「麺空海」のペペロンらーめん

昨日も先週に引き続き東広島でフィールドサービス案件があったので、その帰りに東広島市内で昼食を・・・と。まあ、要はラーメン気分になってたんだけど(笑)

20190914_mencookai1.JPG
先週、「やまいし」の八本松店に行ったので、今回は西条店に・・・などと考えつつ車を市街地に向けると、「麺空海」というラーメン屋に遭遇。

11時開店と書かれているのに、すでに駐車場には車が何台か停まっているし、近所のおばちゃん風の人たちが数人で連れ立って入店しようとしている。人気店のようだ。俺はすかさず駐車場に車を滑り込ませた。11時ジャスト。少し早めの昼食だ。

メニューを見ると、想像してたよりずっと多くの種類のラーメンが提供されている。「トマトらーめん」もあって人気のようだ。メニューの中に「麺空海」の人気ラーメンランキングが載ってたのよね。

「山椒の香りのしびれる旨さ」という謳い文句の「鬼盛獄味噌らーめん」も気になったが、俺の中に眠るイタリア人の血を呼び覚ますラーメンがひとつ。

ペペロンチーノ風ラーメンと銘打った「ペペロンらーめん」880円である。

いやあ、そりゃあ、そこにペペロンチーノ(風)があれば食わざるをえんじゃろう、イタリア人として。日本人が目の前にお茶漬け置かれたら啜らずにおられないのと一緒で(笑)

で、ペペロンらーめんだけど、思ってた以上にイタリアンだった。
バジルがたっぷり入ったジェノベーゼ風「ジェノべらーめん」と名乗った方が(厳密には、味はジェノベーゼそのものではない(笑))正解かもしれないけど、まあ、ペペロンチーノとジェノベーゼの認知度から言ったら、ペペロンチーノ風って言っちゃうよな(笑)。にんにくの風味と唐辛子の辛味もしっかりして、まあ、ペペロンチーノ風でも間違いじゃないし・・・

いやぁ~。美味かったよ。

やっぱ、トマトラーメンとか出してる店が作るバジルたっぷりラーメンは美味しいよね。トマトラーメンにはバジルは付きものだから、扱いにもなれているのか。
もう、バジルの香りがすごくて、バジル好きにはたまらん一杯よ。俺は大好き、このラーメン。

20190914_mencookai2.JPG
惜しいのは、チャーシュー代わりに乗ってるベーコンの味がちょっと弱いところか・・・
ベーコンの味が、バジルたっぷりスープの濃厚な味に負けちゃってるっていうか、かき消されてしまっているような・・・。ベーコンをちょっと炙るとかして、味をはっきり出した方がベーコン好きとしても嬉しかったかなあと。

でも、まあ、かなり満足できる一杯でしたな。
しばらく東広島に行く予定が無いのが残念なくらい。今度、ツーリングで来てみるかな。今度は「鬼盛獄味噌らーめん」食べに。

<追記>
大将がかなり怖いです、見た目が。あ、この人、喧嘩で二人くらい殺してるわ・・・って初見で思ったんだけど(^^;、でも、注文受けるときなんか普通に優しいし。ああ、あのスタイル、長渕剛なのねってラーメン食ってる最中に気づいた。絶対長渕ファンだよね。長渕ファンが長渕っぽいスタイルすると、たいがい怖いからね、見た目(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「麺空海」のペペロンらーめん

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5429

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2019年9月15日 04:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最後にチョーさんのホームランが見れたからいいのだ」です。

次のブログ記事は「今年も狩猟登録終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら