「ばり馬」はお値段がねえ

久しぶりに魚粉のたっぷり(ってほどでもないか(^^;;)の「魚介系とんこつラーメン」というのを食べた気がする。

店は「最強濃厚ラーメン ばり馬 中広店」(「ばり馬」の「馬」は、実際には「口」偏に「馬」)。
広島を代表するラーメンチェーン(直営かも)で、「ばり馬」のラーメンは広島人のソウルフードのひとつだ。

昨日はコンピュータシステムのテストのため残業だった。2月の下旬までこんな感じが続く。
腹を空かしたまま、約一時間半の通勤は耐えられないのだ(^^;;

20190205_bariuma.jpg
注文したのは豚骨魚介スープの「節馬(ぶしうま)」である。
チャーシュー追加の「肉盛り」にすると、税込 1,026円。高いっ!

実は「ばり馬」のどろどろの濃厚豚骨スープ嫌いじゃないんだけど、全体的に俺の考える「ばり馬ラーメンの適正価格」から 50〜100円高い感じなんよね。
なので他の店に行こうと思ってたら休みだったみたいな、正に昨夜がそんな感じだったんだけど、そういうときしか「ばり馬」って行く気になれんのよね。

ま、それはそれとして。

お味の方だが、基本的に俺は「ばり馬」の濃厚な味が好きなので、もちろん「節馬」も良い感じの評価だ。
ベースの豚骨スープが濃厚なので、魚粉をたっぷり混ぜ込んでも、魚介の香りはやや控えめ。しかし、まごう事なき俺のすきな「魚介系とんこつラーメン」である。

肉盛りにしたのも当たりだ。
炙られたチャーシューの芳ばしい香り。うま、うま。たまらん。

中広店はバイトの教育もしっかりしているようで、きびきび動き気持ちよかった。

でも、一杯 1,026円はやっぱり高いわ(^^;;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「ばり馬」はお値段がねえ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5210

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2019年2月 6日 17:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【マイクラ廃人】バグで死亡の虚しさ」です。

次のブログ記事は「通津駅で駐車場に入りこんでる馬鹿どもへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら