久しぶりに「オームの法則」に触れる(笑)

単なるメモ。

もう、オームの法則なんか、忘却の彼方に追いやってたで。
まあ、すぐに思い出しましたがね。若干、あやふやだけど(笑)

ということで、電子回路をあれこれしていると、一番よく使うのが「何Ωの抵抗をつければええんかいな?」ってことだよね。違う?(笑)俺はそう。

オームの法則の中で抵抗値を算出するのに関係あるのは、

電圧(電位差) = 抵抗 x 電流

電流 = 電圧(電位差) ÷ 抵抗

抵抗 = 電圧(電位差) ÷ 電流

このあたりやな。電力(watt(W))の計算もあるが、まあ、電子工作の世界ではあまり関係無いな。

んで、それぞれ単位は、電圧は volt(V)、電流は ampere(A)、抵抗は ohm(Ω)。

例えば Arduino のデジタルI/Oピンから LED に電気を供給する時、LED の定格入力値は電圧 2V、電流 20mA(0.02A) なのに、Arduino からは 5V、20mA で出ていくので、間に抵抗をかます必要がある。

この抵抗値は、

?Ω = (5 - 2)V(電位差) ÷ 0.02A(20mA)(LED の定格電流)

で、3 ÷ 0.02 だから 150Ωとなる。

左から、茶・緑・茶のカラーコードの抵抗を見つけて取り付けよう。(一番右側の 4番目のカラーコードは許容差(%)なのでとりあえず不問)

※抵抗のカラーコードについては、「抵抗のカラーコード(抵抗値)の読み方」参照
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 久しぶりに「オームの法則」に触れる(笑)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4610

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年10月18日 21:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電子ブロックminiを組み立てたら、いきなり断線していた件(^^;」です。

次のブログ記事は「電子ブロックの断線修理終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら