今まで USB メディアに回復ドライブなんか作ったことがなかったんだけど、最近 PC 保守を引き継いだお客さんのところで、大型アップデートのあとは必ず最新の回復ドライブを作るということなので、俺の PC でも作ってみることにした。

スタートメニューの検索で「回復」と入力したら、「回復ドライブ」プログラムが出てくるので実行する。
「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックの入った画面が開くので、右下の「次へ」ボタンを押す。

すると、「この PC では回復ドライブを作成できません」とエラー画面が表示される。なんなの、これ?

20201029_win10_1.jpg

Dell のサイトを見ると、C:\Recovery\OEM ディレクトリの下の install*.* ファイルを削除しろとある。

そこで、

C:\Users\shino>cd C:\Recovery\OEM

C:\Recovery\OEM>dir install*.*
 ドライブ C のボリューム ラベルは OS です
 ボリューム シリアル番号は D439-7DDF です

 C:\Recovery\OEM のディレクトリ

2020/10/24  18:21    <SYMLINK>      install.swm [\\?\GLOBALROOT\Device\Harddisk0\partition5\Image\install.swm]
2020/10/24  18:21    <SYMLINK>      install2.swm [\\?\GLOBALROOT\Device\Harddisk0\partition5\Image\install2.swm]
               2 個のファイル                   0 バイト
               0 個のディレクトリ  829,255,151,616 バイトの空き領域

C:\Recovery\OEM>del install*.*

とかやってみたけど意味無し(^^; 状況変わらず。
Dell のサイトには、「それでだめなら、diskpartを使うやり方を調べてやってみろ」的な一文が(^^;;; なんやねん、冷たっ!!(^^;

というわけで、ここからは「WE FIGHT TOGETHER」というサイトの「Windows10の回復ドライブが「このPCでは回復ドライブは作成できません」と出てリカバリーに苦労した時のメモです」というページを参考に作業を行った。た~さんありがとう。

まず、Windows 回復環境 (Windows RE) の状態を調べる。

C:\Users\shino>reagentc /info
Windows 回復環境 (Windows RE) およびシステム リセット構成
情報:

    Windows RE の状態:         Disabled
    Windows RE の場所:
    ブート構成データ (BCD) ID: 434b37be-15ad-11eb-b5ee-f37a9dc3604d
    回復イメージの場所:
    回復イメージ インデックス: 0
    カスタム イメージの場所:
    カスタム イメージ インデックス: 0

REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。

Disabled になっている。これを Enabled にしないといけない。
Enabled にするには、/enabled オプションを付けて reagentc を実行するんだけど、Enabled にはできず・・・

C:\Users\shino>reagentc /enable
REAGENTC.EXE: ブート構成データを更新できません。

どうも原因は、Windows Update のあとで Disk 交換(まあ、厳密には追加だけど(OS ドライブを変更した))をしたせいなんかな・・・?
Windows RE なんて言葉自体初めて聞く俺にはよくわからないんだけど(^^;、あるはずの Windows REイメージの場所が未登録状態になっているのが Enabled にならない理由のようである。確かに、reagentc /info で見たとき、「Windows RE の場所」が空白になっている。

というわけで、ディスク上に「回復ディスク」のパーティションは存在しているので、このパーティションを「Windows REイメージの場所」として登録してやればいいみたいなんだけど、そのためにはまずこのパーティションにドライブ文字(ドライブレター)を付けてやらないといけない。

20201025_disk.jpg

この、GUI 画面ではこのパーティションにドライブ文字を付けることはできなかったので、diskpart コマンドを使って行う。

C:\Users\shino>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.19041.1

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: DESKTOP-5077EPO

DISKPART> select disk 0

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    回復                 990 MB  1024 KB
  Partition 2    システム               250 MB   991 MB
  Partition 3    予約                 128 MB  1241 MB
  Partition 4    プライマリ              930 GB  1369 MB

DISKPART> select partition 1

パーティション 1 が選択されました。

ドライブ文字の割当を行う。重複していなければ何でもいいが、今回は「WE FIGHT TOGETHER」の記事に従って O(オー)ドライブで。

DISKPART> assign letter=o
Windows 回復環境 (Windows RE) 
DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。

DISKPART> list volume

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0     D                       DVD-ROM         0 B  メディアなし
  Volume 1     O                NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 2     C   OS           NTFS   Partition    930 GB  正常         ブート
  Volume 3         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         システム
  Volume 4     F   DATA         NTFS   Partition    226 GB  正常
  Volume 5                      NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 6         Image        NTFS   Partition      9 GB  正常
  Volume 7         DELLSUPPORT  NTFS   Partition   1321 MB  正常
  Volume 8         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         非表示
  Volume 9     E                FAT32  リムーバブル        57 GB  正常
  Volume 10    G                FAT32  リムーバブル        28 GB  正常

DISKPART> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
* Partition 1    回復                 990 MB  1024 KB
  Partition 2    システム               250 MB   991 MB
  Partition 3    予約                 128 MB  1241 MB
  Partition 4    プライマリ              930 GB  1369 MB

DISKPART> exit

DiskPart を終了しています...

reagentc コマンドを使って O:ドライブの下の \recovery\WindowsRE ディレクトリを「Windows REイメージの場所」として登録する。

C:\Users\shino>reagentc /setreimage /path o:\recovery\WindowsRE
ディレクトリは次に設定されています: \\?\GLOBALROOT\device\harddisk0\partition1\recovery\WindowsRE

REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。

まだ、この時点では Disable のまま。

C:\Users\shino>reagentc /info
Windows 回復環境 (Windows RE) およびシステム リセット構成
情報:

    Windows RE の状態:         Disabled
    Windows RE の場所:
    ブート構成データ (BCD) ID: 434b37be-15ad-11eb-b5ee-f37a9dc3604d
    回復イメージの場所:
    回復イメージ インデックス: 0
    カスタム イメージの場所:
    カスタム イメージ インデックス: 0

REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。

reagentc コマンドで enable にする。これで、「Windows RE の場所」に「\\?\GLOBALROOT\device\harddisk0\partition1\Recovery\WindowsRE」というパスが設定される。

C:\Users\shino>reagentc /enable
REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。


C:\Users\shino>reagentc /info
Windows 回復環境 (Windows RE) およびシステム リセット構成
情報:

    Windows RE の状態:         Enabled
    Windows RE の場所:         \\?\GLOBALROOT\device\harddisk0\partition1\Recovery\WindowsRE
    ブート構成データ (BCD) ID: eb75ec5d-19df-11eb-b6a2-4cebbd6dd75a
    回復イメージの場所:
    回復イメージ インデックス: 0
    カスタム イメージの場所:
    カスタム イメージ インデックス: 0

REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。

「回復ディスク」のパーティションに O: ドライブを割り当てたのは、reagentc コマンドでパスを指定するときのためだけなので、割当を削除する。

C:\Users\shino>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.19041.1

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: DESKTOP-5077EPO

DISKPART> list volume

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0     D                       DVD-ROM         0 B  メディアなし
  Volume 1     O                NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 2     C   OS           NTFS   Partition    930 GB  正常         ブート
  Volume 3         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         システム
  Volume 4     F   DATA         NTFS   Partition    226 GB  正常
  Volume 5                      NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 6         Image        NTFS   Partition      9 GB  正常
  Volume 7         DELLSUPPORT  NTFS   Partition   1321 MB  正常
  Volume 8         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         非表示
  Volume 9     E                FAT32  リムーバブル        57 GB  正常
  Volume 10    G                FAT32  リムーバブル        28 GB  正常

DISKPART> select volume o

ボリューム 1 が選択されました。

DISKPART> remove

DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に削除しました。

DISKPART> list volume

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0     D                       DVD-ROM         0 B  メディアなし
* Volume 1                      NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 2     C   OS           NTFS   Partition    930 GB  正常         ブート
  Volume 3         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         システム
  Volume 4     F   DATA         NTFS   Partition    226 GB  正常
  Volume 5                      NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 6         Image        NTFS   Partition      9 GB  正常
  Volume 7         DELLSUPPORT  NTFS   Partition   1321 MB  正常
  Volume 8         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         非表示
  Volume 9     E                FAT32  リムーバブル        57 GB  正常
  Volume 10    G                FAT32  リムーバブル        28 GB  正常

DISKPART> exit

DiskPart を終了しています...

ここまで行って再び「回復ドライブ」プログラムを実行すると、今度はちゃんと先にすすめる。

20201029_win10_3.jpg

しばらく待つと、無事、USB メモリの選択画面も表示されたのであった。ふう。
多分、OS の入ったドライブのクローンをとってそのまま載せ替えではなく、今回の俺のように追加した場合などはこういうことが発生するかもしれない。

Dandy Fishermen's Club 第一回例会の話のつづき。

三人のダンディーが次に向かったのは、由宇町の「有家港」である。俺はなんて読むのかわからなかったが、Mイ紳士が教えてくれた。「あらけこう」である。

20201025_arake1.jpg「みなとオアシスゆう」の西側にある港だ。遊歩道を一本挟んで「みなとオアシス」と接している。
それだけに、親子連れも多い。おっさん三人では少々場違いな感じもあったが、まあ、大丈夫。三人でいれば、喜びは三倍に、場違い感は三分の一だ。

港の東側から続く防波堤はすでに釣り人でいっぱいだった。我々は西側の、おっさんが一人座ってチヌかなんかを釣っている防波堤の方へ回った。

俺とSボ紳士は海に向かって垂直に伸びる防波堤の中ほどでキャスト開始。波止の石がたくさん沈められており、いかにもロックフィッシュが潜んでいそうだったのだ。

Mイ紳士はひとりで突端部へ向かった・・・と思ったらすぐに帰ってきた。
なんと、一投目でハゼがヒットしたとのこと。大畠港で上げたものより一回り以上大きい。なかなかのグッドサイズである。

俺とSボ紳士はしばらく同じ場所で粘ったのだが当たりすら無し。
ちなみに俺はスプリットショットリグだったので、そもそも当たりは取りづらいんだが(^^;

Sボ紳士に「突端の方が釣れそうっすね」とアドバイスを送り、俺は港の外に並べられているテトラポット群の方へ。本当は海に向かって伸びるテトラ群の先まで行きたかったのだが、三分の一、いや、四分の一ほどのところで断念(^^;
いやあ、足を滑らせて落ちそうになり、慌てて隣のテトラで足を踏ん張ったのだが、その瞬間、高いところから飛び降りたときのように足のしびれと膝の痛みが・・・(^^;

これが体重 90kgオーバーの衝撃か!!俺は常に「身軽なデブ」を口にして、事実、釣り場でテトラの上をひょいひょいと歩いていたのだが、90kg を超えるとそれもままならない。体重が 100kgを超えると、JIS規格の椅子などが壊れ始めるそうだが(^^;、90kgを超えるとテトラの上の歩行が困難になるらしい・・・

痛みに顔をゆがめつつ、テトラ群と並行に沖に向けてキャスト。しばらくそのままほっておいて、巻き始めるとラインが走った。でも軽い。やはり、想像どおりのミニカサゴだ(^^;;;

ま、いっか。これで有家港でもボウズじゃないぞ(笑)

20201025_arake2.jpg
傷む膝をかばいながら防波堤に戻ると、大畠港ではボウズだったSボ紳士も良いサイズのハゼを上げられていた。ここでは紳士全員魚を釣ることができた。Sボ紳士も、海でのルアーゲームで初めての獲物に嬉しそうである。

少しだけだが、仕事、仕事で澱んだ気持ちが晴れた。やはり釣りは良い。

2ケ所回って三人でハゼ 4匹、カサゴ 1匹の釣果。本格的に釣りをしている人には「なんじゃそりゃ」と笑われるかもしれない。
しかし、これでいいのだ。
普段着で、まるで自販機にジュースを買いに出るかのような気軽さで、ほんの二、三時間ロッドを振って、一、二匹の釣果に喜ぶ。この力の抜けようがフィッシング紳士の会のダンディズムである(笑)

俺たちは移動も含めて三時間ほどの休憩を十分楽しみ、再び仕事をするため 188号線を帰路についたのであった。

俺たちは忙しい(笑)

8月から使っている Dell Vostro Notebook 3591 がいつの間にか自宅でのメインの開発マシンになってしまった(^^;

当初は、外部に持ち出して開発やデモに使うセカンドマシン的に考えていたので、10万円以内で収まるように SSD 256GB、メモリ 8GBのスペックを指定して購入した。税込みで 8万8千円ほどですんだ。

ところが、このノートが唯一の我が家の Windows10 マシンなのもあって、いつの間にかメインの開発マシンになってしまった。

そうなると、さすがにこのスペックでは厳しいので、

メモリ 8GB→32GB
SSD 256GB→1.0TB

に換装した。

具体的な話は別エントリで書こうと思うが、とりあえず交換用に準備したものを書いておく。

メモリは、元々 8GBのものが 1枚だけ刺さっていたのだが、スロットは 2つあるので、16GB x 16GB で 32GB とした。
ちなみに、Dell Vostro 3591 の最大メモリクロックは 2,666MHzなので、お高い DDR4-3200を買う必要はない。
今回選択したのは Crucial By Micron の W4N2666CM-16GB の 2枚セット。これで十分。

SSD はサムスンの MZ-76E1T0B/EC にした。1.0TB容量の SSD だ。
なんか俺を嫌韓な人だと誤解している人もいるが、それは反日教育で己の無能さを隠そうとする馬鹿韓国政府に対する蔑みだけで、俺は韓国の半導体技術なんか、すっかり日本の先を行ってると思っているし、リスペクトしているよ。

20201024_dell_up0.jpgサムスンの SSD は Return on investment の高い良い製品だね(英語で言ってみました)。
しかし、やっぱ安いだけに、寿命がどうなの?という心配がある(^^;

2018年時点の情報だが、サムスンのこの価格帯の SSD は TLC相当品(寿命 3~6年程度)である。さすがに OS をインストールしたドライブの寿命が 3年というのは厳しいが、サムスンの場合は V-NAND という独自テクノロジーで MLC 相当(寿命 5~10年程度)に性能を上げているということなので、とりあえずすぐに寿命のことを気にする必要はないようだ。

そして、FIDECO の「SATA/IDE 変換アダプタ オフラインクローン HDDコンバーター」を購入。

これは、今の 256GB SSD から、新しい 1.0TB SSD にクローンを作成するためのもの。ファイルをコピーしただけじゃ新しい SSD から起動しないからな。
もちろん、新しい SSD に交換したあとで、新規に OS インストールしてもいいけどな。

でも、上記のように MLC 相当の SSD でも寿命は 5~10年程度なので、定期的なバックアップは必要だ。そのためクローンの作れるコンバータは買っておいて損はないと思う。

というわけで、Dell Vostro 3591 の強化を考えている人は、これらのメモリや SSD であれば問題ないことを俺んちの Vostro で確認済なので、安心して購入してください。

Windows 10 Pro のバージョン 2004 から 20H2 へのアップデート(いわゆる秋の大型アップデート)を、先週末にお客さんの PC で実施した。

その時に発生したトラブルのメモ。(3点だけだが)

1. 20H2にアップデート後、共有設定が勝手にリセットされていた

お客さんで使われているシステムは、サーバ機(サーバOSではなく、普通の  Win10 Pro)とクライアント(こちらも Win10 Pro 機複数台)間で、お互いの共有フォルダを「パスワード無し」で読み書きできないといけない。
(このことに関して言いたいことがある人もいるだろうが、様々な物理的な要因で安全は確保されており、この共有による「安全上の問題」は存在しないことを書いておく)
しかし、20H2 へのアップデート後、全ての PC でこの設定がリセットされていたのだ。そのため、システムの一部機能が正常に動かなかった。
具体的には、「すべてのネットワーク」のパスワード保護共有の設定で「パスワード保護共有を無効にする」(匿名アクセス可能)にチェックを入れていたのだが、これが全て「パスワード保護共有を有効にする」に変わっていた(戻っていたというべきか)
そのためパスワード要求が発生し、サーバとクライアント双方でファイル共有が行えなかった。
もう一度、「無効」に設定し、問題は解消された。

2. 上記の設定が行えない端末が一台

上記のパスワード保護共有の問題で、「パスワード保護共有を無効にする」の設定に戻せない PC が一台あった。(チェックしても、勝手に外れちゃう)
これは唯一 32bit 版の Win10 Pro が動いている PC でだけ発生した。結局、「Guest ユーザのパスワードを空にする」必要があった。もともと匿名アクセスは可能にしていたので、Guest ユーザのパスワードは空だったはずだが・・・

3. なぜか管理者権限でプログラムが実行されない

管理者権限ユーザでログインし、プログラムを実行すると、管理者権限がないため一部の OCX ファイルの読込ができずエラーが発生する。
右ボタンメニューから「管理者で実行」を選べば、正常に実行される。

ログインユーザのユーザアカウントの種類を確認すると「アカウントの種類」は「管理者」になっている。「???」と思いながらそのまま「OK」ボタンを押し、再びプログラムを実行してみたらちゃんと実行された。
なんなの、もう!?(^^;;;
これも 32bit版 Win10 Pro 端末で発生した。しかし、このプログラム自体、この端末でしか実行しないので、64bit版でどうなのかは未確認。

ということで、匿名アクセスを利用していたり、管理者権限でプログラムを実行する必要ある人以外にはあまり関係ない話だけど、俺が遭遇した Windows10 Pro バージョン 20H2 へのアップデートで発生した問題でした。

我々は「フィッシング紳士の会」である。
英語で、Dandy Fishermen's Club と表記する。

実際のところ、紳士は Gentleman だし、釣り人は Angler だ。

しかし、我々は釣りに出ることを「出漁」と言い、釣り場であろうと若い人妻から好色な目で見られることを願う洒落者である。
あくまで我々はジェントルマンではなくダンディーであり、釣り人ではなく「心の漁師」なのである。

20201025_oobatake0.jpg
というわけで、最近バタバタと忙しく、ゆっくり釣りにも出られていなかった仕事仲間三人で急遽釣りクラブを結成し(笑)、早速この日曜日、我々は海に突撃したのである。手にはバスフィッシングのタックルを持ち(海なのに(笑))

最初の戦いの場は大畠港。

この日(10/25)の潮は、(岩国周辺だが)引潮 9:37、満潮17:14で、潮が流れているいわゆる「釣れ釣れタイム」は 12:00~15:00の間である・・・にもかかわらず、俺が12時から自宅のエアコンの取り付け工事の立ち会いをしなくてはならず、出漁が遅れてしまった。しかし、Mイ紳士、Sボ紳士ともに快くそれを了承してくれて、「らあめん彩龍」で「コンビ」のチャーハンの量に悪戦苦闘しながら俺を待っていてくれたのであった。

さすが、フィッシング紳士である。我々は 14:30頃「彩龍」の駐車場で合流し、とりあえず俺が実績のある「大畠港」に向かったというわけであった。

大畠港につくと、すぐに港の南側の奥の防波堤に三人で並んでキャスト開始。
海に向かって右の端にいたMイ紳士は一投目でヒット!13,4cmくらいの可愛いハゼであった。うちの猫のお土産用にキープしてもらう。
そして、左の端にいた俺、Sダ紳士にも二投目で当たりが。ちょっと待って軽くちょんちょんとロッドを振って合わせてみる。これでしっかりフッキング。Mイ紳士のハゼと同じくらいのサイズ。もちろん猫用にキープ。

リグは、1.8g の丸いジグヘッド(フックサイズは小さめの 6)& INX.label「稚魚シャッド Baity」 1.8"。「稚魚ブルー」カラーである。
俺のブログの熱烈な読者がいれば気づいたかもしれない。そう。先日「由宇港」でカサゴを釣った時のリグそのままである(^^;
外してなかったので、そのまま今回の釣りに使ったというわけだ(笑)

20201025_oobatake1.jpg
この「気軽な釣り」も「フィッシング紳士の会」のモットーである。
我々は「さっと釣り場に行って、ささっと釣って、さっさと帰ってまた仕事」という中年・熟年紳士の会である。

Sボ紳士は当たりはあったが残念ながらフッキングせず。

その後、当たりがなくなったので、粘ることはせず次の釣り場に移動することを決定。

駐車場で、「ワームの場合はすぐに合わせず、少し送り込んでルアーを飲み込むまで待ってからフッキングした方がいいですよ」などと、バスフィッシャーマンのSボ紳士に釈迦に説法なアドバイスを送り悦に入る俺なのであった。

釣果はハゼ一匹なのに(笑)

ええ、ええ。コロナで自粛期間中は、基本、家で大人しくしてましたよ。
4~6月の 3ヶ月間で、釣りに出かけたのは 3回ですよ(笑)。え?3回も出てたのかって?たった 3回だけですよ(笑)。

全て、知人の船で岩国や愛媛沖を攻めました。

まあ、俺も SNS とかでコロナに罹った軽薄そうな若者を「自粛期間中なのに遊びで街なかウロウロしてんじゃねえよ!」とか叩いてましたからね(笑)。釣りの話を SNS に載せるのは控えておりました(笑)

いや、まあ、でも、4~5人で海に出てるだけだからね。体調の悪いやつは無理だしね。コンビニに買い物にいったりするのと比べると、絶対船釣りしてるほうが安全だよね!!

でも、ほら、「そうじゃなくて、怪我して病院に行くことになる可能性のあるレジャーはやめとけってことよ!あんたが船から落ちて溺れたら、コロナ対応でオーバーワークな医療従事者の手を更に煩わせることになるでしょ?だから釣りなんか行かずに家でゆっくりしとけってこと」とか正論言いそうな人いそう(^^;;;

もちろん、そのとおりだ!!
お前の言うとおりだよ。怪我して病院に行くような、そんなやつは釣りにでちゃだめだよ!!

20200428_yazu1.jpg
俺はな、この日、大型船が起こした横波に船が乘って大きく上下に揺れた瞬間、あのオウムの麻原彰晃が空中遊泳している写真の、倍、いや、三倍くらいの高さに胡座を組んだまま浮かび上がり、それから床に叩きつけられた。
いや、マジだぞ。落下する俺と、波で浮かび上がってくる船という相乗効果で、俺の尾底骨と右足首はまさに甲板に「叩きつけられた」のだ!!

右足首の痛みが取れるのに一ヶ月かかった。しかし、今でもストレッチなどでいつもと違う方向、角度で曲げると、筋が伸びるのとは違う痛みが・・・。尾底骨の痛みはしばらくまっすぐ椅子に座れないほどだった。今でも長時間椅子に座るとじんじんと痛みだす。でも病院に行っていない。医療従事者も含め、誰にも迷惑かけていない。ただ、俺が辛いだけだ(^^;

これがコロナ禍で外出自粛と言われていた中で釣りをする者の覚悟ですよ。文句を言われる筋合いはない!

で、この日、満身創痍の俺が釣ったのは、ヤズ 5尾。「ヤズかぁ(笑)」とか言うなよ。いいサイズのも出てたんだから。

それと、あと少しで上がるというところでバラしたのが 2尾。
これはどっちもハマチサイズだったと思うぞ。

海底までジグを落とし、それからひたすら巻き上げるんだが、逃した 2尾はドラッグが哭きまくりなかなか上がってこない。もちろん根がかりなんかじゃない。しばらくバトルをしたあとは疲れるのか(俺も疲れてるけど)少しだけ巻き取ることができる。それの繰り返し。
そして最後に、何も付いていないフックだけが・・・

まあ、逃した魚は・・・という言葉もあるが、あれはハマチだった(キッパリ!(笑))。

ちなみに魚が釣れたのはこの日だけで、あとの 2回はボウズでありました・・・

いやあ、ほんとに、コロナ禍の影響もあり、4~6月の三か月間自宅で仕事をしていたときに体重が毎月 1kg ずつ増えたんよぉ!というのをしばらくネタにしておりましたが・・・

ええ、ええ。7月からお客さんの事務所に通って開発を続けているのですが、歩く距離は「玄関から庭に停めている車まで」と「駐車場に車を停めて、事務所まで(一応、2階まで階段)」とほとんどない。
通勤!!超ラクチン!!って喜んでる場合ではなく、7月以降も順調に月に 1kgずつ体重が増え続け、3月末時点から約 7kg増・・・

90kg の大台に乗ってしまいました・・・(ちなみに、今朝計ったときがジャスト 90kg・・・)

20201023_taijyu.jpg

そんなおり、かつてのデブ仲間、いやあの頃は「ちょっと太り気味仲間」だった会社の先輩が毎日ジムに通っているなんて話も聞こえてきて・・・

買ってしまいました(笑)。ALINCO(アルインコ)のランニングマシン。

職場でダイエット中のお姉さんたちと話をしているとき、俺の住んでるところが田舎過ぎて夜のウォーキングが怖い(漆黒の闇&獣の気配)とか、1~2万円台のウォーキングマシンを買おうかと思ってるとか言ったら、「最低でも 5万円くらいするランニングマシンじゃないとダメよ。安物はスピードが出んし、出たとしてもつくりがちゃちくてすぐ壊れるよ」「やっぱり、ジムとかにも導入されているアルインコのマシンがいいよ!」とかアドバイスをいただき・・・

その場で Amazon アプリを起動。即購入してお姉さん方を驚かせました(^^;「ええ?もう買ったん?奥さんに怒られないん??」と・・・
ええ、もちろん「何処に置くんね!!そんなもん!!」と怒られました・・・(^^;;;

ちなみに、買ったのは 5万円よりちょっと安いやつね。でも、スペックみたら 5万円台のマシンと変わらなかったので。型落ち品かな?

で、さっそく「時速 4km」という「低速」で歩いてみたんだけど・・・

なんか、肺に穴でも開いて空気が漏れてるんじゃないかというくらいの、「ヒューヒュー」という異常な呼吸音をしつつ10分でギブアップ(笑)。消費カロリー、たったの 50kcal。気分が悪くなってこの日はそのまま寝込みました・・・

いやあ、90kg の体重で一定の速度で歩くというのはこんなにきついものなのか?

がんばります・・・

いや、まだ鈴木誠也、移籍してないけどな。でも、もう確実に巨人に行くよね、この冬に。もしかしたら、大リーグ挑戦のために、もう一年広島という可能性もなくはないけど、巨人が一番可能性高いんじゃないかなあ???

20201018_kenminsakaba.jpg日曜日のカープ勝利後に、まず祝杯をあげるために訪れた広島駅前レンガ通りの「広島県民酒場」のマスターと話したのは、そんな寂しい話題だった。

広島駅方面で飲むことが少なかったので県民酒場に来るのも一年ぶりくらいだ。正直、もう無くなってるかな?と思ってたんだけど(失礼な(^^;)、そこに広島の名物を列記した赤い暖簾は掲げられていた。
持ち堪えてたか!!!いいぞ、いいぞ!

カープの帽子をかぶり、首にカープ坊やの刺繍されたタオルを巻いた俺を見て、「ズムスタ行かれてたんですか?」とマスター。

「そうそう。5-0 で勝ったよ。こういう一方的な試合がええねえ」「鈴木がホームラン打ってましたね。あと 2本くらいでホームラン王に並ぶんじゃないかなあ?もうチームもほぼBクラス確定だし、せめて個人タイトルを取らせてやりたいですよね」「そうじゃね」みたいなやり取りから、「でも、今年で誠也は巨人行くんでしょうね」「そう考えると、個人タイトルなんか取らせたくないな(笑)」と雲行きが怪しくなる(笑)

「嫁の畠山愛理が早く東京に帰ってきてとか言いよるんじゃろう!!許さん!!」「カープ好きなのに、ファンと球団への恩返しのために"一生ホークス宣言"をしているギータを見習え!!」「もう誠也出さんでええけえ、若手使え、若手を」など罵詈雑言を吐き出しながら、せんじがら、花ソーセージ、広島菜の漬物などをつつき、サントリーモルツをやったのでありました。

誠也、俺は悲しいよ!

祝いの酒のはずが・・・涙酒(^^;;;。しかし、揚げたてのせんじがら、むっちゃ美味いな(笑)。だから、まあ、明日からまたしっかり生きていこう。誠也のいなくなったこの街で(笑)
最近、無料の Web サービスを利用することにハマっているので(笑)、「Wix ロゴメーカー」というサービスを使ってみた。

ただ、実際にはこのサイトは今まで俺がこのブログで紹介してきたような、「無料でWeb上のツールを使わせることで広告収入を得る」系のものではなく、「いずれ自社の有料サービスの客になるであろう潜在的ユーザを囲い込むための餌」的サービスである。

Wixという会社は簡単に言えば Web 制作の請負会社であり、この「Wix ロゴメーカー」も「ああ、もう、自分で作るのってやっぱり面倒臭い!Wix に頼もう!」というものを狙ったものであり、また、結論から言うと「Wix ロゴメーカー」は「Wix ロゴメーカー | 無料でロゴを作成しよう | Wix.com」と title ヘッダに設定されているが「無料ではない」。

無料で作れはするが、それは小さな使い物にならない大きさのサンプル画像だけで、しかも商業利用はできない規定となっている。
つまり、本当に「Wix ロゴメーカー」で作ったロゴを使おうと思うと、使い方によって違うが数千円の使用料を払わないといけないのである。(当然の対価だが)

そういうサービスなので、利用開始時にアカウントの登録を行う必要がある。
実際に Wix に将来 Web ページデザインを依頼する可能性の無い人は、まあ、試しに使ってみるのもやめておいたほうがいいだろう。使いもしないサービスにアカウントを登録するのはセキュリティレベルを下げる行為だ。

ま、俺は使ってみたけど(笑)。Wix の Web ページ制作サービスを利用することは将来に渡ってもないけど、こういうのって、どの程度の実力なのかな?って興味があったので。

作ってみたのは、最近活動を開始した(いや、まだ開始してないけど)「フィッシング紳士の会」のロゴである。

質問に答えながら進んでいくと、最終的にいくつかのデザイン候補が提示され、その中から気にったのを選ぶ。
どれも気に入らなければもう一度最初からやり直し、少し質問への回答を変えてみればいい。最後に選択したロゴに色を変えられるが、色によってけっこう雰囲気が大きく変わって面白い。ちなみに、デザインを確定してしまったあとは色は変えられない。変えたければお金が発生する。

ま、そういうわけで、最終的に作成した「フィッシング紳士の会」のロゴがこんな感じ。

Free_Sample_By_Wix.jpg

魚釣りクラブのロゴなので「Mellow Salmon」という色のセットで作成してみた。

うーん、まあ、このくらいなら高校時代は美術部部長だった俺は自分で作れるけど(笑)、まったくそういう素養のない人には作れないレベルのデザインではあるかな。なので、デザインは苦手だけど、自分の Web サイトが作りたいって人にはいいかも。数千円でこういうロゴが作れるんならね。(ちゃんとデザイナに依頼すれば、こういうロゴで数万円から数十万円する)

ちなみに、「フィッシング紳士の会」は休日もバタバタと仕事をしているのでなかなか釣りの時間が取れないような(つまり俺のような(笑))、中年、熟年の紳士が「近場でパパッと釣りをしてストレス発散する」ことを目的に結成された秘密結社です(笑)

英語では、Dandy Fishermen's Club と表記することにした。

実際のところ、紳士は Gentleman だし、釣り人は Angler だ。間違ってるだろう!!という指摘もあるだろうが、ちゃんと意味があってあえて「Dandy Fisherman」と名乗っているのだ。そのあたりの話は、今後(たぶん)掲載されるであろう活動報告の中で(笑)
この日曜日はコロナ禍のため中止となった 9/4のチケットを払い戻すために Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島へ。

ちがーう!!

試合を観に行ったのだ。
今期初のプロ野球観戦。広島カープ対中日ドラゴンズ三連戦の最終戦を。

20201018_carp1.jpgここ二試合は中日の勝利。しかも二試合目は佐々岡監督が好投を続けていた森下を突然下げ、最悪のポンコツ救援陣に試合を託し案の定負けるという謎采配をみせた試合。
これで、まともなカープファンのほとんどが佐々岡監督に愛想を尽かした。

そんな中行われた日曜日の試合。
先発中村祐太の調子がいい。いや、ヒットは打たれるんだけど、なんとか後続を切りゼロ行進を続けていく。

打線もなんか調子がいいのか悪いのかわからないけど、ホームランで効率よく点を入れ、オチを先に言うと、中日は10安打で得点 0なのに、カープは 5安打で 5点をたたき出し、中村祐太を援護した。

しかし、気持ちよく「お、こりゃ行ったぞ!!」と思えたのは西川の2本目だけで、特にその西川の1本目なんて、ファンも「ああ、またでっかいファールか」と死んだような目でぼーっと球の行方を追ってたら、ガシャン!!とポールに球が当たった音が響き、「え?なに?うそ?やったー!」みたいな感じであった(笑)

ま、それでも結果的には 0-5 とリード。
心配なのは佐々岡監督のご乱心だけであった。もう、ほんとに心配で心配で、5回を抑え中村に勝ち投手の権利がついたときには、「誰か、佐々岡にうまいこと言うて球場の外に連れ出せよ!!」と祈るほどであった(笑)

20201018_carp2.jpg
ま、結果的には中村が 7回まで投げたおかげで、8,9回はカープのポンコツ救援陣も踏ん張ることができて最高の勝ち試合を観ることができた。誰か、佐々岡に睡眠薬かなんか嗅がせてたんかな?

ほんと、こういう相手をゼロ封にして、5点以上取るような一方的な試合が一番好き。逆転劇なんかいいから、こういう最初から最後まで安心して観てられるような勝ち試合をしてほしいわ。

いや、佐々岡監督の下では無理なのはわかっているけど・・・(^^;;;

ちなみに、この後繰り出した飲み屋でも、耳をそばだてて聞いていると、お客さんたちの話題の多くはこの日の勝利よりも、前日の「なぜ佐々岡は森下を下げたのか?」であった(笑)

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら