「がらく」でもカレーラーメンじゃなく激辛ラーメンを

先週金曜の昼飯は地蔵通りの「らーめん がらく」に。
ラン友(わかってると思うが、ランチ友達のことね)のMイさんが以前 SNS で「がらく」のカレーラーメンの話を書いていて気になっていたのだ。

20190531_garaku1.JPG
そのMイさんを「カレーラーメン食いたいんで、がらくに連れてって」と誘い、自転車漕いで二人で店へ。
12:10頃着いたのだが、すでにテーブル席はいっぱい。カウンター席も飛び飛びに二席空いてるだけだった。

離れ離れになるが仕方ないか・・・と店内を見ながら考えていると、常連客の女性が席を移動して二席並びで空けてくれた。ありがとうございます。

さて、最初はカレーラーメンを食べる気だったのだが、メニューを見ているうちに激辛ラーメンが食べたくなった。水曜日に行った「勝っちゃん」でもそうだったし、どうも土壇場の心変わりでカレーラーメンを食べ損ねる事案が続いているな(^^;;

注文したのは「がらく」のレギュラーラーメンである「がらくらーめん」(単品730円)。0〜30倍まで辛さを指定でき、例え 30倍でも追加料金のかからない良心的な価格設定である。
それならばということで、俺は20倍を、Mイさんは遠慮がちに 5倍を選択。

その後、10倍が店の「おすすめ」なのに気づいたMイさんは「5倍は全然辛くないんじゃないん?」と残念がっていたが、それなりに辛かったようだ。

20倍の方は、もちろん辛いのは辛いんだけど、驚くほどでもなかった。いや、俺の舌が加齢とともに相当劣化して辛さに強くなっているのは事実だが(^^;、むちゃ辛いラーメンを食べた時の、湯気だけで咽たり、涙が出たりということも無かった。

辛味噌みたいなのが付いていたのでスープに溶かし込んでみたが、辛くなるというより旨味を増すためのトッピングみたいだな。

20190531_garaku2.JPG
今度は 25倍くらいでいってみるか(笑)。
ただ、辛さも楽しみつつ、しっかりスープの旨味も味わいたいという場合は、20倍くらいが限界のような気もする。

ところで、この日はラーメン単体ではなく「ミニとり天丼セット」+200円にしたのだが、このとり天丼がけっこうよかった。
とり天は衣がサクサクで食感も楽しく、タレの味の方もなかなか美味しい。200円でこのミニとり天丼が食べれるのならお得な感じがする。

ま、なにはともあれ、次こそはカレーラーメンを・・・(笑

Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「がらく」でもカレーラーメンじゃなく激辛ラーメンを

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5348

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2019年6月 6日 02:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「勝っちゃんの辛さへのプライド(笑)」です。

次のブログ記事は「今年も庭の隅で苺が成った」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら