「りょう二郎」の白ラーメンはなんてヘルシーなんだ・・・(嘘)

ついに食べることが出来た大竹の二郎インスパイア系ラーメン店「りょう二郎」の「赤りょう二郎ラーメン」が殊の外美味かったので、なんと二日連続で訪店してしまった。

この日もお客さんのところでの作業終了後、岩国に帰る途中の山陽自動車道を大竹ICで国道2号線に下りて数分。「りょう二郎」の駐車場に車を滑り込ませる。

いやあ、「赤ラーメン」は美味かったんだけど、そうなると「ノーマルなりょう二郎ラーメンの味」も気になって。

20170801_ryojirou1.JPG
というのが、俺は写真で見た「二郎」のラーメンを「醤油臭いだけとか塩っぱいだけの、濃い味が好きな肥満児どもの食う豚の餌」と判断してたんだけど、割とちゃんとした味だなあと思って。
ただ、「赤ラーメン」はピリ辛味が加えられているので、本物の味を想像するには厳しいなと。やっぱノーマルの味を確認しないとなと。

岩国の立ち呑み屋仲間のH□君とも SNS でやり取りしたんだけど、「本物の二郎の味を知らないわしらは、地元で行ける、なるべく多くのインスパイア系の味を確認して、その『積集合』から本物の味を想像するしかないよね」・・・ってことなのよね。
わざわざ東京までラーメン食いに行くほどのラーメンマニアじゃないし(笑)

ということで、「りょう二郎」で一番ノーマルな「白ラーメン(背脂豚骨醤油ラーメン)」860円也を「ニンニクマシ」で注文。
このラーメンの味は「ニンニク」が決め手だと思うので、翌日も普通に仕事があるのだが、例え同僚たちに「臭っ、このおっさん、臭っ!」と思われようと、しっかり投入していくしかないでしょう!!

で、味の方なんだけど・・・
なんか、薄っすぅ。いや、決して薄くはないんだろうけど、赤ラーメンを食べた時の、見た目と味の両方のインパクトというものが感じられない。
見た目の迫力はあるんだけど、なんか味の方は普通・・・というか、ホントに普通に美味しい醤油豚骨スープというか・・・
もやしやキャベツの量がすごい分だけ、最初に書いたように「なんか、薄っす!」と思ってしまうほどだ。

20170801_ryojirou2.JPG
「ああ、この優しいスープと大量の野菜。ヘルシーラーメンなんだあ」と誤解しそう。(決してヘルシーではありません。基本的にラーメンというのは身体に毒です。具やスープの味で騙されないように(笑))

「二郎」系のスープって、もっと身体に悪そうなギスギスした味なのかと思ってた。
濃い味と中和させるために野菜を口に運ぶ・・・みたいな。

まあ、インスパイア系のラーメンはどうしても一工夫を加え「本物より洗練された」姿になってしまってるんだろうな・・・とは思う。

実際の「二郎」も、実は俺たちが見た目のインパクトから勝手に毒々しい味のイメージを持ってしまっただけで、「ああ、ヘルシー」と騙されてしまうような優しい味なのかもしれない。しかし、俺らはそれを(岩国や広島で行ける範囲の)色々な店の味を経験して、想像していくしかないのである。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「りょう二郎」の白ラーメンはなんてヘルシーなんだ・・・(嘘)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4519

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年8月16日 12:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やっぱ「あけみ」はマヨカツ丼+貝汁じゃね」です。

次のブログ記事は「なんとか雨も大して降らず、盆踊り大会終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら