久しぶりの駅丼

比治山のお客さんのところに常駐してた頃は、ちょくちょく利用していた駅丼 EKI-DON。

最近は夜遅く広島駅を利用することがほとんどないので(だいたい、観音から西広島に行っちゃうので)ご無沙汰だったが、一昨日、久しぶりに昼飯を食った。

091020_111501.JPG頼んだのは、「おろし牛丼」だったか「牛おろし丼」だったか正しいメニュー名を忘れてしまったのだが(^^;、牛丼の上に山芋を擂ったものが乗っている丼。生卵もついてくる。
一杯500円也。

さっそく山芋と生卵をまぜまぜして食べる。

うむ???

うーん・・・何か、山芋と卵で牛丼の味が消されて物足りない味になってるような・・・
ずるずるとした食感は楽しいのだが、味がねえ・・・
不味いとかそういうんじゃなくて・・・物足りない。
これなら、普通の牛丼にしとけばよかった・・・と、久しぶりの駅丼を後にした。

で、これ書きながら思ったんだけど、醤油をかければよかったのかな?
日頃、牛丼には生卵を入れない派なもんで、どうもその辺がよくわからない。いや、そりゃ、自分の判断でしろってことだろうが、それで失敗して、「ああ、醤油は合わなかったな」とかなると悲しいし。
店として、「醤油をちょっと垂らしても美味しいです」くらいの説明がメニューにでも書いてあると良いのだがな。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 久しぶりの駅丼

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/830

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2009年10月22日 00:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「息子の社会見学」です。

次のブログ記事は「なるほど、辛めで頼めばいいのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら