生まれて初めて「靖国神社」に詣でた

先週の連休。遺族会の用事で東京に出かける機会があったので、「遺族会がらみで来たんだから行っておくか」・・・と、生まれて初めて靖国神社に詣でたのである。
ホテル最寄りの JR信濃町駅からも二駅ほどの場所だったし。

ただ、JR市ヶ谷駅から靖国通りを逆方向に向かったりして若干迷ったため、予定よりは時間をかけてなんとか到着(^^;
GoogleMapがあってよかった(^^;;
自信を持ってテクテク歩いてたんだけど、ふと不安になってスマホに地図表示してみると、「どんどん逆方向に進んでるやーん、わし」って。ほんま、現在科学に救われたわ(^^;;

20170918_yasukuni1.JPG 20170918_yasukuni2.JPG 20170918_yasukuni3.JPG

まずは本殿に参り、沖縄で戦死したおじいちゃんに家族の近況を報告し、これからも家族を守って欲しいとお願いする。
俺は神も仏も、ましてや麻原彰晃や大川隆法など信じない男だが、さすがに墓や社寺の前では先祖への感謝は怠らない。それが人間を人間たらしめているひとつのファクターだと思うし。
社寺で先祖に思いを馳せることは、自分自身を見つめ直すことにも通じるしな。

しかし、靖国神社はけしからん神社である。
いや、良い意味で(笑)わしら兵器マニアにとってはね。
あ、一部の頭の悪い反戦活動家などに「兵器を格好良いなんて思う人間は戦争へのハードルが低い」的なことを言う人がいるが、「お前以外の人間はそんなに単純じゃない」ということをまず申し上げておきます(笑)

ま、そういうわけで、靖国神社内にある「遊就館」には、「ゼロ戦(三菱零式艦上戦闘機52型。実際には三菱4240-1号機をベースに複数の機から部品を調達して復元したようだが)」と「八九式十五糎加農砲」が展示されている。
いや、他にも色々なものが展示されているのだが、わしらの心を揺さぶるのはやはりこの二つだろう。

けしからんなあ。格好いいなあ。本物だからなあ。
特に「八九式十五糎加農砲」なんか、「帝国陸軍はしょぼい」という一般的な認識を吹き飛ばすで、ほんま。

これを見るだけでも靖国神社を訪ねる価値はあるね。あ、いや、第一の目的は慰霊だけどね(笑)

そして、「格好ええなあ。でも、こんなので撃たれたらたまらんわ」と反戦の思いを強くしような。

Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 生まれて初めて「靖国神社」に詣でた

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4580

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年9月25日 12:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スパーク堺町店の前の証明写真機って・・・(^^;」です。

次のブログ記事は「社食で、ちょっとだけ贅沢な天ぷらうどん(笑)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら