「おどるタンタン麺」の汁なし担々麺を辛さ5で

先週、久しぶりにお会いした仕事仲間の方と 23時まで流川で飲んだ。
最後の店でお別れして、一人十日市の事務所に向かったのだが、新天地公園を横切ろうとしたところで「おどるタンタン麺」の看板が眼の端に・・・(^^;

20170817_odoru1.JPGあかん・・・腹減って来た・・・

23時から炭水化物。ええ、ええ。悲鳴を上げる人もいるでしょう。ただ、俺は戦士ですからね。そこに炭水化物があれば、それを喰らい、前に進んでいくしかないんですよ!!

というわけで、前回訪店時は「汁あり」の担々麺を食べたので、この日は「汁なし」の方で。
麺は細麺。辛さは一番辛い「5」を指定。
店主のお兄ちゃんから「強いですねえ」と賞賛の声をいただいた(笑)

そして、今回はちゃんと紙エプロンを着けて、いざ実食。

ふむふむ。けっこう麻味(マーウェイ)抑え気味というか、辛さの追加は唐辛子系で行なっている感じかなあ。
口腔内の粘膜をピリピリと辣味(ラーウェイ)が刺激する。でも、しびれるような麻味はあんまり感じない。

20170817_odoru2.JPG今回も「辛さが足りなかったら、カウンターの上の香辛料をどうぞ」と言われたのだが、もちろんそんな必要のない辛さだ。ただ、麻味の刺激を愛する俺的にはちょっと物足りない感も正直残った。

ただ、この日は 18時から 23時の 5時間飲みっぱなしだったので、俺の舌も相当おかしくなってたのかもしれん。また食べにいって確認しないとな(笑)

そうそう、この日は近くで店主の知り合いがやってるケーキ屋(?)のバターカステラがデザートで提供された。まあ、販促やね。
強烈な麻辣の刺激で疲弊した口腔内の粘膜が、甘いカステラで癒される〜
これ、美味しいじゃん・・・と思ったのだが、どこの店だったかもう忘れてしまった・・・ごめん・・・
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「おどるタンタン麺」の汁なし担々麺を辛さ5で

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4529

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年8月22日 17:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【WBF2017】ポルカドットスティングレイって、ライブ・バンドやなあ〜」です。

次のブログ記事は「どうもトロトロチャーシューを身体が拒否りだしたのか・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら