休憩所では、失った以上のカロリーを摂取しつつ走り続けるのである

10/1(日)に「2017 サザンセト・ロングライド in やまぐち 」っていうイベントに高校時代からの友人・N◎君と参加した。

自転車のイベントである。
速さを競うわけではなく、いわゆる「サイクリングイベント」だ。

「あ、サイクリング?楽しそう」って思うかもしれないが、それはちょっと違う(^^;
俺らが参加した「ショートコース」でも 70km を 約 5時間で走らないといけないので、これがなかなか厳しい。

ショートコースの場合は約 20kmごとに 2ヶ所の休憩所があるが、それぞれ 30分ずつ休んだとして、実際に走る時間は 4時間だ。1時間に 17km走ればいいので楽勝だと思うだろうが、途中で自転車を降りて押して上がるような峠越えもあって(あ、俺は降りてないよ。ちゃんと最後まで漕ぎきりました(笑))、さすがにママチャリや「なんちゃって小径車」なんかでは時間内の完走は難しい。そんなイベントだ。

俺は、もう今年で購入後 13年目となる LOUIS GARNEAU RHC 2004年モデルで出場。
コンポーネントは SHIMANO 105 だが、9S 仕様である。今は 11Sなんでしょ?(^^; 交換パーツがなかなか手に入らねえ!!(^^;(あ、これは余談)

20171001_seto1.JPG 20171001_seto2.JPG 20171001_seto3.JPG

俺は(2箇所目の休憩所で長居してしまったのもあって(休憩所が閉まる寸前までダラダラしていたのだ(^^;))、時間切れ 30分前になんとかゴール。
あ、ちなみに、俺、走ってる時はほとんど人に抜かれなかったよ。何人も抜いたけど。
つまり、決して俺はのんびり走っていたわけではなく、多分全参加者の中では平均スピードよりも速い速度でずっと走ってたと思う。それでもそんなに時間に余裕はないってことだ。
なので、来年「よし、サイクリングなら出てみよう!」なんて思った人は、心して参加したほうが良い(笑)

まあ、ろくに休憩を取らずに走り続ければ全然余裕でゴールできるけどね。
でも、それは「サザンセト・ロングライド」の楽しみ方じゃないよな。

やっぱ、休憩所で地元の人たちが提供してくれる特産品に舌鼓を打ち、沿道で手を振って応援してくれる地元の人たちに笑顔で手を振り返し、余裕をもって楽しむのが「サザンセト・ロングライド」だと思う。

そう。「休憩所では、失った以上のカロリーを摂取して、走り終わった時はスタート時点より太ってる」が俺のモットーである(笑)

今回も「鯛めし」や「海鮮汁」など楽しんだ。炭水化物、サイコー!!(笑)

あ、コースに関しての感想は、また後日改めて書きまっせ。

Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 休憩所では、失った以上のカロリーを摂取しつつ走り続けるのである

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4597

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年10月11日 11:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「唐魂」の「からから鍋」はマジで辛かったわあ(笑)」です。

次のブログ記事は「9/24の由宇球場最終戦は冴えんかったなあ(^^;」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら