辛玉ラーメンは麺がダメダメだな

先週水曜日は久しぶりに「餃子の王将 八丁堀アサヒビール館店」に。

20190529_oosyo1.JPG
「日本酒燦々」でしこたま飲んだ後で訪店したんで、注文時はけっこうな酩酊状態。
もう酒はいいかなっと思ってたんだけど、メニューを見たら生ビール(中)が100円って!思わず注文したんだけど、よくよく見たら「税込通常価格から100円引き」って(^^;; そうか、410円の生中が310円になっただけか。
いや、もちろんそれでも嬉しいんだけどさ(笑)

まあ、そんな酔っ払い状態で注文したのは、「辛玉セット」982円也。
「辛い!!まろやか〜!さっぱり!!」と煽り文句のついたよくわからない「辛玉ラーメン」と、餃子5個、白飯、キムチのセット。

「日本酒燦々」でバルタン食堂の「ガイヤーン」(鳥唐揚げの酢漬けみたいなもの)を食ったばかりで、こんなボリュームのもの食いきれるか心配だったけど、なんとか完食。

20190529_oosyo2.JPG
酔っ払ってたんで細かい味はよく分からなかったんだけど、そんなに辛くない辛味噌スープに具の豚バラとキャベツがよく合ってる。
残念だったのは、少し「煮過ぎ」なゴムみたいな麺。麺がもう少しまともならもっと美味いのになぁ。
なんでこんな麺使うんだろう。コストかね?

んで、飯の量が思ったより多くて、最後は麺を食べきったスープにご飯をぶち込み「おじや」状に。
これが美味い。スープは申し分ない。やっぱ麺がマイナス面だったか。

ほんま、この世からびよーん、びよーんと伸びる中華麺(生麺タイプのインスタントラーメンの麺を想像して!)は消えてなくなればいいのに(笑)

ちなみにこの日は昼間にも真っ赤な激辛ラーメンを食べたので、翌朝のうんこが真っ赤だったこと、書いとくね!

Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 辛玉ラーメンは麺がダメダメだな

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5346

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2019年6月 5日 00:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中崎、ワンポイントリリーフに成功する」です。

次のブログ記事は「勝っちゃんの辛さへのプライド(笑)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら