初めて「牛太 玖珂店」を訪店

先週、いや、もう先々週か。お袋が孫(うちの娘ね)の誕生日のお祝いの食事会をしようと誘ってくれたので、「クスリ岩崎チェーン玖珂店」の横にある「牛太 玖珂店」に家族で出かけた。
この日は、久しぶりに息子たちの部活も休みで、珍しく家族全員が揃っていた。

玖珂の「牛太」に行くのは初めてである。
だいたい、焼肉っていうと広島か柳井で食べることが多く、地元だと「山賊」の上の「峠ドライブイン」オンリーであった。
つーのが、「牛太」になる前の、もう店名も忘れてしまったが、今の「牛太」の場所に建っていた焼肉屋が安いけど不味くて、「牛太」も同じ目で見ていたのである。

20170409_gyuuta1.JPG
俺は何が何でも肉が食べたい肉食系ではない。不味い肉はタダでも食いたくない(笑)

しかし、この日は広島や柳井に買い物に出る予定もないし、「牛太、試してみる?」とついに初訪店となったのであった。

結論から言うと、味の方は全然悪くなかった。「バジル風味の鶏肉を溶けたチーズに通して食べる」チーズフォンデュ風のやつとか、色々冒険的(笑)メニューも有って楽しめた。また食べに来てもいいなあと思わせるのに十分な味だと思った。

ただ、食べ放題メニューは微妙やなあ。

いや、「もう、肉食べれません」と俺を始めとして、長男坊、次男坊という底なしに肉を食う、いや、肉を飲む男たちもギブアップするほど肉を食べたのにこんなことを言うのもアレだけど、次回は食べ放題にはしないだろうなあ・・・

なにせ、息子たちが底なしに肉を食うので、一人 3千円ほど(2,999円とかだっけ?)の食べ放題コースを選んだのだ。小学生の娘だけは 1,700円だった。

これが、なかなか微妙な金額なのである。
まず、食べ放題コースは 2時間という時間縛りなのだが、注文後、30分くらいは何も出てこないのだ(笑)
ええ???

ビールだけは出てきたので、俺とお袋だけ、他の家族の視線を感じながらビールをぐびぐび飲んでいるのは辛かった(^^;

その後は怒涛のように肉が出てきたので、わざと時間をかけていたのではないと信じたいが、30分あれば何か一つ、二つくらい出てきてもよさげなもんだが・・・

20170409_gyuuta2.JPG
あと、牛関係のメニューが食べ放題だと少ない。
注文用の端末も、通常メニューと食べ放題メニューで別物で、食べ放題だと牛肉は「タン、カルビ、ロース」の三種しかないのである(カルビは二種あったっけ?)。鶏肉のメニューはけっこうな数だったけど(笑)
俺は、色々な部位を楽しみたい派なので(あまり、量は気にしない。やっぱ味ですよ、味)、この牛メニューの少なさはちょっと残念であった。

というわけで、先に書いたように「もう食べられません」というほど食べたのに、気持ち的にはあんまりお得感がないという不思議な感覚に包まれたのであった(^^;;;

肉の味自体は悪くなかったのでまた「牛太」に行ってみようとは思うのだが、食べ放題にはもうしないかなあ・・・
でも、息子たちが一緒だと危険だなあ・・・(^^;

ちなみに、食べ放題コースにしても、がばがばビールを飲んだので、お代は 2万円オーバーとなりました。
お袋の年金を食いつぶし、申しわけないです(^^;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 初めて「牛太 玖珂店」を訪店

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4372

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年4月18日 12:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シットオントップを積むには強度不足な中国製キャリア(^^;」です。

次のブログ記事は「中国製超安物キャリアベース+inno のバーでばっちり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら