ただ、日常の最近のブログ記事

現在、祖生の別西部落にある別所畑生活センター(いわゆる地区の集会所)の改修中である。

入口右側にあった和室をフローリングに改装。膝や腰の悪い高齢者には椅子の方がいいからな。併せてトイレも洋式の水洗トイレに改修している。
完成まではもう少しかかりそうだが、これで生活センターも利用しやすくなるだろう。

20210328_seikatsucenter.jpg上祖生地区に集会所は、平畑(ひらばた)、末元(すえもと)、そして別所畑(べっしょばた)の三カ所あるのだが、別所畑だけトイレも和式のぽっとん便所で使い勝手が悪く敬遠され、祖生東子供会の集まりも平畑か末元ばかりが使われていた。

まあ、別所畑の集会所は駐車場が狭い(上の手作り広場のところも使えば相当数置けるが、歩いて急坂を上り下りしないといけないからなあ(^^; 集会所の前には 6~7台しか置けない)という問題があるが、少数の集まりであれば大丈夫だろう。ぜひ、生活センターを使ってコミュニケーションを図ってほしいよね。

で、ついでに入って左の部屋の整理もしようということになって(部屋の隅の方が物置みたいになってた)、手作り広場にコンテナをひとつ置いて、利用率の低いテーブルや祭り用の飾りなどをそこに移動することになった。

この日曜日、午後2時から有志 5人で実施。古いテーブルなどは重くて大変だったが、5人でやれば 30分で終了。降っていた雨もこの30分だけはなぜか上がり、我々神に選ばれた 5人を天が祝福しているようであった・・・え?

しかし、コンテナいいなあ。うちにも 1個欲しい(置く場所がないが)
なかなか口にすることができない・・・

「山賊弁当」である。

いつも数日で九州に帰ってしまう長男坊が珍しくこの週末まで帰省していたので、地元山賊の味を久しぶりに堪能させてやろうと、先週木曜日は(前回19時すぎに寄った反省を踏まえ)定時で逃げるように大竹の職場を出て 18:15に山賊着。

20210325_sanzoku1.jpg
前回は時間が遅かったので「いろり山賊」の横の売店は閉まっていて、「竈(かまど)」の売店で弁当を買おうとして売り切れだった。

この日の「いろり」の売店には女性客が 3人ほど、「竈」の売店には客無し。しかし、弁当は本来「いろり」側で買うものだという思い込みがありそちら側に並ぶ。これが実は大失敗だったのである。

俺が並んだ時点で先頭にいた若い娘さんが、時間をかける、かける(^^;

あれこれ商品について質問したり、後ろに客が並んでいるのにおかまいなしである。後でわかったのだが、後ろに並んでいた女性も、この若い女性と同じグループだった。並んでるのも知り合い・・・という甘えか!!後ろに赤の他人のおっさんも並んでいるのに!!注意力散漫!!

そして、やっと俺の番である。

「山賊弁当ありますか?」
「ありますよ。残り2つだけですが」
「じゃあ、弁当2つと、山賊焼きを2つください(4人分ほしかったので)」
「おむすびを別に2つ買われたらお弁当と同じになりますよ」
「いや、弁当2つと山賊焼き2本だけでいいです(後述するが、むすびが目当てで弁当を買ってるわけではないので)」
「はい、では・・・」
「あ、(嫁さんに弁当の代わりに)餃子ももらえますか」
「焼くのに時間かかりますけど、お待ちいただけますか?」
「あ、そうなんですか?これは?(と、レジの前の餃子を指差す)
「それはサンプルです。餃子は注文いただいてから焼くので」
「どのくらい?」
「えーと、10分くらいですね。よろしいですか?」
「うーん・・・(車に娘を待たせていたので)じゃあ、いいです。以上で会計お願いします」
「はい」

とここまでレジ係のおばさんと会話したところで、「竈」の売店のおばさん登場。レジの後ろにある弁当をガッと手に取ると、

「弁当、最後の2つもらっていくねえ」
「え?こちら(俺ね)のお客さんが購入されたんじゃけど」
「こっち(「竈」の売店)の方が(売ったの)早かったけえ」
「でも・・・」

と言いつつ、二人でじっと俺を見る。

「じゃあ、いいです。山賊焼きだけ4本ください」
「本当によろしいですか?」

とレジ係のおばさんは申し訳なさそうにしているのだが、「竈」のおばさんは抱え込むように弁当をガッツりホールド。まったくこちらに譲る気が無いのがじんじん伝わってくる。俺は苦笑いで「いいです」と回答した。

「すみません。いいですか?おむすびを単品で買っていただければお弁当と同じに・・・」
「むすびはいいです。」

そう。我が家で山賊弁当をもとめるのは、山賊むすびが食べたいからではないのだ。高森牛の牛串が食べたいからである。当についてくる牛串が家族みんな大好きなのだ。でも、あれ、単品で売ってないから。だから弁当を買うのだ。山賊むすびは無ければ無いでかまわないくらいだ(笑)
そして、「竈」のおばさんは満足げに弁当を手にし、去っていったのであった。
多分、「いろり」のおばさんとの力関係でも上なんだろうなあ(^^;;;

「ちょっとの差でしたね。前のお客さんが長かったから・・・」とおばさん。

まあ、それもあるけど、俺が山賊弁当を注文したあと、餃子のやり取りとか他にも色々会話があった。純粋に弁当だけ買ってさっさと金を払ったら間違いなく俺が購入できていた。つまり、本来はちょっとの差で俺の勝ちだったのだ。

俺がまず生まれながらの紳士であったこと。そして、山賊には色々知り合いも働いているからゴネて騒ぎを起こすのもあれだなあというのもあったことで丸く収まったが、実際にはこれ、(俺がよそから来た観光客だったら)確実にトラブルになっている。

「竈」のおばさんの正しい対応としては、弁当を置いている売店側で既に注文が済んでいれば(まだ金は払ってなくても)、そっち(俺ね)を優先するべきである。

20210325_sanzoku2.jpg
プロの接客係ならそうするであろう。「こっちのほうが注文が早かった」と言っていたが、実際には俺も注文はさっさと済ませ、その後、「むすびはどうだ?」とか「餃子は時間がかかる」という話をして会計が遅くなっただけである。実際にどっちの注文が早かったかなんてわからない。そこで「うちは○分前に注文をもらってたから」みたいな話をしても意味はないし。
しかし、自分が注文を受けた客に「やっぱり売り切れてました」と言うのはいやだったのだろう。

正直、高校生の時から「君の接客はいいね」と「坂の茶屋」の社長に褒められ、他のバイトとは別に 2万円の特別ボーナスをもらっていた接客のプロの俺(笑)、また東証一部上場企業の名古屋以西の営業マンで競うプレゼンテーション大会で優勝し、常務から「よかったぞ」と2万円の小遣いをもらった(2万円ばっかや(笑))営業のプロの俺からすると「チッ、素人め」な案件であった(笑)

まあ、俺の弁当を横取り、いや、最後の弁当を購入できたお客さんが小柄で上品なおばあちゃんで、孫のお土産にでもするのか、にこにこ嬉しそうな顔をしていたので許すけど(笑)

しかし、俺が「山賊弁当」を手にするのはいつの日なのか・・・
「アンパンマン」は本当に毎年新しい子供の心をつかみ続けているモンスターコンテンツだ。

今では両耳にキラリとピアスを光らせる長男も、幼稚園児だったころはアンパンマンになりきって「アーンパンチ」と言いながら悪者役の俺の腕の中に飛び込んできたものだ。
次男しかり。いや、なりきり度合いで言えば次男の方が「本気」だった。次男はヒーローになりきるのが好きだったなあ(笑)。ぜひ、これからは本物の街のヒーローになってもらいたい。

ま、それはそれとして。

俺、子供向けアニメとかまったく興味なくて・・・というか、アンパンマンとか見てても苦痛なのよ。子供向けだから展開読めて退屈だし。
よく「アンパンマン見て子供と一緒に泣きそうになった」とか言ってる大人を見ると、「はいはい。あなたは子供と同じ目線で物事を楽しめる良いパパ、ママだね。ピュアな心の持ち主だね。このクズが」としか思わなかったし(笑)

なので、「アンパンマンのマーチ」もよく耳にしたが、あれだけ聞いても歌詞を一切覚えなかった・・・というか「何を言っているか」認識したことは一度もなかった。まったく興味はないので。
歌えと言われれば「アンパンマン、ふがふがふんが、ふんぺらぽんのぴっぴっぴ・・・友達だ~♪」みたいに適当な音を当てて歌うことはできるけど(笑)。

でも、今朝、カーラジオから流れて来る「アンパンマンのマーチ」を(運転中なので他にすることもないので)初めてしっかり聞いたら、何か、歌詞が深いな。というか、子供、これ理解できるのかよ?

「なんのために生まれ なにをして生きるのか 答えられないなんて そんなのはいやだ」って、俺もそんなことわかんないよ!!

「時は早く過ぎる 光る星は消える だから君はいくんだ ほほえんで」って、なんか悲しいよ。老いが怖いよ。最後まで俺は笑って生きてられるのかな?

しかもちょいちょい挟んでくる「胸の傷が痛んでも」ってなんだよ。人は傷つきながら生きていくって子供に教えてくれてるのかよ!?

子供たちはこんな歌詞に合わせてお遊戯会で踊っていたのか?(@_@

「アンパンマンのマーチ」、深くて良いな(笑)。こんなに色々なことを押し付けられるアンパンマンが少し好きになったよ(笑)。

診療所の先生には「はい。ちゃんと毎日血圧測ってます」と言いながら、実は 8月からずーっと測っていなかったのである。てへぺろ。

理由?

最初のきっかけはうっかり忘れたり、もう大丈夫だろうと面倒くさくなったりだったと思うんだけど、まあ、結局「習慣ではなくなってしまった」からなんだろうなあ。

測らなきゃと思うことは時々あるんだけど、結局忘れちゃうのである。

で、今日、丸7ヶ月ぶりに測ってみたのだ。

また薬を増やさないといけないくらい上がってたらどうしよう?と若干ドキドキしつつ・・・

131/83

おお、ええじゃん。
iPhone の Health Mate アプリに入力してみたら「正常高値血圧」だって。まあ、正常値やね(笑)

「俺、血圧低いわぁ~」と言うと、嫁さんに「薬(降圧剤)飲んでるからじゃろ!」と一蹴。

あ、今、唐突に血圧測らなくなった理由を思い出した。測定値を記入していたメモ帳がいっぱいになって書けなくなったからだ(^^;
新しいメモ帳(血圧記録用の特別なやつね)を手に入れるまで測ってもしょうがない・・・とか思ってそのままになってた。しょうもな(笑)

いや、メモ帳に記入したものをまとめて Health Mate アプリに入力してたんだけど、とりあえずこれからは直接アプリに入力しよう。

メモするのと比べて、いちいちアプリを起動して入力するのって時間もかかるし面倒くさいんよねえ(^^;
昨日、SNSのフレンドさんが食レポを載せられていて思い出したのだが、俺も食べた、食べた。
ペヤングの「獄激辛カレー焼きそば」(笑)
もう、3週間近く前だけど。

20210201_yakisoba1.jpg

何個か買ったのでストックがあるのだが、そういえばすっかり存在を忘れていた。
他のカップ麺と同じところに置いているのに、全然目に入らなかった。身体が知らず知らずのうちに拒絶しているのか(笑)

それくらい辛かった。

ペヤングといえば、以前から「激辛やきそば」や「やきそば 激辛MAX END」という激辛商品をリリースしてきたが、それらの比ではなかったな(^^;

最初の一口はそうでもないんだけど、じわじわ辛さが口の中に広がり始め、「うわっ、辛っ!」となってからは、もう、何をどうしようが辛さが弱まることがない。食べ終わった後も激辛状態が口の中でずっと続く。泣いても許してもらえない。これ、完全に使っちゃいけない薬品とか使って辛さを強化してるやろう!!?(笑)

それから身体を襲う体調不良(笑)。

19時頃食べたのだが、まず、夜中に腹が痛くなった。
次の日も、なんか腹の調子が悪い。7月から通っている今の職場は和式トイレしかないので、この 7ヶ月間、会社で排便をしたことがなかった。俺くらいの肥満体になると、和式トイレでしゃがむという行為が本当にきついのだ(^^; 和式トイレでうんこするくらいなら、気力で便意を抑え込むわ!!というくらいしゃがみたくない。

でも、ついにしゃがんだね(^^;
もう、腹の調子が悪くて。最初、なんでこんなに調子が悪いのかわからなかった。しかし、排便後、肛門を襲う痛み!!誰?俺の肛門に焼け火箸を押し当ててるの?

そうか。腹の調子が悪かったのは、昨夜食ったペヤングのせいか・・・と気づかされたのであった。

こんなこと、「武蔵坊」で「汁なし担々麺 Death」を食べて以来だった・・・(^^;

今年も手帳は高橋書店の「No.632 シャルム2」にした。

20210217_techo.jpg

見開きの左ページに 1週間分のスケジュール、右ページが罫線付きのフリーメモというレイアウトだ。
この形が一番しっくりくる。

そんなにいくつも予定が入るわけではないので、1ページに 7日分のスケジュール欄でスペースが足りないなんていうことはまずない。どちらかというと「今週中に終わらせましょう」的な ToDo 管理が多いので、右のフリーメモページにそれを書き込んでおいて、済んだら赤ペンで日付を入れて「済」にしていくみたいな使い方が多い。

備忘録としてのメモ(連絡先だとか、外食したときの感想とか(笑))も右ページに書き込むので、週によってはスペースが足らなくなることも。そんな時は手帳の後ろの汎用ノートに詳細を記述するんだけど、以前、1年だけ浮気して使った永岡書店の手帳は、ノート部にページ番号が振ってあったので使い勝手がよかったなあ。

ToDo の横に「P13」とか書いてあれば、ノート部の 13ページ目を見ろ・・・の意で。

シャルム2はぺらぺらめくって該当の記述を探さないといけないので、そこが面倒くさい。

でも、それ以外にはほとんど文句はない。浮気は 1年だけで、それから高橋書店の元へ帰ってきて、今年も円満である。
あの糞高いコーヒーフィルターのおかげでコーヒーが淹れやすくなったので、すっかりコーヒーを飲む頻度が上がった(笑)

今日はタンザニアの人気コーヒー「ンゴロンゴロ」で。ニシキ(岩国のコーヒーショップ)のラベルは「ん・ゴロゴロ」になっているんで、いや、これ間違いやろ?と思ったんだけど、コーヒー豆のことはまったく知らないので(これから勉強します(笑))、もちろんショップオリジナルブレンドの「ん・ゴロゴロ」の可能性もあります(笑)

20210205_coffee.jpg
なんでこれを買ったかと言うと、そのネーミングに惹かれたから(笑)

「ん・ゴロゴロ」というラベルを見て脳内ではすぐに「ンゴロンゴロ」に変換され、買って帰ってラベルをよく見たら「ん・ゴロゴロ」だったということに気づいたという・・・(笑)

小学生の頃に、なんかの本で「アフリカにあるンゴロンゴロ山脈では・・・」みたいな文を読んで、「ンから始まる地名とか、むっちゃ未開の地っぽくてええやん!!」と衝撃を受け、それ以来、もう40数年経った今でも、SNSのプロフィールに「出身地はンゴロンゴロ」って書くこともあるくらい(もちろん悪ふざけです。すんません)思い入れがある名前(笑)。
そりゃ、買うよね(笑)

この衝撃的な名前のわりに、豆の香りを嗅いでみると、なんか甘い香り。
淹れてみたら、嫁さんが「名前の衝撃の割に、味は普通に美味しいね。もっと癖がある味なのかと思ってた」と感想。
そうなんよねえ。いや、コーヒーの味はわからないし、淹れ方もいい加減で本来の味は引き出せてないと思うんじゃけど、「マサイ族が槍で野ブタ仕留めてるような土地の名前が付いている割に、なんか優しい味やなあ。甘みもある。でも、口の中にいつまでも味が消えずに残ってて、飲んだ感あるな」とか言うてたら、まあ、実際の「ンゴロンゴロ」の味の評価に当たらずとも遠からず(笑)。

まあ、確かに俺が「ンゴロンゴロ」の名前を知った当時のマサイ族はワイルドな未開の民だったが、今やカメラを向けた人間に撮影費をせびるような民族に成り果ててるからな。「ンゴロンゴロ」の名前を冠するからといって、ワイルドさがある必要はないわな(笑)

かつて備後落合駅の立ち食いうどんコーナーで提供されていた「おでんうどん」が好きだ(笑)
試しにこのブログで「おでんうどん」で検索をかけてみてほしい。俺の「おでんうどん」愛に触れることができるでしょう(笑)

というわけで、たまに自分でもおでんうどんを作ってみることがあるんだけど、今回はその究極の形。「カップ麺 de おでんうどん」であります。

20210124_odenudon.jpgおでんを載せるのは「日新どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん」。
これ、西日本限定かと思ってたら、全国販売の商品だったのね。東日本はそばばかりで「天ぷらうどん」なんか食べないのかと思ってた(笑)

その「どん兵衛」に、大根、こんにゃく、ちくわ、かまぼこ、さつま揚げ、そして玉子をオン!そこにたっぷりの練り辛子をさらにオン!(笑)

うーん・・・ちょっとスープの味が薄いな・・・
おでん種から水気がしみだしてスープを薄めちゃったかな?ちょっとスープ濃い目で作ったほうがいいかも。それか、載せる種を欲張らず、3つくらいにしとけばよかったかな(^^;

でも、まあ、これもまごうことなき「おでんうどん」だ。

なんか、おでんって中途半端に余ることがあるじゃん。「ちょっとお、ついでに全部食べてや」「いや、もう食えん」みたいな夫婦の会話もよくあるでしょう。
そんなときには、ぜひおでんうどんで中途半端に余ったおでんを美味しくいただきましょう。
雪深い山の上の駅を思い浮かべながら。

日曜日、エディオン山口本店に一人暮らしの息子のための家電を見に行くと、俺の興味を独り占めにする存在が・・・

まるで真っ赤なコックピットのような「シャア専用マッサージチェア」である。
次世代型マッサージチェア「ルピナスROBO」のコラボモデルのようだ。
「見せてもらおうか、ルビナスROBOの性能とやらを。」がキャッチコピー。

価格は・・・759,000円!!?

20210131_char.jpg買えんわっ!いや、買えても買わんけど(笑)
そういえば以前なんかで記事を見たような・・・と思いググってみると、2018年12月に発売されたモデルのようだ。

もう発売後丸1年か。しかし、こうして実物を目にしたのは初めてである。

売れるのかね?これ(笑)。ファンは買うのかなあ・・・

もう 37~38年前。俺が高森高校美術部の部長をしていたとき、部の一年後輩の女の子にシャア信者がいた。
突然俺に「先輩、あだ名がシャアというのは本当ですか?」と聞くから、「うん。そう呼ばれちょるよ」と応えると、顔を歪ませ「シャア様が汚れる!」と吐き捨てたあの子も、今はもういい歳のおばあちゃんになっているだろう。

あの失礼だった女の子が、今ではシャア専用ルビナスROBOに腰を掛け、元気にはしゃぐ孫たちの姿を見ながら幸せそうな笑みを浮かべる人生を送っていることを願う(笑)

ちなみに俺が「シャー」というあだ名で呼ばれるようになったのは、機動戦士ガンダムが始まる 5~6年も前だ(笑)

以前、スケーターの 1リットル・メスティンでタケノコメバルの煮つけを作って、もう、なんか色々やばい感じに仕上がってしまったことがあるが、「いつかはリベンジを」とずっと思っていた。

しかし、俺のメバリングは、「いかに小さなメバルを釣るか」である。いや、そんな目標は実は掲げていないのだが、「サイズは気にせず、何が何でも釣ってリストに〇を」というのは狙っているので、どうしても小ぶりなメバルばかりになってしまう。

なかなか煮つけにできるようなサイズのメバルが手に入らない(笑)

というわけで、ずっとリベンジの夢叶わずだったのだが、1/10に志佐港で釣ったやつは、ギリギリ人間が食べてもいいサイズじゃないのか?とキープ。
帰ってからすぐに捌いてスケーターの 1リットル・メスティンで煮つけに。リベンジだからな。同じ道具を使わないと・・・

20210110_nitsuke.jpg味付けは嫁さんに教わった「煮つけの味付け黄金比」のとおり「醤油 大さじ 3、みりん 大さじ 3、酒 大さじ 3、水 150cc、砂糖 大さじ 1」で。
アルミホイルを落とし蓋にして、一応、メスティンの蓋もして。コトコト、コトコト。
途中でちょっと蓋を開けてみる。

「ああ!!失敗したあ!!皮に十字の切込み入れるの忘れてたぁ!!皮が縮んで中央に寄って恰好悪い~」

でも、まあ、前回よりはかなりマシだな(笑)

できあがったやつはそのまま夜まで放置。冷めて身が締まったのが好きなのよ。
「獺祭 等外」と一緒にいただく。まだまだ俺の煮つけも等外品だな(笑)。でも、味はいけてるぞ。次回は見た目も美しく仕上げよう。またもリベンジを誓う俺なのであった。

※ただ、その後、煮つけにできるくらいのサイズのメバルが・・・(^^;

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちただ、日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお店です。

次のカテゴリはインターネットなことです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2021年3月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら