酒とか食べ物とかの最近のブログ記事

いや、まだ鈴木誠也、移籍してないけどな。でも、もう確実に巨人に行くよね、この冬に。もしかしたら、大リーグ挑戦のために、もう一年広島という可能性もなくはないけど、巨人が一番可能性高いんじゃないかなあ???

20201018_kenminsakaba.jpg日曜日のカープ勝利後に、まず祝杯をあげるために訪れた広島駅前レンガ通りの「広島県民酒場」のマスターと話したのは、そんな寂しい話題だった。

広島駅方面で飲むことが少なかったので県民酒場に来るのも一年ぶりくらいだ。正直、もう無くなってるかな?と思ってたんだけど(失礼な(^^;)、そこに広島の名物を列記した赤い暖簾は掲げられていた。
持ち堪えてたか!!!いいぞ、いいぞ!

カープの帽子をかぶり、首にカープ坊やの刺繍されたタオルを巻いた俺を見て、「ズムスタ行かれてたんですか?」とマスター。

「そうそう。5-0 で勝ったよ。こういう一方的な試合がええねえ」「鈴木がホームラン打ってましたね。あと 2本くらいでホームラン王に並ぶんじゃないかなあ?もうチームもほぼBクラス確定だし、せめて個人タイトルを取らせてやりたいですよね」「そうじゃね」みたいなやり取りから、「でも、今年で誠也は巨人行くんでしょうね」「そう考えると、個人タイトルなんか取らせたくないな(笑)」と雲行きが怪しくなる(笑)

「嫁の畠山愛理が早く東京に帰ってきてとか言いよるんじゃろう!!許さん!!」「カープ好きなのに、ファンと球団への恩返しのために"一生ホークス宣言"をしているギータを見習え!!」「もう誠也出さんでええけえ、若手使え、若手を」など罵詈雑言を吐き出しながら、せんじがら、花ソーセージ、広島菜の漬物などをつつき、サントリーモルツをやったのでありました。

誠也、俺は悲しいよ!

祝いの酒のはずが・・・涙酒(^^;;;。しかし、揚げたてのせんじがら、むっちゃ美味いな(笑)。だから、まあ、明日からまたしっかり生きていこう。誠也のいなくなったこの街で(笑)
俺が、ただ一人愛する相手、俺、そう、それは俺。その愛する俺のために毎朝作る弁当。それが愛妻弁当ならぬ、「愛俺弁当」なわけですが、以前はちょくちょくブログにもアップしていたのに、最近は全然見ない。そう寂しい思いをされている「愛俺弁当」ファンの方もいらっしゃるでしょう(笑)

20201017_aiorebentou1.jpg
ええ、大丈夫。心配には及びません。ちゃんと続いていますよ。

昨日は月に一、二度ある土曜日の出勤日でした。
一応、ちゃんとした勤務なんだけど、いつもはできないレイアウト変更を行ったり、女性陣は車でランチにでかけたり、なんとなく開放的な雰囲気があります。俺も10月に入ってまた巻き始めたネクタイをはずして。

そんな日の俺の「愛俺弁当」も、いつもとはちょっと趣を変えて・・・「チャーハン弁当」です。
ただのチャーハンじゃありませんぜ。平日の通常勤務では許されない「ガーリックチャーハン弁当」です(笑)

そこに、ウィンナー、炙ったタクアン、オイスターソースで炒めたピーマンを添えて。

昼に弁当箱を開けた時の俺の驚く顔を想像しながらフライパンでチャーハンを炒めていたときにはわからなかったんだけど、冷えたガーリックチャーハン・・・にんにく臭ぇ~(^^;;;

 でも、うめぇ~

いやぁ、いいですなあ。にんにくの香るチャーハンを職場で貪る幸せよ。

ただ、ランチから返ってきた女性陣が「空気入れ替えよ~」と言いながら周りの窓を開けだしたのって・・・・俺の愛俺ガーリックチャーハン弁当が原因ですか?(^^;;;
開店前から「らぁめん 彩龍」に並んだのは初めてだった。

息子の勤務先から出ていた外食禁止令が解除されたので、久しぶりに二人で「彩龍」へ。
14時すぎには会社の寮へ帰らないといけないというので、初めて 11時前という早い時間から店を訪ねたのである。

20201012_sairryu1.jpg11時の10分前。既に行列。札を取ると 13番目だった。コロナ禍後、ソーシャルディスタンスのために席数が減らされているが、それでも 52席あるそうなので、まあ、大して待たずに入れそうで「ホっ」である。

11時になると大将が出てきて、いかにチャーハンを作るのが辛いか、チャーハン以外にいくらでもおいしいものがあるのだということ、コロナ対策のため、入口で手洗い、入店後アルコール消毒するのを徹底してほしい旨の話があった。
チャーハンの件では、皆事情を知っているので笑いが起きる。

なるほど、11時前から並ぶと、こういう大将のパフォーマンスが観れたのか(笑)

で、ここで財布を忘れていたことに気づき自宅と往復。途中、70cmくらいの段差から飛び降りたらバランスを崩し転倒。新437号線から旧437号線につながる道の上をごろごろと転がった。
多少の擦り傷はできたが、中学時代柔道やっててよかった!!
そんなアクシデントに見舞われつつ財布をもって彩龍に戻ると、ちょうど息子が入口にさしかかったところだったので無事合流。

この日の俺は、キムチラーメンでチャーシュー丼セット。息子はネギラーメンで唐揚げ定食。
ママさんに「目があったんでチャーハン頼めんよ」と冗談を言ったら、「ええんよ、チャーハン頼んで。食べたいものを頼んで」と気を使わせてしまい申し訳なかった(^^;;;

いや、マジで最初からチャーシュー丼を頼むつもりじゃったんよ。息子も、だいたい唐揚げ定食だし。
ここのところ、何軒かのラーメン屋でチャーシュー丼頼んだんだけど、満足いけるものに出会えてなかったしの。

20201012_sairryu2.jpg
そして、ああ、やっぱり彩龍のチャーシュー丼、最高
たっぷりと盛られた(娘が小さいころ「ホイップクリーム?」と聞いてきたほどの(笑))マヨネーズとチャーシューをガシガシと混ぜ合わせて、グワっと箸ですくって口の中に。グハ、ガハ、ワシワシと咀嚼する。
甘いチャーシューのタレと、マヨネーズの親和性の高さよ!!シャキシャキの野菜も良い!!

ラーメンスープをお茶がわりにすすりながら、チャーシュー丼を掻き込んでいく。大将には怒られそうだが、時にはチャーシュー丼の方が主役ではないかと思ってしまうほどの存在感だ。

ああ、うめえ。寿命は多分 6日分くらい減ってるけど(笑)

でも、転んでできた傷は、チャーシューのエキスとマヨネーズの力で早く治る気がする(笑)
先日、10ヶ月ぶりに周東町西長野の国道 2号線沿いにある「ラーメンファクトリー」を訪ねた。
まだ 11時30分頃だったのだが、駐車場にはけっこうな数の車が停まっていた。相変わらず人気店なんだなあ。

20201001_factory1.jpg
この店がオープンしたとき、あの名店「のぉくれ」の血縁者がやっている店ということで俺もすごく期待した。しかし、初めて訪店した時に注文した「塩」はなんか散漫な味で、家族の誰も「またあそこに行こう」と言い出すことはなかった。なので二度目の訪店はなかったのだが、先日、昼飯を食おうと熊毛の「ラーメンショップ」に向かっている途中、車の多さにびっくりして訪店してしまったのだ。

もしかしたら進化しているのかもしれない・・・と。

が、もちろん、何度でも言うが俺は別にラーメンマニアでもなんでもない。ここでマニアなら前回と同じ「塩」を頼んで味を確かめるのかもしれないが、俺がそんなことをするはずもない。そもそも、偉そうに「味を確認」なんて、店に対して失礼にもほどがあるだろう。

ま、実際は券売機で「鶏白湯ラーメン」の文字を見て、注文せずにおられんかっただけですが(笑)

俺、鶏白湯スープのラーメン大好き。4~5年前からけっこうラーメン業界で鶏白湯スープが流行ってるよね。いい流れやね(笑)
俺の時代、来た?

「鶏白湯ラーメン」850円に、「チャーシュー丼(小)」380円を添えて。

いやあ、よかった。鶏白湯ラーメン、美味いよ。これ、擦り下ろしたにんにくが小皿で付いてくるんだけど、これはもう全部投入しちゃったほうがいい。にんにくとの相性バツグンのスープなのだ。
というか、そのままでも美味いんだけど、「塩」で感じたような味の散漫さをごくわずかだが感じる。これがにんにく投入でピシっと引き締められるような、そんな印象だ。

なにせ、最近は皆コロナ禍でマスクしてるから、真っ昼間からにんにく食べやすくなったよね(笑)

20201001_factory2.jpg
ただ、麺は俺好みじゃないんだよなあ。
これ、極細の博多ラーメンの麺みたいな低加水麺をそのまま中太にしてるような感じ?だから歯に貼り付くような感じがあるのかね?それが少し不快だった。

でも、ほんま、俺的に全体的には高評価。また食べに行きたい、鶏白湯ラーメン。

あ、いや、麺以外にももうひとつ不満があったのを思い出した。それは、店内の匂い。あれ、なんなんかね?豚骨の匂いが立ち込めている店というのは時々あるが、ラーメンファクトリー店内はなんか鶏糞みたいな匂いが立ち込めていた。鶏ガラの匂いなんかねえ???
最初、自分の口臭かと思ってハーってしてみたが、俺の口臭は店内の匂いとは違う系統の悪臭だった。よかったぁ~(え?)
先月18日。午前中休みをもらって、周東総合支所に狩猟者登録に行ったあと、もうまっすぐ会社に行かないと間に合わない感じだったので(最初は一旦家に帰って飯を食おうと思っていた)、近場で飯を済ますことにした。

20200918_iccho_1.jpg
久しぶりにラーメンショップという線も考えたのだが、やっぱり時間的余裕がなかったので、支所から車で 1~2分の「らーめん 一丁亭」へ。

注文したのは、「豚骨魚介らーめん」847円。いつものやつだ。前にも書いたが、俺、別にラーメンマニアでもなんでもないので、その店のスタンダードなラーメンなんか糞くらえである。「その店一番のこってりラーメン」を注文するのが俺にとって是だ。

しかし、この日の俺はどうかしていた。
「豚骨魚介らーめん」を一丁亭の一番スタンダードなやつだと何故か思い込んでいたのである。「いつものこってりラーメンはやめて、今日はあまりこってりしていない豚骨魚介らーめんにしよう」と。
ちがーう、それはこの店の「こってり」ラーメンやで!この店のスタンダード、一番シンプルなラーメンはは「一丁らーめん」、あるいは「しょうゆらーめん」やで。

そうして、気分だけは「さっぱり醤油ラーメン」を注文したような気になっていたので、「ラーメンのカロリーがいつもより少ないので当然焼めしを・・・いや、いつもよりカロリー少ないので、更に餃子を付けてもいいのでは?」と(^^;
+418円で「焼めし+ぎょうざセット」、いってしまいました・・・(^^;

結局、いつもの高カロリーな一丁亭での昼食に、さらにカロリーが追加された結果となったのでありました。

この誤りに気づいたのは数日後のことだった・・・(^^;

20200918_iccho_2.jpg
ま、いいさ(笑)
というのも、一丁亭の餃子、美味いね。俺好みの味だわ。日頃餃子まで頼むことがあまりないので気づかなかった。

あと、最近は(ここの店は化学調味料を使わないからか)味が以前(って、開店した頃の話だけど(笑))に比べて良く言えばまろやか、悪く言えば味がぼやけてる感じを受けてたんだけど、この日の豚骨魚介スープは美味かった。
味の改良があったのか?、スープが会心の出来だったのか?、実は餃子と相性が良いスープなのか?(笑)

なんにせよ、一丁亭の「三種の神器」で幸せな昼食時間を過ごしたのであった。おかげで客先に入るのが遅れそうになり、席についたのは午後の業務が始まる一分前であった。
土曜日は家の用事と、サラリーマン時代の先輩と飲む予定があったので昼から広島へ。

休日に広島に出るのも久しぶりである。

20200919_soba1.jpg
買い物のために紙屋町界隈をフラフラしていたのだが、そういえば昼飯を食ってなかったなあと思い近くで飯を食うことにした。
この日は朝、書斎のレイアウトを変えるために ONU の電源を一度落としたら二度とインターネットに接続できなくなり、昼飯時を挟んで 2時間以上あれこれ対応していたのだ。そのため、昼飯も抜けてしまっていた。

というわけで、腹をすかせて暖簾をくぐったのはシャレオ内にある蕎麦屋「羽前そば道場 極(きわみ)」である。
ずいぶん前に一度来たことがあるような無いような・・・
かすかな記憶をたぐりながら席につく。

とりあえず酒である(笑)

メニューを見ると、この時間(15:30 頃)は「卵焼き」などの酒の肴になるサイドメニューは一切やっていないようだ。
この時間帯のスタッフは、蕎麦は茹でれるが調理は出来ない人ばかりなんだろうなあ。だし巻き卵とか焼き鳥とか、蕎麦屋の肴も目当てだったが仕方がない。

酒+突き出しの一品で 500円というのがあったのでそれを注文する。
酒は蕎麦焼酎の「雲海」をお湯割りで。

蕎麦焼酎は(紫蘇焼酎ほどではないが(笑))好きではない。もちろん飲んだことはあるが、あまり香りとかよくわからないので興味が無いという感じだ。
しかし、蕎麦屋で飲むとなんか美味く感じるな(笑)

最初は酒だけと思っていたが、胃が刺激されたせいか、また空腹感が蘇ってきた。

「板そば」780円を一枚。

20200919_soba2.jpg
ちなみに、「板そば」というのは山形の蕎麦のようだ。初めて知った(笑)。会合などの〆に食べる縁起物の田舎そばのようだ。
田舎そばにしては蕎麦殻の黒いつぶつぶとかはあまり目立たなくてきれいだし、品のある味だな。というか、あまり香りがない。店のメニュー用に洗練しすぎたのか?(^^;

それに、バリカタラーメン並に麺が固い。いや、もう、腰があるというレベルじゃないやろ(^^; 固すぎて啜れんがな(^^;;; ゴワゴワや(^^;;;

家に帰ってブログを検索してみたら、やっぱりちょうど 9年ほど前に訪店していた。そして、その時の感想も「蕎麦を持ち上げてもすっと麺がのびないくらいのガッチガチ。蕎麦通じゃない俺には啜りにくいほどだ(^^;おかげであんま喉越しを楽しめなかった。」であった。

今度行くことがあったら、温かい蕎麦を頼もう(笑)
今年はコロナ禍のために、コンサートを2つカープ観戦のチケットが全部払い戻しになった。

そして今月、楽しみにしていたもうひとつのイベントが中止に。

「徳山駅前ビアフェスティバル2020」である。

20200826_ticket1.jpg
2020/09/26(土)に徳山駅北口駅前広場で開催予定だった。

前売 3,000円で山口県内のクラフトビール飲み放題のフェスである。飲み仲間のN◎君と参戦予定だった。

我が岩国のアーチブルワリーも 3銘柄出品予定であった。あ、由宇町のマイヤーブルワリーも。由宇にブルワリーあったんだ。

去年もやってたんだけど、仕事の用事があって行けなかったので今年は楽しみにしていたのだ。
屋外で開催されるイベントだから、コロナ感染リスクも低いと思ったし。

しかし、8/26に中止が決定。購入していたチケットは払い戻しとなった(^^;;;

残念・・・

このチケットの写真を見てもらえればわかるように、整理番号 3と 4である。俺らの前には二人しか前売り券を買っていなかった。
俺らの力の入れようもわかろうというものだ・・・(笑)

10/11(日)には山口市の井上公園で「第8回湯田温泉酒まつり」があるんだけど(まだ中止にはなっていない)、さすがに山口市は遠いな・・・
車で行ったのでは飲めないし(笑)
「DX」というラーメンが美味かったので、八丁堀の「ラーメン考房 海風堂」を再訪した。

20200911_kaifudo1.jpg
もう、広島に行く用事が出来たときからその気満々で、この日は夕方からお客さんと数件の打ち合わせがあったのだが、始める前には「ラーメン屋が開いている時間内に終わる形でお願いします」と強くお願いしたほどだ(笑)
まあ、海風堂は平日は 22時まで開いてるようなので大丈夫なはずなんだけど、コロナ禍以降、早めに終わらせちゃう店も多いからな。

そして、すべての仕事を終え俺が海風堂を訪店したのはちょうど 20時頃であった。

この日は、「DX」以外のラーメンを注文してみるつもりだった。
先のエントリーで、俺はラーメンマニアでもなんでもないので、その店の一番こってりしたラーメン以外興味がないと書いたが、それは初見の店の場合である。
その店一番のこってり系ラーメンを食って気に入ったら、その店の他のラーメンの味も気になる。実力を知りたくなるというわけだ。

そこでこの日俺が注文してみたのは「トンコツ塩らーめん」730円である。これに、「ミニチャーシューご飯」260円をつける。炭水化物に炭水化物をぶつけてカロリーをゼロにするのだ。物理に詳しい人はご存知だろうが、「小麦の麺(粒子)」と「米の飯(反粒子)」をぶつけることによって生じる炭水化物の「対消滅」である。

まあ、その説明は長くなるので省くとして、お味の方は?

20200911_kaifudo2.jpg
うーん・・・普通(笑)。
いや、塩トンコツと名乗るスープの中ではかなり濃厚な部類で俺好みではあるのだが、でも、まあ、そんなに際立った個性というのは感じないなあ。
多分、トンコツがだめな人は本当にだめだろうってくらいしっかりトンコツ臭がして、九州方面の人には良いかもしれない。ただ、俺に対しては「もう一度食べたい」と思わせる訴求力はなかった。

ミニチャーシューご飯は「もやし丼?」ってくらいもやしが乘っていて、これももやし好きにはたまらんのかもしれんけど、俺が苦手な「太くてシャキシャキ」系のもやしだった。俺、普通の細いもやしが好きなのよね。シャキシナ食感の。
それに、「彩龍」のマヨネーズたっぷりのチャーシュー丼が好きな俺にはいまいち物足りない感じ・・・

というわけで、海風堂は「DX」を食べに行く店かな・・・
トンコツ醤油と汁なし担々麺はまだ食べてないけど・・・
7月からお世話になっている今の職場でも、すっかり俺の「LEE 好き」は知れ渡ってしまい、「大竹のコスモスに 30倍売ってたので、5箱ほど買っておきましたよ」とわざわざ職場の人が買ってきてくださったり・・・(^^; ほんと、すみません。ありがたいです(笑)。いい職場だぁ~(笑)

まあ、そういう状態なので未だ LEE x30 のストックが尽きることなく、満ち足りた激辛カレーライフを送っております。

なので、当然外食でカレーを食べることも無いんだけども、先週は久しぶりに CoCo壱番屋で食事をしたのであります。

営業の代行をお願いしていて(とてもじゃないが、新規営業に回ってる時間なかったので(^^;)、今の仕事を取ってきてくれた営業さんが、「たまには一緒に飯食いながら情報共有しませんか」と誘ってくれたので、職場からも近い「カレーハウス CoCo 壱番屋 大竹南栄店」で男二人のランチを楽しんだのです。

20200903_carry.jpg「営業さん」なんて言うと、俺と同い年くらいのスーツをバシっときめたバリバリの営業マンを想像するかもしれませんが、実際のところは俺の子供と言ってもいいくらいの若い兄ちゃんです。

俺がメニューを開いて、「さて、このお高いカレーにするか・・・、こっちの普通の値段のにするか・・・」と悩むポーズを決めていると、「おごります。会社の経費で落とすので大丈夫です」と営業氏。

そうでしょう、そうでしょう(笑)。営業だからね。
「じゃあ、こっちのお高いやつで。『大人のスパイスカレー THE エスニックアジア プラス 2個カキフライ』って、1,179円のを頼みます」「はい。大丈夫です

ということで、期間限定メニューのエスニックカレーを。
しかし、他人のお金とはいえ、1,000円超えるカレーにはびびる(笑)。

でも、やっぱ専門店のカレーは美味いな。「爽やかな酸味と辛み 柑橘ハーブソースがアクセント。」というカレー。ぴりぴりとスパイスも聞いていて、心地よい辛さがある。無茶辛いわけじゃないのに刺激的って感じか。確かに、この複雑な味は LEE にはないものだけど・・・

ま、やっぱ LEE でいいかな(笑)。確かに美味いけど、250円出せば LEE が食えるのに(笑)1,179円はなぁ~
横川で食堂三軒連続で飯にありつけなかった話のつづきなんだけど、ボールペンのまとめ買いをしようと思って東急ハンズに行ったので、その周辺で昼飯をとることにした。
さすがに八丁堀界隈であればいくらでも"めし処"はある。

20200828_kaihuudou1.jpg気分は横川を彷徨っていたときからすでにラーメン。
そして、ハッと思い出した。以前から行こう行こうと思いつつも行けていなかったラーメン屋のことを。

八丁堀の「中華そば専門 ちから」の横にある「ラーメン考房 海風堂」である。

ちょっとビルを入ったところにあるのと、入口から店内が全然見えないため、何度か訪店を試みたものの、直前で怖くなって(なぜ?(笑))となりの「ちから」に逃げ込むということを繰り返した。
しかし、この日はすでに横川で 3軒も弾かれた後である。もう俺に怖いものは何もない!

ということで何事もなく(当たり前)無事入店。

以前も書いたことがあるが、俺はラーメンマニアでもなんでもない。美味いものが食べたいだけなので、初めて訪店するラーメン屋でも「まずはレギュラーなラーメンでこの店の実力を」的な失礼なことは一切しない。
ただ、「とりあえず、その店で一番こってりしたラーメンちょうだい」である。

だから、注文したのは「トンコツ醤油らーめん」でもなく「トンコツ塩らーめん」でもなく、「DX」である。
Double flavor Xlarge pork ramen の略のようだ。「DX」ってなんて読んでいいのかもわからん。でも、心配ご無用。この店は食券制だ。黙っておばちゃんにチケットを渡せばいい。そして答えは「ディーエックス」。そのままだった(笑)

給仕のおばちゃんに「ニンニクは?」と聞かれたので「多めで」と返す。「はい。ニンニクましね」とおばちゃんが大将に伝える。ラーメン王・石神も美味いとほめている店のようだ。まあ、それはどうでもいいけど(笑)

20200828_kaihuudou2.jpg「DX」は所謂「二郎インスパイア」系のラーメンのようだ。

濃い目の醤油とんこつスープ(鶏も入ってる?)に細めのうどんのような極太麺が絡む。
なにが Double flavor なのかは「マシ」にしたニンニクの香りでよくわからないが(^^;、いやいや、なになに。このスープがニンニクとむちゃくちゃ親和性が高くて、もう、最高に美味い。

これだよ、これ。なんかよくわからないけど美味けりゃいいのよ(笑)。一発でファンになってしまった。

よしよし。夜もやってるな。さっそく何か広島での作業を受注して、再訪する機会を作らなきゃ。
美味いラーメンは仕事のやる気を奮い起こしてくれるわぁ(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち酒とか食べ物とかカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは趣味の世界です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2020年10月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら