久しぶりに焼肉の食べ放題で、当然体重は増加したのであった

正月、飽食の旅。
2日目は嫁さんのご両親におごっていただく「焼肉食べ放題の旅」です(笑)

「カルビ屋大福 マリーナホップ店」に、嫁さんの実家のご両親と、嫁さんの弟家族、そしてうちの家族の総勢 11名で結集。

20180102_daifuku1.JPG当初から食べ放題にしようという話だったのだが、食べ放題コースも色々あるのね。
どれにしようと皆迷っているようだったので、俺の一存で「2番めに安いヤツにしましょう。」と決定。
いや、実はあとで「時間が短くてもっと安いコース」もあったことに気づいたのだが、そういう観点でメニューを見て「120分食べ放題!大福コース【73品】」3,280円(税抜)也に決定。これに +300円でドリンクバーを付けて。これはソフトドリンクオンリーなので、ビールなどは追加でお支払ということに。

まあ、これは当たりだったんじゃないかな。

これより 300円安い 2,980円のコース(この時点で、「一番安いコース」だと俺は誤解していた(^^;実際には時間の短い 1,980円のコースあり)だと、品数がいきなり 50品になってしまう。
注文できるメニューの数がたった 300円で 23品も減ってしまうのだ。

例えば、「あっさり塩ダレ焼肉」が 3,280円のコースだと「牛ハラミ、豚ハラミ、タン塩たれ、豚カルビ、とんトロ、鶏カルビ、鶏モモ、鶏ナンコツ、レバー、あっさりホルモン、こってりホルモン、白ミノ、上ミノ、ネギ塩カルビ」と 14品あるのに、2,980円のコースだと「豚ハラミ、豚カルビ、鶏カルビ、鶏モモ、鶏ナンコツ、レバー、あっさりホルモン、白ミノ」と、いきなり 8品になってしまう。
たった 300円で?
こんなん、3,280円の方を頼まないと損でしょ!?

ああ、まあ、「どうせ俺は牛バラカルビと牛ロースしか食わないから」的な人にとっては、同じものを食べても 300円安い 2.980円コースの方がお得なのか・・・

俺自身は「好きな肉をがっつり食う」というほどの肉好きではなく、「色々な肉をちょこちょこ食べたい」派なので、断然 3,280円のコースが良い。
ちなみに、このコースよりひとつ高い 3,980円の「黒毛和牛コース」は 81品(黒毛和牛の高級肉が 8品増えるだけ)である。

20180102_daifuku2.JPGいやあ、しかし、これほど肉を食ったのも久しぶりだわ。
あまりに食いすぎたので、途中で舌をリセットするために、白飯や冷麺(ハーフにしといたけど)まで頼んでしまった。もちろん全部食べ放題メニューに含まれている。
てか、ここの白飯は自分で注ぐ形なのでいいね。焼肉屋によっては、小サイズではちょっと少ないんだけど、中サイズにするといきなり「大じゃないの?これ」みたいになっちゃって、炭水化物的に大丈夫なん?と躊躇しちゃうこともあるからな(^^;

結局、俺はビールをグラスで 4杯ほど呑んだだけでフィニッシュ。15百円ほどプラスとなった。

帰りにレジのところで合計金額を見ると 45千円ほど。いくらなんでもと義弟と俺でいくらか出しますと言ったのだがお義母さんが「いいから、いいから」と。ありがたや、ありがたや。

まあ、そんな食生活を続けたせいで、大晦日の時点より、今は 1.5kgほど太ってます。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 久しぶりに焼肉の食べ放題で、当然体重は増加したのであった

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4726

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年1月 4日 13:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「山賊」で「山女塩焼」や「山菜盛合せ」を楽しむ」です。

次のブログ記事は「「こいし屋」のミックスフライ定食はなかなか良かった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら