「ヒロ商店」のホルモンラーメン

先週木曜日は現在参加しているプロジェクトが佳境に入ったため 20:30まで残業。さすがに腹が減ったので、広島で晩飯を食って帰ることにした。

20190404_hirosyouten1.JPGどこに行こうか少し悩んだが、先日訪店時にいくつか気になるメニューのあった十日市交差点近くの「広島ラーメン ヒロ商店」に決定。
「たしか、ホルモンラーメンというのがあったな。あれだ。あれにしよう」と。

しかし、店の前まで行った俺は、店には入らず一旦素通り。
だって、店の中にヤンキーアベックがいて怖かったんやもん(^^; でも、ラーメン食いたい気持ちの方が勝り、「絡まれたら店主が助けてくれるだろう」と覚悟を決め入店。そしたら、そのヤンキーが「ああ、すみません」とか言いながら通り道を開けてくれた。
どうも、大将夫婦の息子夫婦(?)のような・・・。あの〜、ビビリの客から一言言わせていただくと、やっぱヤンキー怖いんで、あまり店には顔を出されない方が・・・(^^; 

ああ、ラーメンの話に戻そう。

カウンターに座ると、ママさん(と呼ばせていただく)から「今日は広島ブラックはもう終わりました」と説明が。前回食べたやつだ。人気なんだなあ。まあ、今回は最初からホルモンラーメンだと思ってたんで全然いいけど。

というわけで、「じゃあ、ホルモンラーメンをお願いします」と注文。980円也。

20190404_hirosyouten2.JPG
ホルモンラーメンは、さすがに 1,000円近くするだけあって、しっかりホルモンも入ってた。
豚骨+鶏?の割とあっさり目のスープなんだけど、ホルモンの匂いを消すためか、生姜が刷り込まれているようだ。ゴマも乗ってる。全然ホルモンに臭みもないけどなあ。甘めのスープと生姜で、一瞬甘酒呑んでる気分になった(笑)

まあ、美味しいラーメンだと思う。麺も美味いし。一度は食ってみて損はないな。
ただ、再び千円近く払って食べるかというと微妙。そこまでの個性や魅力は感じなかった。

まだ、ラーメンメニューはいっぱいあるようなので、次は別のラーメンを食べてみる。

そして、店を出たところで、「あ、今日は昼もラーメンだった」と思い出し、黙って突き出た腹をさする俺なのであった。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「ヒロ商店」のホルモンラーメン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5268

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2019年4月 9日 19:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OS バージョンアップ後、MacBook の音が時々出なくなる」です。

次のブログ記事は「おっさん二人で400円ランチを喰らう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら