美術・芸術の最近のブログ記事

Twitter 上で、#sailormoonredraw というハッシュタグが流行っている。

これは、「美少女戦士セーラームーンのアニメの、ある1カットを自分の絵柄で描く」という SNS 上のイベントで、「セーラームーンチャレンジ」と呼ばれている・・・ようだ。

セーラームーンは全然見たこと無いんだけど(いや、今思い出すと、息子たちが小さかった時、北川景子とかが出てる実写ドラマをやってて、誰もチャンネル変えないからなんとはなしに何話か観たことあるな。まったくストーリーはわからんかったけど(笑))、仕事の休憩時間に 30分弱かけて一枚描いてみた。

20200520_sailor.jpg
今日は朝からずーっとサーバ移行作業を(食事の時間以外は)休みなく行なっていて、夕方、ちょうど一段落ついた時にこの話題のニュースが眼に飛び込んできたので、多分、俺、疲れてたんだと思う(笑)。いつの間にかスケッチブックを手にしていたわ・・・(^^;

「男の子だってプリキュアになれる!」のノリで、「熟年男性だってセーラームーンになれる!」ということで。
ちょうど Twitter のアイコンもそろそろ更新するか?と思ってたので、自画像をセーラームーンにして描いた(^^;

なんか、でっかい浣腸器とか使って、えげつないお仕置きをしそうなセーラームーンになったな(笑)

色の塗り方が雑なんだけど、これは今回初めて「水彩色鉛筆」というやつで塗ってみたから。

ぺんてる(Pentel)の「水彩スティック スイートミックス」というのと、三菱ユニ(uni)の「水彩色鉛筆 第1章」という二種類のセット(どちらも 12色セット)を持ってるんだけど、買っただけで全然使ってなかったんよね。

特にぺんてるの水性スティックは「スイートミックス」という、ファンタジーな絵本を描くのに良さげな色のセットで、俺の絵柄にはそぐわないような・・・(何故買った?>俺(^^;)

あ、水彩色鉛筆というのは、水で溶ける色鉛筆のことね。ざっと色鉛筆で塗ったあと、その上を水をつけた筆でなぞると色が溶け出し、濃淡をつけたりできるんよね。

で、uni の色鉛筆は溶けやすくて、水彩絵の具で塗ったみたいになるねえ。ぺんてるのは溶けにくくて色鉛筆のタッチが残る感じ。その辺の性質を把握して使い分けると、けっこう使えそうやねえ。

・・・と、絵師みたいことを言いつつ、このエントリーは終わりとする。
この二枚は俺が 6~7年前に書いた絵。

20200318_e1.jpg

20200318_e2.jpg

一枚目は主人公の女の子。ラプンツェル?
二枚目はラプンツェルの恋人?名前はまったく思い出せない(笑)

まだ小学校へ上がる前の娘と一緒に「ラプンツェル」の DVD を見ながら、娘にねだられて書いた絵だ。

DVD を見ながら走り書きみたいに描いた絵なのと、これ以降、「ラプンツェル」を見たことは一度も無いので、この絵がどの程度ちゃんと描けているかはまったくわからないのだけど、娘がすごく喜んでくれたのは覚えているので、それなりに雰囲気は出てるんじゃないか???

で、これがその時娘が「私も描く」と言って描いたラプンツェルである。

20200318_e3.jpg

ひどい(笑)
いや、未就学児童なんでしょうがないという気もするが、俺は保育園児だった頃から、生き物なんか描いたら「まるで生きているみたいね」って絶賛されるような子だったので、それと比べるとやはり「ひどい」と言うしかない(笑)

しかし娘は自分の絵の実力に微塵の疑いももたず、いつもいつも暇さえあれば絵を描いていた。同じく絵を描くのが好きな姪っ子と、一緒に遊ぶことと言えば絵を描くことだった。

で、この間、娘がノートに走り書きしている絵を見て驚いた。随分上手くなってるなあ。
小学校低学年の頃はまだまだ下手で「あれほど毎日描いているのにこの程度とは、おふくろから受け継いだ絵の才能は、娘には伝わらなかったなあ」とか思ってたんだけど、そこそこの絵になってるやん。

好きこそ物の上手なれやなあ。

絵は、反復練習。好きな絵を何度も何度も模写するのが結局一番の上達の近道。娘はひたすら自分が好きなアニメやゲームの主人公の絵を模写し、それ以外の絵も上手くなったという感じだな。

反対に、最近まったく絵を描かない俺の腕は年々衰えていく。上のラプンツェルの絵も、高校生とか、20代の頃の絵と比べると相当ひどい。若い頃だったらもっと良い物が描けただろう。

やっぱ、絵は毎日描いてないと駄目やねえ。
1/4 午後から「ひろしま美術館」に「岸田劉生展 Kishida Eyusei -写実から、写意へ-」を観に行った。

20200104_hiroshimabijyutu.JPG
美術の教科書等で見たことがあるだろう。そう、あの「麗子像」の作者である。
妙に四角い顔をした、あの可愛いよりも怖さが先に立つ(笑)「麗子像」である。

麗子は岸田劉生の実の娘である。劉生は随分と可愛がっていたようだ。写真が何枚も残されているが、「麗子像」のイメージとは違って可愛らしい顔をしている。

しかし、あの「麗子像」は飾られていなかった。

「麗子像」と呼ばれる絵は何枚も存在しており、あの有名な絵はその中のひとつ「童女図/麗子立像」である。そして、それと同じくらい迫力があるのがウッドワン美術館が所蔵する「毛糸肩掛せる麗子肖像」である。

パンフレットにもこの絵が載っていたので、すっかり展示されていると誤解していたが、実は「毛糸肩掛せる麗子肖像」は 11/9~12/8 の一ヶ月間だけ展示されていた「特別出品」作品だったようである。
ちなみに、展覧会そのものは 1/13 まである。12/9以降の約一ヶ月はあの麗子像のない「物足りない一ヶ月」であり、まさにその「物足りない一ヶ月」に俺は訪れてしまったようだ・・・残念。

まだ麗子が子供のときに劉生は亡くなるが、その前に 16歳になった麗子を想像して描いた 2枚の「麗子像」が残されており展示されていたが、あの「毛糸肩掛せる麗子肖像」の迫力はなかった。

そもそも、俺は岸田劉生の油絵は今ひとつだと思う。
劉生の絵は、掛け軸などに描かれている滑稽な日本画が味があって良い。

いや、ほんと、物足りないのでついでに常設展示のマティスの「赤い室内の緑衣の女」を始め、ピカソやシャガールの絵で眼の保養をして帰ったのであった。
「ひろしま美術館」の常設展示は素晴らしい。
久しぶりに広島市現代美術館に。

前回ブラっと寄ってみたときは特別展をやってなかったので、久しぶりの特別展「アカルイ カテイ A Bright Home」を観た。

ただ、

この展覧会では、明治大正生まれの作家から1980年代生まれの作家まで11人を取りあげ、
彼女/彼らの創作活動のなかに家庭や家族がいかなる影を落とし、いかなる光を照らしているのかを見ていきます。
それによって「明るい家庭」をアップデートし、この先の「アカルイ カテイ」実践の方法を探ってみたいと思います。

という展覧会だったのだが、正直そのテーマはよくわからなかった。

なにせ、例えば小西紀之氏の作品などは「家族・家庭」が「作品のモチーフ」だが「テーマではない」のだ。
どの作品も、(顔をくねくねと曲がった線で塗りつぶされた抽象的な絵だが)大人に寄り添う子供の姿が描かれているのが想像できるが、作品の名前はどれもこれも「無題」ばかりで何が言いたいのか全然わからん(笑)
多分、家族を描きながらもその関係性を希薄にして、純粋に人と人が寄り添う「形の面白さ」を楽しんでいるだけじゃないのか???

20200103_gendaibijyutu.jpg
まあ、というわけで展覧会そのもののテーマの理解はできなかったのだが、展示されている作品の中には素晴らしいものがあり観る価値は十分ある。

上記の小西紀之の作品も素晴らしいが、俺が一番心躍らせたのは江上茂雄氏の作品だ。
貧乏故に母と二人で親戚の家に居候し働き続けた氏は、クレヨンとクレパスを画材に絵を描き続ける。初めて個展を開けたのは定年退職後だ。
悶々とした思いを叩きつけるようにクレパスとクレヨンで厚く塗られたその絵はまるで油絵のような立体感と艶めかしい色合いを持つ。

特に「母の赤きタンス2」が良い。
家の中の部屋の一角を描いた作品だが、その色の鮮やかさと奥行きある立体感に驚かされる。

観に行ってよかった。
先週の日曜日は久しぶりに休日に(朝、東広島でフィールドサービスの仕事があったからだけど)一人で外に出たので、帰りに広島市現代美術館に寄ってみることにした。

ここしばらく面白そうな特別展をやっていても、観に行く時間が全く無かった。
美術は俺の構成要素のひとつだ。そろそろ美術館の空気に触れないと俺が崩壊してしまうわ(笑)

20190908_gendaibijyutsu.JPG
んが、悲しいことに、この日は特別展をやっていなかった(^^;;

収蔵品展は何度も観てるからなあ、どうしようかなあと思いつつ、館の外庭に並べられた作品を観て歩く。
そういえば、外に展示されている作品をじっくり観たことってなかったなあ。

フェルナンド・ボテロの「小さな鳥」とか、肛門丸出しで、娘に見せたら爆笑もんやなあ。

アバカノヴィッチ、マグダレーナの「ヒロシマー鎮まりしものたち」は初めてちゃんと観たけど、鬼気迫るというか、全身に火傷を負って廃墟を彷徨う被爆者の姿と重なり、平和への思いを喚起させるよ。

屋外に展示されていた作品もなかなか良かったんだなあ。

その後、地下1階ミュージアムスタジオで「タイルとホコラとツーリズム 《もうひとつの広島》」という、広島から北海道に入植し、やがて北広島町を作った人々の軌跡を追った展示も観たが、こっちはイマイチだった。

そもそも、これ、美術?(^^;;
高森みどり中学・高森高校合祭文化の部(いわゆる文化祭)では、中学生の学年対抗合唱コンクールのあとで、PTA有志(保護者、保護者OB、教職員)による合唱の披露がある。
JRC部による歌詞の手話通訳も毎年の恒例である。

俺は歌が苦手なのと、広島まで通っているので平日夕方の練習に一切参加できないため合唱は遠慮してたのだが、昨年はついにステージの上に。

もちろん口パクで(笑)

なんだよ、口パクかよっと思った人に言いたいが、歌に合わせて口パクするのはかなり厳しい。
きちんと歌の構成など把握してないとまず無理である。
昨年は知ってる曲だったし、最初から最後まで、男女パートの構成が一緒だったから何とかなった。

20190831_gassyou.JPG今年の合唱曲は「第86回NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部 課題曲だった、SHISHAMOの「君の隣にいたいから」であった。

昨年同様、当日の朝になって曲を聴いた。
「こりゃ無理だ」とすぐに思った(^^;;

例えば、女性パートだけが歌い、男性パートは休みとか、そんな感じで男女で全然構成が違うやん。本当の合唱曲だ(笑)
楽譜も読めないので、これでは口パクすらできない。

ええ。当日はずっと客席に居て、合唱団の集合場所には行きませんでした(^^;;
バッくれました(^^;;
いや、逃げ隠れはしませんよ。客席からステージの上の面々に、堂々と満面の笑みで手を振りました(笑)
「はよ、ステージに上がれ」とジェスチャーで促されましたが、無理、無理(^^;

今まで、例えば少年野球の練習で球を怖がる息子には「逃げるな。自分で克服しようという気持ちでチャレンジしなければ前には進めない。死ぬ気でやれ」という指導をしてきた俺ですが、今後は「克服できそうにないと判断した困難からは、無理せず逃げ出してもいいんだよ」という方向に指導を転換したいと思います(笑)
月に一度、ひろしま美術館で「OSAKE -Shall we drink "SAKE" in Hiroshima?-」というイベントが行われている。
美術館の中で酒が呑めるわけである。

20190426_sake1.JPG
イベントの名前からも、ターゲットは「外国人観光客」あるいは広島(日本)に住み始めて間もない外国人だと思うが、酒の匂いのするところには必ず現れるのが「酔っぱライター」こと俺(笑)

いや、なぜ俺が「酔っぱライター」を名乗るようになったかは、なんとか俺のツイートを見つけて読んでもらえればわかるんだけど、「飲み屋の常連はどうあるべきか」ってことをまったく理解できていない女が、偉そうに「酔っぱライター」を名乗っていたので・・・まあ、これはまったくの余談だからこれ以上はやめておこう(笑)

で、4月は 26日の金曜日が開催日だったので、「みんなのレオ・レオーニ展」を観に行った帰りに、美術館の中庭で開催されていた当イベントに参加してみたのだ。(ちなみに 5月は 31日(金)に開催されるようだ)

ただ、このイベント、19時までなのである。
そもそもひろしま美術館の開館時間は 17時までである。ただし、週末の金曜日は(特別展開催時だけかな?)19時まで伸びる。
俺が「みんなのレオ・レオーニ展」を観に行ったのは仕事帰りの 17:45頃。まあ、レオ・レオーニについてそんなにファンでもないので(おいっ(^^;)30分くらいで観て回れるかなっと思ってたんだけど、映像作品もあって結局 1時間かかってしまい(^^;、中庭のイベント会場に着いたのは 19時まで 10分もない時間だった・・・

会場にいたスタッフの女性に「もうダメですか?」って聞くと、反対に「もう時間がないのに参加してもらえるんですか?」と聞かれ、「はい、もちろん」と頷く俺(笑)
1,000円払って、何種類か置かれている日本酒の中から 3種類の酒を呑めるという仕組みだ。

俺が選んだのは、「白鴻 純米酒 70」(呉・盛川酒造)、「花凜 純米吟醸」(西条・山陽鶴酒造)、「神雷 純米酒」(神石高原・三輪酒造)の三種。「神雷」は冷やで、他の二種は冷酒でいただいた。

20190426_sake2.JPG
やっぱ、「白鴻」が一番好きかな。精米歩合が 70%の純米酒なのに、精米歩合 50%の「花凜」より優しい甘みを感じて飲みやすい。「神雷」は冷やで呑んだせいか、すごく酒の強さを感じて、ちょっと俺は苦手かなあ・・・ライトな酒飲みなので(笑)

どの酒も初めてだったので楽しかった。というか、美術館で酒を呑むこの背徳感(笑)。たまらん(笑)

ほんの数分で慌ただしく試飲をしたのだが、十分 1,000円分は満足し、最後にイベント名が刷られた桧枡をもらって俺は帰路につくのであった。

お客さんのところに常駐していると、自社内で開発をしていたときのように、休憩ついでに 2時間ほどふらりと美術館へというのは難しい。
すっかり美術館から足が遠のいてしまった。

ああ・・・美術館に行きたい・・・

20180925_art.JPGなもんで、一昨日、蛍光ペンやボールペンのインクが一気になくなってしまったので、夕方、緊急補充のために外出したとき、旧日本銀行広島支店のビルで「Hiroshima Art Document 2018」をやっているのを発見し、飛び込んでしまったのであった。

んが、なんと閉館 5分前(^^;;

「だーっと見るので(入館しても)いいっすかね?」と受付のおばさんと青年に確認し、(文字通り)駆け足で作品を観たのである。鑑賞というより確認作業か(^^;

それでも、入り口すぐのところに飾ってあった佐古昭典氏の「Peace Park」や、作品名のプレートが確認できなかったので作者不明だが(島久幸氏かな?)、亀のオブジェ。なかなかいい感じの作品が目に入る。
亀は鉄製かと思ったけど、ペーパークラフト?それに金属っぽい塗料塗ってるのか?よくわからん。

「Peace Park」は美しい絵だが、人工的に作られた美しさにも見えて、「Peace」という言葉にはそぐわない少し無機質な冷たさを感じる。ただ、そもそも「Peace」は人工的に作られるものだけど。

駆け足で作品を観て、「じゃ、おじゃましました!」と帰ろうとすると、すでに正面入り口は施錠されそうになっていた(^^; ぎりぎりセーフだったけど(笑)

芸術作品は、やっぱ時間をかけて楽しみたいですなあ(^^;
この土曜日に、周東パストラルホールで行なわれた「岩国市PTA連合会 定期総会」に高森みどり中の PTA役員として参加したんだけど、朝10時から受付開始だったのに、時間を間違えて 9時には会場入りしてしまった(^^;

9時から市P連の役員さんたちが会場準備をされるのを手伝ってもよかったんだけど、知ってる人も三、四人しかいないからねえ。人見知りの俺にはその中に混ざって手伝いするのキツい(^^; それに役員は皆正装なのに、俺はチノパンにストライプシャツと、ちょっと浮いてたしね(笑)

ということで、さりげなく館外に逃亡。

「しかし、ここで一時間もつぶすのは至難の技やな(^^; 一旦、自宅に帰って出直すか」なんて思ってたんだけど、隣の周東勤労青少年ホームの入り口に小さな看板発見。

「ミユキ教室三十周年書道展」と。(ちなみに、中国新聞アルファにも「書道教室 30周年 感謝の筆致」として記事が載っていた)

20180519_miyuki.JPG
これ、姪っ子が通っている書道教室。パストラルホールで義弟(妹の旦那さん)に会ったとき、書道展をやってると聞いていたんだけど、ここでやってたのか。

良い時間つぶしになると(笑)、さっそく入ってみた。

いやあ、みなさんお上手。姪っ子もなかなか繊細さと力強さが同居した良い字を書いていた。姪っ子は絵が上手いからな。だから字のバランスもすごく良い。続けていけば、ずいぶんな書家になれるんじゃないか?・・・と、まったく素人の俺が言うてみる(笑)

でも、なかなか俺にも書を見る目はあるかもよ。

会場で、「お、これいいなあ」「これなら金出せるで」なんて目をつけた作品は、「これは有名な書家の方にお祝いとして出展いただいた作品なんですよ」とか「こちらは(書道教室の)先生の息子さんが日展で入賞された作品ですよ」とか、そんなのばっか。いいものはやっぱり素人が見ても感じるものがあるね。
ま、「素人にはこのよさはわからないんだよ」なんて作品は、しょせん糞ですよ、糞。

こうして、良い作品に囲まれていると、自分でも書道を始めてみようかなって気になるよね。
ま、これ以上趣味を増やしたら人生が破綻するので、そんな気持ちは振り払いましたが(笑)

あ、紹介が遅くなったけど、「ミユキ教室」を主宰されているのは書家の山本一遊先生。あの「獺祭」のラベルの字を書かれた人。この日は、山本先生の作品展もパストラルホールで行なわれていたんよ。
この GW は、いきなり仕事の都合で俺が 9連休になってしまい(せっかくの連休を「なってしまい」というのも贅沢な話だが(^^;)、反対に嫁さんは 4/30~5/3 までずっと出勤で、そのためキャンプも含め、5/3までずっと娘と過ごす休日であった。

20180505_urasawa1.JPG
いや、5/1は娘は学校に行ったので日中はゆっくりできたんだけど、5/2は午後から先生の勉強会があるとかで 11時半には帰ってきてしまった(^^;

まあ、そんな日々だったので、嫁さんが休みだった 5/5 には(いつもなら娘をフラワーフェスティバルとかに連れていく日なんだけど)、一人山口市までツーリングに行かせてもらった。

目的地は山口県立美術館

岩国市から山口市に行くのは広島市に行くより遠い。
なので俺が「県立美術館に行く」と言ったら、それは上幟町の広島県立美術館のことである。

んが、今回は違う。今回の目的地は、最初に書いたように山口県立美術館である。
俺が好きな漫画家・浦沢直樹についての展覧会を開催しているからだ。

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -山口の巻-」である。

俺は、「パイナップルARMY」「YAWARA!」「PLUTO」「BILLY BAT」は全巻持っている。
でも、「20世紀少年」は満喫で全巻読んだし、「MASTERキートン」は義弟(嫁さんの弟)が持っていたので、何冊か借りて読んだくらい。「MONSTER」はどこかのお好み焼き屋かラーメン屋かで 3巻くらいまで読んだところで止まっている・・・という、一応ファンなんだけど、熱烈なファンでは無い・・・という立ち位置の男である(^^;

まあ、そういう立場から言わせてもらうと、ちょっと物足りない展覧会であった。

というのが、展示物の多くが「生原稿」なのである。
ほとんどそれと言ってもいい。いや、まあ、実際は 8割方くらいだろうけど、でも、ほんとに、ほとんどがそれなのだ。

20180505_urasawa2.JPG
いやあ、生原稿もさあ、漫画家目指しているような人から見るとすげえ価値があるんだと思うけど、まあ、俺的には「ある作品の一話分くらいが見れればいい」って感じ。正直、真ん中あたりで飽きた(^^;
けっこう、そういう人が多いと思うけどなあ。

それより、浦沢先生の仕事部屋・・・ってか、仕事机を再現したものとか、そういう浦沢直樹という漫画家そのものに焦点を合わせた展示物とかがあるとよかったなあ。
実際、入り口のところで上映していた、「BILLY BAT」を描いているところを延々撮したドキュメント映像にはしばらく見入ってしまった。

浦沢直樹の漫画作品ではなく、浦沢直樹という漫画家を観たかったなあ。

いや、ファンであれば行って損はない展覧会だとは思うんだけど、俺はそういう不満がちょっとあったよという話。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち美術・芸術カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは本とか雑誌です。

次のカテゴリは野外活動です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら