宇兵衛寿司のお持ち帰りセットで家庭円満

ああ、もう三か月以上前のことだ。

でも、一応メモ代わりに残しとくか。

3/20(月・祝)の日に、次男坊がオーストラリアでの語学研修(次男坊が通っている中高一貫の学校では、中学 3年生の卒業式の次の週から 2週間、オーストラリアへの語学研修がある)のお土産をばあさんに渡したいというので、家族で宇兵衛寿司山手店に出かけた。

しかし、嫁さんは仕事があり不参加。
宇兵衛寿司に行くというと「いーな、いーな」と恨めしそうな目で俺たちを見ていた

20170320_uhee3.JPGで、ぷりっぷりの生エビやイカ三種握りなど(俺、舌も心も、要は陰茎以外はお子ちゃまなもんで、タイやマグロや青魚やっていう正当なお魚より、イカやエビや貝類が大好きなのよね)を堪能して腹をさすっている時、ハッと「このまま帰ったら嫁さんの憎悪、恨みが半端無い」ってことに気づいた。
「なんか土産になるものは?」と慌てて店内を見回すと「お持ち帰りセットあり」との文字が。

ああ、なんかスーパーやコンビニの寿司セットみたいな感じで適当なネタが入ったセットがあるんやなあ・・・と思って注文したら、俺の前にやってきたのは空の容器だけ。(厳密には箸とおしぼりも)

そ、そうか。こっちでネタを適当に頼んで、それを自分で詰めて持って帰るのか・・・と初めて知った。いや、ほんと、世の女性から「凶暴な黒い巨人」と呼ばれる陰茎以外はお子ちゃまなもんで(^^; 世間知らずなのよ。

嫁の好みは熟知しているので、炙りものやアボカドものを中心とした、寿司グルメな人からは怒られそうなセットを作成。
うちにもって帰ると、ちょうど午前中いっぱいで仕事を終えた嫁さんが帰ってきてて、「わあ、好きなものばかり」と喜んで食べてくれたのでした。
嫁さんも食が細いんだけど、ペロリと(笑)

お寿司の神様。今日も我が家はお持ち帰りセットのおかげで平和です。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 宇兵衛寿司のお持ち帰りセットで家庭円満

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4469

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年7月 5日 14:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今期初のカープ観戦は酷すぎる負け・・・(^^;」です。

次のブログ記事は「まずは、NetBeans をインストール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら