第2回生ハム祭り、いや、執行部ミーティング開催

先週末は、第2回目の生ハム祭り、いや、そお小学校育友会執行部の会議が閉店後の夜の「ソオタス」で行われた。

20180907_ikuyukai1.JPGいやあ、仕事が忙しいけど、まだ生ハム原木が残っているのでは仕方ない。あ、いや、子供たちのためだから仕方ない。
「顧問」の俺も、子供たちのためにどう小学校の運営に育友会として協力していくかを話し合うため、ワイン 2本を持って貸し会議場「ソオタス」を訪ねたのであった。

会議の議題は「今年の執行部の忘年会はどうするか?」であった。大事な話だ。
皆、積極的に意見を交わした結果、一次会は「fukuoka」でいいのではないかということになった。
ふう。会議終了。皆の子供を思う熱い魂にはいつも感服する。

じゃ、そういうことでお酒を(笑)
皆で色々な酒とつまみを持ち込んでいるんで、ビールでも日本酒でも好きなものが呑めるのだが、なぜか「生ハム祭り」だというのにワインを持ってくるやつがいない。そこで、上にも書いたように、今回俺はワイン 2本を持ち込んだのである。

1本は生ハムの産地に合わせて「スペイン産」の赤ワイン。フルボディのやつ。
ええと・・・写真撮り忘れたので名前忘れました(^^;
美味かったんだけどなあ。ラベルもぼんやりとしか覚えてない。
近々、購入した店に行ってみよう。でも、もう 2、3本しか残ってなかったからなあ・・・

20180907_ikuyukai2.JPGもう一本は「豚のハムを食べるんだから」という理由で、豚の親戚・猪の絵がラベルになった「ピエモンテ バルベラ」を。
こっちは 1,200円くらいの安いワインで、ミディアムボディ。
皆はこっちが美味しいって言うてたな。確かに、まだフルーティーな感じで飲みやすい。

結局、11時すぎくらいに一旦解散したんだけど、K本くん、田Mくん、S田会長と四人で 1:30頃までだらだらと飲み続ける。そしてぐでんぐでんに酔っ払ったので、この間話したことはただのひとつも覚えておらず(^^;
記憶にあるのは、祖生の静寂を打ち破るように、K本くんと大騒ぎしながら漆黒の国道437号線を歩いて帰ったことだけだ。

育友会(PTA)活動というのは大変だよ。娘も「お父ちゃん、いつも私達のためにありがとう」と言うてくれるであろう(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第2回生ハム祭り、いや、執行部ミーティング開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4984

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年9月11日 12:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高森高校むつみ同窓会。今年も本部・広島支部合同で総会開催」です。

次のブログ記事は「サモハンの激辛麻婆豆腐は辛くて美味い・・・けど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら