狩猟の最近のブログ記事

昨日、カラス駆除の話に書いたが、4月から新しい空気銃を手に入れた。

韓国の DUK IL ARMS CO.(ドク・イル・アームス?いかにも韓国って感じの会社名やな)の HUNTING MASTER-AR6(と、銃には刻印されてるんだけど、販売している銃砲店の人のブログで Hunting Master AR-6 という記述をされているので、俺のブログでも AR-6 の方の表記を使う)という空気銃。いや、エア・ライフルと呼んだ方がピンとくる感じの威力を持った銃。

20200426_ar6_2.JPG
そんな我が愛銃(今回駆除で結果が出たことで、すっかり愛着が湧いた)なのだが、世間では随分誤解されているという。「GSE(ガンショップ栄興) 新米従業員の備忘録」によれば「全く当たらなくて音がバカでかい。使い物にならない。」という噂が、空気銃ユーザの間でまことしやかに流れているという。

このブログの中ではぼやかされているが、これ、「吾輩はプアである。」というサイトの「独断と偏見でゆるーく紹介する、狩猟用空気銃インプレッション」という記事のことではないかと・・・
この中の「番外編 hunting master AR-6(エバニクス)」という章で、AR-6 を「発射音のバカでかさ ☆10個 行く先は弾に聞いてくれ度 ☆10個」と評され、自分は三ヶ月で手放したと書かれている。

多分、このページを読んだ人が「全く当たらなくて音がバカでかい。使い物にならない。」と思い込んでるのだろうなあ・・・

でも、そんなことはないで。
このサイトの人も自分で書かれているように、「音がでかくて、どこに飛んでいくかわからなかった」のは、「16grペレット」という軽い弾を使ったから・・・だろう。
なにせパワーがあるので、16gr(1.037g)のような軽い弾だと初速が音速を超え衝撃音が発生する。戦闘機が音速を超えた瞬間にドンッ!!っていうアレね(^^;

しかも、軽いのにスピードが速いから弾もふらつくよね。軽いプラスチックボールは、速く投げれば投げるほど軌道が変化するのと一緒ね。

AR-6 で撃つのは「重い弾」でなければいけない。俺が銃と一緒に譲ってもらったのは 25gr(1.645g)の弾だ。重い弾がいいのは AR-6 だけの話ではない。エースハンターという低パワーの銃でも「重い弾の方がよく当たる」と言って、購入した銃砲店の店主が 21gr(1.370g)の弾をサービスで付けてくれたほどだ。

多分、俺が使っている AR-6 も 60ft/lb版じゃないかってくらい威力がある。でも、ちゃんとカラスを仕留めたことからもわかるように、重い弾を使えば狙ったとおりに飛ぶ。「どこに飛んでいくかわからない」ってことはまったく無いのだ。

・・・が、音がでかいのは本当だ(笑)
弾が音速超えなくても十分でかい。散弾銃並の音するよ(笑)。でも当たる。心配すんな。
いや、猟友会主催の「町内一斉カラス駆除」にはもう何回も参加しているんですが、今回初めてカラスに弾を当てて、本当に駆除できたので。それで「初めてのカラス駆除」ってわけであります。

今日は、この 4月に新しく手に入れた Hunting Master AR-6 という韓国製の空気銃を使った初めての駆除でした(猟友会主催としてはという意味で、独りでこの銃を持って山にカラスを駆除に行ったことは既にあります)。

今日は、一旦周東総合支所の駐車場に集まったあと、この銃を譲ってくれた Uさんを始め、いつもの師匠たち 3人と共にカラスの多い某地区に入りました。

今日は空気銃。散弾銃みたいに飛んでるカラスは撃てないので、木の枝などに止まったカラスをスコープで狙って撃つわけですが、俺がまったく「隠れる」ということが出来ず、案山子のようにぼーっと突っ立っているせいで最初はカラスが全然撃てる範囲にやってこない(^^;(俺は隠れてるつもりだったんですけど(^^;)

鳥って目が良いから(何十メートルも上空を飛びながら地面の上を走るネズミみたいな小さな獲物を見つけるんだから、そりゃ目が良いよね(^^; 紫外線まで見えるんだそうです)、ほんとにちゃんと隠れないとすぐ警戒されちゃう。

ということで師匠たちが次々とカラスを仕留めていく中、俺は全然取れなかったんだけど、最後の最後、そろそろ撤退しようぜって時に、師匠たちが指を指しながら俺を見て「撃て、撃て」と。
物陰から顔だけ出して師匠たちが指す方を確認すると、20mも無い近距離にカラスの姿が。

ただ、距離が近いといっても、銃を支えるのは自分の腕だけという立射。スコープの中で(銃がミリ単位で揺れているので)カラスの姿が上下する。カラスがきちんとスコープの真ん中に捉えられるタイミングに合わせて静かに銃爪を引くと・・・

パーン!!という AR-6 らしいクソでかい音とともに、カラスが落ちるのがスコープ越しに見えました。「やった!!初駆除!!」嬉しぃ~

それから、自分の撃った弾で生き物の命が失われるという感覚と、悪さをするカラスを駆除することが駆除隊員の使命という思いのせめぎあい(^^; まあ、人間誰しも、自分の手で生き物を殺したくはないですよねえ。でも、いわゆる有害鳥獣が深刻な被害を出していることも事実。

まあ、猟師になっちゃったんだから。来週もがんばります。
川鵜(カワウ)駆除用に新たに HUNTING MASTER AR6 という道具を手に入れたんだけど、その持ち歩き用に 1200x300 サイズのソフトガンケースを購入。サバゲーで使うエアガン用のものだが、もちろん実銃でも使える。

猟銃(散弾銃)や(おもちゃではなく免許のいる)空気銃はむき出しのまま持ち歩くと「裸銃」と言って違反なのである。
昔、銃砲店の前に停めた車から「裸銃」の状態で店に銃を持ち込んだら、店主にえらく怒られたことがある。「そのちょっとした距離でも、実際に警察に引っ張られた人もおるんじゃけえ気をつけろ!」と。そういうもんなのだ。

20200426_AR6.JPG
なので、取り急ぎネットでソフトケースを買ったのだが、うーん・・・長さは(AR6の長さが 106cmで、ケースは 115cmまで収納可能なので)全然問題なかったんだけど、幅(銃の高さ)がいっぱいいっぱいだった(^^; 一応、ジッパーは閉まるけど・・・
スコープつけたままだと本当に余裕がない・・・が、まあ、却って銃が固定されるからいいか(笑)

でも、すぐケースのジッパー壊れそう。まあ、2,985円のケースなんで、壊れたら買い直せばいいんだけど・・・

ケースが来たんで早速 AR6 を入れて山にカラス駆除に。
2発ほど撃ってみたけどカラスには当たらず(^^;
銃を譲ってくれた人が、「スコープ一回外したので、調整し直さないとずれてるかも」と言われていたが、着弾点を見ると左右は合ってるし、50mで調整されているスコープでおよそ 20m先のカラスを狙って、10cm前後狙った位置より上に着弾しているんでほぼ合ってるんじゃないかな?
弾は放物線を描いて飛ぶので、調整した距離より短い位置を狙うと上の方に着弾する。

山口県内には 5.5mm プリチャージ銃を撃てる射撃場がないので、こうして猟(駆除)をしながらスコープ調整していくしかないのである。

ところで、AR6、空気銃とは思えないすげえ音がする。
パーーーン!!って、「え?ライフル弾?」みたいな音だ。山の中で撃ったからか、びっくりするくらいでかい音だった。

近くに高齢者の方がいたら心臓発作起こすんじゃないか?(^^;;;
祖生、特に別西地区の皆さん、すんません。この銃で島田川のカワウ駆除をするので、なんか銃声を耳にしても焦らないでください。散弾銃じゃなく空気銃なんで(^^;
そういえば、去年の 10/20 に熊毛射撃場で行われた玖西猟友会の射撃会の成績もメモっておこう。
その一週間前に鹿野射撃場で行なわれた射撃会のことはこのブログにも書いていたし、実包等管理帳簿にも弾の使用量を書いていたので覚えていたが、熊毛のことはすっかり忘れていた(^^;

そう。実包等管理帳簿をつけていたら、なんか 2箱分くらい弾の数が合わんぞ?と思い、射撃の採点表を確認したら、10/20 に熊毛射撃場でスキートを 2ゲームやってた。スキートは 1ゲームでぴったり 1箱消費するので、それで計算が合った。

一応、メモ帳の方も確認してみると、 14時から熊毛総合射撃場に行ったことが書かれていた。ホっ(笑)

で、成績。

スキート 1回目 11/25 命中
スキート 2回目  7/25 命中

という情けないもの・・・(^^; まあ、平常運転だけどね(笑)

やっぱ、メガネを新調したのが今回 16発も当たった原因かな。

しかし、来週の鹿野の射撃会は息子の引っ越しの手伝いとかあるので出れんから、この好調が実力なのかどうなのかは確認できず。残念。
今日は猟友会の射撃大会(技能向上のため半ば強制されているやつね)のため、朝から熊毛総合射撃場へ。

自宅に射撃用の弾が残っていることを警察から「早よ使え」と指摘されていたので、スキート 2回とトラップ 1回撃って無事残数ゼロに。
犯罪者諸君、俺んちに来ても弾無いから来るなよ(笑)

成績の方は、

スキート 1回目 10/25 命中
スキート 2回目 16/25 命中
トラップ 1回目  4/25 命中

という結果。
いやあ、スキート 2回目はよく当たったわあ(笑)
しかも、実際は弾の残数が 23発しかなかったので、8番射台は撃たずにこの成績だ。今までで一番当たったかもしれん(笑)。やっぱ、メガネを新調したのがよかったのか。

20200322_kumage.JPG
確かに、去年の秋に鹿野で撃ったときは、鴨師匠のU氏と二人で「目がしょぼしょぼして皿が見えん」とか言うてたなあ(^^;

トラップは 4発しか当たってないけど、実際にはこれも途中で弾切れしたので 11枚しか皿を撃ってない。だから正しくは 4/11枚命中だ。まあ、それでも十分成績悪いけど(^^;

以前から皆に指摘されている「ストックの前の方に頬付するように。そのために前傾姿勢を取った方がいい。お前はストックの後ろの方に頬付して身体が立っている」という姿勢の悪さを忘れていた。(スキートのときには前傾姿勢を意識してたんだが)

そして、来年の射撃会のときには、またそんな指摘のことは忘れてるんだろうなあ・・・(^^;(もっと練習に行かないと(^^;)
昨日は、鹿野射撃場で玖西猟友会の射撃大会があったので参加した。これは、猟期前の練習の意味合いのもので、実際に点数を競うようなものではない。

20191012_syagekikai.JPG
なので、基本、和気あいあいと撃ってるんだけど、あまりに当たらないのでイライラしてくる人も(笑)
ま、俺もその一人なんだけど(笑)

いやぁ、ほんま、全然当たらないので腹たってきますわ、自分に。
もちろん、そのイライラをちゃんとコントロールできる意思の強い人間しかこの日本では銃は持てないわけで(笑)、俺もその「強い精神力を持った神の子・銃猟師」の一人なので、それで「キーーー!!なんでーー!!」とかはならないんだけど、毎回それなりに落ち込むな(笑)

今回は、スキート、トラップ、スキート、トラップと 4ゲーム撃ったんだけど、それぞれ成績は、

スキート1回目 9/25命中
トラップ1回目 10/25命中
スキート2回目 10/25命中
トラップ2回目 10/25命中

10点の壁ぇ~(笑)

まあ、以前から射撃は下手っぴなんだけど、さすがに最近は 10点以下ってことはなかったんだけどなあ(^^;
去年一年、射撃会にも猟にもほとんど行けなかったので、腕も散弾銃を初めて持った頃に戻ってしまったようだ。

つーか、加齢のせい?
一緒に回った(俺のカモ猟師匠である)U氏と、競技中ずっと「目がしょぼしょぼして皿がよう見えん」「わしも、わしも」と言い合っていたわしらなのであった(^^;

20日も熊毛射撃場で射撃会があるので頑張ります(笑)
今行っているのがなかなか休みづらい職場なので、今年の狩猟登録申請で半日休みをもらうのも厳しいなぁと思っていたら、祝日の今日、玖西猟友会が取りまとめの受付をしてくれたので助かった。

20190916_ryou.JPG
10時すぎに周東総合支所にて受付。
狩猟税 12,300円と猟友会の会費など 13,500円とハンター保険 3,560円、それに名札を無くしたので 1枚 500円。計 29,860円を支払った。
無事申請終了。

ふう・・・毎年のことながら、懐が寒くなるのお。
今年は払った税金の分だけ獲物を手にしたいものだ。

それと、毎年申請時に足りないものがあるのお。
今年も、申請を行う部屋に入ったとたんに鳥獣捕獲等許可証のコピー 2部を取ってくるのを忘れたことに気づき、慌てて近くのコンビニに。で、2部コピーして戻ったら、第一種銃猟と罠猟のそれぞれの申請書に 2部ずつの計 4部必要だったことが判明(^^;
結局、猟友会でコピーしてもらえるとのことで、申し訳ない(^^;

来年こそは完璧な申請書を提出したい(笑)
昨日の午前は玖西猟友会主催の「町内カラス一斉駆除」があった。
俺も駆除隊の一人として参加。

20190512_karasu0.JPG
駆除隊に入って今年でもう 4年めだが、最初の 2年は上祖生地区を丹念に攻めていた。でも、撃つ前にそもそもカラスに近距離で遭遇したのが一回だけという寂しい結果(^^;。

昨年は初めて空気銃(エースハンター)で高森地区に参戦。カラスにはたくさん遭遇したが、やはり空気銃で撃てる距離までは近づけず(特に俺の銃は射程距離の短いエースハンターなので)、駆除数 0という寂しい結果であった。

今年も両U野師匠にくっついて、昨年に引き続き高森地区で駆除実施。銃は散弾銃(ブローニング FNC-3)で。実は左肩が最近また五十肩で(^^;;、エースハンターをポンピングするのが辛くて(^^;;

高森は牛肉の産地である。
牛の餌を狙ってくるカラスを撃ち落とすために牛舎のある山の上へ。
芳しい牛糞の香り漂う牛舎近くの空き地などから空を舞うカラスを撃つ。
牛舎のオーナーもカラス駆除大歓迎なので、一斉駆除の日以外にも駆除隊員がやってきて銃をぶっ放すことが多いらしく、近くで散弾銃の音がしても牛はまったく気にしない。

あっという間に、持っていった散弾10発を撃ち尽くすが一発も当たらなかった(^^;

20190512_karasu.JPG
俺が撃つのを近くで見ていた先輩方の話では、「頬付けが出来てない(ちゃんと銃が構えられていない)」という基本的な問題に加え(^^;、「近くを飛んでるときには躊躇して銃爪を引かず、カラスが射程外に出ていく頃にやっと慌てて撃ってる」というのが問題とのこと。とにかくカラスが遠くを飛んでるときに撃ってるということだった。「あんな遠くのカラスには絶対当たらん」と(^^;;;

いやあ、今まで空に向かって撃つことがあまりなかったもので(鴨は池に浮いているのを狙う)、色々考えちゃうのよね(^^;。で、撃つのが遅くなっちゃうんだけど、カラスって思っている以上に大きいから、すごく近くに見えて「まだまだ撃てる」と思っちゃうんよねえ(^^;;;

この日 2羽のカラスを撃ち落としたベテラン猟師のYトさんから、「カラスを見たらすぐに構えて撃つくらいでないと当たらんで」と教えてもらった。

一斉駆除の日以外にも撃ちに来て精進します(^^;;;

今年は色々忙しくて、何万円も狩猟税だけ払って全然猟に出れていない。
流石にそれは寂しいので、猟期が終わる2/15の寸前、2/11(日)に、銃猟の師匠U氏と今期初めてで同時に最後でもある鴨猟に出た。

そういえば毎年俺の技能向上のために(笑)鴨猟に誘ってくれるU氏だが、今年はお誘いがなかった。
どうも、(個人情報なので詳細は書かないが)八木美佐子(KRYアナウンサー)に絡んだ疾患で、猟に出てる場合ではなかったようだ。

八木ちゃん、1年半ほど前に初めて「さわやかモーニング」の司会に抜擢された時には垢抜けていない田舎娘って感じだったけど、最近化粧も上手くなって良い女になったよね。
猟から帰ってU氏の話を嫁さんにすると、「八木ちゃん、最近可愛くなったから、テレビに出た八木ちゃんを見ようと慌てて身体をひねったら腰がギックリしちゃったとか分かる気がする」って笑ってた。
そうだな。最近八木ちゃん可愛いからな。個人情報なので、八木ちゃんがどう疾患に絡んでいるかとか、そういう詳細は書けないけど。

20190211_kamoryo.JPG
というわけで、そのU氏とともに柳井、光などのポイントをまわったのだが、結果から言うとボウズだった。

そもそも、全然鴨に出会えない。
まあ、水量が減っちゃって鴨が降りなくなったポイントとかもあるんだけど、U氏がその後仕入れた情報によると、この日、俺らの前に大人数で鴨猟にまわっていた集団がいたらしい。
それで、主だった猟場からはすっかり鴨が逃げてしまったのかもしれない。鴨猟なんて、二、三人でやるもんでしょうが(^^; 大人数でって・・・

結局、山奥に入った堰でマガモのつがいに出会ったのが唯一の鴨との遭遇。
完全に射線上に鴨を捕らえ、二羽が飛んだ瞬間もちゃんと追えていたので、銃爪さえ引いていれば(あわよくば二羽まとめて)落とせたんだけど、ここ、下手なところに落とすと回収のために寒中水泳をすることになる。

そんなことが頭をよぎって躊躇しているうちに、鴨はその「そこで撃ったら寒中水泳」ポイントに(^^;;
しかし、そのまま逃がすわけにもいかんので撃っちゃおうと思った瞬間、U師匠から「待って。一旦逃げたあとにもう一回帰ってきて頭の上を回るから、そのときに撃てばいいよ」と声がかかったのでそのまま逃がす。なにせ、寒中水泳になったらU氏に泳いでもらわないといけないので、そこは従わねば(笑)

しかし、その後、結局鴨は戻ってこず(^^; 「やっぱ、撃てるときに撃たんといかんなあ」と二人で苦笑い(^^;

俺が午後から用事があったので、結局午前中に三、四時間まわったのが俺の今期の鴨猟の全て(^^; ま、でも、楽しかったのでそれでいいのだ。

昨日は朝9:00より、「鹿野クレー射撃場」で行われた山口県猟友会玖西支部の射撃会に参加。
猟期に入る前に、練習の意味で必ず実施することを警察?公安委員会?から指導されている射撃会なので、猟友会員はできるだけ参加しなくていけない。
また、この時にその年の狩猟者登録証も配布される。

20181020_syageki.JPG
射撃は1年半ぶりである。
昨年の猟期前に行われる射撃会には、ちょうど銃の故障が重なり参加できなかったのだ。
なので、その前の 4/23 に、狩猟者登録証を返却する(猟期が終わると登録証は返却する)タイミングで行われた射撃会に参加したのが最後である。

そういえば、今年は猟期終了後の射撃会ってなかった???

ま、それはそれとして、上記のように1年半ぶりの射撃だったので、すっかりルール等忘れてた(^^;;
が、その初心者ぶりがかえってよかったのか、「5m トラップシングル」で、最初の 12枚までは 3枚しか外さなかった。撃っても、撃っても当たる感じ。楽しい!
(ちなみに、鹿野射撃場のトラップは3番射台の下の投射機からのみクレーが射出されるアメリカントラップである。普通のトラップよりちょっと簡単)

しかーし、偽りのビギナーズラックもここまで(^^;
ここからまったく当たらなくなり、残りの 13枚で当たったのは 2発だけ(^^; 結局、11/25枚といういつもの俺の実力を取り戻したのであった(^^;;;

2回目も、後半 10枚で当たったのは 3枚だけという「後半失速型」の成績で 13/25枚。
やっぱ、集中力が保てんのやろうねえ。反省。

午後から職場の人たちとの釣行予定があったので、この日はスキートはやらずに途中で帰らせてもらった。
まあ、この調子ではスキートも当たらんかったやろうなあ(^^;

精進、精進。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち狩猟カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物欲係長です。

次のカテゴリは田舎生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら