GPZ1000RX のエンジンをかけるのに約4時間(^^;

三ヶ月半ぶりに GPZ1000RX のエンジンをかけようとしたのだが、案の定、素直にはかからず(^^;

バッテリーが無くなるまでセルを廻しては、それからまた充電・・・を繰り返し、午後1時頃からエンジン起動を試みていたのだが、結局エンジンがかかったのは午後 4時過ぎだった・・・(^^;

20171126_GPZ1000RX.jpg
何分、バッテリーの満充電に 40~50分かかるので致し方無い。
しかも、最初の 2回は、燃料コックを PRI にせず ON にしていた。

しばらくエンジンかけていないと、タンクからキャブレターまでの間のホースのガソリンが全部落ちてしまうようで、ON にしてると新規にガソリンを全然吸わんのよね。

1000RX の燃料供給は負圧式なので、エンジンかけないとちゃんとガソリン吸ってくれない。
あ、いや、セル回す時は当然負圧が発生するんだと思うけど、上に書いたようにどこかで空気が入ってしまっているとなかなかセル回してもキャブまでガソリンが来ないという・・・
PRI にすれば、エンジンかけなくてもキャブにガソリンが落ちてくるんよね。

というわけで、エンジンがかかったのはもう夕方。
そのまままったく乗らずにエンジン OFF というのもアレなので、玖珂郵便局までハガキを出しに行く用事があったから 1000RX で行くことにした。そして帰りに「こーべや」に寄って今夜呑む酒を確保した(笑)

ただ、シートに荷物を積むためのネットを忘れてきたので、缶入り日本酒「菊水 ふなくち 一番しぼり」と「萩沖産鯛のねぎ塩焼き」、「きゅうりのキューちゃん」といった酒のあてを全部ダウンジャケットの内ポケットに入れて帰る羽目になってしまった(^^;

結局今日は 13~14kmほどしか走っていない(^^;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: GPZ1000RX のエンジンをかけるのに約4時間(^^;

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4672

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年11月27日 01:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「鉄華」で 209本限定の日本酒を飲んだ」です。

次のブログ記事は「 【廣島立ち呑みん祭2017】Mon Coeur(モンキュール)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら