【廣島立ち呑みん祭2018】さむらい

広島駅ビル ASSE 2階に昔からある店。1999年の駅ビル改装のときからもうずっとこの場所にある・・・よね?

20181124_samurai1.JPG
21世紀を迎えてすぐの頃(2002年頃かなあ)、まだサラリーマンだった俺は、後輩のHセと週に一、二度は立ち呑み屋に出かけていた。1日2箱半吸ってた煙草をやめ、週に三千円くらい使っていた煙草代が浮き、それを呑み代にまわしていたわけだ(笑)
主に行っていたのは京橋町の「京ばし」だったが、「さむらい」にも何度か足をのばしたことがある。しかし、ことごとく満員(本当にぎっしりカウンターが埋まっていた)で入店できなかったのだ。

何か、若い女性の客もいたりして、まだ広島にそんなに立ち呑み屋がなかった時代だから、「こんな店で呑んでる私、ちょっと他の若い女とは違って格好良いでしょ?」感があった。
そして、どの客も長っ尻であった。しばらく店の前で待っててもまったく席が空かんのやもん。

だから、俺はその後駅ビルの「さむらい」には何年も足を運んだことはなかった。
多分、「さむらい」に初めて入ったのって、ほんの数年前のことだ。

あの頃の栄華はもう無い。
いつ行っても入れないことはない。俺は休日にカープ戦を観に行く時に、ちょっと「さむらい」で時間調整していくことがあるんだけど、たいがいガラガラである。それでも時々カウンターが埋まっていることもあるが、昔のようにぎゅうぎゅうではない。「ちょっとすみません」とか言いながら、容易に割り込めるくらいの混み具合である。

20181124_samurai2.JPG
「さむらい」の他に安く気軽に飲める店が「とくとく」くらいしかなかった時代とは違う。
同じフロアに「福本屋」はあるし、ekie には「寅卯」もある。そりゃ、女子は小汚い(それが店の魅力でもあるんだけど)「さむらい」より、「福本屋」や「寅卯」を選ぶよね(笑)

まあ、そんなことを思いながら、俺は「はつ」「せせり」「白ねぎ」「ささみ(梅)」を酎ハイとともにいただいたのである。うん、十分美味い。

最近は小奇麗でちょっとお高い焼き鳥屋も増えてきた。そんな店の串と比べると貧相なのは確か。でも、十分な味だ。いかにも立ち呑み屋の焼き鳥って感じのしぶい趣もあるし(笑)、値段以上のパフォーマンスは見せていると思う。
あの頃と比べれば客は減ったけど、変わらず長く続けてほしい店のひとつだ。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【廣島立ち呑みん祭2018】さむらい

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5123

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年11月30日 11:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【廣島立ち呑みん祭2018】串かつ 寅卯 ekie 広島店」です。

次のブログ記事は「「花山椒」の辛さMAXは全然食べられるけど味わう余裕はない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら