酒とか食べ物とかの最近のブログ記事

土曜日、午前中。「エディオン岩国店」に一人で便器を見に行った帰り(別に便器を眺めるのが趣味なわけではなく、トイレをリフォームしようかと思って)、久しぶりに「欽明路自販機コーナー」に寄って昼食に「自販機うどん」を食べることにした。
このチープな一品、たまに無性に食べたくなるのよね。同じ意見の人多数だと思うけど(笑)

20230204_kinmei1.jpg
自販機うどんの人気は高く、俺の前にツーリング中のライダーの一人が天ぷらうどんを購入。
ところがこの人が、出てきたうどんを中々取り出さないのである。
俺も腹が減ってるし、(ツーリング仲間との会話で、この兄ちゃんが自販機うどんを買うのは初めてだとわかっていたので)「この素人め」とか思いながらイライラしてたんだけど・・・

ごめん。あんたのせいじゃなかったね。

俺の番になったので「天ぷらうどん(柚子入り)」300円也を購入。
しばらく待って取り出し口に出てきたうどん・・・汁が多すぎ。完全に器から溢れ出てる。取り出し口がえらく汁で濡れていて、誰かこぼしたんやな、気をつけろよとか思ってたんだけど、出てきたとたんにこぼれまくってるがな・・・表面張力を越える量の汁が(^^;;;

限界まで汁が満たされたうどんを苦労して取り出す。ご存知のようにプラスチック製の容器は柔らかいので、取り出すときに少し歪む。そしたらそこから容器を支える指にドバッと熱い汁が・・・
熱い!!と思うが、手を離せばうどんはひっくり返り全ては無に帰す・・・

20230204_kinmei2.jpg
俺は熱さに我慢しながらうどんをテーブルまで運ぶ。テーブルに置く瞬間、また汁がどばどばとこぼれる・・・

これ、完全に汁の量間違えてるやろ!!というか故障???

ほんとうに、俺の前にうどんを買ったライダー、ごめん。あんたは悪くない。これじゃあ、すんなり取り出せないのは当たり前。

見た目からの気のせいだろうが、心なしか味も薄い気がする(^^;;; 美味しくなかった。どうした?我らの欽明路自販機コーナーよ!
昨日、昼から仕事で広島市内に移動したので、昼飯は「来来亭 南観音店」でとっていくことにした。

いや、この間たまたま来々亭に寄った時「カレーラーメン」があるのを知って、今度近くに来たら絶対寄ろうと思っていたのだ。

で、14時ころ入店。

20230131_rairaitei1.jpgカウンター前の注文用端末でカレーラーメンを選び、注文ボタンを押すのだがまったく反応しない。最初の画面に戻っては繰り返し操作してみるが駄目。
最後には涙目になりながら、恥を忍んで店員の若いお姉ちゃんに「すみません。年寄りなので液晶画面の使い方がわかりません」と助けを求めようとしたときに、うっすら浮かぶ「売り切れ」の文字を発見した・・・わかりづらいよ!!

カレーラーメンがないとわかっていれば「来来亭」は選ばなかったんだけどなあ・・・。せっかくいろいろな店のある広島市内に来たんだから。
どうも、カレーラーメンは 1日30食の限定品らしい。14時ころに入ったのでは駄目か・・・

そこから、「カレーラーメンがないんならやめとくわ」と席を立つ勇気がないヘタレなので、他のラーメンを食べることにする。
仕方なく「こってりラーメン」の「がっつりセット(チャーハン(小)+餃子 5個)」を注文してしまったではないの!!絶対肥満エネルギーマシマシのラーメンセットを!!

いや、まあ、注文したのは俺。自己責任なのはわかってるけど・・・
それに、まあ、美味いのでいいんだけど・・・
途中で、辛味噌を投入して、ちょい辛味への味変も楽しんで、満足はしたけどな(笑)

今度、開店直後、11時頃に行けたら、そのときには絶対カレーラーメンを頼むのだ・・・と心に誓いつつ、俺は「来来亭 南観音店」をあとにしたのであった。
先週金曜日。「階杉 ゆめタウン大竹店」で晩飯。

20230127_kaisugi1.jpg
この日は20:30頃、和木町まで娘を迎えにいく予定になっていたので、20時くらいまで残業して、たまった仕事を片付けようか・・・と思っていたのだが、18時には「雪が降りそうなので、皆、早めに帰りましょう!」ってことで事務所が閉じられてしまった(^^;;;

本屋で(昔と違って立ち読みもできないしなあ)2時間半も時間を潰すのも厳しいので、大竹で晩飯を食って行こうということにしたのだ。

注文したのは「汁なし担々麺」の並盛 640円也と、肥満男子として当然だが「からあげ定食」370円をつける。汁なし担々麺と、ごはん、唐揚げ 3個のセットである。

唐揚げは外がカリっと、中はジューシー・・・というか、それほどジューシーではなくて(笑)、ジューシーすぎないところがいい。俺、あまりジューシーな肉って苦手なのよね(笑)。なかなかイケる唐揚げであった。

あ、で、メインの汁なし担々麺。実は階杉の汁なし担々麺をずっと食べたいと思いつつ、ここ二回の訪問はどちらもうっかり二郎インスパイヤ系ラーメン「杉二郎」を注文してしまっていた。いや、「杉二郎」も美味いからいいんだけど(笑)

で、今回はしっかり汁なし担々麺を注文。辛さMAXの「5辛」で(笑)
「ああ、久しぶりの階杉の汁なし担々麺やぁ~」と思ったけど、よく考えたら、俺、階杉の汁なし担々麺、初めてやないの???

思い出してみれば階杉で、つけ麺、タンメン、塩ラーメン、とんこつラーメンといろいろなものを食べてきたが(どれも美味い!!)、汁なし担々麺、食べたことないやーん!!(^^;;;

20230127_kaisugi2.jpg
というわけで、初めて口にした階杉の「汁なし担々麺」の感想。
まず、これは商品そのものの感想ではないのだが、俺、食べ終わる前くらいに花椒、唐辛子を追加して辛さ増しの凶悪な味変を楽しみたいのよね。でも、階杉のカウンターには花椒や唐辛子(輪切りにしたやつね)は置いていない(汁なし担々麺のタレは持ってきてくれるが)。そこが不満といえば不満だった。

・・・が、まあ、花椒や唐辛子を追加しなくても、最後までしっかり楽しめるくらいに階杉の汁なし担々麺は美味い。味がバランスよくまとまっており、「きさく」のような荒々しさはないが、まったく問題なく美味い。今度、汁なし担々麺好きだが九州生活が長く、なかなか店で食べる機会のなかった長男坊を連れてきてやろう。「これが本物の汁なし担々麺だ」と食わせてもいい味である。

ま、そのあと、嫁さんの実家の近くにある「きさく」にも連れて行って、「大辛」指定の汁なし担々麺も食べさせるけど(笑)
日曜日。嫁さんと娘は一緒に広島へでかけたので家には俺一人。
高森方面にちょっと用事があってでかけたついでに、西長野の「麺や のぉくれ 岩国店」で一人昼飯を取ることにした。

20230129_nookure1.jpg
ここのところ「くろ」ラーメンが続いていたので、今回は「しょうゆちゃーしゅー」ラーメン 890円也で。
「しょうゆ」ラーメンは、入り口に貼ってある説明文によると、「鶏ガラと魚介和だしの拉麺」である。

そして、いつもは小チャーハンを一緒に注文するのだが、今回は「おむすび(鮭)」170円也で。
おむすびが一個 170円なのは高いように思えるかもしれないが、厚みがコンビニおむすびの二倍くらいあるので、ボリューム的には値段相応である。

「しょうゆ」ラーメンは久しぶりだが、久しぶりすぎて「しょうゆ」ラーメンという名前は変わっていないが、スープの味は変わっていた。
以前は、濃厚な鶏ガラのダシの味がするスープだったが、今回はそれ以上に魚介の味がしっかりするスープであった。もちろん鶏ガラの風味はあるが、表に出ているのは魚介である。

20230129_nookure2.jpg
美味い、美味い。いや、旨い、旨い・・・の方がより俺の喜びが伝わるか(笑)
さっぱり醤油スープながら、しっかり旨味があって、「薄い」という感じはない。
和風魚介スープだと「薄い」と感じてしまうラーメンは多い。しかし、「のぉくれ」のラーメンは鶏ガラスープがしっかり下支えしているので、「さっぱりでも濃い」という味を実現している。

ああ、あれだ。毎日食べても飽きないラーメン・・・って感じだ。
ただ「さっぱりしているだけ」だと飽きちゃうのよね、ラーメンって。
「のぉくれ」の「しょうゆ」は飽きないラーメンですわ(笑)
金曜日、大竹の「フタバ図書 TSUTAYA 大竹店」に寄ると、「ご当地ラーメン大集合」というフェアをやっていた(笑)

TSUTAYA になってから、どんどん本屋らしさが消えていくな(笑)

全国各地のインスタントラーメンが並んでいる。こっちのスーパーとかで見るものもあれば、初見のものもある。
ただ、北海道のが多いね。全体の三割くらいは北海道のラーメンじゃないのか?

20230127_tustaya1.jpg
どれも美味そうなのだが、インスタントラーメンも日頃は週末にしか食べないので、一度にあまり買い込んでも・・・と思い、四つだけ買ってみた。

    • 牛タン入りラーメン 濃厚醤油(宮城県)
    • 利尻昆布ラーメン 塩味(北海道)
    • 岩国蓮根麺ラーメン(山口県)
    • 比内地鶏白湯ラーメン 塩(秋田県)

以上。

とりあえず、「比内地鶏白湯ラーメン」が一番気になる。

しかし、今回買わなかったラーメンにも、「毛がにラーメン」とか「うにらーめん」とか、気になるものがたくさんある。まあ、いざ食べると「ハズレだ!」となりそうな予感もするが(笑)

買った 4食を早く片付けて、次のラーメンを入手しないと・・・

今日はリモートワークで自宅だったので、昼飯は大竹市晴海の有限会社なか川が製造している「広島流辛辛つけ麺」を。

20230125_tsukemen1.jpg
以前、同じ会社の汁なし担々麺を作って食べたことがあるが、汁なし担々麺というよりはジャージャー麺のような、味噌味が強い一品であった。
これにはちょっとがっかりしたんだけど、でも、同じ会社が作っているレモンラーメンとか美味かったんよね。なので、広島風のつけ麺にも期待。

昼飯として食べるので、ちゃんと具もないと寂しいなと思い、急遽卵を茹でる。それから、酒の肴用に買っていたチャーシューを。本当なら茹でたキャベツがほしいところだが、レタスで代用。まあ、本当を言うと、あまり茹でたキャベツって好きではなくて、俺的にはレタスで十分である(笑)

麺の茹で時間は三分。
茹で上がったら冷水で丹念に揉んで表面のぬめりを取る。

タレを皿にあけ、そこに添付のすり胡麻と赤唐辛子パウダーを全投入。
唐辛子パウダーは全部投入してもそんなに強烈に辛いわけではない。というか、全部投入して、初めて俺たちの知っている広島つけ麺になるって感じか。全投入をおすすめする。

で、味の方は、しっかり本物の広島つけ麺って感じ。ちょっと違和感のあった汁なし担々麺と違い、こっちは再現率が高い。

この「なか川」の広島麺シリーズは大竹市の「TSUTAYA」(元フタバ図書)で買える。1つ 287円。
ちょっと高いカップ麺くらいの値段でこの味なら満足だと思う。見つけた人はぜひ買ってみるといいでっせ。

先週金曜日、山口市内で高P連の研修会が16:20頃まであったんだけど、18:00から周東町で「高森みどり中学校の存続を求める会」の会合があったので即撤退。
まだ通勤時間帯には少しだけ早かったおかげか順調に車は進み、下松SA(上り)でトイレ休憩をしたのは 17:10であった。

これは、フードコートでなにか食えるんちゃうか?

20230120_ankake1.jpg
ええ、ええ。これが肥満児の思考なのよ。少しでも時間があれば、某かの飲み食いができるのではないかと。
この間(あの教育長との2時間20分に及ぶ無駄な面会の帰り)、疲れ切ってて「パリっ細そば」で口の中を大やけどしたからな。リベンジや!!←単に、飯を食う言い訳(笑)

というわけで、最初は「パリっ細そば」を考えてたんだけど、入り口の看板に魅力的なものが。
それが、「あんかけラーメン やわっ中そば」880円也である。
「パリっ細そば」などと同じ中華餡がかかったラーメン。下松SA(下り)の中華餡はなかなかイケるんだよね。

で、やっぱりなかなかイケました。
麺が、黄色い縮れ細麺なのがちょっとアレで、味もあんまり好みではない麺なんだけど、これ、熱々の餡がかかっていても伸びない麺だよね。
味はいまいちだが、たっぷり餡を絡めてずずずと啜ると、熱々、うまうま。

やっぱ、下松SAは「下り」より「上り」の方が食い物は美味いな。

そして、18時から「高森みどり中学校の存続を求める会」の会合。間に合った。
役員の方々から「山口市からとんぼ返り、お疲れ様」などと労っていただき、実は下松SAで飯食ってきましたわ・・・とは決して言えない俺なのであった(^^;;;
先週金曜日は県公立高校PTA連合会の研修会が山口市であったので、午後から休みを取って移動。
あまり時間がなかったので、昼飯はいつものように下松SA(下り)のフードコートで摂っていくことにした。

昨年の11月に安佐SA(上り)で食べたチャーシューメンが俺的にまったく満足できない・・・というか、まあ、オブラートに包んで言うのもあれなのではっきり言うと・・・不味かったので(^^;、それ以来SA/PAの醤油系ラーメン(醤油とんこつ等含む)にまったく食指が動かない。

20230120_kudamatsu_kudari1.jpg
下松SA(下り)の牛骨ラーメンや星斗ラーメンにもまったく魅力を感じない。以前食ったときは意外に美味かったのに(笑)
ああ、あの日の安佐SAショックは未だ拭えず・・・

というわけで、今回も丼ものの「牛ステーキ丼(味噌汁・漬物付)」1,200円也を注文。

・・・が、失敗だった。

肉が決定的にダメです(^^;
アメリカ産牛肩ロースらしいのだが、硬い!!硬いよ!!なんだ、この肉。
いや、別に霜降りステーキが食いたいわけじゃないんだ。肩ロースだって柔らかく焼く方法はあるし、少なくとも筋切りくらいはせえよ。

1,200円のステーキでそこまでできんなあと言うのなら、こんなメニューを提供するのをやめちまえ!ステーキを出す資格が無いわ、資格が。

端っこの方にけっこう大きな筋の塊があって、ガリ、ゴリっと噛んでも全然噛み切れん。飲み込むこともできん。俺、口の中で長い間咀嚼してると吐き気がしてくるんだよ。最終的に、ご飯と一緒に無理やり飲み込んだわっ!

・・・と、SAで肉食うのが怖くなった。ラーメン駄目、丼もの駄目・・・で、もう、下松SA(下り)で注文できるのはカレーかうどんくらいしか無いぞ(^^;
先週火曜日、午前中に広島で打ち合わせがあったので、久しぶりに昼飯を広島で。
「得」のお好み焼が食べてぇ~と思って横川に移動したのだが、そうか、火曜日は「得」の定休日だった・・・

というわけで、しばし横川商店街を放浪・・・

20230110_kusukusu1.jpg
そしたら、以前「喜笑家くすくす 横川店」という居酒屋だったところが、「クスクスラーメン YOKOGAWA STORE」に変わっている。

元々、「クスクスラーメン」は「くすくす」がやっているラーメン屋で、横川でもランチタイムだけ営業していた。夜は居酒屋に戻る。
この新型コロナ禍で、居酒屋の方は撤退してしまったということだろうか?まあ、「クスクスラーメン」の方が残ってくれていれば俺は嬉しいけど(笑)

「クスクスラーメン」は「二郎インスパイア系」のラーメンを出す店だ。
本物の「二郎」と違って(・・・って、俺もネット情報でしか知らんけど(笑))、店員の若いお兄ちゃんたちの接客も良くて気に入っている。とか言いながら、来たの、3年ぶりだけど(^^;

店は11時オープン。11:15に訪店した。
以前はカウンターで注文時に前払いで料金を払っていたが(3年前)、今は入り口に券売機が置かれていた。
今回選んだのは「にぼし二郎系ラーメン!ニボシのすべてが入ったスープはセメントグレー!Rオニオンと白髪ネギがいいアクセントに!」と説明されている「クスクスラーメン ニボシグレー 並(麺180g)」1,000円也を。

出てきたチケットの「ヤサイ マシ」「ニンニク マシ」「アブラ マシ」の全てにピンクの蛍光ペンでチェックを入れて大将に手渡す。これらは全てサービスで無料だ。
この日は午後からリモートワークの予定だったので、ニンニクも遠慮なく「マシ」である(笑)

で、スープだが、特に「セメントグレー」ってことはなくて、普通に茶色い。でも、確かに濃厚なニボシの香りがして食欲がそそられる。「ニボシグレー」にしたのは正解だった。
ただ、ニボシの香りを楽しめたのは最初の数口だけであった。ほどなく、「マシたニンニク」の風味に全て駆逐されてしまった。醤油スープの旨味をニンニクの風味が後押しする、普通に美味い「二郎インスパイア系」のスープになってしまった。ニンニク強ぇ~(笑)
そうそう。ピリ辛の玉ねぎは最後までニンニクに抗って、ぴりぴりとしたさやかな刺激を与え続けてくれた。玉ねぎも強ぇ~(笑)

20230110_kusukusu2.jpg
いやあ、しかし、「ヤサイ マシ」は今後はやめておこう。
これが加齢というものなのか、すっかり「ヤサイ(もやしとキャベツ)」だけで「空腹の半分は満たされてしまう」ようになってしまった(^^;; 途中から、あの極太の麺をすするのがきつくなってしまった(^^;;
というか、二郎インスパイア系のラーメンを食べるたびに思うのだが、あのスープを使って、普通の中太ストレート麺で作ったラーメンが食べてみたい。絶対それでも美味いと思うがな。

と、久しぶりのクスクスラーメンに少し手こずりながらも、しっかり堪能することができた広島でのランチであった。

そういえば、3年前はノーマルなクスクスラーメンが一杯 850円だったが、950円に値上がりしていた。
材料費の高騰によるものかね?できれば、値上げ分がスタッフたちの給料に反映していればいいんだけど。
昨年12月10日の呉市で屋台に入った話。第二弾。

一軒目に入った屋台で思ったほど飲み食いできなかったので(大将のワンオペで、なかなか料理が出てこなくて(^^;)、翌朝仕事で 3:30に現地入りの予定だったのだが、ついつい二軒目に・・・

といっても、最初に入った店「大和亭」のすぐ隣の屋台なので、徒歩0分である。

「大和亭」はいわゆるブランド酒は置いてなかったので、呑んだのは「ビール」と「黒霧島」のみ。なので、「せっかくだから呉の日本酒飲んでいきたい」という俺の飲酒欲もあっての二軒目であった(^^;

んで、二軒目「もつ焼き 三ちゃん」。最高だった(笑)

20221210_sanchan2.jpg
大将と呼ぶには若い兄ちゃんと、話がむちゃくちゃ盛り上がって(笑)
で、店の奥のテーブルに座っていた若いお姉ちゃんが、俺みたいなおっさんの話にもケラケラ笑ってくれるのよ(笑)
ありがたや、ありがたや。観音様じゃあ。(昭和の親父がストリッパー嬢の股間に手を合わせて拝んでるようなセリフ(^^;;;)

本当に楽しかったぁ。おかげで予定より長居してしまい、翌朝早起きするのがキツかったけど(^^;;;

ただ、恐ろしいことに、大将や女の子(多分、バイトの子だけど、店が混んでなかったので休んでた???)との会話がむちゃくちゃ楽しかったという記憶しかない。
何を話したかとか、どんな酒や料理を頼んだかという記憶がほとんどない。会話に夢中で写真もあまり撮ってない。熱燗と焼いたコウネ(牛肉の肩バラ肉。広島の人はコウネが大好き(笑))は写真が残っていたので思い出した。熱燗がむちゃくちゃ熱くて、お銚子が持てなかったんだ(笑)

あと、俺が柔道部だったという話から部活の話になり、「SLAM DUNK」の話題が少しだけ出たような・・・。記憶はそこまでである(笑)

いやあ、でも、本当に大将の兄ちゃんは接客もきちんとしていて良い屋台だったよ。また行きたいな。

あ、そういえば、大吟醸とかの冷酒で飲める日本酒置いてなかったな。いわゆる本醸造酒ってやつだけ。そこは残念だった。ああ、最後の最後にネガティブな記憶が蘇ってしまった(^^;;;

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち酒とか食べ物とかカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは趣味の世界です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2023年2月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら