スポーツ見たり、やったりの最近のブログ記事

この日曜日はコロナ禍のため中止となった 9/4のチケットを払い戻すために Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島へ。

ちがーう!!

試合を観に行ったのだ。
今期初のプロ野球観戦。広島カープ対中日ドラゴンズ三連戦の最終戦を。

20201018_carp1.jpgここ二試合は中日の勝利。しかも二試合目は佐々岡監督が好投を続けていた森下を突然下げ、最悪のポンコツ救援陣に試合を託し案の定負けるという謎采配をみせた試合。
これで、まともなカープファンのほとんどが佐々岡監督に愛想を尽かした。

そんな中行われた日曜日の試合。
先発中村祐太の調子がいい。いや、ヒットは打たれるんだけど、なんとか後続を切りゼロ行進を続けていく。

打線もなんか調子がいいのか悪いのかわからないけど、ホームランで効率よく点を入れ、オチを先に言うと、中日は10安打で得点 0なのに、カープは 5安打で 5点をたたき出し、中村祐太を援護した。

しかし、気持ちよく「お、こりゃ行ったぞ!!」と思えたのは西川の2本目だけで、特にその西川の1本目なんて、ファンも「ああ、またでっかいファールか」と死んだような目でぼーっと球の行方を追ってたら、ガシャン!!とポールに球が当たった音が響き、「え?なに?うそ?やったー!」みたいな感じであった(笑)

ま、それでも結果的には 0-5 とリード。
心配なのは佐々岡監督のご乱心だけであった。もう、ほんとに心配で心配で、5回を抑え中村に勝ち投手の権利がついたときには、「誰か、佐々岡にうまいこと言うて球場の外に連れ出せよ!!」と祈るほどであった(笑)

20201018_carp2.jpg
ま、結果的には中村が 7回まで投げたおかげで、8,9回はカープのポンコツ救援陣も踏ん張ることができて最高の勝ち試合を観ることができた。誰か、佐々岡に睡眠薬かなんか嗅がせてたんかな?

ほんと、こういう相手をゼロ封にして、5点以上取るような一方的な試合が一番好き。逆転劇なんかいいから、こういう最初から最後まで安心して観てられるような勝ち試合をしてほしいわ。

いや、佐々岡監督の下では無理なのはわかっているけど・・・(^^;;;

ちなみに、この後繰り出した飲み屋でも、耳をそばだてて聞いていると、お客さんたちの話題の多くはこの日の勝利よりも、前日の「なぜ佐々岡は森下を下げたのか?」であった(笑)
20200624_carp.jpg
6/19 からプロ野球が開幕したけど、7/19まで(だっけ?)は無観客試合・・・

7/7(火)の DeNA 戦と 7/14(火)の巨人戦のカープパフォーマンス席のチケット持ってるんだけど、そういうわけで払い戻しとなった・・・

この水曜日。夕方から広島市内のお客さんのところで作業があったので、その前に Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島に向かう。

ついでに、駅ビル地下の「むさし」で「若鶏むすび弁当」買って行って、球場敷地内のベンチで食べよう・・・とか思ってたんだけど、なんと、ASSE 閉店で地下売り場も閉鎖・・・。そうですか、そうですか(^^;

いや、実は ekie 2F で弁当売ってたらしいんだけど、腹が減っててそこまで考えが働かず・・・(^^;
諦めて、カープロード途中の「呉麺屋」でラーメン食べた(笑)

さてさて、これでもう、手持ちのチケットは 9月の内野指定だけ。

9月はちゃんと試合観れるんかいな・・・。第二波で無観客試合に逆戻りってならないように、皆で気をつけようね(笑)
今年も無事「祖生ソフトボールナイターリーグ」の全日程が終了し(って、終わったの、10月の頭のことだけど(^^;;)、11月16日(土)に祖生公民館で表彰式があった。

今年は俺はあまり試合には出てないんだけど、「れいぜん」からの参加者が少なかった(1チーム、3人くらいは出さないといけない)のと、まあ、酒呑める会を断る理由もないので(笑)顔を出した。

20191116_softhyousyo.JPG
今年は何年かぶりに絶対王者「下祖生」を抑えて「かかし」が優勝。
いつも表彰式に顔を出す「下祖生」の監督・T君が来てなかったのも、ショックで寝込んでいるからだと、もっぱらの噂になっていた。

「かかし」は個人賞も沢山手にしてこの世の春であった(笑)

そんな異常な盛り上がりの中、20年皆勤で表彰された「かかし」のNヘイ君が、自身が受け取った表彰カップに酒を注いで皆んなで回し呑みをしたいと言いだした。

おっさんたちと間接キスなんか嫌じゃと抵抗するおっさんたちであったが(笑)、嫌だ嫌だと言いつつもノリのいいおっさんたちである。渋々とではあるが、おっさんたちの手から手へとカップの軌跡が紡がれて行くのであった。

俺も何とか他のおっさんの脂ぎった唇が触れていない箇所を見つけ間接キスを回避しつつビールを飲み干した。

なんなん?こんな表彰式で初めてや(^^;;
何、この変な宗教儀式。

ちなみに我が「れいぜん」は・・・
ええ、定番の「最下位」でした。
勝ち数がふたつだけではね(^^;; しかも両方とも相手チームの人数が集まらなかった不戦勝だし(^^;;

来年、頑張って!(他人事(笑))
ここ 4年間 300歳駅伝の絶対王者として君臨しつづけた(笑)別所畑(べっしょばた)チームであるが(一昨年は雨で中止になったので三連覇中)、ついに今年は 2位でフィニッシュ。王者の椅子から陥落した・・・

主に警備の都合で今年からコースが変わった。祖生もご多分に漏れず過疎地なので、消防団や学校の先生方が広範囲に警備や子供の世話をするのも厳しくなってきたということで、今年から公民館の周りを周回するコースとなった。
そのため、各区間の距離も見直しとなり、俺が毎年走っている 2区は 500mから 300mに変更となった。

300mって、すでに「駅伝」ではなく「リレー」の世界やん(笑)

今年もその 2区を走ったのだが、なんとこの俺が絶対王者として君臨し続けた(と言っても、ここ 2年は区間 2位だったが(^^;)「女性や老人が走る」2区に今年は Tバヤシ君や Sイ君という「健康な中年男子」が参戦していたのである。

「健康な男が 2区を走るのは卑怯」「女性や老人を相手に勝って嬉しいのか!?」「今からでも出場を取り消すべきだ」と二人に迫ったのだが駄目だった・・・(「あんたもやん」と言い返されて・・・)

結果は Tバヤシ君、Sイ君に続く 3位。区間賞の Tバヤシ君とは 4秒差、2位の Sイ君とは 2秒差であった。
実は Tバヤシ君は俺より 4歳下、Sイ君は 2歳下で、ちょうど年齢分だけ差がついている。面白い!!

・・・とか言うてる場合ではない。
別所畑チームは優勝したかかしチームと 5秒差であった。俺が Tバヤシ君を 1秒差で抑えて、つまり 5秒速く走っていれば優勝できたやん!!と思うのである。あ、でも、もう来年は走らんで。もう、駅伝ランナーとして悔いはありません(笑)

まあ、でも、今年も応援の人たちがいるところでは最速で走り、あとで皆に「すごい速いじゃ」と褒められたので良いか(笑)
11/3(日)~11/4(祝)の二日間、中山湖にて「Splash2019 マツムラ建設杯カヌースプリントチャレンジ大会」が開催され、俺もバイトJKを伴って記録係で参加した。

で、この二日間は選手及び運営スタッフに昼食が振る舞われたのだが、これが美味かった。

20191103_carry.jpg 20191104_yakinikudon.JPG

どちらも「焼肉 牛太」のケータリング。
一日目はカレー。最初に一口食べた時は「あ、全然辛くない」と思ったのだが、これが食べすすめるにつれピリピリとスパイスが口の中で暴れだし、辛いもの好きの気持ちも満足させるものであった。
辛くはないけど刺激的という、スパイスの効いた美味いカレーであった。

そして、二日目の「焼肉丼」が最高であった。
しかも、俺、少し遅めに取りに行ったので(俺が賞状を打ち出している最中に、バイトJKが配膳場所まで取りに行ってくれた)、肉が余ってきたのでマシマシで肉を載せてくれたらしい(笑)

醤油味と味噌味があったのだが、側で一足先に丼を食べていた山口県カヌー協会理事長が「味噌の方が絶対美味い」と言われるので(笑)「味噌味」を選択。
ネギとキムチがトッピングで選べるのだが、もちろん「両方載せ」で(笑)。

いやあ、美味かった。
大好きだった「東京チカラめし」の焼き牛丼を思い出す。いや、味は全然違うんだろうけど、すでに焼き牛丼は「美味かった」というあやふやな思い出しかないから(笑)

というわけで、来年以降もこの丼を食わせていただけるのであれば、引き続き記録係をする所存です(笑)
今夜の独り呑み会の〆は「カープ鳥 ASSE広島駅ビル店」で。

実は19:53広島発の電車に乗れば、20:49岩国発の岩徳線に乗れたのだが、それよりも「焼き鳥が食べたい」という己の欲望に従ってしまった。

結局、岩徳線は最終(^^;;。玖珂駅まで迎えに来てくれる嫁さんには申し訳ない。
でも、もう何ヶ月も店で焼きたての焼き鳥を食ってないんだもの(^^;;

19:35頃に入店すると、「シュート」(日本酒)を頼み(銘柄は広島の「弥山」)、串は「アドゥワ (ささみわさび)」「小園(うずら肉巻き)」「小窪(親ボンジリ)」「薮田(白ねぎ)」を注文。

20190919_carpdori.JPG以前、「うずら肉巻き」は丸だったよね?そう、あの悪の軍団「巨人」に移籍した憎っくき丸だ。「ささみわさび」はエルドレッドだった。ああ、焼き鳥でカープの移ろいを感じる(笑)

小窪をガジガジやってるところで岩徳線に連絡する本線の電車は出てしまった。
ま、こうなったらカープの勝ち試合でも観ながらのんびり呑むか・・・と、「坂倉(えのきベーコン)」と「野間(せせり)」を注文したところで、それまで 0点に抑えていた床田がスリーランを浴び 7-3。
ここで緒方監督動かず。
結論から言えば、このあとヒット 2本打たれたところでやっと緒方が動いたが時すでに遅し。代わった九里が満塁ホームランを打たれて 7-7の同点に。
緒方の糞采配で一気に酔いが醒める。

緒方には、この日俺がいい気持ちに酔っ払うのに使った数千円を返して欲しい。
緒方が監督でなければ、こんな無様な負け方はしなかったんだから(^^;;

あれ?「カープ鳥」の話だったのに・・・(^^;;
今の職場に移ってからというもの、カープ戦観戦の日にまともに定時で帰れたことがなく、ほんま、どこかで俺のスケジュールが漏れてて、いやがらせされているんじゃないかと疑うほどだったのだが、昨日は久しぶりに定時退社。18時前には広島駅に着くことができた。

20190912_carp.JPG俺にとって、今期、最後の Mazda Zoom-Zoom スタジアムである。
相手は中日ドラゴンズ。
今年ズムスタで負けなしだったのに、昨日初めてカープは負けた。

駅まで車だったので、ビールではなく広島レスカを飲みつつ応援。

正直、先発がノムスケ(野村 祐輔)なのを見て、あかん、連敗やと思ったのだが、昨日のノムスケは意外に踏ん張ってた。

6回には、2アウトランナー無しから連打とフォアボールで満塁にし、結局同点タイムリーを食らってしまうが、今期のノムスケの調子から言えば、6回2失点なら十分な出来やろう。
もっと打線がフォローしてやらんといかんよ。

俺の後ろにいた80歳は下らないおばあちゃんが、カープカラーの真っ赤な口紅を差した口から震える声で「ゆうすけぇ〜、がんばれぇ〜、ゆうすけぇ〜〜」と声援を送っていた。
愛されてるなあ、ノムスケ。これがカープファンだよね。

結局俺は、家に帰って片付けないといけん仕事もあったので、7回の表が始まった20:30には球場を後にした。
そのため、風船は飛ばせんかったし、9回裏の堂林のサヨナラタイムリーも見れなかったのだが、長野のホームランが見れたのでそれでいいのだ。

なんだかんだ言ってチョーさんが打つと盛り上がる。9月に入ってからの活躍が嬉しい。スロースターターのチョーさんも、ついに調子が出てきたか!

いや、スローすぎるやろ、チョーさん(^^;; 来期はもう少し早く目覚めてくれ(笑)
まあ、一番悪いのは、辛抱してチョーさんを使い続けなかった緒方だけどな(^^;;
昨夜から祖生ソフトボールナイターリーグ後半戦の開始。

俺は一応選手登録はしているのだが、昔から球技は苦手でソフトボールもできることならもうやらずに生きていきたい(笑)
昨日は息子の高校の文化祭にも顔を出し、翌日は運動会に顔を出さないといけない(結局、雨で順延になったけど)。疲れるし、できることならナイターは参加したくない・・・ってことで、チームの LINE に「9人集まったら休む」と書き込んでたんだけど、なんと 8人しか集まらず(^^; 結局参加することになった(^^;

20190831_softball.JPG
一回戦の相手は「平畑」。そして、ついに我がチームは勝利を収める。不戦勝で(笑)
「平畑」の選手が 7人しか集まらなかったのだ。でも、我がチーム、今期初勝利である。やった(笑)

そして、二回戦は「中村」戦。
2回まで毎回後攻の攻撃で逆転し 7-8 で一点リード。しかし、結局 3回に 7点を入れられ、反対に我がチームは 0点に終わり敗戦。ちなみに、14点取られたうちの 6点くらいは俺のエラー&継投失敗によるものであります(^^;

まあ、でも、一度セカンドゴロを弾いて、慌てて一塁に投げたせいで悪送球・・・というエラーを俺がしてから、あきらかに俺を狙ってセカンド方向に打とうとして三振やピッチャーゴロになった相手選手が二、三人いたからな(笑)
三回まで 9アウトのうち 2か 3のアウトは俺の存在あってこそとも言える(笑)

ちなみにその後のHシゲ君の強烈なセカンドゴロは無事さばきましたぞ。

しかし、ほんま疲れた。試合終了後は、「今後も 9人揃わんかったときだけ声をかけてくれ」と監督に懇願して帰ったのであった(笑)
8/20(火)は久しぶりに Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島にカープの試合を観に。知人から余ったライト側指定席券を購入したのだ。

職場が変わって、突発的に残業が入るようになり、全く自分で予定を立てて仕事をするというのが難しくなった。

7月にも帰り際に急に残業が入りチケットを無駄にしたことがあったので「もしかしたら今回も」という心配があったのだが(そして、ちょっとその兆しもあったのだが(^^;;)、今回は夕方から別場所での作業が予め入っていたので、その作業を終わらせてから球場へ向かうことが出来た。

もちろん、最初から試合を観ることは出来なかったが、「まったく観られない」と「途中から観れる」のでは雲泥の差だからな。

そして、この日は奇跡の日であった。

20190820_carp1.JPG
序盤の三点差をひっくり返したとたん、出てくる中継ぎがバカバカとホームランを打たれ再び三点差。最近のカープの典型的展開(^^;;
ズムスタのテンションだだ下がり(^^;;

しかし、9回裏に誠也のスリーランでまず追いつき、最後に(糞ボールを空振りして、駄目だ、こいつは)と思わせておいて、新たにカープの仲間になった三好がサヨナラタイムリー!
最高の奇跡やぞ!(笑)

周りの人たちと少女のような悲鳴、いや歓声を上げながら(笑)カンフーバットをぶつけ合うと、仕事のストレスとか、全部吹っ飛んだわ!

しかもこの日はやたらと知り合いが球場に来ていた。これも軽く奇跡だ(笑)
知ってる人たちと、このベストバウトの感動を共有できたことは嬉しい。

さあ、この後はまた緒方監督の(中崎にこだわった(^^;)迷采配のおかげでファンも選手もテンション下がったけど、まだわずかに可能性の残るリーグ優勝に向けて再び盛り上がって行こう!
今日は島根県美郷町でカヌースプリントの中国ブロック大会があったんだけど、そういえば 6/7(金)~6/9(日)に同じ「邑智郡美郷町信喜 江の川くにびき国体記念コース」で行われた「第7回中国高等学校カヌー・スプリント選手権大会」について書いておくのを忘れてた。
このブログは、俺にとって本当に日記そのものなので、もう一ヶ月も前のことだけど一応書いておこう。

20190608_canoue1.JPG
この選手権大会は、(例えば中国ブロック大会は国体への予選的意味合いもあるが)上の大会への予選的なものではなく、純粋に中国地区の高校生の順位を決める大会である。

そもそもカヌーの競技人口そのものが日本では多くないので、この大会にも出場校は島根県2校、山口県1校、鳥取県1校、広島県4校、岡山県4校の計 12校だけ。しかも、広島、岡山の 4校には、実際にはカヌー部がなく選手が個人出場している学校も含まれる。
カヌー部のある学校の数は 10校にも満たないだろう。

それでも、男女合わせて 65名の高校生が、カヤックやカナディアンの各競技でスピードを競い合った、なかなか見どころのある大会だった。

息子はカヤックシングルとカヤックペアの二種目に出場した。
だいたいカヌースプリント競技は、島根、鳥取、それに岡山が強くて、山口、広島はいつも後塵を拝しているのが今のところの状況だ。

20190608_canoue3.JPG
なので、息子は 6/8(土)の予選で落ちちゃうだろうから、土曜日だけ応援に行けばいいよねえというつもりでいた。嫁さんは土曜日は仕事で応援に行けないので残念がっていた。

まあ、島根県美郷町までは、高速を使っても岩国から車で 2時間ちょっとかかる。応援も一日仕事だ。俺も端から2日も連続で応援に行く気は無かったのだが・・・

1日め。息子が出るカヤックシングルは 18名の選手が出場する。
9時から 6人ずつ 3組で予選を行い、各組の 1位はそのまま決勝(F)へ。残り 15人が準決勝(SF)に進出する。言ってみれば(決勝に行く 3人は除き)単に、準決勝での走行レーンを決めるためだけの予選である。

なので、俺は 11時からの準決勝(SF)だけ見ようと、10時すぎに大会会場に到着した。掲示板に貼り出された予選の結果を見ると、息子は 1組 6人中 4位で準決勝に進んでいた。準決勝に進む15人の中で決勝に進めるのは 6人だけなので、予選を 4位通過では決勝進出は難しいだろうなあと思った。

ところがである。息子は準決勝で倉敷工業や倉吉総合産業の強豪選手を抑え 3位でフィニッシュ。決勝に進んだのである。こういう大会で息子が決勝に進むのは初めてであった。
どうも、前日からの雨で 1~3レーンあたりに細かいゴミなどが浮いており、そのレーンの選手は漕ぎづらい状況だったようだ(うちの息子は 6レーン)。そのため、上位入賞を期待されていた選手のタイムが伸びなかったという事情もあったらしい。
なんとなく申し訳ない気もしたが(^^;、しかし、まあ、息子も自己ベストのタイムは出していたし、そういう運も実力のうちだ(笑)。胸を張って決勝に進めばよかろうとも思った。

20190608_canoue2.JPG
ただ、息子の決勝進出は嬉しいが、それは 6/9(日)にも応援に来ないといけないということだ。
土曜日に応援に来れなかった嫁さんは喜んでいたが、実は俺はカープのデーゲームを観に行く予定にしていた(笑)
カープが怒涛の連勝でセリーグ 1位に上り詰めていた時期である。最悪、応援は嫁さんだけで、俺はカープ戦に・・・とも思ったのだが、土曜日に会場で他の保護者の方に冗談でそういう話をすると、「えっ?」とマジで驚かれてしまったので(笑)、日曜日は息子の応援に行くことにした。

まあ、表彰式・閉会式をパスして、そのまま広島市内まで走ればカープ戦にも間に合うことがわかったのもあるんだけど(笑)

日曜日の決勝。8位の子と最後まで競りはしたが、結局息子は最下位フィニッシュ。まあ、これが実力。
しかし、このあとの中国ブロック大会、インターハイでは息子はペアのみ出場で、シングルには出ない。高校最後のカヤックシングルを漕ぐ息子の姿を夫婦で見れたのは幸せであった。

その後、カープの勝利も目にできたしな(笑)。良い一日だった(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスポーツ見たり、やったりカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはコンピュータです。

次のカテゴリはダイエットです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2020年10月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら