この「ねぎらーめん」が 780円か・・・

東京はやっぱ物価が高いね。
いや、30分299円飲み放題っていう気が狂ったような店があるのも東京なんだけど、やっぱ普通の店だと微妙に高いわ。

20170918_kawakami1.JPG例えば、先日、JR の市ヶ谷駅近くで食べたラーメン。

「ラーメンかわかみ 市ヶ谷店」(「市ヶ谷2号店」かも)の「ねぎらーめん」780円也。

うーん・・・780円?

いや、まあ、サービスで小ライスがついてくるんで、ラーメン+小ライスと考えれば 780円は適正価格かもしれんが、別に小ライスいらんし。(小ライスを付けるかどうかは最初に聞かれる。炭水化物王の俺はもちろん付けた(笑))

テーブルに置かれている柴漬けをぽりぽりやりながら生ビールを飲みつつ待っていると、思ったより時間をかけて出来上がってきた「ねぎらーめん」・・・

うむ。普通やな(笑)

決して不味いラーメンではないが、個人的に残念なところは「ねぎの風味があまり感じられない」こと。
ラーメンショップの「ねぎみそ」とか「ねぎしお」とか食ったことがある人はわかるだろうけど、食い終わった後にまだネギの風味が口腔内に残ってるやん。ああいうのが無いね。ちょっと弱いネギ?(笑)
ネギの上にちょっとラー油っぽいものがかけてあって、狙いはラーショと同じピリピリしたネギの味なんだろうけど、あの鮮烈なネギ臭い味の余韻はなかったなあ・・・

20170918_kawakami2.JPGスープは(いつものように「多分」ですが(笑))牛メインの動物系醤油。なので、甘みの強いスープ。これ、ネギが本当にピリ辛だったらよく合うスープなんじゃろね。残念。

まあ、このラーメンが 600円台であれば俺もこんなに残念だとかなんとか言わないと思うんだけどねえ(^^;

あ、麺がね、多加水でかん水多めの「黄色い中太縮れ麺」。俺が「びよんびよん麺」って呼んでるやつ。俺が好きじゃない麺ね。あれなのよね。
なので、俺のこのラーメンに対する思いも自然と厳しくなることは最後に付け加えさせていただきます(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: この「ねぎらーめん」が 780円か・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4573

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年9月20日 04:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「彩さい」はバイトの女の子の接客がよかった」です。

次のブログ記事は「「Sinmi」は美味かったんだけど、うるさかった(^^;」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら