「みつ」で宝石のようなパリパリのお好み焼を食べる

「鉄板焼 鉄華」で日本酒を堪能し、おかげでお好み焼まで辿り着けなかった俺は、しかしお好み焼への思いを断ち切れず(^^;;、次の日の晩飯を十日市のお好み焼き屋「みつ」でとったのであった。

時期的にグループ客が多く、テーブル席はほぼ埋まっていた。一番奥の、無理やり置いたような小さな席に着くと、注文したのは「スペシャル(生イカ、生エビ、エビ天入りの肉玉そば)」の1.5玉。1,000円也。

20171222_mitsu.jpgがっつりいきたいけど、ダブルってほどじゃないんだよなあ・・・と悩んでたんだけど、1.5玉があってよかったぁ(笑)
そして、実際、ちょうどいい量だった。

ところでこの日の「みつ」のお好み焼はパリッバリだった。いや、いつも端(外縁部)の方はパリパリなんだけど、この日はもう全体的にパリっパリ!!であった。
ちょっと、焼く時間が長過ぎたとか、失敗があったのかね?

ただ、個人的に「大好物」です(笑)

あ、改めて写真見ると、やっぱなんか変だな。お好み焼上部にこんなに焼きそばが露わになってるもんだっけ?
この時はもう「お好み焼、お好み焼!」ってがっついちゃったから気づかなかったけど(^^;;
ほら、俺って、下半身は凶暴な大人のアレだけど、心はピュアな少年そのものじゃん(笑)何も疑わず、「パリパリ美味い!パリパリ美味い!」って食っちゃったよ(^^;;

でも、これは明らかに失敗作の匂いがする(笑)

ただ、しつこいようですが、個人的に「大好物」です(笑)

次回行った時、同じ失敗してくれんかなあ・・・(笑)

<余談>
お冷がセルフのウォーターサーバになってました。いや、「あれ?水のポットは?」と一瞬戸惑ったんで書いとく(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「みつ」で宝石のようなパリパリのお好み焼を食べる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4718

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年12月26日 08:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「十日市町の仕事場から完全に撤退」です。

次のブログ記事は「久しぶりに来来亭の濃いラーメンを」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら