酒とか食べ物とかの最近のブログ記事

連休前、お客さんのところの歓迎会に参加させていただいた帰り、久しぶりに岩国の店で日本酒飲んでいこうと思い立ち街を徘徊。

最初、「魚錦」(元ととや)に行ってみたら、暖簾は出てたんだけど、単に大将の仕舞い忘れで(^^;、「今日はごめーん。もう閉めた。」ってことだったので再度徘徊(笑)

結局、美味い酒を置いているのがわかっている「あじ処 栄作」の暖簾をくぐってみると、ちょうどカウンター席がひとつ空いたところだったので入店した。

20220922_eisaku1.jpg 20220922_eisaku2.jpg 20220922_eisaku3.jpg

酒は、なにか日本酒をと思っていたのだが、注文単位が一合だなあ・・・

一次会の終盤で甘いカクテルをがぶ飲みしたのが効いてきたのか、単一銘柄を一合飲むのも何かきついなあ・・・と思ってたら、「岩国5酒蔵銘柄冷酒飲み比べセット」1,300円なるものが。お猪口一杯ずつのセットのようだ。

いいじゃん。コスト的には割高かもしれないが、このくらいの量がちょうどいいわ。(昔から俺は飲酒量を自慢してるやつは本物の酒好きではないと思ってるしな(笑))

で、肴に「岩牡蠣」と「サザエのお造り」を注文。
いやあ、「岩牡蠣」美味かったわ~

タイトルには「巨大」って書いてるけど、まあ、岩牡蠣としては普通サイズかな。ぷりぷりの身に、金属臭のような牡蠣独特のいやな風味もまったくなく、ほんまに、凝縮した潮の幸やぁ~(笑)。ただただ酒が進む。いかん、お猪口 5杯しかないのに・・・(笑)

サザエも美味かったんだけど、この晩のヒットはこの岩牡蠣だったなあ。
この日のお勧め品が書かれた黒板にも記載がなく、値段がわからないまま店の女性に勧められるまま注文したので怖かったんだけど(笑)、この味ならボラれてもええわ~

いや、ボラれなかったけど(笑)
以前、大変なガセネタを流してしまって申し訳ない。

熊毛町の「ラーメンショップ」は店仕舞いしてません。やってます

夜、2号線を走ってたら電気が点いてたんで、あれ?っと思って木曜日の昼に行ってみたらやってましたわ(笑)

木曜日はリモートワークで自宅。朝から「今日の昼飯はラーメンにしよう。彩龍で久しぶりにチャーハン食べよう」って思ってたんだけど、スタッフが足りないってことで彩龍が臨時休業に。でも、もう「ラーメン口」になってたんで、「そういえば熊毛のラーショが・・・」って遠征をしたわけ。

ちゃんとやってました、「ラーメンショップ 熊毛店」。

でも、厨房の大将、変わってない?
給仕の女性陣も今までの人じゃないような・・・

20220929_rasyo1.jpg
もしかしたら、前の大将がやめちゃったんでしばらく店を閉めてたけど、新しく別の人がオーナーになって復活したとか、そういう感じ?
いや、しばらく閉めてたのは改装かなんかしてたんかな?とも思ったんだけど、店の中、全然変わってないし(笑)
そういえば、壁の大きなプラスチック製のメニューだけは真新しい感じだったんで、やっぱ大将が変わって出すメニューもちょっと変わったとか?

色々と謎なんだけど、ご存知のように極度の人見知りの俺が大将に「あれ?前の大将と変わった?」とか聞けるわけもなく・・・

で、この日俺が注文したのは「ネギ塩 博多」900円也。
以前からラーショには「博多ラーメン」という豚骨ラーメンはあったけど、「ネギ塩 博多」なんてあったっけ?
名前のとおり、ネギ塩ラーメンのスープが豚骨スープ。いやあ、美味い。たっぷり載ったネギのピリ辛した味と、甘みのある豚骨スープが大変相性が良い。

俺はラーショではだいたい「ネギミソ塩」か「ネギ塩」かなんだけど、ここに新たに「ネギ塩 博多」が加わったな。

ま、何はともあれ、自宅から昼飯食いに行ける距離のラーショが復活してよかったわ~

先日、計測事業を手伝ってくれているN◎君とカープの応援に行った帰り、岩徳線にうまくつながる電車まで1時間以上あったので、そのまま広島駅前のレンガ通りへ。

20220904_peace1.jpg最初は「広島県民酒場」で軽くやっていこうと思ってたんだけど、やっぱデーゲームがあったせいか席の半分ほどは埋まっている状態。
球場で熱射病になりかけて疲れてたんで、あまり狭いところで知らない人と密着するのもいやだなあってことで近くの店を探していると・・・

いい感じの店がありましたよ。
「竹原ゴリ押し居酒屋」を標榜する「たけはらの味 ぴいす」という店。
N◎と「竹原にゴリ押しするほどの名産物ってあったっけ?」と失礼なことを言いながら入店。
店は空いていて、客は俺たちだけだった。

結論から言っておくと、なんでこんなに空いていたのかわからん。全然食べ物も美味くて、別に高い店でもなくて、いい店だったよ。
大将は見た目はちょっと強面だったけど、給仕の金髪女子も可愛かったし。

「竹原ゴリ押し」なのが「面倒くさいこだわりのある店」とか思われちゃうのかね?

20220904_peace2.jpg実際に大将や店員が「竹原!竹原!」煩かったり、見たこともない竹原の地元料理ばかり出てきたりってわけではなく、「コウネ」を頼めば竹原の峠下牛だったり、酒は竹原の中尾醸造の「誠鏡」、藤井酒造の「龍勢」などだったり、竹原の食材を使えるところは使っただけの普通の居酒屋だ。怖がらずに皆ちょっと寄ってみてみ(笑)

そして、俺的に一番の評価ポインは、この店のビールが「キリン ハートランド」ってとこだ(笑)

竹原関係無ぇ~(^^;
先日、岩国駅前の森ビル 2階にある「Italian & Meat bar Le Coin(イタリアン&肉バル ルコワン)」で食事をした。
お客さんのところの新人歓迎会に同席させていただいたのだ。

20220922_lecoin1.jpg
最初は俺たち外注メンバーは会社からの補助がないので全額自腹という話だったのだが、結局あれこれ会社から出していただき「タダメシ」となった(笑)。ありがとうございます!

ルコワンに来るのは二度目である。
以前も同じお客さんの歓送迎会だった。開発チームだけの会で、結局大量の肉を食べきれず、メンバーのひとりが気を回して持ってきてくれていたプラ容器に入れて持ち帰ったんだよなあ。そのくらいボリュームのある料理の数々。

分厚く切られたステーキ肉や、ちょうどいい塩加減の生ハム、パスタやピッツァなどどれも美味い。

ここはテイクアウトのランチセットもボリュームがあって美味いらしい。確かに、ネットに出てる写真とか見ても美味そう。
ただ、テイクアウトの予約を電話でしないといけないのだが、応対する女性がかなりの「塩対応」らしい(笑)。
最初、その話を聞いたとき、面白おかしく脚色された話だと思ったが、その後別の(実際に注文をしたことのある)人からも同じように「むっちゃ不機嫌だった」と聞き、ただでさえ電話の苦手な俺はいまだテイクアウト注文出来ずにいる(^^;

この日もこっそり観察してみたが、そんな恐ろしそうな女性はいない。でも、スラッとスタイルの良いクールビューティーな感じの人はいるなぁ・・・。あの人かな?(笑)

今度、息子が帰ってきたときに勇気を出して注文してみようてえ・・・(笑)
先週末に、広島で開催された大きなトレイルランレースの計測の一部を手伝った。

いつもと違い、今回の我々は計測を行うボランティアさんへの指導が主な役割だったのだが、急遽「中倉峠」(車で行くような場所じゃない。道路がガメラの甲羅みたいな凸凹(^^;)へ機材を届けたり、結局帰る頃にはいつものようにヘロヘロになっていた(笑)

20220924_don1.jpgそれもあり、22時前に計測場所だった安佐北区の「柳瀬キャンプ場」を離れ帰路についた我々の腹は空腹に悲鳴を上げていたのだ。

22:30という「年寄りはガッツリしたものを食べてはいけない」時間帯なのに、俺が宮島SAのフードコートで注文したのは「イベリコ豚丼」1,000円也であった(笑)
今回の計測から新しく手伝ってくれるようになったF氏は、俺より若いのに「こんな時間からガッツリは・・・」とラーメン単体で済ませたというのに・・・

で、「イベリコ豚丼」だが、いまひとつ普通の豚丼との味の違いがわからないまま一気に食べてしまった。いや、まあ、普通に美味かった。そう考えると「普通のもの」に 1,000円ぽっきりという値段は少しお高いか・・・

昔、娘がまだ小さかった頃、いきなり「お父ちゃんは豚」と言われたことがある。「え?」俺は少しうろたえながら娘に確認した。「お父ちゃん、豚なの?」と・・・
すると娘は頷きつつ、「うん。でも、イベリコ豚よ」って言ったのだ。

高級豚じゃん!!ちゃんと娘は俺のことをリスペクトしている!!

・・・そんなことを思い出しながら、「イベリコ豚は豚の中でも特別な存在。地位も名誉も持つ豚。普通の豚と味の違いがわからなくても、1,000円でいいじゃないか」俺はそう納得したのであった。
8/27の夜の話。
他のエントリーで書いたような気がするが、この日、俺とN◎は愛媛県愛南町で開催された「愛南マラニック」という大会のタイム計測をするためにはるばるこの愛媛と高知の県境までやってきていたのである。

20220827_nakano1.jpg現地のチェックと(本来ならある程度機器の設置などもするのだが、強風のため出来ず)簡単な打合せを済ませ、(また別のエントリーで書くと思うが、ちょっとおっさん二人で南予地域のドライブを楽しみ)さあ、この初めて訪れた街で一杯やるぜ!!と俺たちはホテルを出たのだった。

最初、ホテルから 5分程度の「いばら木」というところに行ってみたんだけど、18時時点で満席。
「こりゃ、秋吉台トレイルランのときの新山口駅界隈での悲劇再びやで・・・。元々飲み屋街としてキャパの大きくない地方の町に、イベントで客が殺到してどこの店もパニクってるパターンや・・・」とホテル周辺での飲食を諦めた俺らが流れ着いたのは、僧都川を渡ったところにある居酒屋「宇和海の味 なかの」であった。

「なかの」という名前が、玖珂界隈に住む俺たちに何かを期待させるのである(笑)

実際、料理は美味かった。アジのタタキやナスの煮たの、だし巻き卵もいけたし、アスパラベーコン巻きのようなハイカラなやつも美味かった。

ただ、美味い料理に合わせようと熱燗を頼んだのだが・・・

「ん?これは・・・。なんか、知ってる味(^^; あの、これって・・・銘柄なんでしょう???」
「月桂冠です」
「やっぱ月桂冠かーーー!!(^^;;」

20220827_nakano2.jpgうーん、愛南町まで来たんだから、地元の日本酒が飲みたかったなー。愛南町に無くても、せめて隣の高知の酒とかねえ・・・

この後いただいた芋焼酎も、あんまり銘柄なんかにはこだわっていない様子であった。

せっかく料理も美味しいし、大将も、給仕のおばちゃん(奥さん?)も、カウンターにいた常連さんも皆いい人だったし、それだけに酒へのこだわりの無さが惜しい~
「宇和海の味」を看板にしているなら、酒も地元のものをぜひ出してほしかったなあ~

最後の〆の梅とおかかのおにぎりを頬張りつつ(これまた美味い)、俺とN◎は玖珂の「なかの」に思いを馳せたのであった。
昨夜は岩国で飲んだあと、車中泊をしての朝帰り。
そんな今朝の朝飯は、セブン-イレブンで買ったおにぎりと、「欽明路自販機コーナー」の天ぷらうどんである(笑)

いつものようにうどんの自販機に 300円を入れ、「天ぷらうどん(柚子入り)」のボタンを押す。
数十秒後、ガチャンと音を立てて取り出し口に出てきたうどんを見て俺は驚いた。

なんと、うどんの上に天ぷらが乗っとるやないの?

20220923_udon1.jpg
「いや、天ぷらうどんなんだから当たり前でしょ?」と日頃自販機うどんを食べない人は思うかもしれないが、違うんだよ、天ぷらはうどんの下に入ってるんだよ。で、食べる前にうどんの下から箸でごそっと上に引っ張り上げるのだ。

今まではそうだった。自販機の仕組みが変わったのか???

・・・と思ったのだが、今朝はたまたま自販機にうどんの補充をされているところを見ることができた。それで知ったのだが、うどんの自販機って、あらかじめプラスチックのどんぶりにうどんと具を入れた状態で補充するんじゃね。
つまり、単に「今まではうどんの下に天ぷらを入れていたが、上に置くようにした」だけの話なのね。

俺、ずっと、どんぶり、うどん、具が別々に装填されていて、ボタンを押すとまず「具がどんぶりに入れられ」「その上にうどんかそばが入れられ」「そこにスープが注がれて」完成という工程をたどるのかと思ってた。だから「お、具を後乗せするように機械の動きが変わったんだな」とか思ったんだけど、「うどん、またはそばと具が入れられたどんぶりにスープが注がれる」だけだったのね(笑)

物事を複雑に考えすぎてしまっていたな。反省だ(笑)

ちなみに、今日の天ぷらうどんには柚子は入っていなかった・・・

8/24にオープンした「焼肉きんぐ 岩国店」。「焼肉きんぐ」としては289店目だそうだ。すごっ。社長、儲かってまんなあ(笑)

20220921_king1.jpg職場から 2号線を走って帰るときに目に入るのだが、いつも駐車場はほぼ満杯って感じで、岩国でもなかなかの人気の様子。
昨日、ちょうど家族三人で店の前を通りかかったので寄ってみた。

店に入ると三組待ちがあったが、ここは「食べ放題 100分」の店である。だから回転はいい。大して待つこと無く席につくことができた。

一人 3,278円の「きんぐコース」というのを注文する。それと、アルコール飲み放題 1,529円を一人(俺ね)とソフトドリンク飲み放題を二人。飲み放題にするのなら全員がしないといけないが、アルコールも含むのか、ソフトドリンクのみなのかは一人ひとりが自由に決められる。ま、当たり前か。

肉質は・・・うーん、微妙。硬かったりスジが残ってたりというようなどうしようもない肉ってのはなかったけど、美味い!ってほどではなかったかな。全体的に肉の旨味は薄めって感じ。
あと、食べ放題なんでかまわないんだけど、ボリューム感がずいぶんメニュー写真と違う。薄くて小さい貧相な肉が多かったな。まあ、その分(食べ放題なので)たくさん注文すれば良いだけなので「なんじゃ、こりゃ!」って怒りは沸かなかったけど、けっこう「え?これ?」って感じはあった。

あと、岩国店は配膳ロボットが導入されていて、俺らのテーブルにも来てくれたんだけど、二回だけだった。もっと健気に働く姿が見たかったわ(笑)
ちゅうか、バイトとかスタッフが元気良いし、よく働くね。全員が店内を飛び回っている感じで、まあ、たしかにこれだとロボットの出番もないか(笑)
焼肉きんぐの社長は、スタッフに十分な賃金を払ってあげてね。よく働いていたよ。

というわけで、肉質は「そこそこ」だけど、それでも久しぶりの(外食での)焼肉を堪能できた。冷麺やキムチ、デザート類は美味かったしね。友人同士とかなら美味い肉を求めて食道園とか行くけど(笑)、家族で来るなら十分だろう。特に食べ盛りの子がいる家は(笑)。お得感もあったし、満足した。

20220921_king2.jpgただ、飲み放題に関しては、そんなにお得感はない。そもそもビール単品の値段が高い。確かにキリン一番搾り中ジョッキが 550円なので三杯飲んだら元が取れるじゃんって話なんだけど、これ、中ジョッキか?店によっては小ジョッキで出しているサイズである。そう考えると、「ほんとにお得なのか?」と思ってしまうのだ。

特に、焼肉食べてると生ビールもせいぜい三杯くらいしか飲めないので、なんとかトントンまでは持ち込んだけど、得した感じは全然無い~って感じ(^^;

事前に娘に「こういう食べ放題・飲み放題の店に来て、元が取れたとか取れんかったとか、そういう卑しいことを考えちゃ駄目やぞ。自分が食べたいだけ食べればいいだけで、元を取ろうと苦しい思いをしてまで飲み食いするような貧乏くさい人間になっちゃ駄目だぞ」と諭していたのに、ビールのサイズが小さいとか、これじゃあ元が取れないとか言う俺に、まったく目を合わせてくれない娘であった・・・
先々週の土日は、仕事で愛媛県(と言っても、高知県との県境の愛南町)に出かけた。

朝7:40頃にスタッフのN◎君と玖珂の八幡下を出発。8:15には柳井港に着いた。四国にはフェリーで渡る。出港は8:50だが久しぶりのフェリーなので余裕をもったスケジュールで(笑)。そして、無事、我々は定刻通り三津浜港に向かって港を出たのであった。

20220827_iyonada1.jpg三津浜港には11:25着。それから松山自動車道に上がってちょうど12時頃、伊予灘SAにトイレ休憩で寄ったのでそこのレストラン(と言っても、規模は喫茶店レベルだけど)で昼食を取っていくことにした。

俺が注文したのは「伊予灘中華そば」と「ミニ今治焼豚玉子飯」のセット。

「伊予灘中華そば」・・・初めて聞いた。どんなラーメンなのか?
まあ、SAのレストランのラーメンなんだから対して期待できんわな・・・とか思いつつスープを一口。

美味いやん!!

煮干出汁のよく効いた醤油スープ。こういう煮干し風味を感じる醤油ラーメンは「和風中華」側に振れているものも多いが、そんな感じではない。魚介系って言うほどでもないし。ほどよく煮干しの風味の効いた普通の中華そばだ。好きな味。

具は、ネギ、もやし、ナルト、支那竹、豚バラチャーシュー。で、ネギの上にゴマがパラパラっと振ってあるな。俺的にはゴマは不要だけど(笑)
支那竹の量は多くて、支那竹好きにはたまらんな。俺は特に好きでも嫌いでもないけど(笑)
でも、まあまあ満足はいけた。残念ながらまあまあレベルだけど。

20220827_iyonada2.jpg最初に駄目予想してたので、予想外に美味いと感じたんだけど、やっぱねえ・・・麺が・・・(^^;
幅広い年齢層向けだとどうしてもそうなってしまうんだろうけど、麺が柔い・・・
もう少し麺が固ければなあ・・・なんか、おじいさんとか喜びそうな柔らかい麺なんだよなあ。中太ストレート麺の喉越しとか、そういう良いところが全部台無しだ。で、「まぁまぁ」レベルの評価。

いや、柔らかい麺が好きな人がいるのは知ってるし、実際、年寄率の高いラーメン屋の麺は柔いし、客も「麺、柔らかめで」とか言うてるけど、正直、ラーメンの麺ごときが柔らかくないと食えんなんつう年寄りは全員うどんでも食っとけや、マジで!!はぁはぁ・・・あ、すみません。取り乱してしまいました。

まあ、というわけでで「麺茹ですぎ」問題でプラマイゼロな「伊予灘中華そば」。

あ、あと、「今治焼豚玉子飯」はミニサイズだったからかもしれんけど、いまいちインパクトに欠けるというか・・・味も、見た目も、ラーメン屋のチャーシュー丼と比べるといまひとつかなぁ・・・
この間の金曜日。いつもは出勤日なのだが色々事情があって午前中は広島へ。午後からリモートワークにさせてもらった。

広島から戻ってきて、ちょうど昼飯時に「らぁめん彩龍」の前を通ると店から出てくる人の姿が。待ってる人もいないし、これはすぐに入れるんじゃないか?と車を駐車場に滑り込ませた。

20220826_sairyu1.jpgほんのちょっとだけ店内入口のベンチで待ってカウンター席へ。
注文したのは「チャーシュー丼セット」。ラーメンはノーマルなやつで。
辛ラーメンにするのが俺の定番なんだけど、残念なことに「辛トッピング」は売り切れであった。

いやあ、でも、たっぷり濃いタレのかかったチャーシュー丼の角切りチャーシューと、ノーマルラーメンの久留米豚骨スープもよく合うから全然問題なし。大満足。

「らぁめん彩龍」の炒飯は美味いしボリューム満点と評判だが、本当にわしらデブ族を満足させてくれるのはチャーシュー丼かもしれない。あの甘いタレとマヨネーズのマリアージュ。そして、飯の上に敷き詰められたシャキシャキの野菜がマヨネーズによって生まれた罪悪感を拭ってくれる(笑)

まあ、診療所の先生には怒られるだろうけど(^^;;;

ついでに、俺の後ろの座敷でラーメンを食べていたS苺漁師から鮎をもらう約束もできたし(笑)、昼飯を「彩龍」にしたのは大正解であった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち酒とか食べ物とかカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは趣味の世界です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2022年10月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら