先週金曜日、リビングで一人 TV を見ていると、長嶋一茂、高嶋ちさ子、石原良純などが好き放題にしゃべりまくるトーク番組「ザワつく!金曜日」に、いきなりあのチャーハンネタで「らあめん彩龍」が登場・・・

20200801_sairyu1.jpg
いつも「コンビ」(ラーメン&チャーハンセット)を注文する俺としては、「大将、ごめんなさい」と耳に痛い内容だったのだが(笑)、観てたら猛烈に彩龍のチャーハンが食べたくなった。

ええ、ええ。行きました、行きました。次の日(笑)
「この放送でまた客が殺到して『密』になっとるかも」とビビる娘をおいて、息子と二人で 11時30分頃、彩龍へ。チャーハンを使って間接的に大将の身体を壊しに(笑)

まあ、入り口に人が溢れているようなら帰ろうと思ってたんだけど(コロナに感染すると家族の生活や人生まで変わってしまうからね。やっぱり慎重に)、待ち状態なのは、俺ら二人と、その前にもう一人だけ。放送のあとというのに、やはりコロナがぶり返している影響か、驚くほど人は少ない。

俺らのあとに三組ほど来られたが、二組は車の中で待ち、表のベンチに座っているのは俺らと一組の家族だけだった。これなら十分ソーシャルディスタンスも確保できているだろう。

そして、ついに俺らが入店する番が。
いつもは「唐揚げ定食」を頼む息子も、この日は「コンビ」を頼むという。多分、放送のせいでいつも以上に「コンビ」の注文は多いはずだ。そこにまた「コンビふたつ」を注文する申し訳なさ・・・(^^;

まあ、でも、レジの人、知らない人だしいいか・・・と思ったら、レジ打ってるの、小学校で保護者仲間だったKちゃんやん!!バイトしてたんか!!これじゃ、俺が「コンビ」を頼むのがバレバレじゃん!!(ちなみに、ここは前金制)
パニクった俺は、なぜかKちゃんに「すみません、すみません」とペコペコ頭を下げつつ「コンビをふたつお願いします」と注文していたのであった。

20200801_sairyu2.jpg
なんでKちゃんに頭を下げんといかんかったのか!?

というわけで、「ラーメンとチャーハン欲しさにレジの人にペコペコ頭を下げる、ある意味漢(おとこ)らしい父親」の姿を息子の瞳に焼き付け、俺たちは無事、彩龍の久留米ラーメンとチャーハンにありつけたのであった。

やっぱチャーハン、美味いわ。(ラーメンもだけど)

ソーシャルディスタンスを考慮して入店者数を抑えた店内でゆっくりと「コンビ」を堪能した俺は、厨房の中の大将と目が合わないようにうつむきつつ、逃げるように店をあとにしたのであった。
もう、カブトムシの話ばかりだけど(笑)

いったん甲虫好きの子たちが全部取り尽くしてくれたのに、その日の夜にはもう一組の番(つがい)の姿が・・・。そして翌朝にはまたも木に鈴なりになるカブトムシたち・・・という話を書いたが、そのつづき。

金曜日の夜には某特撮系秘密結社の飲み仲間であるYリンが息子2人を連れて参戦してくれた。
カブトムシの繁殖をしている人からの依頼ということで、最初はオス1、メス2しかいらないということだったのだが、結局カブトムシ好きの息子たちの友達へのおみやげということで 10匹近くを採取してくれた。

ありがとう!!

しかし、このシマトネリコの木の風景は子供たちにもショッキングだったようで(^^;、カブトムシを取りながら「この家、気持ち悪い」とつぶやく少年の言葉を俺は聞き逃さないのであった(笑)。そうなんだよ。甲虫好きの男の子でさえ気持ち悪いと思う光景を、虫嫌いな俺は毎朝見せられているのだ(笑)。

20200803_kabuto1.jpg
次の日は、妹の知り合いで多くの孫をもつおばあちゃんが昼間に取りに来てくれたようだ。
「勝手に持って帰ってもらってええけえ」と妹には伝えていたので、いつの間にか採取は終了していた。「何匹持って帰ってくれちゃった?」と妹に確認すると、「8匹くらいみたいよ」との答え。そうか、もうちょっと取ってもらったら嬉しかったが(^^;

ただ、明らかに取ってもらった数よりも、木に残っているカブトムシの数が減っている。
娘がネット上で拾った情報によると、梅雨明けからどんどん数が減っていくそうなので、それが始まったということか。

今日か明日には、小学校の保護者仲間であったKちゃんが取りに来てくれると言っていたので、全然カブトムシがおらんなってたら申し訳ないなあと思ってさっき確認したら・・・

確かに数は減っているけど、まだまだそこら中に交尾を楽しむカブトムシの姿が・・・

メスに拒絶されているのに激しく言い寄って伴に木から落ちていくカブトムシの姿を見ながら、俺の顔には虚ろな笑みがうかぶのであった・・・(^^;
昨日は我が家のカブトムシ事情に大きな動きがあった。

前日夕方、保育士をしている妹が「子供たちが喜ぶけえ」とカブトムシを採取に来たのだが、シマトネリコの木に鈴なりになるカブトムシの姿に「ひぃ~、気持ち悪い!」と戦意を喪失し、結局持って帰ったカブトムシはオス 2匹だけ。俺を大いに失望させた。

しかし、その妹から保育士仲間に「兄ちゃんちの家の庭の木に大量のカブトムシが・・・ガクガクブルブル(>ω<)」と噂が流れ、午前中に俺も知っている地元のMさんがカゴいっぱいのカブトムシ(オス、メスそれぞれ10匹ずつくらい???)を持って帰ってくれた。

それから夕方には妹の知り合いの人が子供三人を連れて参戦。
甲虫好きの子供たちは嬌声を上げながら(窓から見ていた嫁さんによると、本当に嬉しそうに(笑))採取してくれたようだ。
木を追い出され壁や塀に取り付いていたカブトムシもいたが、それらまできっちり剥ぎ取ってくれたらしい。

20200731_kabuto1.jpg
夕方、嫁さんから「今見たら、木に一匹もカブトムシがおらんよ」とLINEが入る。
「おお!すげえ!!甲虫好き少年すげえ!!」と俺も嬉しかった。

・・・が、それから1時間後、俺が帰宅すると・・・

「オス、メス一匹ずつだけど、もうカブトムシが復活しとるやんけ」「え?うそ?ひぃぃぃぃぃ」

そしてさっき、リビングの窓から木を見てみると、そこには・・・ひぃぃぃぃぃ・・・(嫁さんが数えに行って「20引き以上おる・・・」と肩を落として帰ってきた)
7/21 の土用の丑の日は皆さん鰻を食べられましたか?

20200724_unagi.jpg
もちろん我が家は主に経済的な理由で食べませんでした。ニホンウナギが絶滅危惧種だからとか、そういう高尚な理由ではなく、ただただ金がなかったから。ええ、金がなかったから。

ところがこの四連休、天気は悪いし、全国的にコロナもぶり返してきているし、家で悶々と過ごしていたのですが、お袋が孫に寿司をおごってくれるというので、俺と嫁さんも保護者として(笑)付き添い、ご相伴にあずかったのであります。

出かけた先は「宇兵衛寿司 黒磯店」。コロナ禍の中、山手店には時々昼飯を食いによってましたが、黒磯店は久しぶり。つーか、なかなか188号線沿いに飯を食いに出ることもないので、去年の夏ぶりくらいじゃないかと・・・。

席についたら、さっそく「つぶ貝の串揚げ」と日本酒(賀茂泉)を冷やで一合。
まだ 12時になったばかりの真っ昼間から、日本酒をクイクイやる幸せ。ああ・・・

酒とつぶ貝で心を落ち着かせたら、まずは「うに」と「うなぎ」を。
土用の丑の日には食べられなかった鰻をここで食す!

20200724_anago.jpg
美味い。ふっくらと蒸された柔らかい身に塗られたタレが舌に染みるぅ。記憶に残る鰻の中で一番美味い。いや、まあ、記憶に残ってるの、この間フジで買ったおつとめ品、二切れで 300円の中国産鰻だけなんですけど(笑)

量的にはまだまだ食べたい、おかわりしたいところだが、うな丼食べているわけではないんで、一皿でやめておくのが粋というものだろう(笑)

ま、我慢できず、鰻ではないが穴子の握りを注文してしまったけど(笑)。ちなみに、鰻よりもお高い(笑)

宇兵衛寿司(黒磯、山手両店)のある岩国の市民は幸せだなぁ~
数日前に、家の前のシマトネリコの木にカブトムシが来ているという話を書いた。
一心不乱に樹液をすすっていると・・・

大間違いであった。
あいつら樹液をすすってるんじゃなく、なんか皮を食べてる?木の皮を剥ぎ取っていっているのである。
これ、シマトネリコ、大丈夫なの?

20200727_kabuto1.jpg

昨日、朝の出勤前にざっと見ただけで 10数匹のカブトムシが、たいして大きくもない木にわらわらと取り付いているのである。
嫁さんも、「木を植えてから14年。初めてカブトムシが来たのを見たのにこの数とは・・・」と驚いている。

20200727_kabuto2.jpg

交尾しているアベックカブトムシも 2組確認できた。探せばもっと性行為に没頭しているカブトムシはいそうである。
Twitter のフレンドが、俺のブログを読んで、「調べてみたら、シマトネリコの木はカブトムシを呼び寄せるみたいですよ」と教えてくれた。カブトムシが大好きな木のようである。

今までも、木の下に小さなカブトムシのオスが落ちているのを見たことが 14年間で一度だけある。迷いカブトムシだと思ってたんだが、あいつもシマトネリコの木の皮を剥ぎ取りに来ていた追い剥ぎ野郎だったんだな(^^;

20200727_kabuto3.jpg

目の前でオスがトトトトとメスに向かっていったので、「あ、交尾する気やな。このドスケベ野郎が!」と見ていると、頭の角でメスを何度も殴りつけ木から落とそうとしている(^^;

ひどい・・・

小さな木にわらわらと群れているので、良い場所は取り合いなの?
なんか、何もかも異常で怖い。娘が「そろそろ殺虫剤で一掃してや」と言い出している(笑)
以前からこのブログにもたまに書いていたが、LibreOffice Calc でサーバが吐き出したテキストファイルを読み込み集計、最後にその結果を元に印刷処理を行うマクロを Python で書いていたのだが、OpenOffice.org 系オフィススイーツの定番マクロ言語である Basic で書き直すことにした。

理由は色々あるので、別のエントリーにまとめようかな。

とりあえず、今日の日付をセルにセットするだけの簡単な処理を Python と Basic で書いてみたので貼っておく。どちらもまったく同じ動きをする。

def get_today(*args):

    doc = XSCRIPTCONTEXT.getDocument()

    # シートを選択
    sheet = doc.getSheets().getByName('Main')

    # 今日の日付の取得
    dt_now = (datetime.datetime.now()).strftime('%Y/%m/%d')

    # すでにセルに値が入っている時は更新するか確認する
    kaisai_nengetsu = sheet.getCellRangeByName('C3')

    if kaisai_nengetsu.String:
        msg_box = Bridge()
        res = msg_box.run_querydialog(title='開催年月日セット', message='すでに値がセットされています。\n上書きでセットしますか?')

        # res=2 はい res=3 いいえ
        if res != 2:    # 「はい」でなければ終了
            return

    kaisai_nengetsu.String = dt_now

次に Basic で書かれたマクロ。

Option Compatible

Sub get_now_date

Dim objDoc As Object
Dim objSheet As Object
Dim objCell As Object

objDoc = StarDesktop.CurrentComponent
objSheet = objDoc.Sheets.getByName("Main")

' 既にセルに値が入っていたら、上書きするかを聞く       
objCell = objSheet.getCellRangeByName("C3")

If objCell.String <> "" Then
If MsgBox ("すでに値がセットされています。" & vbCrLf & "上書きでセットしますか?", 292, "開催年月日セット") = 7 Then
        ' いいえのボタンが押された場合
return
End If
End If 

' 現在時刻の取得
objCell.String = Format(Now(), "yyyy/mm/dd")

End Sub

以上。まあ、これだけ簡単な処理では特にどっちの言語で書いてもなんの問題もない。
見比べてもあまりおもしろいもんじゃないな(笑)

<追記>
コメントで「文字列リテラル中の \n は効かない」ということを教えていただきましたので、Option Compatible を指定して VBA compatibility モードをオンにし、vbCrLf 定数を連結する形に修正しました。16進文字"\x0D\x0A"を直打ちでもよさげですが、ついでに VBA compatibility モードを試してみたかったので。
色々と笑えるところ満載のスーパーが玖珂町に在る。
安堂畜産がやっている「こーべや 玖珂店」である。

まあ、本当に色々笑えるところがあるスーパーなのだが(最近では、我々の間で「やる気のない店員のいる店大賞2020上半期」を受賞しました(笑))、他のスーパーよりも優れているところも当然あるわけで、そのために俺ら熱烈なファンがいるのである。

それは、肉(安堂畜産直送の皇牛。まあ、皇牛はそうそう買えんけど)、酒(全国の有名銘柄を揃えている。ただしプレミア価格(^^;)と、今どき珍しい本物の魚屋さんが入った鮮魚コーナー。

20200726_hamo1.jpg
その鮮魚コーナーに、ちゃんと骨切りまでしてある鱧が売っていた。260円くらいで安いんだけど、更に半額になってる(笑)

買いましたよ、買いました。

これで、温かいハモの湯引きが食える~。

俺、鱧好きなんだけど、湯がいた後、普通氷水で冷やすじゃん。あれがいやなんよね。邪道かもしれんけど、湯がいたままの温かいやつが好きなのよ。皮も柔らかいしさ。
昔、W■さんに連れていってもらった新天地の小料理屋の鱧美味かったなあ。あそこのは氷水で〆ないんで温かいままだったんよねえ。

というわけで、「こーべや」でハモの湯引きと一緒にやる日本酒「19 GOZUTENNOU 純米うすにごり火入れ原酒」(長野県)も購入。

さっとハモを湯がいて、でも熱々なのはちょっと違うので、そこそこ冷めるまでの間に梅肉ソースを作成。
梅干し二個の種を抜き、包丁で叩いて細かく刻みながら醤油と白だしを少しだけ混ぜ、オリジナル梅肉ソース完成。

いやあ、牛頭天王はちょっと辛口寄りなんだけど、うすにごりの酒らしいふんわりとした米の甘味も感じられ、梅肉ソースのハモの湯引きにむっちゃ合うわぁ~

というわけで、「こーべや」ありがとう(笑)
今朝、玄関ポーチに小さなオスのカブトムシが腹を見せ動かなくなっているのを発見。

20200724_kabuto1.jpg
俺はカブトムシすらあまり好きではない虫嫌いなので(少年時代、虫取りに誘われるのが嫌だったなあ(笑)。仲間はずれになっちゃいやなので、いかにも興味があるような顔で付き合ってたけど(笑))、庭の草の中にでも蹴っ飛ばしてやろうかと思ったのだが、指でつんつんすると脚がピクりと動いた。

「ちっ。生きてやがったか・・・」と拾い上げると、なぜか徐々に元気を取り戻し、俺の指から手首へとずんずんと歩き始めた(^^;

我が家にはカブトムシを喜ぶような小さな子供もいないので、我が家のシンボルツリーである庭先のシマトネリコの木に逃してやった。すると、すごい勢いで上の方に登っていったのである。なんやねん、もう完全に死ぬ寸前だったくせに(^^;

しかし、シマトネリコの木では甘い汁も吸えんから、元気になったらどっか飛んでいくんかな?と思いながら木を見ると・・・。えっ?

メスのカブトムシが樹液をすすってますけど?(^^;

驚きつつ他の枝を探すと、すぐ見つかっただけでも 3匹のメスカブトムシが樹液を一心不乱ですすっている。

20200724_kabuto2.jpg
いやあ、見た目でなんか「シマトネリコの樹液は苦くてまずそう。虫も寄らんやろな」とイメージしてたんだけど違うのね。

しかも、スズメバチまで発見してしまった・・・
まだ小さな子供のスズメバチで、だから最初は「えらく鮮やかな黄色と黒のハチやのう。アシナガか?」と思って近づいてみたら、仮面ライダースーパー1みたいな顔をしてはる。スズメバチや!!

どこかに巣があるんかいな?

死んでたかと思ってたカブトムシが生き返った!というほのぼのとした話だったはずなのに、どうやら今日から、また俺とハチの過酷な戦いが始まるようだ・・・
俺はモンベルクラブ会員である。そう、日本を代表するアウトドアメーカーである mont-bell が主宰する会員組織である。

年間 1,500円の会費を払っている。え?有料会員なの?と驚いた方もいるだろう。
こういうメーカーのクラブ会員って、ファンを囲い込むために無料でやってるところのほうが多いんじゃないだろうか?

俺の場合、1,500円払っても、年間にモンベルで買うアウトドア用品の会員値引きの方が大きいから会員になってるだけである。正直、会員限定の冊子とか、あまり俺の趣味と合わなくて面白くない。会員値引きのためだけの会員だ。

ま、それはそれとして、先日モンベルから「【アウトドア義援隊からご協力のお願い】九州豪雨災害に対する支援援助金の受付を開始」というメールが送られてきた。

モンベル南阿蘇店、熊本桜町店のスタッフがボランティアとして活動している様子などを伝えるページへのリンクの下に、「モンベルクラブ・メンバーズポイント」でも寄付を受け付けるとある。

そうなんか?俺、確か今年になって全然ポイント使ってないので貯まっているはず。
そうか、そうか。コロナ禍のせいで色々経済的に厳しいのだが、ポイントが寄付できるのならなんぼうでもするで。

俺はすぐに寄付をした。
寄付の方法は、モンベルのオンラインショップで「寄付を買う」ような形だ。

ええ、ええ、もちろん俺は目一杯寄付しましたよ!!総額数百円!!

ごめん。あんまりポイント貯まってなかったわ・・・(^^; でも、まあ、気持ちなので受け取って・・・(^^;
なんか、強い雨が降ってて、今日は外に出たくないですなあ。

というわけで、先週の土曜日(7/18)の話。

別のエントリーに書いたように、高森にあるお袋の畑に「スティッキオ」っていうイタリア産の野菜を改良したものを植えたんだけど、その時にお袋から「ナスとししとうが出来とるけえ、穫って帰りんさい」と言われてみてみると、たしかに実ができている。

といっても、ナス 3個。ししとうに至っては 1本だけだけど(笑)

 20200718_nasu1.jpg

6/27 に移植してから 3週間目の収穫。ただ、ナスはコメリで苗を買ったときから、もう小指くらいの実が出来ていたんだよね。それが育っただけのようなので、ちょっと嬉しさもそこそこという感じ。

それに、えらい虫に食われ、しかもずっと雨で日光もあまりあたってなかったせいか若干「ボケナス」状態だったしなあ(^^;

 20200718_nasu2.jpg

でも、家に帰って焼き茄子にして食ったら良い酒の肴になったよ。

で、あれからもずっと梅雨で、しっかり日光が当たったのって 1日だけ(?)って状況だから、まだまだ新しい実も育ってないだろうなあ。

ま、しかし、とりあえずあの畑での初収穫だったので、ブログに書いておくのだ。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら