平和を祈り、核のない世界を望むのは思想や宗教は関係ない当たり前のことだ

今日は広島にとって大切な日だ。

20180806_genbaku.JPG朝から行われる原爆死者慰霊式・平和祈念式(いわゆる平和記念式典)へも沢山の人たちが参加するし、8:15には、たとえ広島の地を離れていても、その地でしっかり黙祷を捧げるのが広島の人たちだ。

ネット上の色々な「落書き」(笑)を見ると、中にはこうしたことを苦々しく思っている人もいるみたいだ。

平和公園に「ピカドン」って名前をつけたピカチューを置いた馬鹿のせいでポケモンGoが平和公園内で禁止になったことに反発している「スマフォ依存症のゲーム中毒の馬鹿」もいるんだけど、まあ、そういう輩は無視して(笑)、だいたい、

「戦後 70年以上も経ってるのに、いつまでも日本や米国に恨み言を垂れ流してるんじゃねえよ。これって単なる反日左翼団体の集会?」
「そもそも日本が悪いんでしょ?原爆落とされてもしかたないじゃん。それをいつまでも被害者面してんじゃないよ」

みたいな意見が多いみたい。

まあ、どっちも「言いたくなる気持ちはわかる」(相変わらず式典中も原爆ドームの方で騒いでる糞な左翼系市民団体もいるし。ちなみに今年は未確認)けど、ちゃんと考えたら「間違い」だってわかるわな。
だから正解は書かない。むっちゃ簡単に論破できるけど書かない。上のように考えている人はぜひ考えてみてほしいね。

その結果、同じようにしか考えられないとしたら・・・まあ、仕方ないけど、そういう思慮の浅い人とは付き合いたくないね〜(^^;

ま、かくいう俺も、今年は最後の合唱のところしか参加してないし、8:15には山陽本線の電車の中でヨダレ垂らしながら寝てたけど(^^; まあ、ある意味「黙祷」ってことで(^^;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平和を祈り、核のない世界を望むのは思想や宗教は関係ない当たり前のことだ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4951

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年8月 6日 12:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「松のや」でロースかつ&唐揚げ定食」です。

次のブログ記事は「イナバの夏野菜レッドチキンカレー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら