甥っ子の結婚

先々週の土曜日は妹の長男坊の結婚式・披露宴に出席するため福岡へ。
今は祖生に住んでいる二人だが、学生時代の出会いの場であり、奥さんの家族や友人も多い福岡での式となった。

多くの友人たちに祝福された良い式だった。

20190907_kekkon.JPG俺も披露宴で乾杯の音頭をとらせてもらったが、上手くできただろうか。友人の結婚式なら目一杯ふざけるんだけど、甥っ子に恥をかかせるわけにいかんからな。真面目にやったんで珍しく緊張してしまった(^^;;

甥っ子は我が家にとってもいわゆる「初孫」というやつで、とにかく皆んなに可愛がられた。
彼が生まれたとき俺はまだ独身だったが、月に一、二度実家に帰るたびに、初めての子供で育児疲れもあったのか、妹から「おいちゃんと遊んでもらいい」とよく彼を託された。まだよちよち歩きで言葉もしゃべれない頃からだ
もちろん、俺に育児経験はない。

甥っ子はよく動く子だった。
草刈りに連れて行って、ちょっと目を離した隙に姿が見えなくなってたこともある。
姿は見えないけど泣き声はする。探してみると、田んぼの横の溝にはまっていた。助ける前にその姿に笑ってしまった。

そうそう。甥っ子が話した初めての言葉は、俺を呼ぶ「おいちゃん」である。いや、絶対(笑)

昼間に会ったときはまだ「あー、うー」しか言わなかったのだか、夜俺の姿をみるとトコトコと側までやってきて「おいちゃん、おいちゃん」と二度俺を呼んだのだ。

まあ、この話を彼や彼の母親にもしたことがあるのだが、「ふーん」とあまりに薄い反応だったため俺の心は傷つき(笑)、それ以来封印していた話だが(笑)。俺にとってはけっこう大事な思い出である。

そんな子供が結婚である。
夫婦二人、幸せになって欲しい。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 甥っ子の結婚

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5433

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2019年9月18日 12:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「辛さ4倍台湾ラーメンは4倍どころではない・・・」です。

次のブログ記事は「緒方の馬鹿な采配で酔いも吹っ飛んだ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら