「膳」のラーメンの超コスパに衝撃

この日曜日は、大学進学で一人暮らしを始める息子の引っ越し手伝いで福岡市へ。

20180401_zen1.JPG
息子は学生生協が主催する新入生歓迎会に出かけたので、嫁さんと二人で荷物の運び込みと家具の組み立てを。
昼前に一段落ついたので、俺だけ近くのラーメン屋で昼食を摂ることにした。

嫁さんはラーメン気分ではないと言っていたのだが、俺としては息子のために近くに安い飯屋を見つけておいてやろうという気持ちがあったのだ。

入った店は、息子のアパートから徒歩 3分ほどの近所にある「博多ラーメン 膳 周船寺店」。
「博多ラーメン 膳」は福岡市の昭和食品工業が福岡と佐賀で5店舗を経営している。チェーン店ではなく全店直営なのかな?

店名の看板の横に、でかでかと「ラーメン一杯 280円」の目立つ看板。
そう。この店は激安ラーメン店なのである。

しかし、このご時世に 280円・・・???
300円台のラーメンでも「激安!」と呼ばれるのに、200円台とか信じられんわ。激安ラーメンで知られる「博多金龍」でさえ一杯 320円。「ドラゴンラーメン」では 390円だ。

俺は腹が減ってたので、その 280円のラーメン(「おいしいラーメン」という商品名はいただけない(^^;)の上に隙間なくチャーシューが並べられた「チャーシューメン」480円を注文。入り口すぐの食券機で食券購入。

11:45頃に店に入ったのだが、「激安」に惹かれる人が多いのか、すでに店内はほぼ満席。
俺の前の客でカウンター席も埋まり、2、3分だけだが席が空くまで待たされた。

で、ラーメンなのだが・・・普通に美味い(笑)
あまり個性というのは感じられない味だが、まあ、これは合格点だろう。普通に博多ラーメンだった。

20180401_zen2.JPG
チャーシューも、相当薄く切ってあるが、味も悪くない。
いや、ホントに、相当薄いんだけど(何度も言うな?(笑))、ラーメンの上を覆い隠すほどに並べられた姿は「480円なのに?」と圧巻である。
文句なく、コストパフォーマンスが最高と言える一品だ。

いやいや、本当に、世の「ラーメンマニア」な方からしたら、いろいろツッコミどころのあるラーメンなのかもしれないけど、十分ですよ、十分。個性が無くて、「深みのある味」なんてもちろん言えない味なんだけど、十分美味い。

「飯作る(自炊する)の面倒臭いけど金も無い」という時にチョイスする店のリストには入れておくべきである。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「膳」のラーメンの超コスパに衝撃

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4800

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年4月 3日 03:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最後の飛距離勝負は俺の全勝」です。

次のブログ記事は「朝飯は古賀SAでラーメンを」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら