娘と一緒にキャンプで米を炊く

この間、石見海浜公園オートキャンプ場で行ったキャンプでは、娘に米の炊き方を教え、実際にガスストーブを使い一緒に炊いてみた。

一応メモっとくと、

<飯の炊き方>
    1. 鍋の中で米を研ぐ。(ボールやザルなんか使って洗い物を増やすな!)
    2. 鍋から研水を捨てる。(ザルなんか使って完璧に水を切る必要は無い)
    3. 水を米と同量注ぐ。(実際は鍋の中に少し水が残ってるので、米より若干多い水の量となる)
    4. そのまま 30分ほど米を水に浸したまま放置。これが美味い飯を炊くのに最重要。
    5. いよいよ炊飯開始。最初は強い火で。
    6. 吹きこぼれをし始めたら火を中火に。強さはあまり神経質に考えず、吹きこぼれなくすればいい。
    7. 時々蓋を開けて中を確認。(炊飯中、蓋を開けちゃ駄目・・・は迷信)
    8. 表面の水気が無くなったら、もう一度火を最強にして心の中で 30数えて火を停止。
    9. そのまま 15分ほど放置(蒸らし)。

これだけ。なんか厳密に量や時間を計るなんて必要は全然無い。炊き具合なんか時々蓋を開けて確認すればいい。

美味しく炊くポイントは、上に書いているように「30分は米を水に浸しておく」というのと、「アルミの鍋を使う」こと。

20170722_kaisendon.JPG俺はキャンプ用のクッカー(鍋、皿のセット)の中の一番大きい鍋(といっても、家庭用の小型鍋くらいだが)を使って炊くが、これだとだいたい 2合ちょっとくらいが炊ける量の限界。
なので今回は(丼ものを作る予定だったので計 3合は炊いておきたかったから)、2つの鍋で同時に炊飯したんだけど、俺の持ってるクッカーがアルミのものとステンレスのものが一つずつ。
・・・で、やっぱりステンレス鍋では失敗してしまった(^^;

ステンレスというのは熱伝導率が壊滅的に悪く、火が当たっているところしか熱せられないので、全体に熱を伝えようと火を強くすると、火が当たっている部分だけが飛び抜けて高熱になってしまい、そこが焦げる。
正直、ステンレス製の鍋やフライパンなどに、どういう存在価値があるのかまったくわからん。(「汁物を作る時は問題ない」んだけど、それは「問題ない」だけで、ステンレス鍋がアルミ鍋に勝っているわけではないし)

実際、米を炊いても「下は焦げてるのに、上は芯が残ってる」ようなムラのある炊きあがりになってしまう。

一時期、アルミの成分がアルツハイマーの原因になるという話しがあって、家のアルミ鍋などを全部ステンレスに変えたなんて家庭もあったようだけど、鍋から染み出すアルミ成分なんか、人体に影響与える量じゃ全然ないよ(笑)

というわけで、鍋で米を炊くなら「ステンレス製だけはやめておけ」と。

ちなみに、炊き上がったお米で「海鮮丼」を作り、美味しくいただきました。(写真が暗くてイマイチ美味しさが伝わらなけど(^^;)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 娘と一緒にキャンプで米を炊く

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4497

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年7月27日 12:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「近くに「西乃屋」という立ち呑み屋が出来たのは嬉しい」です。

次のブログ記事は「「鉄華」は居酒屋的に楽しめる鉄板焼屋・・・の予感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら