南岩国のナフコでティアモスの 18L フリーザー(TIAMOS FREEZER-18L)を購入。

この夏、35千円ほどでずっとナフコの店頭に並んでて、その頃はちょうど糞暑い中、長時間に渡るトレイルランの計測をしていた頃で、「飲み物冷やしておくのに欲しいなあ。でも 35千円か。高いなあ。いや、でも、やっぱ飲み物冷やしておくのに欲しいよなあ。よし買おう。いやいや、でもでも、35千円か」と悩んでいたのである。

それが、この間ナフコに寄ると、夏のシーズンが過ぎたからか半額になっていたのだ。

ええ、ええ。買いましたとも、買いましたとも。

35千円のときにも「どうしようかなあ」と悩んでいたくらいなんで、17千円になったらそりゃ一発ですわ・・・(^^;;;

20221004_tiamos1.jpg
ただ、本当に冷えるのか???・・・が心配だったんだけど、ええ、ええ、ちゃんと冷えますね。ビール入れときました(笑)

よく、小型で数千円くらいの温冷器みたいの売ってるじゃん。ペットボトル何本か入れて、暖かくも冷たくもできるやつ。あれは(パソコンのCPUの冷却にも使われている)ペルチェ素子っていうのを使っている。電流流すと、片面がすごく熱くなり、そのかわり裏面が零下にまで冷やされるという板なんだけど、これ、よく壊れるし、そんなに冷えないのよね。

このティアモスフリーザーはちゃんと冷蔵庫。冷媒をコンプレッサーで圧縮するタイプのやつ。皆の家にある冷蔵庫を小型にしたものだね。ただ、消費電力は MAX 45Wなので、ポータブル電源なんかにつないで余裕で長時間使える。

さて、来週、久しぶりにキャンプに行くんだけど、こいつを持っていくべきか?
さすがにクーラーボックスよりは重い(本体11.2kg)ので、真夏の暑さではない今、それを持ち運ぶだけのモチベーションを持てるかどうか・・・(^^;
ファミリーキャンプなら絶対持っていくけど、ソロだからなあ(^^;

久しぶりに mt_session が壊れたな。

ブログを書こうと思うと、ワンアクション毎にログイン要求してくる。
まあ、mt_session が壊れちゃうのは MovableType あるあるだけど(--;

というわけで、MySQLに接続してテーブル修復。

mysql> SELECT * FROM mt_session;
ERROR 1194 (HY000): Table 'mt_session' is marked as crashed and should be repaired

やっぱり壊れている。

ということで修復(リペア)。

mysql> REPAIR TABLE mt_session;
+---------------+--------+----------+------------------------------------------------------+
| Table         | Op     | Msg_type | Msg_text                                             |
+---------------+--------+----------+------------------------------------------------------+
| mt.mt_session | repair | info     | Found block that points outside data file at 0000184 |
| mt.mt_session | repair | info     | Found block that points outside data file at 0000456 |
| mt.mt_session | repair | warning  | Number of rows changed from 493 to 488               |
| mt.mt_session | repair | status   | OK                                                   |
+---------------+--------+----------+------------------------------------------------------+
4 rows in set (0.98 sec)

これでOK。

ちなみに、修復したあとで SELECT * FROM mt_session; すると(大量のデータで)表示が大変なことになるのでやめておこう(笑)
今日は一人広島へ。

ひろしま美術館で開催されている「ヨシタケシンスケ展かもしれない」を観ようと思って。

すごく盛況で、整理券が出てた。13時前に行ったんだけど、13:30~13:40 の間にもう一度整理券持って来てくれと(^^;

20221002_yoshitake1.jpg
実は俺、ヨシタケシンスケ氏という絵本作家も、その絵本も、全然知らなかったんだけど、すごくメジャーな人なんかね?
俺は単に広島銀行岩国支店の駐車場に立っていた特別展の看板で観て、キャラが愛嬌があって良いなあと思って観に出かけただけなのよ(笑)

俺のようにおっさん一人という客はほとんどいなかった(^^;

殆どが小学生くらいの親子連れ。たしかに、展示内容も子供向けだったなあ・・・
ところどころに子供が喜びそうな、的あてゲームとか、顔出しパネルとかあるけど、おっさん一人じゃなあ(笑)。顔出しパネルの順番待ちの子供の列に、(家族連れではない)おっさんが混ざって立ってたら通報されるやろう~(^^;

原画や、企画時のメモなんかが壁一面に貼られてるんだけど、ヨシタケ氏は小さなメモ帳を使ってるんで、原寸大だと俺ら年寄りには拷問のようによく見えない(^^;

そういえば、日頃美術館に足を向けることがないんだろうなってお父さんも沢山いて、気持ちはわかるんだけどその所業に少し苛つかされた(^^;

こういう場所で、親として芸術作品を媒体に子供に情操教育の真似事をしたくなるのはわかる。でも、落ち着け(笑)。力みすぎて、子供と一緒に作品を観ながら「ほら、ここを見てごらん」と作品にがっつり指を這わせ学芸員から注意されたりして・・・。奥さんが恥ずかしそうに旦那と子供を残して去っていったのが痛々しかった(^^;;;

もともとこの父子、作品にすごく近づいて覆いかぶさるように観るので、他の人が作品を観ることができず周りからかなり冷たい視線を浴びていた。奥さんも我慢の限界だったんだろうなあ・・・(^^;

まあ、そんなこんなで 20分で一周してしまった(^^; 俺、普通なら 2時間くらいかけるんだけどね(^^;

その後、常設展示のロートレックやマティスを観て心を落ち着かせ、俺は帰路についたのであった(笑)

8月にひろしま美術館で「THE新版画」展を観たときに、たまたま Museum Concert(ミュージアム・コンサート)が開催されたので、ピアニスト・植田ゆう子さんの演奏を鑑賞することができた。

20220813_piano1.jpg
俺も、そんなに頻繁にひろしま美術館を訪ねているわけではないが、けっこうな確率でミュージアム・コンサートの場に出くわしているような気がする。俺の中に眠るミューズの力が俺の側に音楽を引き寄せるのか・・・(笑)
あ、また俺が実は「神」であることをバラしちゃった(笑)

植田さんは 15歳でオーストリア・ウィーン国立音楽演劇大学に入学された才女だ。
7年前にもひろしま美術館で演奏されたそうである。
今は、安田女子大学・短期大学で非常勤講師をされているようで、演奏家としても、研究者としても活躍されているそうだ。

俺は整理券を持っていなかったので、本館ホールに椅子を並べて作られた観客席には入れなかった。まあ、このコロナのご時世、あまり狭い観客席に入る気もなかったんだけど(笑)
そこで、通路のベンチに座り、ピアノのすぐ近くで拝聴した。

もともと演奏用に作られたホールではないし、ピアノに近すぎたせいかもしれないが、少し音が硬く感じた。
それでもやはり聴き応えのある演奏で、モーツァルトの「ピアノソナタ ニ長調 KV311」、シューベルトの「楽興の時」と楽しんだ。

しかし、この後用事のあった俺はここまでで退室。残念。

でも、やっぱり生演奏はいいね。次はちゃんとした音響設計のされたホールで演奏を聞いてみたいものよ。
連休前、お客さんのところの歓迎会に参加させていただいた帰り、久しぶりに岩国の店で日本酒飲んでいこうと思い立ち街を徘徊。

最初、「魚錦」(元ととや)に行ってみたら、暖簾は出てたんだけど、単に大将の仕舞い忘れで(^^;、「今日はごめーん。もう閉めた。」ってことだったので再度徘徊(笑)

結局、美味い酒を置いているのがわかっている「あじ処 栄作」の暖簾をくぐってみると、ちょうどカウンター席がひとつ空いたところだったので入店した。

20220922_eisaku1.jpg 20220922_eisaku2.jpg 20220922_eisaku3.jpg

酒は、なにか日本酒をと思っていたのだが、注文単位が一合だなあ・・・

一次会の終盤で甘いカクテルをがぶ飲みしたのが効いてきたのか、単一銘柄を一合飲むのも何かきついなあ・・・と思ってたら、「岩国5酒蔵銘柄冷酒飲み比べセット」1,300円なるものが。お猪口一杯ずつのセットのようだ。

いいじゃん。コスト的には割高かもしれないが、このくらいの量がちょうどいいわ。(昔から俺は飲酒量を自慢してるやつは本物の酒好きではないと思ってるしな(笑))

で、肴に「岩牡蠣」と「サザエのお造り」を注文。
いやあ、「岩牡蠣」美味かったわ~

タイトルには「巨大」って書いてるけど、まあ、岩牡蠣としては普通サイズかな。ぷりぷりの身に、金属臭のような牡蠣独特のいやな風味もまったくなく、ほんまに、凝縮した潮の幸やぁ~(笑)。ただただ酒が進む。いかん、お猪口 5杯しかないのに・・・(笑)

サザエも美味かったんだけど、この晩のヒットはこの岩牡蠣だったなあ。
この日のお勧め品が書かれた黒板にも記載がなく、値段がわからないまま店の女性に勧められるまま注文したので怖かったんだけど(笑)、この味ならボラれてもええわ~

いや、ボラれなかったけど(笑)
以前、大変なガセネタを流してしまって申し訳ない。

熊毛町の「ラーメンショップ」は店仕舞いしてません。やってます

夜、2号線を走ってたら電気が点いてたんで、あれ?っと思って木曜日の昼に行ってみたらやってましたわ(笑)

木曜日はリモートワークで自宅。朝から「今日の昼飯はラーメンにしよう。彩龍で久しぶりにチャーハン食べよう」って思ってたんだけど、スタッフが足りないってことで彩龍が臨時休業に。でも、もう「ラーメン口」になってたんで、「そういえば熊毛のラーショが・・・」って遠征をしたわけ。

ちゃんとやってました、「ラーメンショップ 熊毛店」。

でも、厨房の大将、変わってない?
給仕の女性陣も今までの人じゃないような・・・

20220929_rasyo1.jpg
もしかしたら、前の大将がやめちゃったんでしばらく店を閉めてたけど、新しく別の人がオーナーになって復活したとか、そういう感じ?
いや、しばらく閉めてたのは改装かなんかしてたんかな?とも思ったんだけど、店の中、全然変わってないし(笑)
そういえば、壁の大きなプラスチック製のメニューだけは真新しい感じだったんで、やっぱ大将が変わって出すメニューもちょっと変わったとか?

色々と謎なんだけど、ご存知のように極度の人見知りの俺が大将に「あれ?前の大将と変わった?」とか聞けるわけもなく・・・

で、この日俺が注文したのは「ネギ塩 博多」900円也。
以前からラーショには「博多ラーメン」という豚骨ラーメンはあったけど、「ネギ塩 博多」なんてあったっけ?
名前のとおり、ネギ塩ラーメンのスープが豚骨スープ。いやあ、美味い。たっぷり載ったネギのピリ辛した味と、甘みのある豚骨スープが大変相性が良い。

俺はラーショではだいたい「ネギミソ塩」か「ネギ塩」かなんだけど、ここに新たに「ネギ塩 博多」が加わったな。

ま、何はともあれ、自宅から昼飯食いに行ける距離のラーショが復活してよかったわ~

先日、計測事業を手伝ってくれているN◎君とカープの応援に行った帰り、岩徳線にうまくつながる電車まで1時間以上あったので、そのまま広島駅前のレンガ通りへ。

20220904_peace1.jpg最初は「広島県民酒場」で軽くやっていこうと思ってたんだけど、やっぱデーゲームがあったせいか席の半分ほどは埋まっている状態。
球場で熱射病になりかけて疲れてたんで、あまり狭いところで知らない人と密着するのもいやだなあってことで近くの店を探していると・・・

いい感じの店がありましたよ。
「竹原ゴリ押し居酒屋」を標榜する「たけはらの味 ぴいす」という店。
N◎と「竹原にゴリ押しするほどの名産物ってあったっけ?」と失礼なことを言いながら入店。
店は空いていて、客は俺たちだけだった。

結論から言っておくと、なんでこんなに空いていたのかわからん。全然食べ物も美味くて、別に高い店でもなくて、いい店だったよ。
大将は見た目はちょっと強面だったけど、給仕の金髪女子も可愛かったし。

「竹原ゴリ押し」なのが「面倒くさいこだわりのある店」とか思われちゃうのかね?

20220904_peace2.jpg実際に大将や店員が「竹原!竹原!」煩かったり、見たこともない竹原の地元料理ばかり出てきたりってわけではなく、「コウネ」を頼めば竹原の峠下牛だったり、酒は竹原の中尾醸造の「誠鏡」、藤井酒造の「龍勢」などだったり、竹原の食材を使えるところは使っただけの普通の居酒屋だ。怖がらずに皆ちょっと寄ってみてみ(笑)

そして、俺的に一番の評価ポインは、この店のビールが「キリン ハートランド」ってとこだ(笑)

竹原関係無ぇ~(^^;
20220928_excel.jpg

世間が安倍元首相の国葬で揺れた中、Twitter に
「終わった国葬より Excel のセルを結合するのを反対しなさい!『選択範囲内で中央に揃える』でセルを結合しなくてもいけることがほとんどだからね!」
という投稿があった。

ほうほう。俺は「選択範囲内で中央に揃える」なんて機能を知らなかった。そうか、「セルの書式設定」→「配置」画面内の「文字の配置」の「横位置」プルダウンの中にある『選択範囲内で中央』というのを指定すれば、いわゆる「セルを結合して中央揃え」と同じ見た目になるのか?

さっそくやってみた。

「連結」の場合は、左・上方向のセルの値が優先されて表示されるが、「選択範囲内」の場合は選択した複数のセルそれぞれに値が入っていれば、そのそれぞれのセルの中で中央寄せされるだけである。つまり「連結して中央寄せ」と同じ表示にはならない。

ひとつのセルにだけ値が入っているケースであれば、複数のセルにまたがった「中央寄せ」となり、たしかに「連結して中央寄せ」となるので、「結合」を使う必要はない。

しかし、なんで「連結」は悪で、「選択範囲内」の方が正義なのだろう?
日頃から熱心に Excel を使っていない(Excel 素人の)俺には理由がわからない。CSVへの出力の結果も同じだし、マクロでセル指定をする場合も同じじゃないか?

不躾とは思いながら、元Tweet主に「なぜなんでしょう?」と返信してみたが、まだ答えはない・・・

知ってる人は教えてほしい。

先日、岩国駅前の森ビル 2階にある「Italian & Meat bar Le Coin(イタリアン&肉バル ルコワン)」で食事をした。
お客さんのところの新人歓迎会に同席させていただいたのだ。

20220922_lecoin1.jpg
最初は俺たち外注メンバーは会社からの補助がないので全額自腹という話だったのだが、結局あれこれ会社から出していただき「タダメシ」となった(笑)。ありがとうございます!

ルコワンに来るのは二度目である。
以前も同じお客さんの歓送迎会だった。開発チームだけの会で、結局大量の肉を食べきれず、メンバーのひとりが気を回して持ってきてくれていたプラ容器に入れて持ち帰ったんだよなあ。そのくらいボリュームのある料理の数々。

分厚く切られたステーキ肉や、ちょうどいい塩加減の生ハム、パスタやピッツァなどどれも美味い。

ここはテイクアウトのランチセットもボリュームがあって美味いらしい。確かに、ネットに出てる写真とか見ても美味そう。
ただ、テイクアウトの予約を電話でしないといけないのだが、応対する女性がかなりの「塩対応」らしい(笑)。
最初、その話を聞いたとき、面白おかしく脚色された話だと思ったが、その後別の(実際に注文をしたことのある)人からも同じように「むっちゃ不機嫌だった」と聞き、ただでさえ電話の苦手な俺はいまだテイクアウト注文出来ずにいる(^^;

この日もこっそり観察してみたが、そんな恐ろしそうな女性はいない。でも、スラッとスタイルの良いクールビューティーな感じの人はいるなぁ・・・。あの人かな?(笑)

今度、息子が帰ってきたときに勇気を出して注文してみようてえ・・・(笑)
先週末に、広島で開催された大きなトレイルランレースの計測の一部を手伝った。

いつもと違い、今回の我々は計測を行うボランティアさんへの指導が主な役割だったのだが、急遽「中倉峠」(車で行くような場所じゃない。道路がガメラの甲羅みたいな凸凹(^^;)へ機材を届けたり、結局帰る頃にはいつものようにヘロヘロになっていた(笑)

20220924_don1.jpgそれもあり、22時前に計測場所だった安佐北区の「柳瀬キャンプ場」を離れ帰路についた我々の腹は空腹に悲鳴を上げていたのだ。

22:30という「年寄りはガッツリしたものを食べてはいけない」時間帯なのに、俺が宮島SAのフードコートで注文したのは「イベリコ豚丼」1,000円也であった(笑)
今回の計測から新しく手伝ってくれるようになったF氏は、俺より若いのに「こんな時間からガッツリは・・・」とラーメン単体で済ませたというのに・・・

で、「イベリコ豚丼」だが、いまひとつ普通の豚丼との味の違いがわからないまま一気に食べてしまった。いや、まあ、普通に美味かった。そう考えると「普通のもの」に 1,000円ぽっきりという値段は少しお高いか・・・

昔、娘がまだ小さかった頃、いきなり「お父ちゃんは豚」と言われたことがある。「え?」俺は少しうろたえながら娘に確認した。「お父ちゃん、豚なの?」と・・・
すると娘は頷きつつ、「うん。でも、イベリコ豚よ」って言ったのだ。

高級豚じゃん!!ちゃんと娘は俺のことをリスペクトしている!!

・・・そんなことを思い出しながら、「イベリコ豚は豚の中でも特別な存在。地位も名誉も持つ豚。普通の豚と味の違いがわからなくても、1,000円でいいじゃないか」俺はそう納得したのであった。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら