十日市町の仕事場から完全に撤退

先程、昼飯を食い終わったあと、職場からてくてく歩いて不動産屋に出向き、仕事場として借りていた十日市町のワンルームマンションの鍵を返してきた。

  • 2本預かっていた鍵のうち一本を紛失してしまった(多分、大量のDMの間に紛れ込ませたままゴミで出してしまった)。鍵の取替になることは理解している。
  • 風呂場のゴムパッキンまわりの黒カビは借りた当初から残っていたもの。今回、色々やってみたが落ちなかった。
  • 流し台の上の棚の右のドアが、借りた当初からストッパーが壊れていてキチっと閉まらなかった。
  • 壁には何箇所か黒ずみあり。特に何かをして汚したというわけではなく、パソコンなどを設置していた場所の汚れであり、ちょっと端の方を自分で拭いてみたら汚れは落ちるようだった。素人が下手なことをして汚れを広げてしまってもいけないのでそのままにしている。

というような話をした。

6年近く借りていたと思うのだが、「通常の生活による汚れ」以上のものはないと思う。

知らないと損する! 泣き寝入りしない「敷金トラブル」

にもあるように、うちの敷金から負担する必要があるのは、エアコンのクリーニングと鍵の交換代くらいだと思うのだが、どうだろう?
大家さんも仲介の不動産屋さんも悪い人ではないので、そんなに揉めないとは思うのだが。

ちなみに、けっこう若い時は引っ越しマニアだったので(笑)、短期間に住居を転々としてたんだけど、そんなに大きなトラブルというのはなかった。
結婚して最初に入ったコーポで、危うく安芸灘地震による壁の損傷や床の歪み等までうちに負担させようとした不動産屋が今までで一番質が悪かったくらいか。

ま、何か揉めるようなことがあれば、このブログでも状況を発信していくのでお楽しみに(笑)

これでしばらく広島に拠点を持たずの生活である。(どうしてもって時は江波に嫁さんの実家があるけど)

20171224_toukaichi.JPG独立して今年で 13年めだけど、最初の1年は観音にあった知人のお父さんが経営されていたアパートの一室をタダで借りていた(知人もそこに事務所を置いていたので、ネットワーク回線とかもタダ乗りさせてもらっていた)。

それから三滝(川向こうではなく、三瀧荘があるあたり)の賃貸ビルに事務所を借りて(これは本当に業務用の事務所)、ここが 2年、いや 3年くらいいたかな?三滝の事務所も今回同様客先常駐案件がのびて、1年以上自分は全然使わないままになっていたので解約した。
サラリーマン時代にお世話になっていた人が事業をするというので机をひとつお貸ししてたのだが(家賃は 1円ももらっていない)、室内禁煙だというのに煙草はスパスパ吸うし(俺がいない時に(^^;)、他人を事務所には入れないように言っていたのだが、いかにも身体で契約とってますって感じのケバい保険のおばちゃんは連れ込んでるし(俺がいない時に(^^;)、なので一切相談はせずに、「もう今月いっぱいで解約するんで」と出ていってもらった(^^;

それからしばらくは、どうしても作業などが深夜になって広島に泊まらないといけない時はネカフェを利用するなどしていたんだけど、さすがに一年、二年、そんな生活をしているときつくなってきて、十日市のマンションを仕事用に借りたという感じだった。

あの頃と仕事の内容も変わって、(酒呑む時以外は(^^;)広島に泊まるというケースもほとんどなくなったので、まあ、平気じゃないかなあと思うんだけど、やっぱきつかったらまた部屋を借りるかも。

その時には、また十日市か横川あたりにすると思う。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 十日市町の仕事場から完全に撤退

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4717

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年12月25日 13:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鉄板焼屋で美味い酒を呑む」です。

次のブログ記事は「「みつ」で宝石のようなパリパリのお好み焼を食べる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら