「香龍」の跡地にオープンした「ラーメン食堂 寅」は美味いラーメン屋だ

値段にも、量にも内容にも満足できない「昇龍拳の濃厚つけ麺」を食べた俺は、心を満たしてくれるラーメンを求めて、生まれて初めて「ラーメン屋のハシゴ」を敢行したのであった。

俺がデブだから、飯屋のハシゴなんか普通にしているに違いないなんて思ってるお前。お前だ、お前。色眼鏡でデブを見るんじゃねえよ。そんな卑しい真似なんかすっかよ!

20180622_tora1.JPG
マジ、「昼飯時にラーメン屋を二軒ハシゴする」なんて初体験で、ラーメン(昇龍軒はつけ麺だったが)を短時間で二杯も食ったせいか、この日の夕方から数日間、俺はでっかい口内炎ができて往生したのだ。
つくづく憎らしいラーメン屋だ、昇龍軒め。

しかし、二軒ハシゴをしたのはある意味正解だった。
怪我の功名で、美味いラーメン屋に出会えたのだ。

その店は、大竹の「香龍」というラーメン屋のあとに居抜きで入った「焼き肉屋さんのラーメン食堂 寅」である。

この店がオープンしたのはちょっと前から知っていた。でも、実は「香龍」のラーメンがあまり好きではなかったので、同じ場所に建つ「寅」に食指が動かなかったのである。

しかし、「昇龍軒」のせい、いやおかげで(笑)俺は「寅」を訪店することになった。「昇龍軒」ありがとう。そしてさようなら(笑)

で、「寅」で注文したのは「Bランチ」である。内容は「寅ラーメン+ミニ唐揚げ丼」。これで 950円。
寅ラーメンというのは、この店のスタンダードなラーメンである。

いやあ、美味かったですわ。950円の価値のある内容だった。
どこぞの「濃厚つけ麺」は「500円のものに880円も払わされた」と感じる一品だったが、ここのランチは「なんなら、1,080円くらい払いましょうか?」と思わせてくれる一品であった。

20180622_tora2.JPG
ラーメンは、十日市の「寿楽亭」みたいな感じ?
ベースは広島醤油とんこつなんだけど、しっかり鶏ガラの香りもするような、そんなウマウマスープ。ストレート中細麺も食感がグー。
ネギ、もやし、チャーシューのシンプルな構成ながら、それらが渾然一体となった味は、これぞ広島のラーメン!

唐揚げ丼の鶏唐揚げも、タレがかかっていても表面サクサク、中がジューシーで美味い!つけ麺を一杯食ってたというのに、結局さらっと食べてしまった。
今度車で広島に行った時は、必ずここで晩飯食って帰ろうと思うくらい俺は気に入った。

この日は平日。もう時間は 13時を回っていたというのに、店の中にはまだたくさんのお客さんが。オープンしてあっという間に人気店になったようだ。それもわかる、わかる。

一方、「昇龍軒」という店がこの世に生まれてきた理由があったとしたら、それは俺を「寅」に導くという、それだけの役目だったのかもしれん(笑)
もう役目は果たしたので、消えていいよ。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「香龍」の跡地にオープンした「ラーメン食堂 寅」は美味いラーメン屋だ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4921

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年7月 2日 16:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ななしや」では、もやしも高級食材である(笑)」です。

次のブログ記事は「麻辣刀削麺は美味いけど、シャンツァイは結構です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら