【ラーメンスタジアム】焦がし濃厚鶏パイタン炙り肉盛りそば

俺はラーメン好きではあるが、別に色々なラーメンを積極的に味わって比較してみたいとか、データ化してみたいとか、そういうマニア的な欲求は一切なくて、まあ、美味いラーメンが食いたい時に食えればそれで良いという人間である。
美味いと評判の店とかにも、わざわざ行こうと思わない。ましてや、一日に何店もラーメン屋をまわったり、一度に二杯のラーメンを食べて味を確認するとか、そんなことはしたことが・・・多分無い。(長い人生、あったかもしれない(^^;)

20171102_ranmen3.JPGそもそも、「このスープには太麺がよく合いますね」「このスープは縮れ麺によく絡みますね」的なこともどうでもよくて(そんなに繊細に味わうものなの?そもそも)、麺なんて全部「細麺ストレート」でええんじゃん・・・という人間である(笑)

なもんで、木曜日に行ったラーメンスタジアムで二杯目をどうするかで相当悩んだ。
出口まで行き引き返し、気になるラーメンブースの看板を眺め、また出口に向かう・・・ということを何度か繰り返し、やはりせっかくの機会なんだから、もう一杯くらい味わって帰ろうと決めるまでに随分な時間を要した。

そうして決めた二杯目が、大阪府堺市の「麺屋 鳥の鶏次」の「焦がし濃厚鶏パイタン炙り肉盛りそば」である。
謳い文句は、「国産鶏を 8時間煮込み鶏本来の甘味と旨味を凝縮させた濃厚でクリーミーな白湯スープ!」である。

これに、半熟煮玉子+100円をトッピングして注文。

いやあ、二杯目食ってよかった(笑)
これ、むっちゃ俺好みで美味いわあ。
これはあれです、スープスパゲッティというか、いや、いっそカルボナーララーメンと言ってもいいくらいの濃厚ラーメンです。白湯スープというより、ホント、クリームシチューって感じのねっとり感とお味。そう、味すらまるでホワイトソース。
それに、固めに茹でた太麺が絡んで、最初の話に戻るけど、一口目は「スープスパ?」って感じの不思議な一品になっている。
トッピングに粉チーズも用意されているので、「カルボナーララーメン」って言い方も、当たらずとも遠からず・・・かも(笑)

20171102_ranmen4.JPGこういうの大好きです(笑)

具もこのスープによく合ってる。ベーコン?それとも炙っただけの豚バラなんかなあ?香ばしいのでベーコンかと思ったけど、炙った後の豚バラに、軽く煙をかけて香ばしい風味付けをしてるだけかも。この厚めの肉が本当によくスープに合ってる。

二杯目、食ってよかったわあ。

ちなみに、給仕をしていた女の子。美形だったけど、夜になってちょっと疲れていたのか愛想が微妙だったかな。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【ラーメンスタジアム】焦がし濃厚鶏パイタン炙り肉盛りそば

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4630

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年11月 5日 16:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ラーメンスタジアム】伊達の炙り牛タンネギ塩そば」です。

次のブログ記事は「苺の葉が地面に貼り付いてしまわないように籾殻を敷く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら