「フジサン・デリ」でイカスミラーメン

この土曜日。仕事仲間や高校の同級生と高田馬場で呑んでから東神田のホテルに帰る途中、なんかデブの習性で小腹が空いてきた。

20180217_shizuoka1.JPG「こうなったら、ラーメン王国・東京でラーメンでも食って行くか」と、ホテルに着く手前を徘徊したのだが、全然ラーメン屋なんてねえ。
てか、飯屋すら開いてねえ。唯一、「岩本町小町食堂」という定食屋はあったんだけど、気分はもうラーメンなのよね。

そんな状況でやっと見つけたのが、「フジサン・デリ 日本橋小伝馬スタンド」である。静岡ご当地のラーメン、餃子、酒や肴を出す店のようだ。
ググってみると、元々は静岡ご当地餃子を提供する餃子スタンドだったようだなあ。「〜店」ではなく「〜スタンド」と名乗ってるあたりにその名残りがある。
最近、店長込み(笑)でリニューアルしたようだ。(それって前店長がクビ・・・)

早速、ラーメンと餃子を注文。
「西伊豆海賊ラーメン」である。西伊豆のご当地ラーメンで、麺にイカスミが練りこんである。鶏ガラと魚介各種で出汁をとった塩ラーメンだ。

うーん、スープは俺の好きな味で美味い。でも麺がなあ。イカスミの風味は一応あって、イカスミ好きの俺としてはきらいじゃないんだけど、なんといっても食感がなあ(^^;;

「こしがある」と言えば聞こえはいいが、なんかゴワゴワしてて軽快に啜れなくてラーメンを食べる楽しさが半減。
ラーメンの麺というより、「極太日本蕎麦」って感じだよ。

20180217_shizuoka2.JPGもし、イカスミを練りこんだせいでこうなってるんだとしたら残念。麺を黒くしなくてもスープにイカスミの風味を加えてオリジナルの味は出せると思うし、ラーメンとしての魅力を殺してまで見た目のインパクトを追求しなくてもなあ。
もし、「ご当地ラーメン」にはそういうインパクトが必要だと言うのなら、「ご当地ラーメン」なんかいらないよな(笑)

ほんと、スープはいけるのに残念。あ、あと、チャーシューがわりに載ってた練り物もあんま美味くなかったなあ(^^;;

一方、餃子は美味かった。
ただ、最初から味がついているのを知らなかったので、ラー油と醤油を上からドバドバかけて食ったら後半塩っぱくなってもうた(^^;;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「フジサン・デリ」でイカスミラーメン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4766

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年2月20日 21:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カルガモ、捌いた」です。

次のブログ記事は「やっぱ、バイトが中国人ばかりなのは厳しいんじゃ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら