赤外線測距センサーを注文し直し(^^;

先週末から Arduino を触っているのだが、当然、色々なセンサー類も今回初めて触るわけである。

その中の「赤外線測距センサー」なのだが、小型で、アナログ出力の他にデジタル(I2C)出力もできるシャープの測距モジュール「GP2Y0E03」を購入したのだが・・・これ、4~50cm の間しか測距出来ないんやあ・・・(^^; 

俺の要件的には 50cm~1m くらいの間で測距したいんよねえ・・・というわけで、赤外線測距モジュールは買い直しや。  

まあ、数百円から千円ほどの部品なので、そんなにショックが大きいわけではないが、無駄な買い物をしないに越したことはないので、今、秋月電気通商で取り扱っている測距センサー(シャープ製)を一覧にしてみた。 

 <シャープ測距モジュール>
 型番  測定可能範囲  電源電圧  消費電流 
GP2Y0E02A4~50cm2.7V~3.3V
GP2Y0E034~50cm2.7V~5.5V
GP2Y0A21YK10~80cm4.5~5.5V
GP2Y0A02YK20cm~1.5m4.5~5.5V33mA
GP2Y0A710K1.0~5.5m5V30mA

今回の要件だと GP2Y0A21YK か GP2Y0A02YK なんだけど、それぞれ値段が 450円と 800円と随分違うのよね。 

まあ、ぎりぎりだけど、GP2Y0A21YK でいいか。 

というわけで本日発注。届き次第テストをしてみるので、「電子工作の知識のないおっさんが試行錯誤しつつがんばってる姿が好き!」っていう JK 諸君はもう少し待ってくれたまえ。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 赤外線測距センサーを注文し直し(^^;

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4618

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年10月23日 16:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PIR Motion Sensor の動作確認」です。

次のブログ記事は「結局、監督の差なのよね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら