音楽の最近のブログ記事

なんか、ライブに行く前と終わったあとの飲み屋の話ばかり書いているが、1月24日(金)は、クリスタルプラザ 19Fにある Live Juke であった Rei Acoustic Tour "Mahogany Girl" 2019-2020 を某秘密結社のメンバーと聴きに行った。

20200124_rei.JPG
Rei は若い女性シンガーソングライターだ。
ギターがむっちゃ上手い。
この日はアコースティックライブだったんだけど、三弦が巻弦なのもお構いなしに弾きまくり。

あと、コード鳴らしながらメロディも奏でるので、人差指はバレーしたままで、残りの中指、薬指、小指がそれこそ別の生き物のように指板を走り回る。
いや、そりゃ俺だって、バレーコード押さえたままで、小指使ってちょっとオカズ入れたりはするよ。でも、Reiのはオカズってレベルじゃないな。全部の指使っても俺には弾けないフレーズを、人差指をバレーしたまま残りの指で弾きまくりだ。

いやあ、マジでギター上手いなあ。もっと近くで観たかったわあ。

Live Juke のステージは問題あって、「演者と客が同じ高さ」「演者を中心に扇型に席を配置している」ので、席によってはまったく演者が見えない。
俺が座った席がそうだった。少々身体を左右に振っても駄目。寝そべるように身体を低くして座ると、ようやく隙間からReiが持ってるギターのヘッドが見えるという有様だ(^^;;
これには俺の周りのお客さんも辟易していた。

結局、俺は席を立ち、ライブ会場最後尾のバーカウンターの前で立って観た。これが正解で、もともとたいした大きさの会場ではないため、先に書いたように指の動きまでしっかり見えた。
最初からこうしとけばよかった(笑)

Live Juke は BLUE LIVE HIROSHIMA を抑えて、「広島の演者が見づらいライブハウス」第一位やで、ほんま(^^;;

ま、Reiの演奏自体は素晴らしくて満足したんだけどね。

ただ、もう少し愛嬌があると良いかなって思った。演奏終わったあと楽屋に帰る時、笑顔のひとつでも見せてくれたらおっちゃんハートを掴まれちゃうんだけどな(笑)。こっちを一瞥することもなくスタタタと去っていく。まあ、それはそれでクールで格好いいんだけどね(^^;;
今日、セブン-イレブンで 5月にあるポルカドットスティングレイのライブチケットを発券して、「そういえば、去年のライブのことを、結局ブログに書いてなかったな」ってことを思い出した。

何度も書いているがこのブログは俺の備忘録である。
「そう言えば、前回、○○のライブ行ったのっていつだっけ?」ってときに、まずブログで検索するのが俺の常だ。
しかし、「ポルカ」で検索して出てくるのは、去年のライブの帰りに行った「博多屋」の記事である(^^;

あかん、あかん(^^;

20190510_live2.JPG
というわけで、昨年 5/10(金)に宇品の BLUE LIVE HIROSHIMA で行われた「ポルカドットスティングレイ 2019 有頂天 TOUR」のことを書いておくのだ。

この日の俺は、定時になると同時に猛ダッシュで職場を脱出し(この時は大手町で働いていた)、車に乗ると(大手町の駐車場代、高かったけど仕方ない(^^;)宇品の BLUE LIVE HIROSHIMA まで猛ダッシュであった。
いや、マジで、BLUE LIVE HIROSHIMA は交通の便が悪すぎる!!俺は藤原とうふ店並の走りで会場に向かった。実は、開演時間を 30分間違えてて、車なら普通に走っても余裕で間に合ったんだけど(笑)

ま、それはそれとして(^^;、ライブは最高だった。

BLUE LIVE HIROSHIMA はステージが低いので、中途半端に後ろの方だと、本当に演者がまったく見えないという最悪の事態になる。CLUB QUATTRO 並に高くしてくれればええんやけど。「交通の便が悪い」のと「ステージが低い」のは本当に BLUE LIVE HIROSHIMA の低評価ポイントである。
この日の俺の整理番号は 600番台だったので「演者が見えない」状況も覚悟していたのだが、なんか流れに身を任せていたら、ステージの左端に近い位置ではあったが、前から 4列目あたりに立つことができた。

おかげでボーカルの雫(しずく)が歌う姿もばっちり見ることができた。やっぱ雫は格好良いなあ。しかも、この日はエロかった。

20190510_live.JPG
なんか、「大きなYシャツ」を着た女の子スタイルで、もう、あのきれいな御美足が超絶露わに・・・
最近は洗練されてきて、かつての「酒飲んだあとで土下座して頼んだらやらせてくれそう」な感じは全然なくなった雫だが(ファンに怒られるわ(^^;)、エロ可愛さはどんどん増してる感じで、おっちゃん、嬉しい(笑)

歌も上手い、ギターも上手い、そんでエロ可愛かったら無敵じゃのお。

この日のライブは、他のメンバーもけっこう雫のMCに絡んできて、いや、ベースのゴリラやドラムのミツヤスが絡むのはいつものことなんだけど、ギターのハルシがあれほどしゃべるのを見たのは初めてだなあ。いやあ、笑った、笑った。

なんか、むっちゃライブが楽しくて、ポルカも完全に本物のライブバンドになったって感じ。おっちゃん、嬉しい。

今年もまた行くぜ!!今年も会場は交通の便の悪い BLUE LIVE HIROSHIMA だけど、土曜日なんで余裕だぜ!!(笑)
昨夜は、広島クラブクアトロであった THE MODS のライブ「THE MODS TOUR 2019 "KICK ON BOOTS"」に行ってきた。

20200214_the_mods.JPG
本当なら昨年 11/15 に行われるはずだったんだけど、ボーカルの森山達也が椎間板ヘルニアを悪化させて延期になっていたライブである。
実は、11/15 に広島でライブがあることはまったく知らなかったので俺にとっては延期はラッキーであった。(延期になったせいで行けなかった人には申し訳ないが・・・)

THE MODS は俺らが 16歳のときにメジャーデビューした、高校時代の思い出を彩るバンドのひとつだ。
高校時代にやってたバンドで「ごきげんRADIO」と「LET'S GO GARAGE」はコピーしたな、確か。
今でも夜中に突然アコギで「ごきげんRADIO」をガキゴキ弾いて家族の安眠を妨害することもある(笑)

実は最近のアルバムは全然聞いてなかったんで、今回のライブで歌われた曲はほぼ知らないものばかりなんだけど、テイストは 30年以上前のあの頃から全然変わってない。知らない曲だけどノれる、ノれる(笑)
小太りの熟年サラリーマンが拳を振り上げて「Oi!Oi!Oi!」と叫ぶ姿は異様だったかも(笑)

いやあ、マジで大満足なライブだった。まあ、途中から右の股関節が痛み出したのがアレですが(^^; また THE MODS のライブで飛ぶためにダイエットするぜ!!って思ったぜ(まあ、帰りにラーメン+チャーハン食ったけど(笑))

そうそう。俺より随分年上のじいさんと呼んでもいいくらいの歳の人が、ビシッとリーゼントに革ジャンで決めて、孫(?)の中学生女子を連れて来てたんだけど、この子も赤のチェックのミニスカに革ジャンを合わせたパンクスタイルで格好良かったなあ。
この子もじいさんたちの異様な盛り上がりにびっくりしただろう(笑)。長くやってるバンドはこういう楽しみ方があっていいよね。
この間、カーリングシトーンズのライブで寺岡シトーン(寺岡呼人)を見て、そう言えば去年、JUN SKY WALKER(S) のライブに行ったなあ・・・と思い出した。
どんなライブだったっけ?と、ライブの後にこのブログを検索してみたけど、ありゃりゃ、ブログ書いてなかったわ・・・

というわけで、いつも言ってるようにこのブログは俺の備忘録なので、もう一年近く前のことだけど改めて JUN SKY WALKER(S) の「30th Anniversary Tour FINAL ~全部このままで~」を観に行った話を書いておく。

20190303_JSW.JPG
2018年に「結成 30周年」(1988/5/21日結成)を迎えたジュンスカの記念全国ツアーだったわけだが、広島では 2019/3/3 お雛様の日に「広島 Cave-Be」で行われた。

Cave-Be に行ったのは初めてだった。
雨が降っていた。店の入り口が車通りの多い一般道に面し危険なため、ライブの客は一旦近くの公園に集められる。開場時間になると、その公園から一列に並んで客がぞろぞろと店に向かう。その最後尾にそっと加わった。

しとしと雨だったので傘は近くの駐車場に止めた車の中に置いたままだったが、途中ちょっと雨が強くなり、それなりに濡れた(^^; 3月の雨なので底冷えがする・・・

が、ライブが始まると同時にそんな冷え冷えとした感覚は吹き飛んだ。
やっぱジュンスカはライブバンドだねぇ~

新しい歌は知らないのだけど(^^;、20代前半によく聞いた「全部このままで」「白いクリスマス」などの名曲が始まると自然に笑みがこぼれてしまう。あの頃の情景が一気に頭の中に蘇る。

そして、「Let's Go Hibari-hills」、「START」、「歩いていこう」ではもう我慢できずに身体がぴょんぴょん宙を舞う。あとで膝が痛くなるのに(笑)

いやあ、主に新曲を演奏する「アルバム発売ライブ」ではなく、「30周年記念ライブ」だったのがよかった。懐かしい、そうまさに青春の歌が次から次へと俺の耳を震わせる。たまらん(笑)

「懐かしいだけじゃねえよ。今の俺たちを見ろよ」とジュンスカのメンバーには怒られるかもしれないが、今の(身体の節々が痛いと年寄りじみたこと(笑)を言う宮田和弥たち)ジュンスカが演奏する昔の曲だからいいんだ。老いていく男たちが、30年前と同じノリで、でも確実に技術力を身につけ、あの頃よりも自由に軽やかにあの頃の歌を演奏しているのがいいんだ。

家に帰ってすぐに、ギターをかき鳴らし「歩いてゆこぉ~♫うぉーうぉーうぉー♪」と歌い、家族から迷惑そうな視線を向けられたのは言うまでもない(^^;;;
ギターアンプの話。

俺が愛用しているのは、Pignose(ピッグノーズ)の G40V という、40Wの真空管アンプである。

20191229_amp.jpg
マーシャルだ、国産ならヤマハだぁみたいに有名じゃないけど、まあ、小型アンプメーカーとしてはそこそこ知られていて、ボリュームノブなどが豚の鼻の形をしているのが有名だ。
G40Vのノブは普通だけど、俺の持ってる Pignose のミニギター、ミニベースはノブが豚の鼻である。

この G40V から突然大きなブーンというノイズが出始めた。

ツマミを全部ゼロにしても音は消えない。ギターのケーブル抜いても一緒。
他の機器がらみの可能性もあるので、コンセントからアンプ以外のものを全部抜く。
別のコンセントに差し替えてみるなども試したがダメ。

仕方ないので最後の手段。
アンプの頭を叩くとノイズが消えた(^^;;
もう一度叩くとまたノイズ。また叩くとノイズが消える。

なんなん?どっか部品の接触不良?

「もしかしたら原因は・・・」という情報をお持ちの識者の方がいらっしゃったら、ぜひご教示ください。
DIAMOND というギターブランドをご存知だろうか?

Aria Pro II というギターブランドで有名な「荒井貿易」のもうひとつのブランドである。

いや、そういう書き方は正しくないな。もう存在しないブランドだから。

20191225_guitar1.JPG
Aria Pro II の下位ブランドだったという話もあるし、Aria Pro II ブランドを立ち上げる前の荒井貿易のブランドだったという話もある。
実際、DIAMOND ブランドのギターが精算されていたのは 40~50年前の話なので、詳しいことはわからない。
反対に、そのへんの話に詳しい人は、ぜひコメントください(笑)

で、俺はその DIAMOND のセミアコのギターを持っている。
2年くらい前にヤフオクで落とした。ちょっとした気の迷いだった(笑)
型番もどこにも書かれていないのでわからない。フォークギターみたいにボディ内にシールで貼ってあるのかな?と思って見てみたが無いみたい。

昔の国産ギターなので、Gibson の ES-335 をパクったボディーシェイプながら、ネックはセットネックではなくボルトオンである(笑)

2年ほど前に買った時に錆びまくった弦が付いていた。取り替えるのが面倒なので、そのまま時々弾いていた。そしたらこの間、ついに弦が切れた(^^; そりゃ、サビサビなんだから当たり前だわな。
ついに、弦を替える時が来たか。

ついでに、ペグやピックガードやエンドピンやら、電気系統以外の部品を分解して、磨いたり、オイルを差したり、錆止めを塗ったりした。ペグなんて、力を込めてギリっ、ギリりりみたいに回さないといけないものもあったけど、コールマンのリュブリカントオイルを差したら軽く回るように(笑)

ボディも、しっかりと絞った雑巾で水拭きした。雑巾が真っ茶色になった。そんなに汚れていたのか!!?(^^;

おかげで、随分きれいに。
これ、一応、(出品者の言葉を信じるなら)マツモク工業製。もう解散しているが、あのフジゲンとともに(本家の Fender、Gibson からの生産も請け負っていた)日本を代表するギター工房だ。

20191225_guitar2.JPG
出品者の言葉を信じるしかないのだが、かなり作りはしっかりしている。マツモク製と十分信じられる出来である。「Gibson コピーモデルのくせにネックがボルトオン」とか言って笑ったが、ネックの作りも 50年前のギターにしてはかなり良い。

電気系は接触が悪くてずっと音を出し続けることが出来ないのだが(ガリガリとノイズが乗ってしまう)、割と良い音である。

弦はアコースティックギター用の 3弦が巻弦のものを付けた。弟に貸したアコギが返ってこないので、その代わりにしようと思って(笑)
そしたら、3~4日もするとしっかり半音チューニングがずれる。弦も伸びてるんだろうが、ネックが順反りしてるのかな?アコギ用の太い弦付けたので。
昨夜は、広島市銀山町のライブハウス「SPYDER」で行われた「テッシーアコースティックライブ "That's Life"」を鑑賞。
テッシーとは、UNICORN のギタリスト、手島いさむ氏である。

UNICORN はこの前々日と前日に呉市で 2days のライブを行い、テッシーだけが広島に残りソロライブを行ったというわけだ。
ちなみにテッシーも「呉出身」ってことになっているが、両親は他県の人で、転勤で呉市に越してきただけで、実は正真正銘の呉市出身者の川西氏の「呉市愛」のノリには引いているらしい(笑)

ま、余談ですが(笑)

さてさて、この日の俺は広島に向かう途中、岩国でちょっと用事ができてしまったり、銀山町に着いてからもちょっと迷ってしまい、ライブ会場である SPYDER に辿り着いたのは開演 5分前であった(^^;

実はこのライブが、俺にとっては「チケットを発券せず、チケット購入結果メールを見せれば入場できる」という仕組みの初体験の場であった・・・のだが、開演ぎりぎりに行ったせいか、「お名前は?」「シノダです」「あ、はい。どうぞ」とメールの確認もなく入れてもらえたのであった(^^;
拍子抜けというか、ちょっとさみしいというか・・・(^^;

で、ライブ。
いやあ、楽しかったわぁ。

20191014_tessy.jpg
最初のうちは前日にあった UNICORN の呉公演ネタが多くて、呉に行ってない俺の心にはわからない話ばかり(^^;
でも、そのうちギターのコードの押さえ方の話とか出てきて、俺もやっとニヤニヤしながら話を聞くことができたのである(笑)

それに、「最近広島に来ない」と噂の「電大」のライブを、来年 1月に「SECOND CRUTCH」でやるかもよ・・・みたいな話も出てきたりして。やっぱ、ライブに行くとこういう話も早いタイミングで聞けていいよね。

ああ、歌ももちろんよかった。
テッシー作の曲の中で、というか、UNICORN の楽曲の中でも一、二を争うほど好きな「自転車泥棒」を演ってくれたり、大満足なライブであった。

それと、ちょっとした奇跡(笑)もあった。

この日の客は 40人ほどで、テッシー自身も「俺のライブに来てくれる人はマイノリティーだぞ」なんて言ってたんだけど、そんなマイノリティー集団の中に、なんと(このブログでも時々ネタにしている)あの秘密結社「囲む会」のメンバーが三人もいたのである。Mイさん、Cコさん、そして俺だ。

以前はよく一緒にライブに行っていた仲間なのだが、最近はなかなか一緒に出かけるってことができなくなっていた。
それが、示し合わせていたわけでもなく、偶然このライブに集ったのである。40人の観客しかいない、このマイノリティが集うライブに(笑)

何か不思議な力で引き寄せられたのかもしれないなあ(笑)。あるいは「おもろいから集めてみよ」という神の意思か(笑)
この日曜日に、下祖生集会所で「おやじ・おふくろの会」という名の「そお小学校」の教職員、保護者が参加する懇親会が行われた。児童数 50人余りの小さな小学校だが、合わせて 34人も参加してもらって、今年も盛大な会であった。

俺は娘が今年度でそお小を卒業するので、この会に参加をするのも最後だ。

このまますんなりフェードアウトするのも寂しいなあと一週間前に思いつき(笑)、急遽、ウッドストックでアメリカ国歌を演奏したジミ・ヘンドリクスばりに(笑)、会の最初にギターで「そお小学校校歌」を演奏させてもらうことにした。勝手に決めた(笑)

65387520_2220087014713530_8255637981474324480_n.jpg
育友会(PTA)執行部の LINE に(一応、顧問なんで参加してる)「最初にギター弾くからヘビィメタルっぽいメイクしてくれ」って投稿。案の定(笑)「頭おかしくなったの?」という反応だったのだが、「俺の考えるヘビメタメイク」の写真を無理やり送りつけるなどして最終的には協力してもらったのだが、黒い口紅が見つからなかった(ネットで買うと懇親会に間に合わなかった)ので、素顔でやることにした。
やっぱ、黒い唇が俺らの世代の「ヘビィメタルのイメージ」じゃけんね(笑)。黒唇にできんのなら、素顔のままでええわ(笑)

とは言っても、金髪のロン毛かつらと、鋲の打たれたリストバンドとハーフフィンガーグローブは自腹で購入した(笑)。計 3,000円ほど。

そしたら当日になって、懇親会の会場でいきなり「黒い水性のマッキーがあるんで、これで塗ればいいんじゃね?」という話になって、マジックの成分で荒れたり腫れたら嫌だからと抵抗する俺の唇に半ば強引に口紅代わりの黒い水性ペンが当てられた(^^;;;

でも、出来上がってみたら割とヘビィメタルっぽかった(笑)
調子に乗った育友会役員たちによって、マジックでアイラインまで入れられたが、これも出来上がってみたら割とヘビィメタルっぽかった(笑)

一応、俺の仮装テーマ的には「歳をとったがいつまでも音楽の世界から足を洗うことが出来ず、中年太りで頬の肉も弛み切っているのに金髪ロン毛、ヘビィメタル的ファッションから脱却できないでいる初老の楽器店員の哀愁」(長い!!)なのだが、それは見事に表現されていた。素材がいいからな!!少し悲しくなった・・・(^^;

というわけで、この会の司会役だった俺は、「では、今日、わざわざこの会のためにドイツから来てくれたスーパーギタリスト氏です」「ハーイ、ド〜モ!!」と吉本新喜劇ばりの一人二役で演奏に突入。

そして、ゲインを上げればバリバリのディストーションサウンドとフィードバックサウンドを出すことができるアンプ&スピーカー付きギター「VOX APACHE-1」を手に、ロック風そお小校歌の演奏を無事終えたのであった。

いや、実は最後の最後にちょっと失敗したのだが、聴いてた人から「え?あれミスったんですか?わざとオチでやったのかと思いました」って言われて、まあ、そう思ってくれたのならラッキーと安心した(笑)

しかし、バリバリのメイク後写真をSNSに載せたら「怖い」「醜い」「年齢による劣化が」と散々な評判だったので(いや、それを狙っていたのではあるのだが(^^;)、心傷つき翼の折れた俺は、これが日本での最初で最後のスーパーライブとなったのであった。ドイツに帰る(笑)

土曜日は、シンフォニアであった娘のピアノの発表会から帰ってすぐに、今度はパストラルホールに移動。
高森高校・高森みどり中学吹奏楽部第37回定期演奏会を観賞した。

20190323_teien.JPG
今回も「満員御礼」状態。生徒たちの努力の結晶を多くの人に聴きにきていただけるのは、本当にありがたいことだ。

中学一年生から参加する若き中高一貫校のブラスバンドは、一曲目のマーチ「ライヴリー アヴェニュー」から、迫力ある演奏を聴かせてくれた。

みどり中の生徒は幸せだと思う。中学校のブラバンで定期演奏会を演ってるところはそうそうないだろう。みどり中でブラバンに入れば、一年生の時からこういう素敵な演奏会に出演できるのだ。
もちろん、それだけ沢山の努力をしないといけないのだが。

野球部とのコラボ「U.S.A」では、ブラバンの子のキレキレダンスと比べ、野球部のダンスのグダグダぶりが際立ち笑わせる。
まあ、野球部は野球が上手ければいいからな、許す許す(笑)

第3部で観せてくれた小芝居(失礼な(笑))も可愛らしい。
演奏以外の部分でもしっかり観客を楽しませようとする姿が素晴らしいと思う。

そして俺は実はブラバンの演奏を観る時はいつもパーカッションパートに注目するんだけど、今年のメンバーも皆格好良かった。
やっぱ、ドラムを叩く女の子は格好良いよねえ(笑)

最後に、今年で吹奏楽部も卒業する高3のメンバーはお疲れ様でした。最後まで素晴らしい演奏をありがとう。
来年は OB、OG として後輩たちのステージをバックアップする頼れる姿を楽しみにしています。

3/3(日)は、JUN SKY WALKER(S) のライブ「30th Anniversary TOUR ~全部このままで~」に参戦するために、夕方から広島のライブハウス「広島CAVE-BE」へ。CAVE-BEに入るのは初めて。

20190303_jsw1.JPG
中で待てるのかと思って傘も持たず会場に向かったのだが(車を停めたコインパーキングから会場まで20mほどだったので)、CAVE-BE、思ってた以上の狭さで(^^;;、小雨降る中、道路に並んで濡れながら待つはめに。
後で聞いた話によると、近所から苦情がでるので、一旦近くの公園に集まって、その後スタッフが先導して会場まで移動するのだそうだ。

俺が車から降りたとき、ちょうどその一団が会場に向かっていたのでその最後尾に付いたのだが、この人たちは整理番号1〜99番の集団。俺は119番だったので、それからしばらく100番以降の人たちが誘導されてくるのを雨の中で待つことになったのだ。

そして、やっと入場。

だいたいステージから 5〜6列目だったが、何せ狭いライブハウス。ホールコンサートなら最前列くらいの距離感である。迫力あるライブを堪能できた。

あ、なんか CAVE-BE の話が長くなってしまった。
ライブの話。
セトリとかよく覚えてないので、なんか間違いがあったら教えてくれい(笑)

で、ライブ。いやぁ、最高だったよ。30周年ライブってことでバンバン昔のヒット曲を惜しげもなく演ってくれて。

いきなり「全部このままで」からスタート。もう、初っ端から俺も50肩の激痛と戦いながら拳を振り上げ、「Oi!Oi!Oi!」と絶叫っすよ(笑)

もう、50過ぎのおっさんたちとは思えない疾走感のある演奏は、ジュンスカをよく聞いていた 1980年代後半の彼らの姿そのままやね。森純太も相変わらずぐるぐる腕回すし(笑)
まあ、見た目はね、もちろんおっさんになってるんだけど(寺岡呼人も相変わらず男前ではあるんだけど、なんかベースを弾く姿が「2丁拳銃」の小堀に似てたり(^^;)、そのおっさんがストレートなロックを演奏しているのが格好良いよね。

途中、MCのときに宮田和弥が「最近はモニターの上に片足上げるのもきついけど、俺はこれからもモニターに足を上げつづけるぜ!!」って叫んで笑いをとってたけど、いや、マジで、これよ、これ。加齢と戦いながらロックするのが格好いいのよ。
元気な若いやつがジャンプしたって当たり前。膝に爆弾抱えたおっさんがジャンプするからロックなのだ(笑)

20190303_jsw2.JPG
終盤、「START」から「歩いていこう」へ、間髪入れず、怒涛のごとく続いていく演奏。観客の盛り上がりも最高潮!ジュンスカの絶頂期を知らない、前の方に陣取った若い女の子のファンも絶叫している。

ヴォーカルの和弥とドラムの小林雅之は(和弥が早生まれなんだけど)俺と学年が一緒の 53歳。その二人、いや森君も呼人も皆50代や(笑)。その四人の姿が、加齢でなおライブの品質を落とさないその姿が、こういう陳腐な表現は使いたくないけど、俺に勇気と元気をくれるぜ!!(笑)

ほんま良いライブだったわ。

そしてライブ終了後、駐車場の車の中で「Let's Go ヒバリヒルズ」を歌いながら膝をさする俺なのであった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち音楽カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは野外活動です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら