【漫画】日曜日の背徳めし

20190625_haitoku.jpg「飯テロ」という言葉があるが、俺自身は深夜に他人が食べた料理の写真を見ても、それで(その時点で若干の空腹感があったとしても)食欲が刺激されることはほとんどない。

漫画ならなおさらだ。

どんなに精密な絵でも、それを見て美味そうとか思ったことはないし、「漫画に出てくるこの料理、食いて〜」なんて展開になったことも当然ない。
グルメ漫画も嫌いじゃないんだけどな。色々持ってるし。

が、昨夜帰宅途中の電車の中で読んで、とうとう「美味そう。帰りにスーパーに寄って、この漫画に出て来るメシを再現するための材料を買おう。嫁さんには怒られるだろうが、晩飯はいらないって頭を下げよう」とまで思ってしまった漫画に遭遇。

「日曜日の背徳めし」魚乃目三太著・・・である。

大きな会社で部長を務めるおっさんが、日頃は健康志向の強い奥さんの指導で食事制限してるんだけど、奥さんがヨガ教室に出かける日曜日の昼だけはこっそり好きなものを作って食べるという漫画。

絵柄は柳沢きみおみたいで、決して精密な料理の絵ではないし、ストーリーも(途中、奥さんの不倫疑惑からの諸々の展開はあるのだが)ほとんど何もない。
ただ、毎回自分で料理して、ジャンキーなメシを食うだけである。

なのに、どうしてそんな漫画が飯テロ漫画になり得るのか?

それは、出て来る料理の味が容易に想像できるからだろう。味が思い浮かばない料理には食指が動かない。
食ったこともないラーメンの写真を見せられて「○○のダシが今までのラーメンにない△△な味を・・・」みたいな記事を読んでもツバの一滴も出ちゃこないけど、この漫画の冒頭に出てくるカップ焼きそばをフライパンで炒めて作る「マヨネーズたっぷりイカフライ焼きそば」は確実に腹を空かして電車で帰る俺を悶絶させる。

味が想像できるからな。美味くないわけのないジャンキーな味を。

変に連載を長引かせず、一冊で終わってるのも高評価である。

Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【漫画】日曜日の背徳めし

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5371

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2019年6月27日 08:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「松原港の釣果」です。

次のブログ記事は「【漫画】ふたりソロキャンプ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら