酒とか食べ物とかの最近のブログ記事

先週土曜日。翌日の仕事のために庄原まで下見に向かう。

途中、いつもの(笑)中国自動車道安佐SA(上り)で昼食を取る。
安佐SA(上り)は麺類の質もそんなに悪くないし、メニューも豊富でなかなかお気に入りである(上りはね。下りのラーメンは・・・ご勘弁 (^^;)。

今回は、前回蒜山に行ったときにスタッフの一人が食べていた「カレーカツ丼セット」1,100円で。
前回は別のメニューを選んだんだけど、他人が食べているのを見ると、なんか美味そうだったのよね。

20231125_katsucarry1.jpg
ただ、注文したあと、「もしかして、これって単にカツカレーを丼に入れただけでは?」という疑念が湧き、そうであればミニうどんが付いているとはいえ、1,100円の価格はどうなん?950円くらいにしときなさいよ!とか思っていると、俺の番号を呼び出す声が。

実物とご対面。

これは「単なるカツカレーの丼版」ではなかった。
カツ丼にカレーがかかったものであった(笑)

カツは玉子でとじられ、カツの下のカレーがかかっていない部分の白飯を食べてみると、ちゃんとカツ丼の汁がかかってるやん!!(笑)

これ、カレーカツ丼と普通のカツ丼の味が両方楽しめるハーフ&ハーフや(笑)
面白いので、1,100円の価格も許す。

いやぁ、こういういい加減でジャンキーなメニューが SA/PA メシの醍醐味だと思うのよ。満足しました。

あ、ただし、ミニうどんは不味し、不味し。前回も思ったんだけど、なんか汁が生くさいし(わかめの香り?)、入ってるネギもちょっとネギ臭すぎる。固くて、あんまり良いネギじゃないんじゃ?
うどん好きとしては悲しかったのである。あの、海苔だかわかめだかわからない海藻、入れないほうがいいと思う(^^;
「カレーハウス CoCo壱番屋 大竹南栄店」で協業先の営業マン氏との恒例のランチミーティング。

おごりのカレーなのでいつものように限定メニューを(笑)

「数量限定。なくなり次第終了」の「THE海老カレー」を、「フィッシュフライ 1本」「ハーフなす」のトッピングで。税込み 1,218円也。

20231120_coco101.jpg
俺はエビが好きだ。いや、まあ、皆好きだよね?俺なんか太ってるからプリン体多いエビは痛風の危険を孕んでいる・・・と長い間思ってたんだけど、なんか、甲殻類はコンドロイチンの素材になるグルコサミンを多く含んでいるんで、膝の軟骨には良い食べ物なんだって。

ほんと?いや、もう、何を信じて良いのやら・・・

一応、健康のためにシーザーサラダもつける。ちゃんといつものように会議費の予算内だ(笑)

ああ・・・ルーに浸かる大量のエビの姿・・・幸せ。

しかし、白身フライがルーを吸ってしまうためか、なんか最終的に少し白飯が残ってしまった。残念。

それと、限定メニューって辛さ指定できんのかね?辛さ聞いてこないからノー指定だったんだけど、やっぱ辛さが足りん。指定してみればよかったな。
まあ、人見知りの俺にはハードルが高いが、人間とは育つ生き物だからな。次は辛さ指定へ。聞かれなくても辛さ指定を(笑)
祝日前の水曜日。少し早いのだがお客さんところの忘年会が開かれたので参加してきた。

場所は「いろり山賊」の奥、「桃李庵」である。

内容的には山賊で一般的な「名物コース」+飲み放題ではないかと思うんだけど、なんかいつもより迫力を感じるぞ(笑)

何かというと「ひちりん」の肉、皇牛だね。

俺も何度も山賊の宴会コース料理は食べてきたけど(基本、一番安いやつね(笑))、なんか、肉がデカくない?
通常は四角く切られたアレじゃん(アレと言われても、山賊で宴会をされたことのない人にはわからないだろうが(笑))。それが、なんかいつもより大きな肉が畳まれて皿に並べられてるのよね。

20231122_sanzoku1.jpg 20231122_sanzoku2.jpg 20231122_sanzoku3.jpg

いやあ、満喫しました。いつもよりでかい肉(笑)。やっぱ皇牛、美味いね。旨味が濃いわぁ~

ところで、今回はお客さんのところの忘年会なので、俺は会社補助のようなのは無いから全額自腹。
事前に金額は聞いてなかったので、「肉がこんな立派だと、いつもより高いんじゃないか?」と零細企業社長の俺は恐怖でガクガクと身体が震えはじめたんだけど、すぐに「よし、それならそれで元を取ろう」と飲み放題チャレンジの方に心を切り替え、ビール、熱燗、焼酎とガブガブいかせていただきましたぞ(笑)

しかし、熱燗には笑った。始めて飲んだわけじゃないけど、あんなでっかい徳利みたいなお銚子だったっけ?しかも、まるで出陣前の武将のように浅い皿で飲む。そういえば忍者もんじゃもそうだけど、山賊のは陶器製だからな。渋い(笑)
で、この酒、銘柄は忘れたんだけど、熱燗でもガツンとくるアルコール臭(熱燗が苦手な人はたいがいこれが苦手なんよね?)がなくて飲みやすい。二本、ほぼ俺一人で飲んで空にしてしまった(笑)

結局、足元が若干ふらつくくらいアルコール摂取完了(笑)
これで元は取った。しかし、来週出社して会費を払うのが怖い・・・(^^;
日曜日は朝から広島に行って美術館めぐりをするつもりだったのだが、色々と用事が溜まっていたので順に片付けていっていたら昼に・・・。

20231119_iccho1.jpg
予定変更。今度は「今から広島出てもゆっくり美術館まわってる時間無いから、昼飯は彩龍のチャーシュー丼セットを食べて、それから徳山方面にでもツーリング&買い物に行こう」なんて考えていたんだけど、結局用事が全て片付いたのは 14時であった。彩龍、もうラストオーダー過ぎちゃったじゃん!(^^;;;

というわけで、14:30がラストオーダーの「一丁亭 周東店」へ軽トラのハンドルを切ったのである。

注文したのはこってり系ラーメンの「濃旨一丁」840円と「チャーシュー丼セット」350円。合計 1,190円也。
もう、彩龍のチャーシュー丼舌になっていたので、セットは外せなかった。

ところで、一丁亭って食券式だっけ?実は、一丁亭を訪ねたのが一年数ヶ月ぶりだったのだが、食券買わないといけないのがわかんなくて、店に入ってしばらくカウンターの向こうの若い男女のバイトの子とじーっと無言で見つめ合ってしまった。
俺としては、「どうぞこちらへ」とか「カウンターにどうぞ」とか、とにかく座る席を指示してほしかったのだ。

ついに沈黙に耐えられず俺が「あの、俺はどうしたら・・・」と聞くと、バイト君が「あの、まずは食券を・・・」と。「え?」と横を見ると、そこには食券機の姿が・・・
いや、それなりの大きさの機械だけど、食券式という認識がまったくなかったので眼に入らんかったわ・・・「人間の身体の不思議」やね(笑)

バイト君たちに笑われながら食券を渡し席に着く・・・恥ずかしい・・・この店に火をつけてバイト全員巻き込んで死ぬか・・・とも思ったが、腹が減っているので大人しくラーメンを待つ。

いやあ、やっぱ一丁亭のラーメン、美味いね。麺が良いよね。注文時にテンパっててカタメン指定を忘れていたのだが、しっかり啜り心地も喉越しも良い感じに茹でられていて、もちろん味も良い。
この店は「防腐剤、化学調味料は一切使わない」というポリシーだ。だからか、スープは濃厚こってりなのに、飲んだ後味は思いの外さっぱりしている。物足りなく感じる人もいるかも知れないが、まあ、全体のバランスは取れているので美味い。

20231119_iccho2.jpg
俺的にはチャーシュー丼がけっこう濃い味なので、スープがさっぱりしているのは嬉しかった。ガツガツとチャーシュー丼を喰らい、それをラーメンスープで胃に流し込む。ああ、幸せ。

欲を言えば、彩龍のチャーシュー丼のようにたっぷりのマヨネーズをかけて欲しい。この味なら絶対マヨネーズが合うわぁ~

でも、「防腐剤、化学調味料は一切使わない」という健康志向の店ではそれも叶わぬ夢か・・・
自前でマヨネーズを持ち込んだら怒られるかな?カウンター席ではこっそりやるのは難しいな。テーブル席になるように今度家族を誘うか・・・

マヨネーズをかけたいがために家族を連れてくるというのも、なんか人間としてのランクが下がるような気がしていやだけど・・・

誰か一丁亭、付き合ってくれんかなあ。マヨネーズのために(笑)

中国自動車道ってさ、PAには基本的にトイレと自販機しか無いのよね。
山陽自動車道感覚で、「腹減ったから次の PA でなんか食ってくか・・・」なんて思っても、中国自動車道の PA にフードコーナーなんかありません(断言)・・・知らんけど(笑)

いや、昨日も、吉和から山口まで中国自動車道を使って移動するのに、本当は吉和で昼飯食っていきたかったんだけど、時間がなくて、高速乗ってからPAで軽く食ってくか・・・と思ったんだが、深谷PA、朝倉PAと何もなし・・・
あるのはトイレの前の自販機だけ・・・中国自動車道の PA のあの寂れ具合は何なのよ(^^;

で、やっとたどり着いた鹿野SAにフードコーナーがあるのを発見したときの喜びと言ったら・・・(笑)

でも、メニュー少ねえ(^^; サイドメニューを別にすると、ラーメンとうどんとカレーだけかあ(^^;
鹿野高原豚のトンカツとかないのかあ!!NEXCO西日本~!!

というわけで、「鶏ガラ醤油ラーメン」790円+「半チャーハン」380円で合計 1,170円也。

20231112_ramen1.jpg
ああ・・・温かいスープが沁みる~。ほんま、中国自動車道走行で芯まで凍えた身体に沁み渡るわぁ~
俺、醤油ラーメンってあんまり好きじゃないんだけど、さすがに美味く感じるわ~

しかーし、麺が・・・茹ですぎ・・・

なんとなく、厨房のおばちゃん 2人を見て、「麺、やばそう」と思ったら案の定だった。俺、麺をちゃんと茹でれる人間を見極める特殊能力が身についたかも(笑)

まあ、スープの味は元々醤油スープがあんまり好きではないので正しい判断はできないが、魚醤の尾道ラーメンばりに濃厚な味で(背脂も入ってたんで、そっち方面の味を求めてるのかね?)、まあ、スープ収めた業者も良い仕事してるじゃんって感じだし、チャーシューも美味かった。でも、このゆるゆるの麺で全て台無しや~(^^;
俺、ほんと駄目なのよ、やおい(柔らかい)ラーメンの麺(^^; 冗談抜きで(今回のはそこまでじゃなかったけど)喉が受け付けなくてゲボっともどしそうになることもあるくらい・・・(^^;

というわけで、久しぶりの SA/PA メシでのラーメンだったんだけど、またしばらく SA/PA でラーメンは食べられそうにないなあ(^^;;;

ちなみにチャーハンは異常に胡椒が効いた独特の味だったが(いや、味は普通だけど、異常に胡椒がjかかっていた(笑))、まあ、これはこれで刺激があって良いので許す(笑)
30数年ぶりの TEAM TORTOISE HEAD のツーリング」のつづき。

20230909_sanzoku1.jpg9時に玖珂を出て、国道187号線を錦川沿いに北上し、昼飯を一燈銭(いろり山賊錦店)で食って帰るというショートツーリングである。

しかし、10時には「道の駅ピュアラインにしき」に着いてしまった。山賊まではすぐだ。いくらなんでも昼飯を食うには早すぎる。というわけで、周辺を少し走ってみることに。

道の駅を出てすぐに右折。国道434号線に入る。宇佐川沿いを走る気持ちの良い道だ。路面もそんなに荒れてなくて飛ばせる。もちろん、俺たちは大人の優良ライダーなので時速40km+αしか出さないが(笑)

深谷渓温泉のところで左折して宇佐川を渡る。県道16号線。ところどころ予期せぬアップダウンや路面の荒れ、一面の湿った落ち葉などヒヤっとする場面もあったが楽しい。深谷大橋もオートバイに乗ったままだと十分には景色を観れないが、それでも高度感はあって気持ち良い(笑)

20230909_sanzoku2.jpg深谷大橋を渡ると島根県鹿足郡吉賀町に入る。山口県の県道16号線から島根県の県道16号線へ。

ちなみに、県を跨いで県道が繋がっている場合、両方の県で県道番号を合わせるのが一般的らしいが、1994年に山口県側が県道74号線から16号線に変更するまで、この道は中国地方で唯一両県で県道番号が違う県道だったらしい。豆知識な(笑)

そして、六日市側から山賊到着。11:15。少し早いが、おっさん二人は一燈銭の暖簾をくぐる。

20230909_sanzoku3.jpg
身体を再構築中の空手家のあんちゃんは山賊うどんのみ。しかし、既に肥満を受け入れ、豚の中の一番の男、ピッグ・ワンとして生涯を全うしようと覚悟を決めている俺は、迷わず「山賊むすび」550円、「山賊うどん」660円、「山賊焼き」880円の三点セットで(笑)。合計 2,090円。王族の食事だな(笑)

食べる前は楽勝と思ってたのだが、食べ終わったあとは「しばらく動きたくない」という状況。そういえば、山賊で三点セット全部食べるのは何年ぶりだろう?だいたい、「山賊焼きは持ち帰るので包んで下さい」「あ、おむすびもお願いします」ってなるからな(^^;;

しかし、楽しいツーリングだった。

基本ソロツーリングだが、たまにこうして気心のしれた友人と走るのも楽しい。
こんなスポーツタイプのオートバイに乗れるのもあと10年ほどだろう。それまで、もっともっと楽しまないとな(笑)

焼き鳥好きの娘に、店で焼いた焼き鳥を食わせてやろうと「鳥獣GIGA」を予約して行ったんだけど、ここ、今どき珍しい「店内喫煙OK」の店で(それについては特に文句はありやせん。俺も20年前までチェーンスモーカーだったしね)、なんと、未成年者は入店不可なのね。

20231028_higyuu1.jpg
あとで調べたら、2020年4月1日に全面施行された「改正健康増進法」で受動喫煙による健康被害防止のため、「20歳未満は、来店客でも従業員でも喫煙エリアへの入室禁止」なんだね。飲食店は原則屋内禁煙。ただし、規模の小さい店であれば「20歳未満立入禁止」の旨が明記された標識を掲示すれば「全面喫煙可」にもできるようだ。

というわけで、行き場を失った俺たちは、「鳥獣GIGA」の向かいにあった焼肉店に電話。「予約してないけど入れますか?」と聞くと「すぐに入れます」ということ。予約なしで入れる店を探すのも大変な昨今。俺たちはその店で食事をしていくことに決めたのである。
それが、「炭火ホルモン焼肉酒場 飛牛」であった。

なんか、「最新の韓国の焼肉設備」を導入しているということだし、店員も韓国人(日本語は上手だったけど、時々「?」ってイントネーションがあったので、在日の人じゃなくて留学生?)だったんで、韓国の人がやってる店なんかね?

20231028_higyuu2.jpg
タブレットで注文するんだけど、時々エラーが出て、そのメッセージが中国の漢字(簡体字ってやつ?)なんで「中国人オーナーの店なんかな?」って話してたんだけど、多分、韓国人オーナーなんだろうなあ。

肉も美味かったし、値段もそんなに高くはなかったし、店員の対応も(後述する点を除けば)良かったし、席も取りやすいことを考えればおすすめの店なんだけど・・・おすすめはしない(笑)

なんでかって言うと・・・この店、マジで注文品が出てこねえ(笑)

以前、「福の花 岩国店」で50分待ってやっと料理が出て来たという話を書いたことがあるが、あれに次ぐ惨劇だったね(笑)。まあ、娘には異常にウケて笑顔が見れたんでよかったけど(笑)

飲み物が出てくるまでにも 15分以上かかったんだけど、テーブルのロースターに炭が入れられたのも席に座って 30分くらい経ってから(^^;;;
その後もなかなか注文品が出てこない状況が続き、さあ、もう帰るか・・・と履歴を確認すると、1時間以上前に注文したホルモンがまだ来ていないことが判明。
ここ、前述したようにタブレット注文なんで、注文忘れもないし、ちゃんと履歴にも注文が残っている。

20231028_higyuu3.jpg
嫁さんが店員に「ホルモン、まだ来てないみたいなんですが、もう帰るので、キャンセルできるのならしてもらえますか?」と言うと、「すみません。確認してきます。ただ、もう用意できていたらキャンセルはできないんですが・・・」とのこと。「そうだったら食べて帰るから持ってきてください」と答えたんだけど・・・そのまま 10分以上店員帰ってこないし・・・(^^;;;

というわけで、結局、ホルモンは食べてないけど代金の税込み約 800円は支払って帰った(^^;;;

冷麺が「盛岡冷麺」ではなく、もっと濃厚な味付けの本場モン(すみません。韓国行ったことないんでわかんないっす(笑))ぽくて気に入ってたんだけど・・・さすがに二度目の訪店は躊躇するな・・・。実に残念であった。
この店、食べ放題コースもあるんだけど、あのペースで肉が出てきたら、多分、客と喧嘩になるよ(^^;;;

いやぁ~、寒かったわぁ~。先週の蒜山高原。

20231022_nikuudon1.jpgまあ、ちょうど我が玖西盆地でも、先週から急に寒くなったよね。

中国自動車道を走っているときは、車の外気温計で 17℃。それが、米子道に入って蒜山高原SAに寄ると、外気温計が差す温度は 12℃であった。一気に 5℃も!!?

・・・と驚いたが、夜になると更に冷え込み、翌日 2:30にホテルを出たのだが、なんと外気温 5℃。

5℃?冬やん!!

そんな中、夜の 8時頃までずっと屋外で働いていたので、岩国へ帰る頃には心底身体が冷え・・・。休みなしに走っても岩国まで 3時間30分かかるので「もうメシ食わず、ひたすら走って帰るよ!!」と同行したスタッフに言ってたんだけど、腹が減ると更に寒さが堪え、たまらず「なんか飯食って行こう!」と蒜山高原サービスエリアに車を滑り込ませたのであった(笑)

注文したのは、「肉うどんと肉巻きおにぎりセット」1,100円也。
同行したスタッフも全員これ(笑)。俺たちがいかに温かいものを欲していたかわかる。

肉うどんの肉のボリュームも味も良かったが、何より温かいスープが身体にしみる。
スープを一口飲んだあとは、皆が「はぁ~」と天を仰ぎ幸福のため息をもらしたのであった。

ちなみに肉巻きおにぎりは少しご飯がべちゃついてたけどこんなもんなんかな?肉は美味かっただけにちょっと残念。しかし、総じて大満足の一食であった。

20231022_nikuudon2.jpgそうそう。メニューで見たときは「肉そばと肉巻きおにぎりセット」を注文しようと思っていたのだ。しかし、間違えて「うどん」のセットを購入。でも、誰も最後まで時づくことなく完食。帰ってから写真を見ているとき、「そういえば『そば』を食おうとしてたんだ」と思い出した。

皆。寒い中で朝から晩まで働いて、そばもうどんも関係なく、ただやだ温かいものが欲しかったのだ。年取ると、体温調節も苦手になるし。温かいもの食って体温上げてかないと(笑)

来年もまた蒜山の仕事をもらったら、今度は蒜山そばを食べてみよう(笑)
20231021_asa1.jpg
蒜山高原で仕事だったので、12時にスタッフさんと玖珂で待ち合わせ。それから山陽自動車道、中国自動車道とひた走り岡山県恵庭市を目指す。
途中、安佐サービスエリア(上り)で昼飯を食っていくことにした。

券売機の前の壁に貼られたメニュー写真を見てしばし悩む。
俺もいい歳だ。この先、無限に食事ができるわけではない。だから極力失敗はしたくない。もう、「不味いものを頼んじゃったけど、それも笑い話だ」などという余裕はないのだよ(笑)

そういう意味で、安佐SAでラーメンは注文する気にならない。いや、口に合わない尾道ラーメンを食わされたのは安佐SA(下り)の方なんだけど。一年経つが未だに SA/PA でラーメンを食べられないでいる。この一年で SA/PA で食べたのは、玖珂PAで食べた黒ラーメンくらいじゃないかな?以前は SA/PA で食事をするとき、二回に一回、いや、三回に二回はラーメンを食べていた気がするが(笑)

そして、悩んだ果てに注文したのは、「唐揚親子丼セット」1,100円也。丼とミニ麺のセットだが、麺はもちろんラーメンではなくうどんである。

読んで字の如し。「唐揚親子丼」の肉は「唐揚げ」。一口サイズに切られた唐揚げが卵でとじられているのだ。
口に入れると、衣はサクサクである。いいねえ。やっぱ唐揚げの衣はサクサクカリカリでないと(笑)

20231021_asa2.jpg
うどんは少しスープの味が薄めかな。出汁が出てない感じ?
でも、まあ、不味いラーメンを食べるよりはずっとマシだ。汁物代わりだからな。

というわけで、十分満足できる一品であった。

今、西日本の SA/PA では「西イチグルメ決定戦 あなたが選ぶ、西の丼ぶり王」というコンテストをやっているようだ。
残念ながら、安佐SA(上り)のエントリーメニューは「唐揚げ親子丼」ではなく「手作りチャーシュー丼」のようだ。うーん、チャーシュー丼か・・・あまり食指が動かんなあ(^^;

どちらかと言うと美東SA(上り)の「長州どり唐揚親子丼」のほうが気になるは・・・

どんだけ「唐揚親子丼」好きなの、俺(笑)
20231018_udon1.jpg
この間、「欽明路自販機コーナーから天ぷらうどんが消えた!!?」というエントリーで、欽明路自販機コーナーから天ぷらうどんが消えたことを嘆いた。
あの粉っぽい天ぷらがスープでどろどろになったやつをずるずるとすするのが大好きなのに・・・と絶望の闇の中にいた俺だが・・・

復活してるやーん!!

2台ならんでいるうどんの自販機のうち 1台が故障・・・ああ、もう、天ぷらうどんどころか、うどんそのものが欽明路から消えそうじゃのお・・・と思ったんだが、そのさらに隣の自販機に天ぷらうどん入ってた!ラーメンと一緒に。

さっそく 300円を投入。

ああ・・・このじゅるじゅるに溶けた天ぷらがたまらん。でも、なんか以前よりスープの味が薄くなったような気もする。ま、それでもやっぱ自販機うどんは良い。癒やされるわ(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち酒とか食べ物とかカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは趣味の世界です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2023年11月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら