ただ、日常の最近のブログ記事

いやあ、何度も猟友会の射撃会や銃砲店に寄るために鹿野の地を訪れていたのに、その魅惑的な村落の名を目にしたのは先月末が初めてだった。

「秘密尾」である。そのまま「ひみつお」と読む。

20211031_himitsuo1.jpg周南市鹿野町と岩国市錦町を隔てる山、馬糞ヶ岳(ばふんがだけ)を、道が絶えるまで登っていったところに存在する村落が「秘密尾」である。

最初に「秘密尾」が記された道路案内板を見た時、「ひみつお?いや、いくらなんでも地名に『ひみつ』は入らんじゃろう。怪しすぎるけえ。本当はなんて読むんじゃろ?」と疑問に思い、すぐにスマホで検索してみた。

そのまんま「ひみつお」であった(^^;;;
なんか、平家の落人が隠れ住んだ村という伝説があるようだ。所謂落人伝説である。

まあ、実際に秘密尾まで行けばわかるんだけど、その前の村落までは少ないけれど民家が点々と存在していた。しかしある地点から秘密尾までは人気(ひとけ)のない山道が延々と続くのである。

確かにその山道が「ここまで」と「ここから」を切り分け、秘密尾を「隠れ里」としているようだ。人の足で行き来するしかなかった昔であれば、平家の落人が隠れ住むことも可能だっただろう。(ちなみに今はきれいに舗装されている(笑))

秘密尾に行くには合の川(ごうのかわ)公民館のところを左に入り、あとは道なりに馬糞ヶ岳の奥を目指せばいい。

20211031_himitsuo2.jpg俺は、公民館の前で左へウィンカーを出した・・・途端に急ブレーキ!!

何、これ?「合の川公民館」???

木造平屋の古い建物。大きな看板に「合の川公民館」の文字。むっちゃ良い味を出しているけど、これが公民館???
コンクリートの公民館ばかりを見てきた者の目にはなんとも新鮮に映る。いや、マジで馬鹿にしているわけではない。これ、すごく良い。佇まいがすごく良い。

俺は秘密尾探検のことを忘れ、合の川公民館の姿にしばし見惚れていたのであった。

山口県民は24日に投開票の参院山口選挙区補選、31日に投開票の衆院選と選挙続きだが、期日前投票もできるし、皆、投票に行って自分の意思を示そうな。
1票、1票は無駄ではないので。いや、たった 1票なんだけど、結局 1千票も 1万票もその 1票の集合体なので、1票が無駄ということは科学的にないのだよ。

ところで、野党および野党支持者の中には「若い人が選挙に来てくれたら自民党をぶっ潰せる!」「若い人たちは汚い自民党に嫌気がさしてる。俺たちを支持している」と盲目的に信じてる人が割と多くいるみたいなんだけど、実は 2017年の衆院選の出口調査だと「自民党に投票した人の割合は、20代が50%と最も高く、30代42%、40代36%、50代34%、60代32%、70代以上が38%」(東洋経済)という結果もあるんだよね。

20代、30代の若者の方が実は現実的で「別に、自民党でいいじゃん」って思ってて、年寄りの方が「今の自民党は駄目だ。」と怒ってるみたいで、実際に野党が浮動票を取り込んで自分たちの票を増やしたいのなら、「若いやつは選挙に来るな!中高年の人、この自民党による腐った政治をぶっ壊すためにぜひ投票を!!だ・か・ら、20~30代のやつは来なくていいって!」と言うべきなんだけど、さすがにこれじゃ年寄りからもそっぽ向かれちゃうな(^^;;;

ま、それはそれ。若い人もぜひ選挙に行って投票してみような。
今は何もわからないかもしれないけど、その結果を見て、あれ、俺が入れた人、落ちてんじゃん・・・ってところからだって、次の選挙には興味がわくかもしれないだろ?それが大事。

20211020_ayu.jpgまあ、何が言いたいかというと、自分の意思表示をできる機会があれば、どんどんしとかないと損だぜって話。

俺は、鮎釣りにはまっている某苺漁師の SNS の書き込みに、常に「俺、鮎好きです」と書き続けてきた。
そのほとんどを無視されたけど(一度だけくれた)、くじけずひたすら「鮎が好きです」「鮎がとっても好きです」と書き続けてきたら、昨日、違う人から鮎をいただいた。
「いつも苺漁師君のところに鮎が好きじゃって書いちょるけえ、これあげよう」って立派なサイズの鮎を 3尾も。

ありがとうございます!!早速今日塩焼きにして、朝飯のときにいただきました!!
やっぱ、(時には無力、意味のないものに感じても)自分の意思を表明し続けるのは大切やね!!(笑)・・・という話。
7/13に、「この夏のシーズンのドラマは豊作やのお」ってエントリー立ててるけど、実際、7~9月期のドラマは豊作だった。

一番おもしろかったのは、うーん、「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」かな。
永野芽郁、いいね(笑)。調子に乗って先輩に甘える役をやらせたら一番やな。いや、むっちゃ限定的な役だけど(笑)
特に、男臭い刑事課の部屋に入った時、鼻で息をしないようにして、「ハーイ!」って甲高い声あげたシーンとか、嫁さんと二人で大笑いやったわぁ。

20210909_Tver.jpg
どのシーンもおかしくて、なかなかコメディ・ドラマとしてレベルが高かったと思うな。次の回が待ち遠しいと思わされるドラマも最近はあんまりないからな。

次は、うーん、悩ましい。
「#家族募集します」「TOKYO MER~走る緊急救命室~」「刑事7人 第7シリーズ」「IP~サイバー捜査班」「緊急取調室 第4シリーズ」「ナイト・ドクター」・・・
このあたりはどれも面白かったけど、やっぱ「刑事7人」は安定してたな。
倉科カナがほのかにエロいし(笑)。最終回、塚本高史の死亡フラグがきれいにスルーされたのにはホッとした。もう少し現メンバーの話が見たいからね。

「IP~サイバー捜査班」は IT業界にいるものが見ると技術的に違和感ありまくりだったし、佐々木蔵之介が変な和室みたいなところでパソコン操作しているのも「????」だったけど、まあ、そつなく作ってたね。面白く観れたところも多かった。

「#家族募集します」も面白かったけど、いい人ばかりしか出てこなくて、作り側の「こういう家族っていいでしょ!!?」って圧がすごくて若干辟易したところが残念。
でも、中野太賀は本当に良い俳優だね。何をやっても器用だし、でも器用貧乏にはなってなくて存在感凄い。

あ、そうだ。「シェフは名探偵」も 5月始まりだけど 8月最終回だからこのシーズンのドラマやね。
これも面白かった。ほとんどのシーンがフレンチレストランの中で、こういうクローズドな世界のドラマ好きなのよね。シェフの西島秀俊は大した推理をするわけではないんだけど、なんか毎回観終わると癒やされる感じだったね。

「女の戦争~バチェラー殺人事件~」は最後がいまいちだったのが残念。途中、女達の秘密が暴露されていく回は次回が待ち遠しいくらい面白かったときもあったんだけど、真犯人にもあまり意外性がなく、終わってみれば「第一印象どおりのしょうもないドラマ」だった(笑)

最終回ですかされたと言えば、「漂着者」だろうなあ(笑)
最終回の前の回を観て、「え?これって色々広げた風呂敷、ちゃんとたためるんやろうな?」って思ってたら、全然たためないまま、しかも続編をチラつかせながら中途半端な最終回を迎えた。結局、思わせぶりな伏線の数々も回収されないまま・・・。結果的にこのシーズンで一番おもしろくない作品となった感じ・・・

あの、動画発信してる女子高生たちが実は黒幕に近い人間だったとか、そういうのがあれば面白かったけど・・・。結局最後まで「ええ!!?」という意外性がないまま尻すぼみに話が終わってしまった。企画・原作の秋元康も適当な仕事するよなあ(^^;;;
これじゃ、同じように企画・原作で秋元康が参加している「真犯人フラグ」も竜頭蛇尾な作品で終わりそう。第一話は面白かったけどな。

「漂着者」ほどではないけど、「准教授・高槻彰良の推察」もなんか最終回はあっけなく終わった感じだったな。

いやあ、しかし、ほんま豊作やったわ。
その分、10月からスタートするドラマは大凶作って感じやなあ・・・
先週、広島のお客さんのところで打合せの予定が、台風で交通機関が乱れて出社できていない人もいるということで、急遽 Zoom を使ったオンラインミーティングに変更。俺は既に車で広島入りしていたので、宇品の「ゆめタウン みゆき店」の駐車場から参加することになった。

20210918_coffee1.jpgで、時間つぶしに入ったゆめタウン内のダイソーで、コーヒーメーカー(ミルとドリッパーとカップ2個のセット)を発見。値段が 100円ショップとしては掟破りの 1,100円(税込)ということで、かえって「ちゃんとしているんじゃないか?」と思わされ購入。

週末にキャンプに行こうと思っていたからというのもある。これなら、キャンプに持っていって壊したり、忘れて帰ってもショックが小さいからな(笑)

で、翌日、さっそく俺と嫁さんの朝のコーヒーをこいつで挽いてみた。

ダイソーで買った 15ml容量のコーヒー計量スプーンで軽く 2杯の豆をミルにセット。これで 1人分。なんかミルに入る最大量がこんなもんなので、一度に数杯分の豆を挽くというのは厳しい。まあ、俺は一杯ずつ挽く派なので問題なし。

とりあえず購入したままの豆の粒度で挽いてみる。
いきなりハンドルが折れるとか、そういう笑えるトラブルを期待したが、ガリガリと問題なく挽けた。

まずは嫁さんに一杯。

ちなみに、セットに入っているフィルター(ドリッパー)は、ミル&ドリッパーのケースを兼ねている小さ目のコーヒーカップ用なので、普通のカップで使うときは安定しないので注意。
俺がいつも使っている大きめのカップでは使えなかった(^^;

そして、事件は俺用の豆を挽いているときに発生した。
そろそろ挽き終わるかなってとき、急にハンドルが軽くなった。というか、外れてるやん!!ハンドル!!

中央のネジが緩んでハンドルが外れ、ミル本体(いわゆる「臼」の部分)もネジやワッシャーとともに、挽いた豆の粉の中に落ちている。

20210918_coffee2.jpgなんじゃ、こりゃ(^^;
いや、もちろん単純な作りなんで組み立て直したけどよお、こういうのがまったく駄目な女子とかだと泣くで、これ(^^;

2杯分ももたずに空中分解って(ネジが緩んだだけとはいえ(^^;)、さすが100円ショップ品質。

1,100円なんだから文句言うなよってダイソーを擁護する声もあるだろうが、今時、2千円だせばまともなミルが手にはいるからな。これが 300円商品とかならまだ許すが、1,100円取って「2杯目でネジが緩んで空中分解」ってあり得んわ(笑)
こんな品質を許すから日本の技術力は下降するばかりなんじゃないのか?

まあ、色々文句は言ったが、もったいないのでハンドルが折れるまで使うけど(笑)

愛車カブ50のカウル(膝のところの風よけね)にアシナガバチが巣を作っていたという話は以前書いたが、そのままほっておくわけにもいかんので、先週末に駆除を試みた。

20210828_hachi1.jpg
こちらの武器はフマキラーの「ハチ・アブ ダブルジェット」である。
1缶 700円くらいする。こんだけ高けりゃ強力やろ?

以前戦った時はフルフェイスのヘルメット、長袖のシャツに長ズボン、首にはタオル、手には snow peak の焚き火用手袋という重装備で挑んだ。ボロボロに破れたブルーシートの奥に巣を作っており、敵の状況がわからなかったからだ。

今回はカウルのところに巣は剥き出しである。丸見えだ。

一応、俺は首周りだけタオルで防備すると、Tシャツ、半ズボンというふざけた格好で戦いに挑んだ。
巣に向けてダブルジェットを噴射する。巣の周りにいたアシナガバチが面白いように、抵抗する間もなくバタバタと地面に落ちていく。ダブルジェット、強力~!!

2~3匹、ふらふらと逃げ出したが、そいつらも強力なダブルジェットの噴霧を再び浴びるとバタっと垂直に地面に落ちていった。

その隙に、巣を竹ぼうきで叩き落し、足でガツガツと踏みつけたあとで前回同様家の前の用水路の水の中へ。「かわいそう」とか思ったやつは田舎で暮らしたことのない「神に選ばれなかった軟弱者」だろう(笑)。これは人対蜂の命をかけた戦いなのである。(実際、アシナガバチでも人は死ぬ。「アシナガバチ 死亡事故」でググれ)

20210828_hachi2.jpg
俺は勝利をかみしめながら、地面に落ちた蜂たちも踏みつぶして皆殺しにしてやる!グヒヒヒ・・・と戦いの場に戻った。

しかし・・・明らかに地面に落ちている蜂の数が少ないのである。
え?ダブルジェットって、もしかして気絶させるだけで殺傷能力ないの?

俺は地面の蜂を踏みつぶしながらきょろきょろと周りの様子を窺った。
しかし、アシナガバチの姿は見えない。どこかで俺のことを窺っているのか?来る、来る、やつらが復讐に来る!!俺は三分の一ほどまだ中身の残る「ハチ・アブ ダブルジェット」を大切に抱えたまま家の中に逃げ込んだのであった。
昨日の昼休み。広島銀行大竹支店でうちの会社の法人住民税(県民税、市民税)と消費税をむしり取られて・・・いや、納付してきた。
Pay-easy(ペイジー)を使ってATMから。

俺は一昨年までずっと銀行の窓口で税金は納付してきた。
俺がいつも利用していた広島銀行横川支店でもATMを使った口座引き落としをずっと勧められていたが、頑として拒んできた(笑)
完全にコンピュータ関係に拒否反応をしめすおじいちゃんである。

が、実際、年に一回の納付のためにATMの操作を覚えるより、振り込み依頼の紙を一枚書いて窓口に出すほうが楽なのである。それより手間がかかるATMを選択する理由は何もないだろう。

・・・が、ついに昨年から Pay-easy を使った納付にしたのである。
理由は「俺が税理士さんに決算に必要な書類を出すのがぎりぎりになるため、税理士さんと納付書のやり取りをする時間がない」からである。
いつも、白紙の納付書を税理士さんに送り、金額を入れて送り返してもらっていたのだが、最近はその時間がなくて。俺のせいで(^^;

20210830_zeikin_atm.jpg
そこで、納付書が不要の ATM での支払いに変更したのである。昨年より。

・・・が、昨年やってたことをまったく覚えていない(^^;;;

ATMの説明をざっと見ても税金の支払いに関する説明はない。
俺は窓口の女性に恐る恐る声をかけた。

「すみません、ATMで税金の支払いってできるんですか?」「はい?ペイジーですか?ペイジーならできますよ?」「ペイジー?」(しばし見つめ合う二人)
結局俺が税理士さんからのメールに「ペイジー」という文字があるのを発見し、「はい。ペイジーです、ペイジー」ってことで事なきを得た(笑)。教えてくれたお姉さんに「ありがとうございました」とコメツキバッタのようにペコペコ頭を下げながら俺はATMコーナーに移動したのである。

その後、ATMの前で「税金支払」的なメニューを探して数分間立ち往生することになるとは思いも寄らず(笑)

メモっとく。まずトップメニューから「その他のお取引」を選択。そのサブメニューの中に「税金・料金払込」よいうのがあるので選択。あとは画面の指示に従えばいい。

多分来年もまた忘れている。そのためにこのブログに書いたのだが、ブログに書いたことなんか 1年後に覚えているわけもない(^^;;;
祖生と広島市内で 20数年ずつ暮らし、あ、あと、東京・新宿で 2週間、品川で 1ヶ月半暮らしたわ(笑)、まあ、そういう都会も田舎も知り尽くした俺からすると、そりゃ都会の方が楽だから弱っちい人でも安心して生きていけるっていうのはホントだよね。百姓しないでいいし(笑)。ほとんど身の回りのこと(ドブさらいとか)は行政サービスで処理されるしね。

田舎は厳しいぞ。神に選ばれた特別な人間、そう、強靭な身体と強靭な精神を持った俺のようなパーフェクトヒューマンしか生きていけんのが田舎である(笑)
あれもこれも自分でやらんといかんからな。

だからさあ、弱っちい人間が田舎に移住して来て、結局その厳しさに負けて(悪いのは田舎に馴染めなかった自分なのに)悪態をつきながら去っていくのはホントに哀れだし、腹も立つ。田舎にはそれ相応の覚悟を決めて来い、覚悟を決めて!

では、そういう田舎の厳しい一面を紹介しよう(笑)

ええと、この写真は駐輪場に置いたカブです。ここのところ雨ばかりだったので、1ヶ月以上乗らずに「屋根付きの駐輪場の中」に放置していました。

 20210827_cub1.jpg

そしたら、この有様である(笑)

インドネシアの方の何百年も放置され人々の記憶から失われた幻の寺院かよ!!
しかし、絶望することなくこの蔦と戦うのが田舎に住む人間である。心も身体も強靭なのだ。リモート勤務の昼休み。飯を食い終わった俺は草刈り機を手にこの蔦に挑むのです。

そして、カブを救い出してみると・・・

 20210827_cub2.jpg

カウルにアシナガバチが巣を作っとるがな(^^; 確かに草刈り機で蔦を切ってる時、周りをやたらアシナガバチが飛んでるなあとは思っていたよ。でも、カブのカウルに巣を作るか!?

ああ・・・田舎いやだ。ホントに都会に住みたい(笑)
この間「BE-PAL 転売ヤーというウンコ星人がマジうっとうしい」というエントリーに書いたように、今月の BE-PAL の付録は OPINEL のカッティングボードだった。

発売日(8/5だと思ってたが、こっちは 8/6だったみたいだ)の夜にカジルのフタバ図書に行ってみると、まだまだ山積みされていたので購入。

BE-PAL 転売ウンコ星人たちは「そんなに人気はない」と見たのかな?(笑)。ミニストーブやミニシェラカップ、ミニスキレットのときとかは涎垂らしながら買い占めに本屋に殺到するくせに(笑)
ほんと、迷惑。

いやあ、しかし、OPINEL のカッティングボードもなかなかおしゃれやで。OPINEL は「おフランス」のナイフメーカーだからな(笑)

 20210813_OPINEL.jpg

今週末、嫁さんが晩飯に作ってくれていたチキンソテーを朝食べたんだけど、その時にちょっと OPINEL のカッティングボードの上に置いてみたら、あら不思議。なんかおしゃれなブレックファーストに変わったやないの(笑)

実際に食べる時に OPINEL のナイフで肉を切ったので、ボードにはすでに無数のナイフ痕が(^^; ま、それも味がある。

あと、キャンプに行けない欲求不満がギア購入の方に向かい、おかげで今月 2本増えた OPINEL の #7 のナイフをボードに並べてみる。

 20210816_OPINEL.jpg

ええじゃん。ええじゃん。

寂地峡でのキャンプの時には、以前付録で付いてきた古い OPINEL のカッティングボード(今回のとちょっとデザインが違う)が回鍋肉を作る時に良いまな板になった。OPINEL のボードの上でザクザクとキャベツを切った。

実際、ここに並べている OPINEL のナイフも(今日届いたばかりのグリーンの柄のやつを除き)全て実際のキャンプなどで使っている。俺はコレクターではないので、手に入れた道具はそれがいかに貴重なコレクターズアイテムであろうが全て実戦導入する。付録の品も一緒だ。

新しい OPINEL のボードを手に入れてからはキャンプに行けていない。早く実戦デビューさせたいものよ。
うちの家紋は「丸に工(たくみ)」という単純なデザインなんだけど、これがびっくりすることに家紋の本とか見てもまったく載っていない。
本屋に 4冊くらい並んでいた家紋の本。最後の 1冊にやっと載っているのを見つけた。

歌舞伎役者が使っていたので歌舞伎紋とか役者紋と呼ばれる家紋のひとつ「浅尾工左衛門(あさおくざえもん)」である。

20210814_kamon1.jpg
浅尾工左衛門というのは上方歌舞伎役者の名跡で 6代目まで続いていたようだが、詳しい記録があるのは大正末期の 4代目までのようだ。そのため、使われていた家紋もすっかり世の中から忘れ去られてしまったのか?(^^;、上に書いたように家紋の書籍の中でも載っているのは一冊だけだったという・・・(^^;

俺の結婚式(神前)のときに新しく黒紋付羽織袴を作ったのだが、着物屋に家紋を伝えるのに苦労した。家紋の本の歌舞伎紋の章に「浅尾工左衛門」という家紋名で載っていたのでそのまま伝えたのだが、その店で使っている家紋の本には載っていないということで、結局親父の紋付きを持っていって同じように作ってもらった。

重度のネット依存者は「アホやなあ。ネットで調べれば一発なのに」と思うだろうが、残念ながら今でもネット上にほとんど情報はない。まず、家紋情報を載せているようなサイトでお目にかかったことは一度もない。質問サイトで「丸に工の家紋ってありますか?」「浅尾工左衛門が使ってた家紋ですね」というやり取りを見たくらいだ。
まあ、そもそも情報が必要だったのは 23年前の話で、今とはネット上の情報量もまったく違っていたけどね。

ちなみに歌舞伎紋というのは歌舞伎役者本人の他に、田舎者が役者にあこがれて同じ家紋を使いだしたというケースも多いみたい。
ただ、我が家の本家は古くから祖生の山林王として続いていた家なので、江戸中期に初代が出てきた浅尾工左衛門よりももしかすると歴史は古いかも。家紋が同じなのはたまたまなんだろう(笑)
昨日は山口県岩国総合庁舎で 2回目のコロナワクチン接種。

7/11(日)に 1回目を受け、8/8(日)が 2回目。モデルナなので 1ヶ月開けての接種だった。

1回目は 10:45に接種を受けたのだが、夕方から「触ると接種場所が痛い」という状態に。寝ていても、寝返りをうって左肩が布団に着くと痛みがして目が覚めるという感じだったのだが、24時間後の翌日夕方にはまったく痛みはなくなった。
RCCラジオの本名正憲アナが「打撲のような痛み。触らなければ痛くないけど、触ると痛い感じ」ってラジオで言っていたが、まさにそんな感じ。

20210808_iwakuni.jpg
思っていたより副反応って無かったなあ・・・が正直な感想だった。

それでちょっと油断してたな。年寄りは重篤化しないって聞いてたしね。
2回目の接種が終わったあと、カジルのフタバ図書で 1時間立ち読み。それからラーメン食べて家に帰ったんだけど、夜までは特に何の症状も無し。ああ、今回も特に何もなさそうだなあ・・・と(^^;

でも、夜、Amazon Prime で30年ぶりに(笑)「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を見ていたら、なんか頭が痛くなってきた。まあ、「なんとなく」レベルだったけど。
体温を測ってみたら 37.0℃。俺は 36.2℃くらいが平熱で、今回摂取前に測った時も 36.5℃だったので、まあ大したことはないけど体温はあがっている。「熱上がってるやん」と思ったら若干クラクラもし始めたので(笑)風呂には入らずにそのまま就寝。

寝てる間もなんか寝苦しくて、ずっと変な夢を見ている感じ。

で、6時頃目が覚めたんだけど起き上がれず・・・(^^;;;
身体がベッドや床を突き抜けて地面に沈んでいってしまうんじゃないかってくらい重い。
関節の節々が痛い。接種したところも、1回目は腕だけが痛かったのだが、今回は背中の方まで痛い。ただし腫れは全くなし。そして強い倦怠感。
それでも、病人のように壁に手を付きつつ、ふらふらとトイレにだけは行って(もう、膀胱パンパンだったので(笑))再び就寝。

1時間半後の 7:30に再び目が覚めて、ふらふらとリビングまで行き体温を測る。38.0℃。微熱だが、平熱が 36.2℃の俺にとってはけっこうな高熱(^^;;;
朝飯も食わず(食欲はあるんだけど、食べるのが面倒くさいという倦怠感)再び就寝(^^;

10:45頃目が覚めたが、体温を測ると 37.9℃。全然落ちてない。仕方ないので「アセトアミノフェン 200mg」を 2錠。これで熱は 36.5℃まで落ちた。

やっと、座椅子なんかに座ってTVや漫画を見れてたんだけど、なんかまただるくなってきたので今測ったら 37.6℃。

うーん・・・。安静にしとくべきだと思うけど腹は減るのよね。で、嫁さんが色々用意はしてくれてるんだけど、なんか、すげえ好きなもの以外、食べるのが面倒くさい(^^; ちょっとスーパーまで行ってこようかなと(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちただ、日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお店です。

次のカテゴリはインターネットなことです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2021年11月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら