シャキシャキの野菜に、茹で加減バッチシの麺のラーメンが出てきて驚きました。
ちゃんと「ラーメンがわかってる」おばさん(俺より若そうだけど(笑))だったんやあ。ごめーん。「麺はしっかり茹でて柔らかくせんと食べにくいけえねえ」と完全にラーメンという食べ物を誤解している田舎のドライブインのおばはんレベルで考えてましたわあ(^^;

ラーメンから塩バターラーメンのような良いバターの香りがほのかにするのは野菜炒めの油の香りか。食欲を刺激するわあ。

チャーシューは良く出来ているんだけど、きれいに出来すぎているし、味も肉の甘みがよく出ているものの(悪く言えば)「よくある味」で「業者製だろうな」と判断してたんだけど、これも手作りだそうです。
手作りでこの品質というのも素晴らしいね。まあ、優しい味で、デブラーメニスト(よくラーメンを食べる肥満児って意味)の俺的にはちょっと物足りなくもあるんだけど。でも、このラーメンにはよく合ってる味だと思いますわ。

20170805_store2.JPG
これはまた食べたくなる味だなあ・・・と。
もう13時を回っていたんだけど、地元の家族連れなどもひっきりなしに来店して、「確かにこれは地元民に地元の味として愛されるラーメンだな」と思ったのであります。

一緒に頼んだ「辛めし」280円也は、「チャーシューとネギを豆板醤、いや、コチジャンか?・・・で敢えて食べる単純な料理」だったんだけど、この辛さは、優しい味のラーメンによく合っていて、同時に注文することをおすすめします。

また行きたいんだけど、豊田町の方に行くこと、そうそう無いからなあ(^^;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ラーストの「野菜チャーシュー麺」は美味かった

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4508

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年8月 9日 12:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初めて「ドラゴンラーメン」に行ってみた」です。

次のブログ記事は「やっと「すし将軍」で「芽ネギ」の握りを食べることができた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら