金曜日の夜に釣りなんかいかなきゃよかった(^^;」というエントリーに書いたように、先週金曜日の夜の釣行は徒労に終わった・・・

20201129_mebaru1.jpg「ボウズの記憶はなるべく早く消すべし」。フィッシング紳士の会のモットーである。

さっそく翌々日の日曜日。早朝 5:30。俺は周防大島の「久賀漁港」の中に立っていたのであった。

この日の大島は、1:53干潮 8:29満潮の大潮。日の出が 6:55。そして時合が 3:51~6:30。つまり、朝マズメと釣れ釣れタイムがほぼ重なる最高のコンディションだったのである。
風もほぼ無い。

こうだよ!!こういう日に釣りしなきゃ!!なんだったんだ金曜日!

しかし、港の中にアジが回遊してきた気配はない。
前の週に外入港でアジを釣った実績のある「魚子バイブ キンアジゴ 2.5g」や、新たに購入した「月下美人 タングステンスプーン 豆タン ブルピン 1.5g」を投げ、巻いて、止めて、フォールして、巻いて、止めて、フォールしてとアジ向けのアクションで攻めるが何の反応もなし。

もしかして、この中にはアジは回遊してこんのかいな???(あとで釣り情報など見ると、最も外側の防波堤の突端あたりがアジの実績がよく出ている場所らしい・・・)

20201129_mebaru2.jpg30分ほどそうしてアジを狙ったが、まったく反応がないので諦めて、1gのジグヘッドに「三蔵工業(Mozu)ワーム セラビート 2.1インチ S-13 ピンクDG」を付けて足元の根魚を狙う。
久賀漁港は古い石垣が残っていて、いかにも根魚が付いてそう(笑)

ほどなくメバルゲット!!チビだけど。
数分後にはもう一尾メバルゲット!!チビだけど(笑)
ちなみに、メバルでも種類が違うんかな?ちょっと体色やヒレの形が違う。

ま、俺は学者じゃないんで、メバルっぽいものは全部「メバル」でええけどな(笑)

というわけで無事ボウズを回避!!一安心(笑)。金曜日の悪夢も忘れた!(笑)

これであとは色々なルアーを使ってみながら朝マズメを楽しめるわぁ(笑)
日曜日。久賀漁港の西側の砂地に岩が点在する海で釣ったタケノコメバル(色から、そうじゃないかと釣り部のキャプテンが判別してくださった)を煮付けにした。そう。スケーターの 1L(1000ml)メスティンで。

なんか、最近釣りのこととメスティンのことしかブログに書いてないのぉ・・・という感じだったが、今回はついに釣りとメスティンの融合エントリーとなった(笑)

その日の朝、釣ったばかりのナイスサイズのタケノコメバルをメスティンで煮付けに・・・大失敗だった(^^;

まず、1000mlメスティンは小さすぎた(^^; 全部が入らないので、お頭と尾びれを切った。なんか寂しい。あと、腹に卵をもっていたので一緒に煮たら爆発して大変なことになった(^^;
薄いアルミの鍋なんで、なんか急に温度があがりすぎたとか、問題あったのか???

2020112_mebaru.jpg見た目、むちゃくちゃ悪い・・・大失敗や・・・普通に鍋で作ればよかった(^^; 完全に残飯や(^^;;;

でも、まあ、味の方は普通においしい。やっぱメバルの煮つけは美味いね。

味付けは簡単だ。大匙で、醤油3、みりん3、調理酒6、水6という覚えやすい配分で煮汁はできあがりだぞ。これから料理を覚えようとおもっている人はぜひチャレンジしてみなはれ。

あと、ネギとか、薬味も一緒に煮るとさらに美味くなるぞ。今回はちょっと手抜きでそのあたりは省いたが。
まあ、本当に美味く仕上げるには火加減なんかも含めて色々あるが、自分で釣ってきた鮮度の良い魚を使えば、少々料理に失敗しても美味く仕上がるぞ。

ぜひ釣りを覚えよう(笑)
なんか世の中、秋篠宮殿下が眞子様と(今や朝敵とまで言われる(笑))小室君の結婚を認めたということで悲観したり、喜んだり、色々騒がしく発言している人が多いけど、まとめてアホかと思いますな。

俺は秋篠宮殿下とは同い年で(俺のことも殿下と呼んでほしい。いや、もう、自分で呼ぶ)、俺殿下は秋篠宮殿下と同じ時代を生きてきた。だからわかる。とってもよくわかる。俺殿下には、秋篠宮殿下の父親として苦渋の思いが。

秋篠宮殿下は、「国民の象徴」たる天皇の血族として「国民と同じ人間であろうとされてきた」人だ。

同じ状況下で俺たちがどうするかを考えれば秋篠宮殿下がどうされるかも予想できる。別に俺殿下が偉ぶって言ってるのではない。秋篠宮殿下は「俺たちが想像できる普通の人間の行動」を取ろうとされ続けてきた。だから俺たちにも想像ができるのだ。

俺たちだって、娘が変な男連れてきても、結局二人の結婚を認めるしかないだろ?娘の気持ちが変わらなきゃ。

相手の親が借金を平気で踏み倒したり、借りた金で(本人はもらったと主張)海外旅行に行ったり、息子のことで見栄を張ったり、身分不相応に金使いの粗いだらしない人間ってわかってて、しかもそれが息子の結婚に障害になっても「このお金はもらったものです。絶対に返しません!!返すもんか!!私の金だ!」という態度を変えない。もしかしたら母親本人の考えではなく、息子が「ママン、大丈夫だよ。返す必要ないよ。あの子は俺に惚れてるんだから、どうせ相手の親も認めざるを得ないよ」とか言った末の対応かもしれない。そんな悪いやつらであろうと。

それでも俺たちは娘の結婚を認めるしかない。そういう時代なんだ。

「なんであんな糞みたいなやつらが天皇家の親せきに」と嘆いだり、「やった!ほら、天皇家たって法律には逆らえないんだよ。ネトウヨ乙~」と喜んだり、どっちも馬鹿丸出しだ。

ただただ当たり前のこと。そういう時代なんだ。

そして、娘の結婚を認めても、相手の家族と関係を持つかどうかは、今度はこっちの勝手。娘が泣きついてきても、そんなん知らんがな。結婚できるんだからそれで満足せえよ。結婚は二人の問題。お前は「家」と結婚するんじゃない!・・・と言いたい(笑)。
お前は小室君個人と結婚するんだ。親どおしの交流なんか知ったことかよ!であり、実際に秋篠宮殿下も佳子さまもその態度を貫かれている。「あ、私たちは小室君のこと信用してないんで、会いに来たり、勝手に家に上げたりしないでね。あと、あなたたちの生活を支援してあげるつもりないから」と。それはお二人の勝手、自由だ。

そんなお二人を責める資格のある者もいない。それだけのことなのである。そういう時代なのだ。

それは、批判とか称賛の対象になるものではない。一人の日本人(の象徴)としてただただ当たり前の行動なのである。わかりきっていたことだ。
金曜日のボウズ記録。

金曜日は欽明路トンネル内の故障車のせいで、玖珂から川西を越えて、要はほぼ欽明路バイパスの全てが渋滞という大変なことになって、疲れ果てて家に帰ったんだけど、先週新たに仕入れたルアーが試したくて周防大島に出動してしまった。

ええ、強風のためまともにルアーも投げられずボウズでしたけど・・・

でも、そんな悲しい思い出も、次につなげるために記録しとかないと・・・

ちなみに、金曜夜の潮と風。
潮は 18:55満潮 1:17干潮。多分、21:00~23:30くらいが潮が流れている釣れ釣れタイム。こりゃあ、仕事の後でも行くしか無いでしょう!!と思うよね(^^;
風は、強風(^^; 向きは、北西、西、西北西とコロコロ変わりながら吹きまくってましたね・・・
どっちにしても、冬風だよね?(かめや情報によると(笑)。北東方面は秋の風。北西方面は冬の風だと)

20201127_mikaba1.jpg

三蒲漁港 20:50~21:50

強い風で水面は高く波打っている。
釣り人の姿無し。なので、常夜灯の点いた防波堤の突端という最高の場所を独り占めできたが、常に細かい潮のミストを浴びているほど波高し(^^; 強風でバケツも飛んでいく始末。結局、唯一の釣果は、ルアーで引っ掛けてこのバケツを回収したことだけ(笑)。

月下美人メバリングロッドで「ミジンコ」他ハードルアーを色々投げてみるがアタリすらなし。港の中央部でライズがあったので、そこに 5gジグを投げてみたけど根がかり。それはなんとか外したけど、二度目の根がかりでリーダーの接続部でラインが切れてジグをロスト。
電車結びは駄目やなぁ~(^^;
港の奥の船が係留されているところの常夜灯の下でワームを落としてみたけど反応無し。納竿。

20201127_kuka1.jpg

久賀港 22:00~22:20

あいかわらずの強風。PEラインが風にあおられ竿先から水面まで大きく弧を描く。思ったところに投げれないし、風でラインが大きくたわむのでロッドの動きはまったくルアーに伝わらない。こっちにまっすぐ引いてるのに、ルアーは横に動いてたりして(^^; つまりルアーゲームなんかできない。

ついつい紳士の会の「夜はルアーに魚は来ない」という真理をないがしろにした罰なのだろう。夜にルアー投げたら蛇がくる!!
そして、風にあおられたラインが細い金属の糸が編み込まれた係留ロープ(金属糸がけば立ってる)に貼り付き、リーダーのほとんどとジグヘッド+ワームの仕掛けをロストしたのであった。

20201127_oobatake1.jpg

大畠漁港 22:40~23:20

大畠漁港はほとんど風はなかったね。そして、魚の気配もなかった。小さな仕掛けを投げるためのロッド 2本のリーダーが切れてしまったため、もう一本積んでいた 6フィートのバスロッドにアジング用ルアーをつけて振ってみたけど、ラインが太くてあんまり飛ばない。
それと、俺、ルアーが底につくのが怖くなってる(^^; 三蒲漁港で千円以上した新品ジグをロストしたせいや。根がかりイップスや(^^; フォールさせるのが怖い。アジはフォールしているルアーに来るのに。俺はルアーマンとしてもう駄目かもしれない(^^;

ところで、常夜灯の下のいい場所にはクーラーボックが置かれ、あれ、場所取りなんじゃろうね。
2つあったけど、うち一つは持ち主が近くに停めた車の人だった。もしかして、車内泊して朝マズメに釣るつもりなんかいね?

やっぱ釣りは、朝マズメと夕マズメじゃね(笑)
ホンビノス貝の酒蒸し美味かったなあ・・・なんて思いつつアルクで買い物していると、アサリのパックが 2割り引き。
脊髄反射のように買ったんだけど、うーん、160g なのでスケーターの1000mlメスティンで調理するには量が少なすぎるなあ・・・

・・・と言うことで、いつも弁当箱代わりに使っているダイソーのメスティン登場(笑)

なにせ、一合炊いたらパンパンになるくらいの小ささだ。容量は 500ml である。俺のスケーターのちょうど半分。

久しぶりに「調理器」という本来の役目に戻ってメスティンも嬉しかろう。しかし、なかなか調理に入れない。

いつも弁当箱として使っているのでハンドルを外しているのだが、そのハンドルが見つからない(^^; けっこう探し回ったのだが、結局以前使っていた弁当箱の中に入っていた・・・嫁さんの仕業だな。でも、文句言ったら反対に、ダイニングテーブル周りに散乱した俺の私物を片付けろと怒られるので何も言わないけど(^^;

20201128_asari1.jpg 20201128_asari2.jpg 20201128_asari3.jpg

調理と言っても、メスティンによく洗ったアサリとバターをひとかけら入れてガスコンロを点火するだけである。
メスティンのサイズが小さすぎてガスコンロのゴトクの上で安定しないので網を敷く。メスティンがゴトゴトと震えだしたらしばらくして火を止める。パラパラとネギを振って完成。
いやあ、簡単で、キャンプ酒の肴にええねえ。キャンプ行ってないけど。

ほんま、バターしか入れてないのに、この良い塩加減のお汁の美味いこと。よくアサリを浸しては食べるが、結局けっこうな量がメスティンの中に残る。
もったいない。さてどうしたものか?ご飯とたまごをぶちこんでリゾットにする。いや、炊いて作ったわけじゃないからリゾット風か。

新たにみじん切りにしたネギを投入。合う!!バター風味とネギの親和性の高さよ!!しかし、食べすすめるとなにか物足りなくなってくる。黒胡椒や!!正解は黒胡椒でしょ!!先生!!?(誰?)
ミルでガリガリと挽いたばかり黒胡椒をパラパラと。ああ・・・輪は閉じた。完成した世界がそこにある。

これ、キャンプの朝ごはんにしたら最高やん!!キャンプ行ってないけど(^^;
なんか、メスティンでインスタントラーメンを作りました・・・だけでは寂しいので、「千葉県産ホンビノス貝」の酒蒸しを作ってみた。

しかし、ホンビノス貝って何?(^^; 初めて聞いたわ。見た感じ、ハマグリっぽい。味もそうなんかな?
「ホンビノス」って、完全に毒持ってる生き物の名前の響きだけどね(笑)。見た目は本当にいいお汁の出そうな貝だなあ・・・
まあ、そういう味を目当てで買ったのでは当然無く、単に半額 161円になってたのが購入理由なんだけど(笑)

以前もこのブログに書いたことがあるが、購入する肴の選択は「何が食べたいか」ではない。「何が見切り品になっているか」だ。

20201124_kai1.jpg 20201124_kai2.jpg 20201124_kai3.jpg

メスティンに酒を注ぎ(灘あたりのパック酒ではなく、地元・山口県の永山酒造製「山猿」をね)、そこに、貝同士ごりごりしてしっかり洗ったホンビノスを投入!!
実は、前日に「半額」になっているのを買ってきて、すっかり存在を忘れていて更に一日経ってしまった。貝の食中毒はきついからなあ。若干の恐れも感じつつ、メスティンの蓋をして弱火で放置。

グツグツ音がするので蓋を開けてみたが、全然貝の口が開いてない。やべえ、全部死んじゃってるのかな?と思いつつ更に 5分。
はい、はい。しっかり 8個のホンビノス、口を開けてますよ!!

パラパラっとネギをちらしてから食ってみる。美味い。ハマグリやん(笑)

身を食ったら、貝殻で酒をすくって飲む。美味っ。アルコールが飛んで、完全に濃厚なお出汁やぁ~。旨味の塊やぁ~
macOS Big Sur のインストールをしながら金冠黒松とともに。今度スーパーでまたホンビノス貝見つけたら買おう!半額なってたら(笑)

ところでこの「スケーター アルミメスティン MARVEL AFTM10 Lサイズ(1000ml)」はハンドルが取れんのやなあ。

1L容量でガタイがでかい分、ハンドルも長いので、器として使うとちょっとハンドルが邪魔やなぁ・・・。減点1。

この日曜日の朝の釣りの続き。

20201122_funakoshi1.jpg
「そうだ。3人のボウズを無かったことにするために 3尾釣れって言われてたんじゃった」ということは、外入漁港を出てから思い出した。
バイブレーションとシンキングペンシルで釣果があったので嬉しくて、すっかり忘れていた。

「一旦(島の)表に出て、三蒲漁港でカサゴでも狙ってみるか」などと考え車を走らせていると、外入漁港から 5分ほど走ったくらい、すぐ近くに漁港があるのを発見した。

船越漁港である。時間は 7:30ジャスト。

車を停めてみると、古い石積みの防波堤なんかも残っていて、なかなか味のある港だ。こういうところは堤防の下にも石や岩が敷き詰められていて、根魚ハンター(偉そうにすまん(笑))の俺としては大好きなポイントだ。しかし、一番釣果が期待できそうな港の入り口の防波堤はすでに白い上下のジャージを身に着けたヤンキー釣り師たちに占拠されていた。

というわけで、俺はひとつ内側に入った防波堤の上からワームを投げてみることにした。

足元を見ると、フグなのか別の小魚なのか、たくさんの小さな魚影が見える。ワームじゃ厳しそうやけど。

ええ、ええ。今回も、前回使用したワームがそのまま付いてますよ(笑)
TICT ULTRA SOFTMATERIAL BAIT の 1.5" ね(笑)

5.6 フィートのトラウトロッドで遠くから足元に向けて広範囲にキャストを繰り返す。そしたら、足元近くで強い引き。
合わせてみたがフッキングせず。見てみたら、ワームが真ん中あたりで真っ二つになっている。口の中に入れて噛んだけど鉤はかかんなかったのか。フグとは違うな?いや、やっぱフグかな???と思いつつ同じあたりにキャスト。

20201122_funakoshi2.jpg
ゆっくりと藻が生い茂っているあたりにワームを落としていくと、ひったくるような強いアタリ。おかげで向こう合わせでフッキングした。
大物感は全然ないが、元気なやつやねえ。けっこう暴れるのをそのままひょいっと抜き上げる。

あらら、これは・・・。イソベラだ。しっかりおちょぼ口の内側にフッキングしている。

なんとまあ、この日はアジ、サバ、イソベラと色々なものが釣れたなあ。こういうのがライトゲームの楽しさかも(笑)。いわゆる五目釣りだ。

これでしっかり 3尾ゲット。前日の三紳士のボウズは無かったことに(笑)。はぁ?っと思ったお前、お前。ほっとけ。これがフィッシング紳士の会のルールなのだ(笑)

イソベラはもちろん猫へのお土産にゲット。しかし、俺、ベラ好きなのよ。上品な白身じゃん。食べないやつが信じられない。結局、半身は猫に、残り半身は塩焼きにして俺の胃袋に収まりました(笑)

SNSフレンドがスケーターのメスティンの写真載せてて、なんかグレーな色合いが恰好よかったのと、トランギア(trangia)の ラージメスティン買おうと思ったら、このキャンプブームで1千円以上値上がりしてて、そういう悪どい商売には協力せんぞって思ったのもあり、「スケーター アルミメスティン MARVEL AFTM10 Lサイズ(1000ml)」というのを購入した。

グレーな本体の色と赤いハンドルで、ちょっとアイアンマンっぽくていいな(笑)

Amazon で 3千円ちょっとだったけど、なんか、店によっては 4千円以上で売ってるところもあるな。キャンプブームの弊害や。みんな、ちゃんと色々比較して、「ブーム料金」を上乗せしてるところからは絶対買わないようにしよな!(まあ、3千円の価格すら適正ではないかもしれんが(^^; あ、今 Amazon 見たら 3千円切ってる!!(^^;)

しかし、購入してはみたものの、しばらくキャンプに行く予定もない。
しょうがないので自宅でインスタントラーメンを作ってみた。

20201123_marvel1.jpg 20201123_marvel2.jpg 20201123_marvel3.jpg

500ccの水を入れ、沸騰したら麺と具、今回は卵とちくわ(貧乏くさいと笑うがいい。インスタントの醤油ラーメンにはよく合うのよ)を入れて再度沸騰させてみる。

なんと、吹きこぼれない!!
ギリギリのところで持ち堪えている。これ、いいやん。俺、いつも鍋を吹きこぼれさせて怒られていたのだが、こいつなら大丈夫じゃん!!
しかも、今回はきっちり 500cc 入れたけど、いつもはちょっと少な目の湯の量で作るから、絶対大丈夫やん!!

ということで、インスタントの袋麺を作るのに活躍しそうなメスティンなのでありました(笑)

ただ、器に移すのが(丸い鍋と比べて)難しそうなのでそのまま食べたのだが、器(メスティン)が熱くてスープがしばらく飲めねぇ・・・。ま、寒い外で食べればすぐに器の温度も下がるのかな?(^^;;;

自宅の MacBook(2018)を macOS 11.0.1 Big Sur(ビッグサー)にアップデートした。

俺の周りにでも Mac 使いはどんどん Big Sur にしていってたんだけど、俺はちょっと躊躇。

自宅で MacBook を使うときには外付けのキーボード、PFU の Happy Hacking Keyboard HHKB Lite2 の Mac 用キー配列のやつを接続してるんだけど、こいつがどうも Big Sur ではまともに動かないし、HHKB Lite2 自体が「在庫品の完売をもって販売を終了」という品なので、PFU もドライバのアップデートをする気がない・・・という噂を耳にしたのだ。

いや、単なる噂なので、「PFU は Big Sur 用のドライバを出しているよ」という情報があれば教えてほしい。

20201123_macOS1.jpg
まあ、それがあったので躊躇していたわけだ。自宅でノートの小さいキーボードをパチパチやるのも嫌だし。

しかーし、一昨日、嫁さんに命じられて和室の縁側に積み上げていたダンボール箱の中身を整理していて、以前 Mac mini に接続していた Apple 純正のキーボードを発見したのである。ラッキー。

ということで、もう、HHKB Lite2 にこだわる必要はない。家の PC は全部 HHKB Lite2 なので、このキー配列になれているんだけど、ま、しょうがない。Apple 純正のキーボードは見た目より打ちやすいしな(笑)

というわけで Big Sur にしたんだけど、macOS のアップデートって、アップデート中に何度も OS アップデートのボタンが押せるのよね。
しかもなぜかそのボタンがインストール中の画面の後ろ側に出てたんで、「?」と思いながら押したら、なんかインストーラが二重に走ったようで、そのせいか「インストールが終了したので、他のアプリを終了させた後に再起動するね」というメッセージのあとにうんともすんとも言わなくなってしまった。

俺は、酒を飲んでいるときはいつもにこにこしているから、そんな時の「にこにこ優しそうな、でも股間だけは暴れん坊」の俺しかしらない人妻は意外に思うかもしれないが、「鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス」派の人間である。
迷わず強制的に手動 OFF/ON(笑)

しっかり、インストールされていました(笑)

というわけで、無事俺の MacBook も Big Sur になったわけだが、何、このサイケなログイン画面(^^; ジョブズが生きてたら許してたの?こんなデザイン。
朝マズメの「外入港(とのにゅうこう)」。ハードルアーでのメバル狙い。

20201122_tononyu3.jpg
ルアーを変えて色々試すがアタリなし。2尾目が出ない。「3尾釣って、3人のボウズを帳消しにしてくれ!」という紳士たちの声が俺の中でぐるぐる回っている。

6:30ちょうどにアジを釣り、それからすでに 40分。時計の針は 7:10を指していた。もうそんなに経っていたのか。既に空は白々と明るくなっている。

ルアーを色々変えつつ、魚が移動する、あるいは留まっている場所を想像し攻める。それは時間を忘れるほど楽しい。新しく買った月下美人のメバルロッドは、ルアーが泳ぐ際の小刻みな振動などを正確に手に伝えてくれ、これまた楽しい。

とは言っても、そろそろ何か釣れてくれないと・・・

湾の入り口から湾内に向けて丹念に攻めていたのだが、少し湾の外に向けて投げてみる。突然、バシャバシャとナブラが湧く。フィッシュイーターに追いかけられた小魚が水面を逃げまどっているのだ。
そのナブラが俺の投げたジョイントシンキングペンシルを飲み込む。その瞬間、グンっと大きく穂先が曲がった。

偶然のラッキー!という感じだが、小魚を追っていたフィッシュイーターが、小魚の群れに取り込まれた俺のルアーに食いついたらしい。
そんな大物感はないが、激しく左右に走り回る・・・と思ったら、急にロッドのテンションが抜けた。ピンっと宙に向け立ち上がる穂先。

あー!!はずれたかあぁぁ!!と思わず無念の声が漏れてしまう。
しかし、諦め気分でラインを巻き取っていると、再びテンションが!!
まだかかっていた。どうも、こっちに向かって走ってきたので糸がふけただけだったようだ。岸際に姿を確認。ひっぱりあげる。

小っさ。20cmほどのサバである(笑)
でも、チビサバだって「青物」だ。がっつりフックは口の中にかかっている。ルアーを本物の小魚だと思ってしっかり食いついたようだ。

ルアーは「月下美人 しらすJ 55S グローピンク 3.0g」。購入後、初めての実戦投入だった。しらすJ の 'J' は 'ジョイント' の 'J' だ。3分割されたボディが魚を誘う動きを見せる。
ハンドルを 1秒に 1回転くらいのスローリトリーブで、50cm~1.5mのレンジをうねうねと泳ぐ。まあ、今回はその魅惑の動きを見せる前に食われてしまったようだが(笑)

20201122_tononyu4.jpg
残念なことに、釣り上げたサバがむちゃくちゃ暴れたおかげで、PE ラインがリールに絡み、次の一投まで時間を開けてしまった。その間にすっかりナブラは消えてしまった。
何回か「ここだ!」と思うところに投げてはみたが反応無し。すっかり明るくなったので納竿した。

いやぁ~、大満足である。

初めて、月下美人のリール&ロッドやハードルアー(バイブレーション、シンキングペンシル)に実績ができた。
やっぱ朝マズメはいい!小潮で潮止まりの朝マズメだったけど、ちゃんと結果は出たじゃないか!

俺は、3尾目のことなどすっかり忘れて、満足して外入港を後にしたのであった(笑)

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら