通津港で、カレイ、リベンジならず・・・

例えば、野球だと日々の素振りが大切だったりするじゃないですか?

釣りもなんですよね。
やっぱ、日々のキャスティング練習が大事ってか。狙ったところにポチャンと仕掛けを落とすテクニックね。

20181222_tsudu1.JPG
だから昨日は、通津港にキャスティングの練習に行きました。釣りじゃないですよ。キャスティングの練習です。

昨日の干潮時間は 15:38。通津港に着いたのがちょうどこの時間。
魚が釣れない潮止まりタイム真っ只中ですが、カレイは潮止まりの方がよく釣れるといいますね。実際、この間ルアーに食いついたのも潮止まりのときでした。
今日の狙いはカレイ!だからこの時間でいいのです!

・・・あ、違う、違う。釣りじゃなくてキャスティング練習に来ただけでした。

港に着くと、既にカレイのいるところにキャスティングできる場所には先客。小学生 3人連れがきゃっきゃ言いながら釣りをしている。

せっかく楽しそうにしているのを邪魔しちゃかわいそうだから、俺は港湾内にテキサスリグにしたサターンワームを投げ込んで遊びました。チヌでも突いてくれんかなあと(笑)
色々なところで底をズル引きしてみたけど、まったくアタリすら無し。

こうなったらしかたない。
小学生のところに言って、「なにか釣れてる?」と声をかけ強引に彼らと一緒に釣りを始める俺。最初は礼儀正しく俺と話をしてくれていた子供たちだけど、やっぱ知らないおっさんが仲間になっているのは落ち着かないのか、そのうち帰っていきました(笑)

ということで、思いっきり・・・キャスティング練習。

20181222_tsudu2.JPG
ええ、釣りに来たんじゃないですから。
17時まで粘って、アタリすら無し。いや、一回、ビキビキビキとアタリあったな。
「カサゴでも来たかな」っと思って一応合わせてみたけどヒットせず。ルアーを見てみると、頭のところをスパッと半月型に食い取られている。
これ、あれや。南斗聖拳の一派や。あまりに素早やく肉をそぎ取るので、やられた人間も何が起きたのか理解できず、「あれ?なんか冷たい」とか言いながら死んでしまうあれや。

クサフグだな・・・

というわけで、この後根掛かりでルアーを損失したので、17時前に納竿。
カレーのリベンジならず。通津港連敗記録は続く・・・

いや、ただのキャスティング練習ですから!
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 通津港で、カレイ、リベンジならず・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5168

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年12月23日 13:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ついに金網も平気で登り始めた猫」です。

次のブログ記事は「「大山どり食堂」で食べた鶏そばは美味しかったのだけど(^^;」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら