「松のや」のとんかつは安いけど美味いね

「松のや(松乃家)」の豚カツ。サイズ的には「やや小ぶり」な感じもするけど、厚みはあるし、美味いし、あれでレギュラーな「ロースかつ定食」が 500円なわけでしょ?
コストパフォーマンス、凄いよね。

20170217_matsunooya2.jpg
あの「松屋」を運営する松屋フーズ系列のとんかつ専門店のようですが、実は俺の中の「牛丼屋ランキング」(広島でメジャーなチェーン店のみの話ね)は「すき家」「なか卯」「吉野家」「松屋」となってて(最近「なか卯」が「吉野家」を逆転した(笑))、「松屋」が最下位なんですけど、その理由が「とんかつ肉が下の下だったから」なのよね。

もう何年か前になるんだけど、深夜にサーバ保守作業かなんかをして、夜明け前に広島の「松屋 金座街店」で朝飯を食ったのよ。
朝から「とんかつ定食」をね(笑)「松屋」で豚カツ食べるのは初めてだったんだけど。
そしたら、その豚カツが、端の方にゴリゴリした固い脂身か筋かが残ってて、もうこのブログでも何度か書いてるけど「そういう肉」が俺は大嫌いなわけよ。
マジで吐きそうになるのね、そういう肉の食感が。体質的に柔らかい脂身しか受け付けないのよ。

なのでその日は一日なんか気分が悪くて、「松屋・・・許すまじ」と思ったんだけど、まあ、その後も主に紙屋町店でだけど、牛丼食べにちょこちょこ行ってるけどね(笑)でも、「松屋の豚カツ系のもの」だけには手を出すまいと思ってたんよね。

あ、ちょっと話がずれるけど、「松屋」の牛丼の話をする時、「松屋に牛丼なんかないじゃろ?あれは『牛めし』で。クスクスクス」って反応するヤツいるじゃん。「ああ、そうやね」って俺も応えてるけど、心ん中じゃ「アホか。そんなんどうでもええわ。もっとこだわらないといけないことがお前にはたくさんあるじゃろが。ボケ。カス」って必ず思ってることをここで告白します(笑)

話を戻す。

なので、「松のや」の豚カツにも期待はしてなかったんだけど・・・

先日、夕方からエディオン本店に行く用事があったんで、その帰りに「松のや 紙屋町店」に寄って晩飯食べたんよ。

注文したのは「おろしロースかつ定食(並)」600円也。

20170217_matsunooya1.jpg
いやあ、問題なかったですわ。つーか、チェーン店の出す豚カツとしては美味い部類なんじゃないの?俺、そんなに豚カツ食わないからわかんないんだけど・・・。よく豚カツを食ってる「同族食い」の豚民のみなさん。どうですかね?

「並」はカツが 90gなので、「大飯喰らい」な人にはちょっと物足りないかもしれないけど、俺的には「うん、ちょっと小ぶりだな」とは思ったけど、まあ、このぐらいで終わっておくのが身体のためにもちょうどいいんだろうなって(笑)、特に不満はなかったね。
満腹、死にそう・・・ってほどの満腹感はもちろんないんだけど、「ああ、うまかった。満足、満足」くらいの、そうやねえ、腹九割五分くらいの満腹感はあって、夜中まで特に空腹に襲われるってこともなかったね。

600円でこれならコスパも高いね。それに、今回は「おろしロースかつ」にしたけど、単なる「ロースかつ」の定食なら 500円のワンコインじゃけえね。

多分、近いうちにまた行くと思う(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「松のや」のとんかつは安いけど美味いね

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4316

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年2月23日 12:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Withings Activité でダイエットは成功するのか!!?」です。

次のブログ記事は「これまたハズレなしな逸品。「志庵」の「唐揚げとアジフライ弁当」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら