【映画】俳優 亀岡拓次

これも Hule で視聴。

20171029_kameoka.JPG
酒ばっか飲んでる名脇役の男が主人公の映画。

特に何か事件がおきるわけでもなく、37歳独身の俳優・亀岡拓次の日常が淡々と語られていく。

世間では名前を知られていない脇役専門の俳優。でも「あの映画に出てましたよね?あの泥棒、好きだったなあ」みたいに人の記憶には残っている俳優。
古参の舞台役者からも目をかけられ、若手監督からは信頼され、気難しい名監督をも演技で微笑ませてしまう隠れた名優。

しかし、生きることに欲がなく、事務所が見つけてきてくれた仕事だけを淡々とこなし、一人暮らしは寂しいと言いながら、好きな女にも告白できない。ただ、仕事が終わってから飲む酒がささやかな幸せ。

そんな男のことが劇中劇や夢と現実を交えながら描かれる。

ごめん。正直退屈でした(笑)
TEAM NACS の安田顕の演技力・存在感があって 2時間持った映画だね。
安田顕という名優だからこそ「隠れた名優」を演じられたわけで、その安田のおかげでなんとか作品として成立している、そんな映画だった。

ただ、もう、「こんな風に実力はあるのにガツガツせず、飄々と生きているヤツ、格好良いよね」っていう、ちょっと古くさい「格好良い男」ぶりの押し付けがましさと、「映画業界あるある」エピソード連発の「ああ、映画関係者はこの映画観ながら大笑いしたり、ちょっと涙ぐんだりしてるんだろうな」感がすごくて、途中でお腹いっぱいというか、飽きてしまった。白けてしまったっていう言い方が正解か。

映画業界にあこがれている人は観てみたらいいかも。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【映画】俳優 亀岡拓次

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4624

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年10月29日 12:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【映画】GATCHAMAN(ガッチャマン実写版)」です。

次のブログ記事は「「寅卯」で玖珂町出身の人と祖生ネタで盛り上がる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら