Mac OS X への Electron のインストール

※まずは、Node.jp のインストールが必要。

Electron は、Node.js + Chromium をランタイムとする Node.js + HTML + CSS で作成されたアプリケーションをデスクトップアプリケーションとして実行するためのエンジンである。
いや、これも識者の方から「ちょっと違う」とか指摘を受けるかもしれんけど、こう理解しとけばとりあえず大丈夫じゃけえ。俺を信じろ(笑)

で、その Electron のインストール。
Node.jp のパッケージとしてインストールするだけなので、コマンド一発で終了。

$ npm -g install electron-prebuilt
npm WARN deprecated electron-prebuilt@1.4.13: electron-prebuilt has been renamed to electron. For more details, see http://electron.atom.io/blog/2016/08/16/npm-install-electron
/Users/shinoda/.nodebrew/node/v11.6.0/bin/electron -> /Users/shinoda/.nodebrew/node/v11.6.0/lib/node_modules/electron-prebuilt/cli.js

> electron-prebuilt@1.4.13 postinstall /Users/shinoda/.nodebrew/node/v11.6.0/lib/node_modules/electron-prebuilt
> node install.js

+ electron-prebuilt@1.4.13
added 149 packages from 107 contributors in 32.515s

パッケージとして追加された。
しかし、「electron-prebuilt has been renamed to electron.」なんてワーニング出てるところを見ると、「npm -g install electron」でよかったのかな?他所のサイトからコピペしてきたんだけど(笑)

-g オプションは「どこからでもコマンドが実行できるグローバルなところ(PATH が通ってるディレクトリ)にインストールするよ」というもの。

which してみたら、

$ which electron
/Users/shinoda/.nodebrew/current/bin/electron

にインストールされていた。 -g オプション付けなかったらどうなるかは知らん。npm を実行したディレクトリにインストールされるんかね?
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Mac OS X への Electron のインストール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5174

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年12月28日 11:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「この冬、初雪」です。

次のブログ記事は「とりあえず Electron で Hello, World! 的なやつを」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら