「辰屋」の細くてやわやわうどんが好き

久しぶりに、横川駅前商店街(くろすろーど)にある「立喰い 辰屋」で天ぷらうどんとおにぎりの昼食。

横川駅は駅内に軽食コーナーがないので、横川駅を利用するときにさっさと飯を済ませたい時は「辰屋」で立食いうどんが基本・・・と、俺は思っている。

20180223_tatsuya.JPG
今日は午前中で仕事を終えて、昼から息子の学校のPTAのあれこれがあるので山陽本線で岩国に移動。昼飯はコンビニでサンドイッチでも買って電車の中で食おうと思ってたんだが、電車まで12分もあったので「辰屋」に駆け込んだわけだ。

ああ、「辰屋」の細くてやわやわのうどん、うめぇ(笑)
「辰屋」はちょっと細めの蒸し麺を使ってるんだが、スーパーでも同じ太さの蒸し麺を売ってるんで、一時期、家でもこの麺ばっかだったことあるわ(笑)
香川県の人も、たまにはやわやわな蒸し麺のうどん、食べてみたらいいと思うよ。
(家では基本は「さぬきうどんの冷凍麺」。カトキチの冷凍麺は「香川県の下手な店より断然美味い」と香川のうどん伯爵ことI川先輩に昔教わった・・・んだけど、たまにやわやわな蒸し麺も食いたくなるんだよね(笑))

ただ、天ぷらは広島駅弁のぞうり型の方が好きかな。
「辰屋」のは丸型で広島駅弁のものより大きいんだけど、これがなかなか「コシ」(?)があって(笑)、汁を吸ってふにゃふにゃになるのに時間かかるのよ。
俺は、あのふにゃふにゃになった(粉ばかりの)天ぷらを、ずずずずず・・・と最後にスープと一緒に飲み干すのが好きなのよ(笑)
下品でごめんね。

うどん 400円+おにぎり(鮭)120円の合計 520円也。
広島駅弁の「驛麺家」よりちょっとリッチな昼食であった(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「辰屋」の細くてやわやわうどんが好き

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4769

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年2月23日 17:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京の焼肉屋は危険な香り」です。

次のブログ記事は「Gmail に trebucit.ttf ファイルが壊れていると怒られたのだが」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら