デーモン閣下ライブツアーを観てきた

もう一ヶ月半くらい前の話になるが、すっかり書くの忘れてた。

2017/5/7(日)に広島市南区民文化センターで開催された「デーモン閣下 DEMON'S ROCK "EXISTENCE" TOUR, DC19」のことである。

中学高校時代の友人であり、今はライブ観賞仲間のTっしゃんと二人で出かけた。

20170507_kogure1.JPG
ちなみに「聖飢魔II」は好きなんだけど、ライブに行くほど・・・ではなかった。デーモン閣下についてもそうである。でも、そろそろ一度観ておかないと、閣下もいつまで自身が満足できるパフォーマンスを行うことができるか・・・いつ「閣下は今日、人間界から悪魔界(地獄、魔界)に帰られました」ということになってしまうか・・・という心配もあり、「観ておこうぜ」ということになった次第。
何せ、「聖飢魔II」のデビューは俺たちがバンド活動にのぼせていた高校時代のことである。つまり「聖飢魔II」の歴史は俺たちの歴史でもある。一度はこの眼に姿を焼き付けておかなければ・・・(デーモン閣下だけだけど(笑))

ま、そんな感じで出かけたわけですが、いやあ、なかなか楽しいライブだった。

でも、会場は 7,8割の入り。
閣下のライブで、南区民文化センターがいっぱいにならないのか!?と意外であった。
もしかしたら、フラワーフェスティバル直後であまり広島市民がライブ鑑賞とかに出かけにくい時期だったのかもしれんね。

二部構成になってて、最初は一切の MC なしでひたすら演奏のみ。
1時間ほどでそれが終わり閣下は舞台袖に姿を消す。
閣下の面白い MC を楽しみにしていた俺的にはちょっと期待外れな展開。もちろん、演奏は素晴らしかったけど、やっぱ閣下のトークがないとねえ。

ただ、時間的にも「こりゃ、第二部があるな」というのはわかってたので、Tっしゃんと「次はアコースティックバージョンとかかもしれんよ(笑)」などと話していたら、いきなり「アンコール」のコールが始まってしまった。

「いやいやいや、公演が 1時間で終わるわけないやん。二部構成よ。次があるって」とTっしゃんと俺は無視して座ってたんだけど、案の定、閣下が「おいおい、次があるぞ」みたいな感じで出てきた(^^; もう、恥ずかしい(^^; なんかみんな恥ずかしい(^^;

この第二部が閣下のトーク全開で楽しかった。
MC 一切なしの展開は、今回のツアーから実験的に始めたことだと説明があった。アンコールが発生したってことは、昔からのファンも戸惑っていたのだろうなあ(^^;

それと、俺は第一部の演奏を見ながら気づいていたのだが、実は閣下は前日の福岡公演でハッスルしすぎてまだ疲労が抜けておらず、第一部では歌いながら、まるでパフォーマンスのような振りをして(笑)、やたらセットに腰を掛けていた。しかも、これまた閣下の「ヤバっ」という表情で気づいたが、歌詞も間違えていた(^^;

20170507_kogure2.JPG
セットに何気なく腰を賭け休むことで体力の減少は抑えられたが、その分今度は集中力が欠けて、歌詞を間違えてしまった・・・と閣下自ら説明があった(笑)
他の歌手が「前日の公演で盛り上がりすぎて今日の公演はミス連発」なんて言ったら怒られるが、なにせ閣下は悪魔だからな(笑)そんな説明にも爆笑の嵐だったのである。

総合的に楽しいライブであった。

閣下は今年度も引き続き広島県の「がん検診啓発キャラクター」に選ばれた。
悪魔に啓発されないと「がん検診」に行かない広島県民もどうかと思うが、よく考えたら俺も全然行ってないなあ。山口県民だから許してもらおう。

というわけで、閣下は仮の姿での小学生時代も広島で過ごされたし、広島カープの熱烈なファンだし、空席などなく、もっと広島のライブが盛り上がればいいのになあ・・・と思ったのであった。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: デーモン閣下ライブツアーを観てきた

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4441

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年6月17日 07:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「交番に遺失物届けを提出」です。

次のブログ記事は「警察から電話がかかってきたから「おっ」と思ったが」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら