先日、「焚火周りの新ギア投入」というエントリーで「購入したもの一覧」に名前を上げていた陣幕。韓国メーカー品みたいなんだけど「Luett Biden 焚火陣幕 Fire Reflector 2.0」ってやつ。

Amazon では「ソロー焚火陣幕」って商品名で出てるんだけど、「ソロー」って何?「Luett Biden」はソローとは読まんよな???
あ、もしかして、ソロキャンプの「ソロ」???

まあ、よくわからないんだけど、この陣幕、なかなかよかったわ。

そもそも陣幕というのは、合戦のときの陣地を囲っている布のこと(時代劇とかで見たことあるでしょ?)

キャンプ用品としては、焚き火台の周りに立てて「風の強い日に焚き火を強風から守る」ための布製の衝立のこと。自分のサイトを隠せるので「プライベート空間の確保」にもなるね。テンマクデザインというメーカーがこの手の商品に最初に「陣幕」って名付けたみたいなんだが、まるでジープのように今では一般名詞化してる。

20210721_takibi2.jpg
で、だいたい普通の陣幕は四角いものが多いんだけど、俺のは三角ね。で、三角の何が良いって、高さがあるってこと。

ソロキャン用のコンパクトな陣幕は高さがそんなになくて、例えば焚き火台の前に座った人の肩から上は丸見えだったりするんだけど、俺のは三角形なんで高さがあり全身を隠すことができる。俺のテント「ソロティピー」と同じくらいの高さがある(笑)。畳むとちゃんとコンパクトになるが。

寂地峡オートキャンプ場でも、道を挟んでファミリーキャンパーともろに顔を合わせる位置関係になったんだが、この陣幕のおかげですっぽり隠れることができた(笑)

何より他の人とまったく違う形してるんで、自己顕示欲が満たされるわあ~(笑)

寂地峡オートキャンプ場でデビューして、先週の日積キャンプ場でも使ってみた。今のところ特に悪いところは見当たらない。
気になる人はこまめに俺のブログをチェックしてて(笑)。そのうち「〇〇な場面では全然△△できず、使い物にならないことが発見された」的エントリーが発信されるかもよ・・・(笑)

ちなみに価格は 1万円をちょっと切るくらい。決して安くはない(^^;

雑誌の付録に心惹かれて無駄な買い物を繰り返してしまうという話は「Coleman のタンブラーを全色揃えた」というエントリーの中でしたよね。

ええ、ええ。ほんと、店頭に並んでいても大して魅力を感じないものが、雑誌の付録になっているだけでどうしてあんなに心惹かれてしまうのでしょう?
実際は、その付録を手に入れるために購入する雑誌より、もっと安く同じようなものが手に入ったりするのにね・・・(^^;

ええ、ええ、ええ。買いましたとも。山登りもしないくせに「Mountain Trip Magazine」と銘打った雑誌「PEAKS」の 2021/8号を。

20220722_jyakuchi0.jpg
付録は「オリジナルロングスキットル」(笑)

ウィスキーなどを入れて携帯する「金属製の洒落た水筒」みたいなやつね。ま、こんな説明では、ほんと酒を飲まない人とかにはピンとこないでしょうなあ(^^;

ちなみに俺は以前からスキットルはアウトドアショップに行った時など必ずチェックする「欲しい物」だったのよ。決して、「付録についていたから」欲しくなったわけではないのよ。「欲しかったものがたまたま雑誌の付録についてきた」わけよ。そこははっきりしときたい(笑)

早速、寂地峡にキャンプに行った時、キャンプ場の横を流れる冷たい清流の水を「Coleman のタンブラー」で掬い、そこにこのスキットルからウィスキーを注いで水割りにして飲みましたわ。買ってよかった。そりゃ紙コップにプラスチック容器でも同じことはできるけど、気持ちの盛り上がりが違うわっ!!

キャンパー仲間から「1,320円も出して雑誌買わんでも、同じような中華製スキットルを Amazon で千円以下で売りよるよ」と教えてもらったけど、いや、そういうことじゃないんよね。
雑誌の付録だから安っぽい作りも許せるわけで、千円出して安い中華製スキットルを買うというのは全然違うんよね。

最近、すっかり欽明路自販機コーナーの自販機麺類にはまっている。
ただ、俺が好んで食べるのは基本的に「うどん」だけである。

20210729_kinmeiji1.jpg「天ぷらそば」は何年か前に食べてみたが、麺がくっついていて全然ほぐれなくて苦労した記憶しかない。麺が細いので塊になりやすいのだろう。
「ラーメン」も食べてみたことがある。麺がフカフカで、茹ですぎか、のびた麺のような食感で美味しくなかった。というかはっきり言えば不味かった。麺の食感は味の重要なファクターだからな。

というわけで、自販機麺というのは「うどん」一択とずっと思っていたのだが、新しく欽明路自販機コーナーに追加された「チャーシュー麺(たまご入り)」400円という自販機麺が気になって仕方ない。
「絶対ラーメンと同じでふにゃふにゃ麺で不味いはず」と思うものの、「最近のここの自販機麺への力の入れようからすると、良い方向に化けているかもしれん・・・」と思わないでもない。

ええ。好奇心に負けて買ってみました。
で、結果は・・・当たりだったかな(笑)
もちろん、(ちょこざいな)世のラーメン通からすると「なんじゃ、こりゃ」な品かもしれないが、ただの「ラーメン好き」の俺からすれば「十分いける」一品であった。

20210729_kinmeiji2.jpg
まず、麺がふかふかやわやわではない。もちろんメンカタではないが許せる固さ。
それに、なんか懐かしい味のする醤油スープともやしのマリアージュ(笑)が最高。俺、醤油ラーメンのもやし大好き。それも太くてシャキシャキのやつではなく、普通の細くでジャキジャキのヤツね。ああ、美味い・・・とマジで思った(笑)

具は「チャーシュー(3枚)、味玉(半玉)、ナルト、メンマ、もやし、ネギ」。いや、これ、もう普通のラーメンやん。味玉なんか別料金になっているところもあるのに、これで 400円なんだからお得だよな。

いやあ、ほんとに最近の欽明路自販機コーナーの自販機麺への力の入れようは「異常」で嬉しい(笑)
7/24(土)は19:15に鹿家港(ししのえこう)にイン。

20210724_shishinoya1.jpgこの日は大潮。21:43の満潮に向けて、16:52~19:38が時合。ただし、これは東安下庄の潮汐なので、鹿家港のあたりはこれより数分遅いと思われるのと、大潮なので 19:40すぎに時合が終わったあとも、1時間くらいは十分楽しめるだろうという目論見。

・・・が、この目論見はまったくの空振り三振に終わったのである。ソフトボールだって三振なんかくらったことはこの生涯で数えるほどしかないというのに。

1万人は下らないと言われる俺のブログの熱心な読者であれば「おや?」と思ったかもしれない。「7/24に鹿家港に行ったのは朝だったのでは?」と。

そう。この日は朝 5:50から20分ほどだが鹿家港でロッドを振った。しかし、釣果はイソベラとチビメバルが 1尾ずつ。あまりに情けない結果だったので、夜の常夜灯の下に集まったアジを釣りまくってやろうと、リベンジで再訪したのだ。

が、結局空振り三振に終わったというわけだ。あ、いや、まあ、ボウズではないので、内野ゴロばかりで外野に飛んだ球はひとつもない・・・くらいが適切か(笑)
俺の他にも二人ほどルアーを投げている人がいたが、まったく釣れていなかったようなので、「バットに当てただけでもマシ」だったのかもしれんが(^^;

最初の1尾目はロッドを振り始めて 25分後。けっこう引いたが、チビメバルだった。それでも「人が食べるのにはギリギリ小さいくらい」のサイズだったのでリリースせずに猫のお土産用にキープ。
その 1時間後に最初の 1尾よりやや小さいメバルゲット。これも猫のお土産用にキープ。
しかし、猫のお土産用にキープできるサイズはこの 2尾だけだった。

20210724_shishinoya2.jpg
20:51、21:02、21:23、21:32と「豆メバル」を上げた後、まったくアタリがなくなったので、結局 22:15に納竿。3時間も粘ってアジは来ず。メバル 6尾だけの釣果。

大潮なのにこの釣果か・・・とがっくり。しかし、既述のように俺以外のアングラーはもっと釣れてなかったので、俺の攻め方が悪かったわけでもないだろう。

そこで、山の上に出ている月を見て思い出した。
「満月か・・・」と。
そういえば、満月の日に常夜灯の下でアジを狙っても釣れんでえと聞いたことがあるような・・・
満月の日は月明かりで広範囲にプランクトンが湧くので常夜灯の下に魚が集まらんで・・・だっけ?そうなんかな?うーむ。日々勉強である(笑)
別のエントリーでちらっと触れているが、7/22(木)、7/23(金)のオリンピック特別連休に「寂地峡キャンプ場」にソロキャンプに行ってきた。

20210722_jyakuchi1.jpg
10日ほど前に電話してみると、連休は既に全サイトが埋まっているので予約は不可と言われたのだが、「ああ、そうですか」と電話を切ろうとすると、「ああ、ちょっとまってください。オートキャンプ場ならひとつ空きがあります」と訂正がはいった。
利用料を聞いてみると、フリーサイトと同じ 1,040円でいいという。しかも、オートキャンプ場なので当たり前だが、キャンプサイトまで車で行ける。

寂地峡キャンプ場は駐車場に車を停めてサイトまで荷物を運ばないといけないと噂で聞いていたので、そりゃ、オートキャンプ場が空いているのなら拒む理由もない。すぐに俺は予約をしたのであった。

で、その寂地峡のオートキャンプ場についてちょっと説明しておこう。

サイトは 8つほど。真ん中の通路を挟んで、第二駐車場側に 4つ、反対の山側に 4つある。俺は一番入り口に近い山側の 51番サイトだった。
きちんと区画分けはしてなくて、隣のサイトとの境は曖昧だが、51番と 52番サイトの間には大きな切り株があったのでその横に車を駐車。
サイト自体はテントとタープを張っても余裕の広さがある。

俺のサイトはトイレまで一番遠かった。しかも、最後は険しい階段を登らないといけない。夜中に何度も目を覚ましては放尿に行くという加齢なる生活習慣を持つ俺は若干の不安を覚えたが、結果から言えば何とかお漏らしでズボンを濡らすこともなく一泊二日のキャンプを乗り越える事ができた。

まあ、当然加齢により放尿後の尿の「キレ」も悪いので、ズボンに染みを作って周りのファミリーキャンパーたちに笑われないようにかなり気を使った。
ソロキャンなのは俺と、ちょうど俺と対角線上のサイトだけ。あとはすべてファミリーキャンパー。
最近のキャンプブームにのって始めたのか、皆さん装備が真新しい(笑)

まあ、俺もこの日、ソロキャン用に買った BUNDOK(バンドック)のテント「ソロティピー1TC サンドベージュ」や、「焚火周りの新ギア投入」というエントリーで書いた、陣幕や焚き火台など主だったギアがすべて新品できれいだったので、傍から見たらブームに乗ってソロキャンを始めた素人みたいだったんだろうなあ(笑)

で、キャンプ場としての評価だが・・・。うーん、まあ、「中の下」くらいかな?

どうも、運営している人たちの中にキャンプ好きな人はいないんじゃないかな?と感じられた。

オートキャンプ場はあとで追加されたんじゃないかと思うんだけど、浄化槽のマンホールが(においとかは漏れてなかったけど)オートキャンプ場の通路にあったり、直火の焚き火跡が放置されていたり(もしかしたら直火もOKなのかもしれないが、それでもサイト内に残った焚き火跡は撤去しておくべきだろう?焦げた石や燃え残った気が放置されていた。)

20210723_jyakuchi1.jpg
そして、一番笑えたのが・・・

炊事棟である。いや、「棟」ではない(^^;

オートキャンプ場の端に、シンクの 2つ付いた流し台がぽつんと置かれているだけである。屋根も何もない。夜は明かりもない。まあ、外灯は側に立ってるけど(笑)
しかも、片方のシンクは排水パイプに傷でもあるのか、けっこうな量の水がキャンプ場の地面に流れ出して来ていた。
最初は この広さとロケーションで 1,040円なら安いかなと思ったんだけど、さすがにこの流し台を見た時は、1,040円でこれはボッタクリやな・・・と思った(笑)

キャンプ好きな人が一人でも運営の中にいれば、こんな状態で放置したりしないと思うんだけどな・・・

子どもたちを連れて近くの川で遊ぼうって家族が「テントで寝るだけ」で利用するのなら良いのかもしれないが、ソロキャンのように「キャンプ場の雰囲気も楽しむ」キャンプには向いていないオートキャンプ場だった。
20210726_lee.jpg
5月にアルク玖珂店で購入してから、まったく姿を見ない「辛さ 30倍 LEE」(LEEx30)。
まあ、今年は忙しくて、毎年 LEEx30 を大量購入するビッグ周東店にも行けてなかったんだけど。

そんな感じなので、もう今年、LEEx30 を口にすることを半ば諦めていたのだが・・・

なんと、コンビニで出会うことができたのである!

7/26(月)。昼飯を買おうと寄った大竹市内の「ファミリーマート 南栄店」にて。
レトルトカレーの棚に、定番商品の LEEx20 に並んで LEEx30 の姿が!!
棚にあるのをごっそり買い占めるのもなんか憚られたので、とりあえず控えめに 2箱だけ購入(笑)

ああ、今年ももう一度 LEEx30 を口にすることができる!!

しかし、スーパーに置いてなくてコンビニにはあるのってどうなのよ?

玖珂町内のスーパーにも頑張ってもらいたいものである(笑)

ズムスタ(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)にカープの試合を見に行くと、ほぼ毎回食べるのが「カープうどん」である。
もうね、スーパーで売ってるうどんスープの素や材料で作れる典型的業者味なんですけど(笑)、カープの試合を見ながら食べるうどんはたまらなく美味いのよね。

20210720_udon1.jpg
で、俺が注文するのは毎回必ず「全部のせ」である。(ただ、早くに売り切れてしまうので、その時は天ぷらうどんを。それも売り切れてたらあきらめる(^^;)

まあ、その「全部のせ」というのは、「天ぷら」「油揚げ」「肉」の具(おまけで、ナルトやネギもね)が全部乗っているうどんということで、お値段も 700円するキング・オブ・キングスうどんなわけ。

なんと、欽明路自販機コーナーにもそんな「全部のせ」のうどん王が・・・

それが「肉うどん(きつね 卵入り)」である。350円也。

「全部のせ」ではなく「肉うどん」なんだけど、サービスで「きつね(油揚げ)」と「卵(煮卵半玉)」がついてくるので、ベースが肉うどんだったことも忘れてしまうほどの豪華絢爛さだ(笑)

具は、前述のように「肉」「油揚げ」「卵」に、ナルトとネギが乗っており、「カープうどん 全部のせ」の天ぷらが卵に変わっただけである。これで、欽明路自販機うどんもカープうどんと肩を並べたと言えるだろう。

もちろん美味い。そして、「カープうどん 全部のせ」のぴったり半額でこのボリューム。

もう、今年はコロナ禍の中、無理してズムスタに行く必要もないなあ(いや、それは違う(笑))


この4連休の頭の2日間。7/22(木)~7/23(金)に一泊二日で寂地峡キャンプ場にてソロキャンプをした。

キャンプの話は別途書くとして、とりあえず今回新規導入したキャンプギアについてメモっとくかな。

まず、焚き火周り。

今回新規購入し、キャンプに導入した焚火関係のギアは、

    • Coleman 焚き火台 ファイアディスク
    • Coleman ファイアディスク用ダッチオーブンスタンド
    • Luett Biden 焚火陣幕 Fire Reflector 2.0
    • コメリ 火消し壺
    • ナフコ ファイアシートL(130cm x 90cm)

こんなところか。

20210721_takibi1.jpg
俺、周りから「キャンプ用品持ち」だと思われてるんだけど、持ってるギアは「ファミリーキャンプ用」か「バイクツーリング用」か両極端に分かれていて、最近頻度の増えた「車で行くソロキャンプ」にマッチしたギアってほとんど持ってないのよね。使い勝手と携帯性がほどほどに融合したやつね。

で、焚き火台。まあ、車で行くんだから snow peak の重厚なやつでも良いんだけど、もうちょっとお手軽で、それでいて薪もどんどん投入できるようなサイズの焚き火台がほしいなあと。それでファイアディスク買ってみた。こういうの格好良いし。

女子受けもよくて、写真を見せると職場の同僚女子も「格好良い。おしゃれ」と言ってたけど、「でも、しのださんには似合いませんねえ。まさかおしゃれキャンパー目指してるんですか?(爆笑)」と散々であった。・・・俺は負けない(^^;

形状的に、これ、空気の流れとかは大丈夫なん?と心配だったけど、それは大丈夫だった。というか、snow peak の焚き火台や火床がメッシュの焚き火台なんかと比べると空気の流れはすぐ悪くなり、火吹き棒を吹く頻度は多かったし、常に空気の流れを意識して薪の置き方を考えないといけない。
でも、まあ、許容範囲。火吹き棒を吹くのも楽しいしね。

ただ、料理には使いづらかったなあ。一応、料理のときに鍋などを置けるように専用の金網をおけるんだけど、これは使わなかったな。
熾火になってから調理すればいいんだろうけど、俺は薪を投入しつつ、燃え上がる火の中で調理したい派だからな。網を乗せると薪が投入しづらいというか、細く短い薪以外はほぼ投入不可。

代わりに使ったのがダッチオーブンスタンド。組み立てると三角形のごっついゴトクになる。この上に鍋をおいて、周りに萌えている薪を置く。重い中華鍋を使って調理をするなら、これは必須やね。

ほんとにすみません。安下庄港の中の堤防の、常夜灯の電線にジグヘッドのリグを巻き付かせたのは俺です。今度ジグヘッドは取っておくのでお許しを。

20210724_agenosyou1.jpg
6:10で鹿家港を引き上げたんだけど、安下庄の時合は 6:40までだし、大潮なので(あまり潮差のない朝の上り潮だけど)7時すぎくらいまでは釣れ釣れタイムなんじゃないかと思い安下庄港に入釣したのであった。

港内に伸びる「くの字」の防波堤に入る。そして、「く」の字に曲がったところで竿を出す。6:25。いつもなら突端に行くのだが、なんとなくこの日はここの方が釣れるような気がして・・・。以前、ここでアジを釣ったこともあるし・・・

始めて数投目。足元までルアーを追いかけてくるチビメバルを視認。ルアーを飲み込むところも見えた。すぐに合わせてフッキング。しかし、ヒットした場所が足元すぎた。ヒットしてすぐに堤防の石垣のスキマに泳ぎこまれてしまった・・・。いわゆる「根に潜る」というやつか。

少し待って見たが出てこないので、無理やり引っ張ってみたがラインが切れてしまった。

それからしばらくアタリはあるけどなかなかヒットしない状態が続いたが(多分、ミニサイズのため(^^;)、6:45にやっと豆メバルをゲット(^^;;; まあ、日本には「タナゴ釣り」という小さな魚を釣る好事家好みの娯楽がある。豆メバル釣りも繊細な日本人だからこそ楽しめる趣きのある釣りである(笑)

20210724_agenosyou2.jpeg
しかし、またもこのあとなかなかフッキングできない状況が続く。
もうメバルの季節じゃないからなあ。まともなサイズのやつは来ないんだろうなあ。アジ、どっか深いところに隠れてないかなあ・・・

遠くを狙ってみるために、防波堤の壁に上ってロッドを思いっきり振った瞬間・・・
はい。電線にひっかけてしまいました。すみません。どうしようもありませんでした。今度、ジグヘッドだけでも回収します。それまで許して。

というわけで、7時ちょうどに撤退。ボウズではなかったので良しとしよう(笑)
木、金の祝日はキャンプしてて釣りに行ってないので(いや、通津川にチニングに行ったけど(^^;でも、俺のメインはアジ、メバル狙いのライトゲームなので:-))、土曜日は朝から周防大島へ。

20210724_shishinoe1.jpg
「朝マズメのアジを狙おう」と思って 4:30に起きたんだけど、「ま、そう焦ることもないだろう」とだらだらしてたら空が明るく・・・。慌てて家を出たのだが、鹿家港(ししのえこう)に着いたのは 5:50。

この日の日の出は 5:16。もう完全に陽は昇り釣り場は明るい。薄暗い朝マズメで行われたであろう魚たちの狂宴はすでに終わっていた(^^;

というわけで、凪の港内に0.6gのジグヘッドに 1.2インチのワーム(ブリリアント)を投げ込んでみる。

5分後、ろくなアタリもなくいきなり強い引き。これはアジともメバルとも違うね。あれですね・・・と思ってたら、やっぱりイソベラ(笑)

20210724_shishinoe2.jpg
最初にクイッ、クイッとアタリがあってからグイっと引くのがメバル。もう少し繊細なアタリがアジ。いきなりギュイーっと引くのがベラって感じ。
小さいベラだったがけっこう力強い引きで楽しませてくれた。

その 3分後にはちびメバルがヒット。しかし、その後は 10分間アタリすら無し。

なんか、魚影もほとんで見えなくて釣れる気がしないので 6:10になったところで移動。
今度は、ちゃんと夜明けの 1時間前には入釣して、朝マズメの狂宴に参加できるようにしよう(笑)

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら